さつまいも 効能。 さつまいも(薩摩芋/サツマイモ)の栄養と効能=食べて健康、免疫力up!

さつまいも

さつまいも 効能

さつまいもに含まれる 栄養素とは?!• さつまいもに 期待できる効果・効能!• さつまいもを 食べ過ぎるとどうなる?太る?• さつまいもの 茹で方や 茹で時間、 アク抜き、 ふかし、 蒸し方について! さつまいもの栄養素について! 健康に良いというイメージがあるさつまいもですが、実際にはどのような成分が含まれているのでしょう? 成分的には• 糖質(炭水化物)• ビタミンB群(B1、B2、B6、葉酸ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)• ビタミンC• ビタミンE• カリウム• カルシウム• マグネシウム• マンガン• 食物繊維• ヤラピン• ポリフェノール(クロロゲン酸、タンニン) などなど、非常に豊富な栄養素を富んでいます。 特にビタミンC、カリウム、食物繊維の含有量は 芋類の中でもトップクラスと言われています。 また、さつまいもを切ったときに出てくる「白い液体(ヤラピン)」には、腸を活性化させる作用があるため、食物繊維との相乗効果で 便通改善などにも効果があります。 では続いて さつまいもに期待できる効能を説明しましょう。 スポンサーリンク さつまいもの効果・効能がスゴイ! さつまいもの持つ各成分によって、以下のような効果・効能が期待されます。 とても美味しく健康維持できるので、毎日少しづつでも食べるようにしたい食材のひとつです。 ですが「食べ過ぎ」も禁物です。 続いては 「食べすぎによる悪影響」についても触れておきましょう。 スポンサーリンク さつまいもの食べ過ぎるとどうなる?!太るの? 「便秘も解消されて、美容にも良いならいっぱい食べたい」そのように思う方もいらっしゃると思います。 しかし「食べすぎによるデメリット」もありますので説明しておきます。 まず結論から言うと• 肥満の原因となる• 下痢や腹痛の原因となる• おならの回数が増える• 便秘の人は、便がさらに固くなる可能性がある といったことが挙げられます。 一つずつ簡単に説明しましょう。 太る原因となる! さつまいもは言うまでもなく「芋類」ですので、炭水化物を多く含んでいます。 炭水化物は消化吸収されると「糖質」となりエネルギーとして消費されていきますが、余剰分は中性脂肪となり 皮下や内臓に蓄えられる脂肪になります。 またさつまいも100gあたりのカロリーは加熱すると163kcal程度ですので、決して低カロリーではありません。 したがって、 食べ過ぎると肥満の原因となります。 下痢やオナラの原因となる! さつまいもは• 食物繊維• ヤラピン• マグネシウム などを含み、「便通改善の効果が高い」ことでも知られています。 そのため、食べ過ぎは胃や腸に負担をかけるため 下痢や腹痛の元になりやすいですし、また昔から言われているように おならの回数が増えます。 便秘や切れ痔になる可能性も! さつまいもの食物繊維には 不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維) も多いので、腸の活動が元々弱く、普段から便が固めの人(水分不足からくる便秘気味)だと、 さらに便が硬くなる可能性があります。 すると 便秘が悪化したり、排便時に硬い便によって肛門が傷つき 切れ痔になる可能性もあります。 どれくらが適量? 一日の適量としては、中程度のさつまいも 半分から一本程度を目安にしておきましょう。 また、さつまいもを食べたときは他の炭水化物(パンや白米)は少し控えめにして、腹八分目を心がけると良いでしょう。 なお、さつまいもの皮にも「ポリフェノール」が沢山含まれていますので、• 焼き芋• ふかし芋• 天ぷら などにする時には、 よく洗って皮ごと食べるのがオススメです。 では最後に、 「さつまいもの茹で方や茹で時間などの調理方法」を紹介しましょう。 スポンサーリンク 茹で方と茹で時間、アク抜き・ふかす・蒸し方について! さつまいものゆで方や茹で時間などをまとめてみました。 さつまいもの茹で方と茹で時間について! 茹で方は簡単です。 鍋にいれて、おおよそ 20〜30分茹でましょう。 茹で上がったかどうかは、竹串を刺してみて、スッと入るかどうかで判断します。 固い場合は茹で時間が足りていません。 万が一「再加熱」したい場合は、耐熱性の容器に水を張り、その中にさつまいもを入れて、ラップを掛けて2、3分加熱してみましょう。 さつまいものアク抜き方法! さつまいものアク抜きは、してもしなくてもOKです。 ただアク抜きを省くと、切り口が黒くなると言われているため、見栄えを気にする方はしっかりアク抜きしましょう。 ですが水がどんどん濁りはじめるので、濁らなくなるまで水を入替えましょう。 なおこの「アク」には、タンニンやポリフェノールといった有効成分が含まれているので、無理にアク抜きをする必要もありません。 