日経新聞 値段 コンビニ。 朝日新聞はどこに売ってる?どこで買える?: 朝日新聞はどこに売ってる?どこで買える?

軽減税率「恩恵」受けたが... 朝刊1部売り&電子版「値上げ」したのは、この新聞: J

日経新聞 値段 コンビニ

「便利」へ出費 競争で変化も 朝7時に起きたら、のどが渇いていたが冷蔵庫はからっぽだった。 眠い目をこすりながらコンビニエンスストアに駆け込み、いつも飲んでいるペットボトル入りのお茶を125円で買った。 そういえば休日にスーパーで買いだめしている同じ商品は93円ほどだ。 どうして値段が違うのだろう。 入社してから半年。 10月からコンビニの担当になり、これまで以上に店内を熱心に見るようになった。 値上げのニュースが増え、値段も気になりだした。 早速、大手コンビニの担当者に理由を聞いてみると「24時間開いている店舗も多く、思い立ったらすぐ行ける。 利便性が高いため値段を大きく下げる必要はなかった」と答えてくれた。 確かにコンビニは便利だ。 近くて利用しやすいから、移動する時間などをお金で買っているという側面もあるのだろう。 私が朝起きて駆け込んだコンビニも自宅から一番近かった。 時間があったら値段が安いスーパーに行ったかもしれない。 シニア層などが利用するようになった点も大きいようだ。 スーパーが近くになく、コンビニを日常使いする人もいるという。 けれど、担当になって間もなく出席したサークルKサンクスの決算会見では少し違った話を聞いた。 同社はコンビニの「ミニスーパー化」を目指しているそうだ。 「2013年度上期は調味料や酒類などを5〜20%引き下げて一般的なスーパー並みにした。 今後も順次増やしていく」という。 この言葉を反すうしながら、自宅に近いサンクスに立ち寄ると2リットルの水が98円で並んでいた。 段ボールでケース売りもしていて、近所のスーパーと値段が変わらない。 このほかにも「いつもいい値」のマークが張られ、値段が安くなっている商品が目立つ。 同社はコンビニ4位だが、上位3社との差は広がっている。 それだけに「値段」で他社との違いを出し、スーパーからも客を奪いたいらしい。 同社以外のコンビニでも激しい競合から値下げするケースも増えているという。 コンビニとスーパーの値段の差は縮まっていくのかもしれない。 ところで、私がコンビニに行く理由は近さだけではない。 勤務を終え、疲れ果てた帰り道。 スーパーの広い店内を歩き回るのが面倒だからだ。 厳選された商品が置かれている小さなコンビニこそ、めんどくさがりの私には「便利」なのだ。 =随時掲載.

次の

【定期購読で税率8%】軽減税率の対象となる新聞の範囲

日経新聞 値段 コンビニ

日本経済新聞社は6日、11月から日経新聞の購読料を値上げすると明らかにした。 朝刊と夕刊のセット版は現在の月額4509円を391円値上げして4900円とする。 過去の消費税増税時を除き、朝夕刊の価格改定は1994年2月以来、約23年ぶり。 人手不足を背景に、新聞の配達費が上昇して販売網の維持が難しくなってきたため値上げに踏み切る。 紙面のカラー化など印刷設備更新の負担も重くなっていた。 質の高い紙面を提供する狙いもあるという。 朝刊のみの全日版は月額3670円から4000円になる。 電子版も購読できる「日経Wプラン」は、セット版が5509円から5900円、全日版が4670円から5000円にそれぞれ改定する。 コンビニや駅の売店などでの朝刊1部売りは160円から180円になる。 夕刊は70円で据え置く。 電子版の月額の購読料も4200円を維持する。

