藤本勝巳 現在。 島倉千代子の肝炎との20年に及ぶ闘病生活!元夫は藤本勝巳

島倉千代子の肝炎との20年に及ぶ闘病生活!元夫は藤本勝巳

藤本勝巳 現在

阪神藤本勝巳内野手が、歌手の島倉千代子さんとの婚約を発表した。 東京・新橋の第一ホテル新館で約30分の記者会見。 ともに人気のある野球選手と芸能人だけに報道陣が約100人集まり、写真撮影と記者会見が別々に行われる盛況ぶりだった。 黒の背広を着た藤本と、晴れ着姿の島倉さんは、寄り添うように腰を下ろした。 知り合ったきっかけは6年前、テレビで島倉さんを見た藤本が「一ファン」としてかけた電話だった。 プロポーズは島倉さんが目のけがをした7月で「片目が見えなくなるかも知れないと言われていたので…。 うれしかった」。 藤本は「千代子さんのすべてが気に入った。 彼女の歌ではデビュー曲の『この世の花』が好き」と話した。 藤本は56年に南部高から投手として入団し、プロで打者に転向。 練習量の多さは有名で、59年の天覧試合では一時逆転となる本塁打を放った。 60年には22本塁打、76打点でセ・リーグの2冠王を獲得。 67年に30歳で引退した。 島倉とは63年に結婚したが、68年に離婚した。 【斎藤直樹】【2011年11月25日付、日刊スポーツ紙面コラム「メモリー球譜」より】• photo• 芸能 多部未華子「私の家政夫ナギサさん」2話12・8% []• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• 芸能 [7月15日 9:52]• 芸能 [7月15日 9:52]• 芸能 [7月15日 9:41]• AKB48 [7月15日 9:25]• ドラマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]• 芸能 [7月15日 5:00]• AKB48 柏木由紀29歳「アイドルの賞味期限」概念なくなれ []• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• AKB48 [7月2日 9:17]• ジャニーズ 有働由美子アナ当面の番組出演見合わせ「大事とる」 []• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ジャニーズ [7月11日 4:00]• ジャニーズ [7月10日 10:51]• ジャニーズ [7月10日 4:00]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 キンプリ永瀬ママチャリで登場「シュールじゃない」 []• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• コラム [7月12日 10:00]• シネマ [7月12日 8:08]• シネマ [7月12日 8:00]• シネマ [7月12日 5:00]• ドラマ 多部未華子「私の家政夫ナギサさん」2話12・8% []• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]• ドラマ [7月15日 5:00]• ドラマ [7月14日 20:53]• ドラマ [7月14日 13:53]• ドラマ [7月14日 12:00]• ドラマ [7月14日 10:24]• ドラマ [7月14日 10:24]•

次の

島倉千代子は細木数子に騙されて奴隷のような生活を送っていた!!衝撃の借金生活が明らかに!!