さつまいもの蒸し方! さつまいもを蒸すときは、 ゆっくーりと加熱することを心がけましょう。 これは、 ゆっくり蒸すことで甘さが増すからです。 なお蒸す場合は• 蒸し器• レンジ のどちらかを使用します。 さつまいもを蒸し器でふかす! 蒸し器でふかす場合は、はじめから「水のいれた蒸し器」に投入しましょう。 その状態で蓋をして、まずは沸騰するまで強火にかけます。 沸騰が確認出来たら弱火にし、そこから20分ほど蒸します。 ここで竹串や箸などをさしてみて、簡単にささればOKです。 レンジで蒸す場合! 蒸し器が無い場合は、レンジで蒸すこともできます。 まずはしっかり洗ったさつまいもに、何箇所か穴を開けておきます(竹串やフォークなどでOK) 次に新聞紙を濡らして、さつまいもをくるみます。 さらに割り箸を2膳横掛け、その上にさつまいもを乗せます。 (底面もしっかり加熱するように) あとは電子レンジの「弱」で5〜6分加熱しましょう。 もちろんさつまいもの大きさによって加熱時間は変わってきますので、竹串か箸さしてみて、簡単にささるまで加熱してください。 さいごに! いかがでしたでしょうか? さつまいもには良い効果もたくさんありますが、多量に食べることで健康増進されるわけではありませんので、食べすぎには注意しましょう。 さつまいもについては、「」についても合わせてご確認ください。 スポンサーリンク 関連ページ さつまいもの保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを説明しています。 また、腐った状態の見た目や、黒く変色した場合に食べれるのか等もまとめています。 玉ねぎの切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の他、保存方法や賞味期限・消費期限、腐った時の判別方法をわかりやすくまとめています。 玉ねぎの食べすぎはオナラや体臭・下痢・口臭にも繋がる?成分や栄養のお話と、効果・効能について分かりやすくまとめています。 新玉ねぎと通常の玉ねぎに違いはあるの?収穫時期・店頭に並ぶ時期はいつ頃?保存方法や栄養価、効能は?水にさらした方がいいの?新玉ねぎをまとめてみた。 しめじの石づきの切り方は?洗ってOK?白いのはカビ?保存方法や冷凍保存の可否、賞味期限、栄養価・カロリー、腐るとどうなるの?等まとめました。 えのきって洗えるの?腐るとどうなるの?といった疑問から、日持ちを延ばす保蔵方法、冷凍保存の仕方を分かりやすくまとめてみました。 大根を日持ちさせる保存方法や賞味期限、ぶよぶよ柔らかい時や黒・青に変色した場合は腐る前?大根や大根おろしを日持ちさせる方法を分かりやすく。 大根の栄養と効果・効能をまとめました。 糖質量、そしてダイエットに良いと言われる一方で、「太る」と言われる理由、その他「食べ過ぎ」による悪影響を説明します。 大根の下茹で方法や、茹で時間、茹でる時のポイントとは?!大根の部位の特徴や使い方、辛い場合の対策もまとめました! ほうれん草の栄養と効果・効能のほか、「生食」できるか?保存方法・冷凍保存・日持ちさせるコツ、下茹でや茹で時間、切り方などを分かりやすくまとめてみました。 ほうれん草の食べ過ぎは身体に悪いの?含まれている「シュウ酸」が結石の原因になるこも?子どもへの影響や、除去方法についてまとめてみた。 れんこんはなぜ黒く変色するのか?栄養や糖質と関係ある?その他、下処理方法や茹で時間、保存方法や冷凍保存で賞味期限を伸ばすことが出来るのか?などを、まとめました。 ブロッコリーとカリフラワーの中間のような「ロマネスコ」。 味や栄養、食べ方や栽培方法について分かりやすくまとめてみました。 にんにくに期待される効果・効能の他、アレルギー、食べ過ぎによる下痢・腹痛・胃もたれが起こる原因・対処法を、分かりやすくまとめています。 にんにくが緑や青になるのは腐る前兆?保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを分かりやすくまとめてみました。 桑の葉茶とは?妊婦が飲んでも大丈夫?糖尿病やダイエットに良いと言われる理由は?作り方や、飲むタイミング、効果・効能、副作用といった基本的な情報を、分かりやすくまとめてみました! しいたけは腐るとどうなる?白いのはカビ?賞味期限は?保存方法や冷凍保存、切り方や効能を分かりやすくまとめました。 エリンギの切り方や保存方法(冷凍保存や乾燥エリンギの作り方)、日持ち、腐るとどうなるのか?カビは生えるのか?栄養や効能をまとめてみました。 ピーマンに関する栄養や効能・効果を分かりやすく。 アスパラ(アスパラガス)の保存方法や日持ち期間、栄養素や効能、尿が臭くなると言われている原因を、分かりやすくまとめています。 アスパラガス(アスパラ)の茹で方や茹で時間といった「下ごしらえ」の他、切り方や食べ方について分かりやすくまとめてみました。