次の

コンビニに売っている新聞|一般紙/英字新聞/競馬新聞【最新値段一覧】

日経新聞 値段 コンビニ

・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ミニストップ ・デイリーヤマザキ これらのコンビニエンスストアチェーンにて新聞を購入することが可能です。 しかし、これには注意点がありまして、コンビニエンスストアチェーンの一部店舗では、全く新聞の取り扱いが無い店舗もありますのでご注意ください。 コンビニに売っている新聞の種類と値段 続いて、コンビニに売っている新聞の種類をご紹介いたします。 日経新聞やスポニチなどの新聞種類と最新値段 コンビニで主に販売されている新聞は以下のようになります。 基本的に朝刊と夕刊がありますが、一般紙は朝刊のみの入荷でした。 基本的に一般紙・スポーツ紙ともに朝刊で入ってくるのが多いです。 店舗にもよりますが、読売や毎日新聞の夕刊の入荷はありませんでした。 英字新聞の取り扱いは店舗によって異なる 新聞の品揃えは店舗によって異なります。 全国的に展開されている一般紙の新聞は基本的には新聞の取り扱いをしている店舗であれば置いていると考えられます。 例えば、日経新聞や読売新聞、日刊スポーツなど。 一般紙でも、そのコンビニ店舗の地域などによって品揃えが微妙に変わりますが、全国的に展開されている新聞であればコンビニで購入できるとお考えいただいて問題ありません。 しかし、英字新聞はコンビニ店舗によって本当に品揃えが異なります。 英字新聞を全くおいていない店舗もあれば2種類置いてあるコンビニも。 筆者がこれまで勤務してきた店舗では英字新聞「ジャパンタイムズ」の販売がある店舗がありましたが、売っている店舗は少なかったです 5店舗中1店舗 ここから、コンビニエンスストアにて販売している新聞を調査してきましたので、各店舗にて実際に販売されていた一般紙やスポーツ紙、さらには英字新聞があるのか見てみましょう。 この写真を撮影した際にセブンイレブンで販売が確認できた新聞は 一般紙 スポーツ紙 日本経済新聞 日刊スポーツ 朝日新聞 サンケイスポーツ 読売新聞 スポーツニッポン 毎日新聞 スポーツ報知 産経新聞 デイリースポーツ 東京新聞 東京中日スポーツ その他、釣り新聞や日経ヴェリタスが新聞ラックに陳列されていました。 この写真を撮影した際にファミリマートで販売が確認できた新聞は 一般紙 スポーツ紙 日本経済新聞 日刊スポーツ 朝日新聞 サンケイスポーツ 読売新聞 スポーツニッポン 産経新聞 スポーツ報知 東京新聞 デイリースポーツ 東京中日スポーツ 毎日新聞が売り切れていたのか、先ほどのセブンイレブンと比べて品揃えがありませんでした。 この写真を撮影した際にローソンで販売が確認できた新聞は 一般紙 スポーツ紙 日本経済新聞 日刊スポーツ 朝日新聞 サンケイスポーツ 読売新聞 スポーツニッポン 毎日新聞 スポーツ報知 産経新聞 デイリースポーツ 東京新聞 東京中日スポーツ こちらのローソンには 英字新聞の「ジャパン・ニューズ」の販売がありました。 結果:英字新聞が欲しい場合はコンビニ3店舗に行く セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで実際に販売されていた新聞の取り扱いを見ていただいた内容をまとめます。 一般紙とスポーツ紙の販売種類にさほど違いはない 英字新聞の販売は地域にもよるが少ない コンビニで販売している新聞を調査して、この2点があげられるかと思います。 中でも英字新聞が必要な場合は、本当にお店によりますが、最低でも3店舗ほど行く覚悟で探されることをおすすめいたします。 コンビニで販売している競馬新聞の種類と値段 ここまで、一般紙・スポーツ紙のコンビニでの販売状況をご紹介いたしました。 ここからはコンビニで取り扱いのある競馬新聞についてご紹介いたします。 この競馬新聞の取り扱いについてもコンビニの店舗や地域によって多少異なる場合がありますが、筆者がこれまでコンビニで勤務してきた際に取り扱っていた競馬新聞をご紹介いたします。 これらの競馬新聞は毎週金曜日の夕方と土曜日の夕方に納品され、販売していました。 