きんぴら ごぼう 1 位。 【材料別】きんぴらごぼうの切り方完全版!ささがき/細切りコツまとめ

きんぴらごぼうの殿堂入り人気1位レシピ

きんぴら ごぼう 1 位

レシピを作った人数は29,645人です 材料(3~4人分)• ごぼう 1本• にんじん 小さめ1本• 白ゴマ(すりごまでも) 大さじ2~3• マヨネーズ 大さじ3• ごま油 大さじ2 作り方• ゴマをすっておきます。 多少粒が残っているくらいでOKです。 もちろん、市販のすりごまを使ってもOK• ごぼうは流水でスポンジなどを使って泥を落とします。 皮はむかないでください。 包丁の背などでしごいたりもしないでね。 泥がきれいに落ちていれば、黒くてもOK。 ごぼうを5センチくらいの千切りにします。 あまり細く切りすぎないほうが歯ごたえがあっておいしい。 マッチ棒くらいの太さでOK。 切ったらボウルや器などに入れておきます。 くれぐれも水にはさらさないでください• 人参をごぼうと同じ太さに千切りします。 ごぼう・にんじんの千切りは、ななめに薄切りして並べて刻んでいくと早くできます。 フライパンに分量のごま油を熱し、ごぼう投入。 ある程度油が回ったら人参も投入。 いわゆるきんぴらです• 熱いうちにボウルに移し、マヨネーズをよくからめます。 熱いうちのほうが、よくなじむと思います。 すりゴマを混ぜ込んで出来上がり.

次の

【材料別】きんぴらごぼうの切り方完全版!ささがき/細切りコツまとめ

きんぴら ごぼう 1 位

きんぴらごぼうの準備 まず、ごぼうの下ごしらえです。 ごぼうの香りは皮に多く含まれているので、土を洗い落した後、 「包丁の背で軽く皮をこそげる」または「タワシでやさしくこする」くらいにして皮を軽く落とします。 続いてごぼうの切り方です。 ごぼうはささがきやせん切りなど、いろいろな切り方できんぴらに仕上げることができますが、 おすすめは『斜め薄切りにした後に、棒状に切る』というやり方です。 切る手順は、まずごぼうを2~4㎜ほどの好みの太さの斜め切りにします。 それを3~4枚くらい重ねて縦に棒状に切ることを繰り返します。 下の写真は1枚目が3~4㎜角、2枚目が2~3㎜角に切ったものですが、ささがきや繊維にそったせん切りよりも切りやすいので、太さもの調整しやすいと思います。 この切り方の特徴としては、 シャキシャキ感がありつつも、繊維を一度断つように薄切りにしているので、食感が少しやわらかく、歯切れもよい仕上がりとなってくれます。 さらに、 ベースとして使うのはサラダ油やこめ油などの植物性の油で、そこにほんの少しごま油を加えるとコクが出てより美味しくなると思います。 油を入れたフライパンを中火にかけたら、ごぼうをざる上げして、しっかりと水気を切ります。 水はしっかり切りましょう。 油が熱くなればごぼうを入れ、 中火のままの火加減で2分炒めます。 2分後にはごぼうにも透明感が出てきます。 一度火を止め、Aの調味料を順に加えます。 再び中火にかけ、 全体を混ぜ合わせながら1分半ほど汁気を煮詰めてできあがりです。 器に盛り付けて、ごまを2~3つまみほど、指でひねって軽くつぶしながらふりかけると、きんぴらごぼうも一層美味しくなると思います。 冷蔵庫で5日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは好みで温めてから。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(レンジなどで再加熱した後に一度冷ましてから弁当に入れましょう)。 好みでごぼうを加えるタイミングで 輪切り唐辛子を入れ、ピリ辛に仕上げても。 ごぼうだけではなく、にんじんをプラスしたいときは ごぼう100gに対し、にんじん50g(同じ太さのせん切り)の割合にすれば、同じ分量の調味料でOKです。 最後に味見をしてみて、味が足りなければ、 しょうゆや砂糖を適宜足し入れて調整してください。 更新情報:ささがきごぼうのきんぴらを紹介していましたが、切り方を変更して、まとめ直しました(2018.

次の

【材料別】きんぴらごぼうの切り方完全版!ささがき/細切りコツまとめ

きんぴら ごぼう 1 位

きんぴらごぼうの準備 まず、ごぼうの下ごしらえです。 ごぼうの香りは皮に多く含まれているので、土を洗い落した後、 「包丁の背で軽く皮をこそげる」または「タワシでやさしくこする」くらいにして皮を軽く落とします。 続いてごぼうの切り方です。 ごぼうはささがきやせん切りなど、いろいろな切り方できんぴらに仕上げることができますが、 おすすめは『斜め薄切りにした後に、棒状に切る』というやり方です。 切る手順は、まずごぼうを2~4㎜ほどの好みの太さの斜め切りにします。 それを3~4枚くらい重ねて縦に棒状に切ることを繰り返します。 下の写真は1枚目が3~4㎜角、2枚目が2~3㎜角に切ったものですが、ささがきや繊維にそったせん切りよりも切りやすいので、太さもの調整しやすいと思います。 この切り方の特徴としては、 シャキシャキ感がありつつも、繊維を一度断つように薄切りにしているので、食感が少しやわらかく、歯切れもよい仕上がりとなってくれます。 さらに、 ベースとして使うのはサラダ油やこめ油などの植物性の油で、そこにほんの少しごま油を加えるとコクが出てより美味しくなると思います。 油を入れたフライパンを中火にかけたら、ごぼうをざる上げして、しっかりと水気を切ります。 水はしっかり切りましょう。 油が熱くなればごぼうを入れ、 中火のままの火加減で2分炒めます。 2分後にはごぼうにも透明感が出てきます。 一度火を止め、Aの調味料を順に加えます。 再び中火にかけ、 全体を混ぜ合わせながら1分半ほど汁気を煮詰めてできあがりです。 器に盛り付けて、ごまを2~3つまみほど、指でひねって軽くつぶしながらふりかけると、きんぴらごぼうも一層美味しくなると思います。 冷蔵庫で5日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは好みで温めてから。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(レンジなどで再加熱した後に一度冷ましてから弁当に入れましょう)。 好みでごぼうを加えるタイミングで 輪切り唐辛子を入れ、ピリ辛に仕上げても。 ごぼうだけではなく、にんじんをプラスしたいときは ごぼう100gに対し、にんじん50g(同じ太さのせん切り)の割合にすれば、同じ分量の調味料でOKです。 最後に味見をしてみて、味が足りなければ、 しょうゆや砂糖を適宜足し入れて調整してください。 更新情報:ささがきごぼうのきんぴらを紹介していましたが、切り方を変更して、まとめ直しました(2018.

次の