次の

サツマイモの栄養と効果効能

さつまいも 効能

さつまいもから得られる効果と栄養素 さつまいもから得られる効果とその栄養素を表にまとめると、次のようになります。 さつまいも効果 栄養素 肌のシミ対策・美肌効果 ビタミンC 腸内環境を整える 食物繊維 老廃物の排出と肌のターンオーバー ヤラピン・食物繊維 脳のエネルギー源を作る ビタミンB1 むくみの原因を排出する カリウム 抗酸化作用で元気な体作りをサポート ポリフェノール・ビタミンC 血糖値の上昇を穏やかにする レジスタントスターチ 生活習慣病の予防 ビタミンE それでは早速、それぞれの効果を詳しく解説していきます。 1-1. 美肌効果!肌のシミ対策に効果的なビタミンC さつまいもに含まれる ビタミンCは肌のシミ対策や炎症に効果的と言われる栄養素です。 さつまいもに含まれるビタミンCはリンゴの約5倍含まれており、ビタミンEを同時に摂取することでより美肌効果を発揮すると言われています。 美肌を作るためには、単純にスキンケアだけではなく、食生活を改善することも一つの方法です。 1-2. 腸内環境を整えてくれる食物繊維 腸は「第二の脳」とも呼ばれている重要な臓器! 肌は腸の健康状態とも密接に関連しているので、腸内環境を整えることはとても重要です。 さつまいもには2つの食物繊維が入っています。 水に溶ける水溶性食物繊維と水には溶けない不溶性食物繊維です。 水溶性食物繊維は余剰な糖質や脂質をキャッチし、不溶性食物繊維はそれを排出してくれます。 この2つの役割でお腹の中を美しくしてくれます。 1-3. 老廃物の排出・肌のターンオーバーをサポートするヤラピン・食物繊維 さつまいもには腸(おなか)の中を美しくしてくれる食物繊維とヤラピンというものが含まれています。 この2つの栄養素は腸に届くと老廃物の排出の手助けをしてくれます。 肌は腸の健康状態と関連していると言われているので、 腸内環境を整えて老廃物を排出することで肌の調子を整えてくれる効果があります。 1-4. 脳のエネルギー源を作り出すのに欠かせないビタミンB1 さつまいもに含まれる ビタミンB1は脳にとってのエネルギー源であるブドウ糖をエネルギーに変換するときに欠かせない栄養素です。 ビタミンB1が不足すると疲労感や食欲の低下を引き起こし、ストレスを感じやすくなってしまいます。 季節の変わり目や新生活のスタートなど、体調が変わりイライラやストレスを感じやすいとき、食生活や生活習慣を見直し安定した精神を維持していきましょう。 1-5. むくみの原因になるナトリウムを体の外に排出してくれるカリウム さつまいもに含まれるカリウムは米飯の18倍含まれています。 この カリウムとは余分なナトリウムを体外に排出してくれるので、むくみ対策に有効的です。 むくみ対策の習慣としては温かいものを食べるようにして、体を冷やさないことが基本です。 なので、温かいミルクと一緒にさつまいもラテなどにするとよりむくみの改善が期待できます。 1-6. 抗酸化作用で元気な体作りをサポートするポリフェノール・ビタミンC さつまいもに含まれるポリフェノールやビタミンC等は抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは細胞の酸化を抑えることを言います。 細胞を酸化から守ることで、体の中から美しくなり元気な体づくりをサポートしてくれます。 1-7. がんの発生原因の1つである活性酸素の発生を抑制してくれるビタミンC さつまいもに含まれるビタミンCはがんの発生原因の1つである活性酸素の発生を抑制する効果があると言われています。 ビタミンCは体内で蓄積されず排出されるので、こまめに摂取することが大切です。 規則正しい食生活と生活習慣を行うことでがんになるリスクを下げると言われています。 1-8. 血糖値の上昇を緩やかにするレジスタントスターチ さつまいもは「低GI食品」と言われる、血糖値の上昇が緩やかになる食品です。 