地方競馬の新聞は置いていない 上記の競馬新聞は中央競馬の競馬新聞で平日の地方競馬の新聞はコンビニでは販売していませんでした。 大井競馬場など地方競馬をおこなう、競馬場付近のコンビニには販売されている可能性もありますが、基本的に販売していないとお考え下さい。 これも競輪や競艇 オートレース の会場付近のコンビニでないと、基本的に売っていないとお考え下さい。 画像も大きくて見やすかったです。 詳しくはe-SHINBUNのeプリントサービスのをご覧ください。 お誕生日新聞のサービスはコンビニですと、ファミリーマートとローソンでのみご利用いただけます。 上記でご紹介したe-SHINBUN同様にマルチコピー機を操作し、新聞社や日にちを入力してその日の一面とテレビ欄を「お誕生日新聞」として印刷することができます。 紙はA3用紙で「片面」・「両面」印刷をお選びいただけます。 詳しくはお誕生日新聞コンビニプリントサービスのをご覧ください。 コンビニに新聞が配達される時間 コンビニに新聞が配達される時間は大方」決まっています。 全国のコンビニエンスストアが午前5時に朝刊が配達されるというのは無理な話なので、この配達時間も店舗によって異なります。 しかし、多くのお店は 午前3時~午前5時の間には 朝刊が配達されていると考えられます。 夕刊は13時~15時くらいに配達されると考えられます。 24時間営業でも深夜は売っていない場合も コンビニは24時間営業ですが、24時間いつ行っても新聞が買えるということはありません。 朝刊は18時頃 夕刊は午前1時頃 には返品処理をするために、店内売り場から下げてしまうことが考えられます。 なので、深夜はコンビニの新聞ラックはほぼからの状態です。 返品処理とは売れ残った新聞の部数を数えて、伝票を発行します。 正確には売り場からなくなっただけで、新聞屋さんが回収に来るまで店内に保管していますが、返品処理の伝票発行後だと返品数を確定させているため、販売は難しい場合もあります。 コンビニでバックナンバーはおこなっていない 筆者がコンビニで勤務していた際に 「〇月〇日の新聞が残ってたりしないですか?」 と聞かれることがたまにありました。 コンビニは毎日 日曜日を除く 新聞の納品と返品があります。 基本的には過去の新聞が残っている可能性はかなり低いかと考えられます。 先ほど、上記でご紹介したお誕生日新聞を活用して過去の新聞の一面を印刷することは可能です。 古新聞をもらえる可能性も低い 加えて過去の新聞が残っていないため、古新聞をもらえる可能性も低いとお考え下さい。 もし、古新聞や新聞のバックナンバーがある場合は、その店舗の店長さんやオーナーさんが個人的に契約している新聞をくれることはあるかもしれません。 コンビニでの新聞の買い方 コンビニで新聞を買ったことがある方はわかると思いますが、コンビニで新聞を買ったことが無い方は 「そういえば新聞てどうやって買うの?」 と思うことないでしょうか。 そんなコンビニでの新聞の買い方ですが、普通にレジにお持ちいただければ問題ありません。 一応新聞によっては商品のバーコードも付いていて、コンビニでよく見かけるであろう「ピッ」とスキャンすることもできます。 普段コンビニで買うおにぎりや飲み物と同じ感覚で新聞はレジにてお会計をします。 コンビニは新聞購入時にキャッシュレスが使えてポイントも貯まる 嬉しいことに、コンビニで新聞を購入する際に、クレジットカードやSuica、PayPayやLINE Payといったキャッシュレス決済の利用が可能です。 そしてさらにはコンビニで展開されている「Tポイント」や「Ponta」といったポイントサービスの対象品でもあります。 200円のお会計で1ポイント貯まるというポイントサービスもあり、新聞の購入だけではポイントが貯まらないこともありますが、コーヒーやサンドウィッチなどを合わせて200円以上購入すればポイントが貯まります。 コンビニで利用可能なクレジットカードや電子マネーなどは以下をご覧ください。 最後に 以上でコンビニの新聞の種類や値段などの紹介は最後となります。 コンビニで新聞を購入する際はぜひ、キャッシュレスで支払い、ポイントカードの提示をお忘れなく、少しお得に新聞を購入してみてはいかがでしょうか。

次の