通常、 食品の糖分は、食事で吸収された糖分がブドウ糖に変換されて血液中を循環することで、インスリンが分泌され、インスリンによって血糖が細胞に届けられていく仕組みです。 この インスリンには脂肪を作ったり、逆に脂肪が分解するのを抑制する働きがあるので、インスリンの増加を抑える低GI食品が注目されているという状況です。 そのインスリンの上昇を抑えるのに、レジスタントスターチと言われる、難消化性でんぷんと呼ばれるでんぷんが活躍していくれています。 1-9. 生活習慣病の予防効果があるビタミンE ビタミンEには抗酸化作用があり、体内の糖質の酸化を防ぐ効果があります。 糖質の酸化を防ぐ効果によって細胞膜の酸化による老化を防ぎ、血液中のLDLコレステロールの動脈硬化などの生活習慣病の予防効果にもなります。 さつまいもの正しい調理方法 2-1. 電子レンジでやきいもを作る 電子レンジでさつまいもを加熱すると短時間での調理が可能です。 さつまいもを皮ごときれいに洗います。 さつまいものヘタをカットしてキッチンペーパーで包みます。 キッチンペーパーごと全体をしっかりと水で濡らしてサランラップで包みます。 さつまいもを耐熱皿にのせ200wで10分加熱し、竹串をさしてみてすーっと通れば出来上がり。 ) 短時間での加熱により、さつまいもに含まれるデンプンが糖化することがないため、昔ながらのホクホクとした甘さ控えめのさつまいもができます。 料理等でお使いの場合は ビタミンの損失が少なくなるので時短調理にお勧めです。 2-2. 蒸し器でやきいもを作る 蒸し器でさつまいもを加熱すると焼き芋で作った時よりもカロリーが抑えられます。 甘みを引き出すために水から加熱する方法をご紹介します。 さつまいもを皮ごときれいに洗います。 蒸し器に水を張りさつまいもを入れます。 (水の状態からセットすることでじっくり火が入ります。 蓋をして強火で火にかけます。 沸騰して湯気が出てきたら中火にして30分蒸します。 竹串がすーっと通れば完成です。 蒸し器でさつまいもを加熱すると、焼きで作った時よりもカロリーが抑えられます。 その理由としては、含まれる水分量の違いです。 なので、焼き芋と蒸し芋を同じ重量当たりで換算すると栄養価的にも低くなってしまうのが蒸し芋の難点ですね。 2-3. オーブンでやきいもを作る オーブンでの加熱は、温度設定が可能なので、一定の温度でじっくりと甘みを最大限引き出すことができます。 たくさん焼いて余っても冷凍できるので、冷凍いただき冷えた状態で食べると違ったおいしさを楽しめます。 らぽっぽファーム直伝のおいしい焼き芋の焼き方をご紹介します。 さつまいもを皮ごときれいに洗い、1本ずつアルミホイルで包みます。 途中、何度かひっくり返します。 竹串がすーっと通る柔らかさになったら完成です。 まとめ さつまいもにはいろいろな栄養素が幅広く含まれており、健康や美容に関連する効果が期待できます。 またお腹の中を美しくすることで免疫物質を作る作用や、ビタミン・ホルモンの合成、血をきれいにする作用といったような腸の働きを助けてくれる効果もあるので、さつまいもを食べて体を内側から磨いていきましょう。 色々な加熱の仕方がありますが、 さつまいもはやはり、焼くのが基本です。 また、さつまいもにはいろいろな栄養素が詰まっていますが、 食物繊維やヤラピンといった栄養素の多くは皮の近くに多く含まれます。 つまり、皮ごと食べることによってさつまいもの栄養価を無駄なくとることができ、体の中から美しくしてくれる効果を得やすくなります。 さつまいもは皮ごと焼いて食べましょう。 <さつまいもをトースターを美味しく調理する方法はこちら> 「美味しいさつまいもを食べたくなってきた!」という方にピッタリなものがあります! それが、 【 らぽっぽファームオンラインショップ】の 美腸やきいも! 詳しくは。

次の

さつまいもの栄養と効能は?保存方法や期間は冷蔵庫と常温どっちがいい?

さつまいも 効能

さつまいもの栄養分は? まず、さつまいもは デンプンが多く含まれています。 さつまいもで注目すべき栄養素は「 ヤラピン」というものです。 これはさつまいもを切った時にでてくる白い乳液に含まれているのですが、 このヤラピンはさつまいもにしかない栄養素なんです。 さつまいもは、食べると次の日にお通じがあったりしますが、 含まれている食物繊維のおかげでもあるのですが、 ヤラピンの効果でもあります。 ヤラピンには、腸の動きを活発にして便を促す効果があり、 食物繊縫とあわさって、その効果はさらにアップします。 さつまいもの美容効果について さつまいもにはこれ以外にも、多くのビタミンが含まれています。 特に多いのが「 ビタミンB群」。 効果としては、ビタミンB1の働きとして ・疲労回復 ・ストレス解消 ・アルツハイマー病の改善 といったものが期待できます。 そして「 ビタミンB2」。 このビタミンは美容やダイエットに役立ちます。 スポンサードリンク ・成長の促進 ・健康な皮膚や粘膜を作る ・脂質を燃焼させる といった働きがあるので、 ・ニキビや口内炎の予防 ・脂肪燃焼でダイエット効果 ・老化抑制でアンチエイジング といった効果が期待できます。 また、野菜に多く含まれる「 ビタミンC」も多いんです。 サツマイモは、りんごの7倍ものビタミンCが含まれています。 ビタミンCは、美肌には不可欠なビタミンで、 ・抗酸化作用で美白効果(メラニン色素を抑える) ・コラーゲンの生成で弾力のある肌に という効果が期待できます。 さらにすごいのが「 ビタミンE」。 さつまいも1本で1日分のビタミンEが摂取できるほどです。 ビタミンEの働きとしては、抗酸化作用があり、 老化の大敵である活性酸素を抑えてくれます。 「若返りビタミン」とも呼ばれていて、アンチエイジングなど、 美容には最適なビタミンです。 その他、 ・生活習慣病の予防 ・がんの予防 ・更年期障害の改善 ・冷え性予防 と、女性にとっては不可欠なビタミンなんですね。 さつまいもは皮もすごい? 最後に「さつまいもの皮」に含まれている栄養素です。 皮は焼き芋で食べるときでも食べずに捨ててしまう方も多いと思います。 でも栄養分が多いのは「 皮」の付近なんです。 上であげたヤラピンも皮の周辺に多くなっているので、 便秘解消なら皮ごと食べるようにしましょう。 また、さつまいもで気になる「 おなら」ですが、 皮ごと食べると消化が早まるのでおならが出にくくなります。 メリットはいっぱいあるんですね。 調理法に工夫が必要ですが、ぜひ皮ごと食べたいですね。 まとめ ただの芋かと思っていたサツマイモですが、 すごい栄養のある野菜だったんですね。 しかも美容効果がすごいので、女性にはぜひ、という野菜ですね。

次の