藤本勝巳 現在

Sponsored Link 元夫の多額の借金を背負う こうして、島倉さんは、8000万円の借金を背負うのと引き換えに、 ようやく、藤本勝巳さんと縁を切ることができたのですが、 すっかり離婚協議に疲れ切った島倉さんは、今度は、 かつて失明の危機から救ってくれた恩人、眼科医の守屋義人さんを頼るようになり、 1974年頃からは守屋さんと恋愛関係になります。 すると、守屋さんは、それまで島倉さんのマネージャーをされていた、 島倉さんの実弟の島倉征夫さんをクビにし、新しいプロダクションを作るのですが、 コマ劇場等の公演での売上は、ヤクザ者にかすめ取られたうえ、 新曲のレコードを宣伝用に大量に購入するため、 勝手に島倉さんの実印を押して裏金融から3億円を借り、 (借金の額には諸説あり、総額4億3000万円、 2億4000万円とも言われています) 最終的には総額13億円にまで借金を膨らした挙げ句、 島倉さんに全て背負わせたまま、蒸発してしまったのでした。 暴力団関係者と その後、どういう経緯かは分かりませんが、島倉さんは、 政治ブローカーの安部正明さん宅に居候するようになり、 ある時、安部邸で暴力団 「小金井一家」の堀尾昌志総長が麻雀をしていると、 新宿コマ劇場で島倉さんが債権者に囲まれているという連絡が。 そこで、安部さんが、新宿を縄張りにしている堀尾さんに、 誰にも面会させないよう指示を出すと、 堀尾さんは、 カタギじゃない俺が行くとコマ劇場に迷惑がかかるから、 ウチのにやらせよう。 と、堀尾さんの内縁の妻を派遣します。 堀尾の内縁の妻・細木数子に手打ちしてもらうも・・・ 実は、この内縁の妻というのが、あの有名な占い師、さんで、 当時、細木さんは、クラブ 「艶歌」を経営していたのですが、 細木さんは、1977年3月、債権者をクラブ 「艶歌」に集めて、 テーブルの上に3億円を置くと、 あんたはいくら貸したんだ。 実際に借りたカネより膨らんでいるじゃないか。 と、詰め寄り、実際に借りた金なら払えると、 13億円にまで膨らんだ借金を3億円でチャラにしたのでした。 島倉さん(左)と細木数子さん(右) そして、この出来事で、島倉さんはすっかり細木さんを信頼し、 細木さんを 「細木のママ」と呼んで、「借金を肩代わりしてくれた恩人」と、 慕うようになるのですが・・・ 細木数子に搾取される 実際のところは、借金の相手が細木さんに変わっただけで、 細木さんが島倉さんの債権者になり、興行権も細木さんに移ると、 細木さんは、芸能プロダクション 「ミュージックオフィス」を設立。 以降、島倉さんは、キャバレーやクラブで歌うことが増えるなど、 仕事の質が変わってしまったうえ、細木さんからは、 「てめぇ」 「コノヤロー」 「明日の命だよ」 「死ぬ気でやれ」 などとヤクザ口調で脅されながら、 1年もすれば返し終えることができたであろう借金を、 3年間、馬車馬のごとく働かされ、 そのうえ、島倉さんのレーベルである 「日本コロムビア」の関係者はじめ、 作詞家、作曲家も細木さんが怖くて島倉さんに近づけない状態になり、 島倉さんは新曲も出せない状態となってしまったのでした。 Sponsored Link 日本コロムビアに立て替えてもらう そして、細木さんは、内縁の組長とグルになって島倉さんを騙し続け、 借金総額は16億円にも膨らませたとも言われているのですが、 (細木さんは、島倉さんの負債額を、その時々で、2億4000万円、 4億3000万円、12億円、13億円、16億円と、 言っている金額が変わるなど、いい加減だったそうです) 島倉さんはというと、ロボットのように細木さんの言いなりで、 正確な負債額を把握しておらず、 働いても働いても、借金は減るどころか、逆に増えていることに、 次第にこのような状況はおかしいと思い始め、 いくら働いても借金は減らないし、 こんなに働いているのに、私には何も残らないのよ。 と、親しい人にこぼすようになったそうで、 ある時、細木さんが、 あと1億返したら自由にしていいよ と言ったときに、(この時点ですでに細木さんへは4年で2億円を返済) このアリ地獄のような状況を見かねた、島倉さんの知人が助け舟を出して、 レコード会社 「日本コロムビア」に仲裁してもらい、 「日本コロムビア」が細木さんから島倉さんの興行権を取得することに。 ただ、細木さんはというと、 借金の決着をつけたのは私なのに礼はないのか。 1億円くらいもらっても罰は当たらないよ。 ちなみに、島倉さんは、2005年、 著書 「島倉家 これが私の遺言」の出版記念会見で、 法律が許してくれるならばこの手で刺したい と、(借金を背負わせた相手の名前こそ出さなかったものの) 目に涙を浮かべながらおっしゃっています。 に続く.

次の

藤本勝巳

藤本勝巳 現在

経歴 [ ] 、当時和歌山県下の有力選手といわれた()をマークしていたスカウトが、でをしていた藤本を発見し入団交渉。 卒業後のにとしてに入団するが、すぐにに転向。 は右ひじ骨折がありながらも61試合に出場。 9月にはに代わりの定位置を得る。 は開幕から六番打者として起用され、124試合に出場。 初めて(25位、打率. 225)に達する。 は四番打者に定着、打率. 278(9位)、24本塁打の好記録を残し、に選ばれる。 同年にはに選抜されるも辞退している。 がサヨナラ本塁打を放った1959年のでは、6回表にから試合を一時引っ繰り返す2点本塁打を放つ。 はに一塁手を任せ、開幕からに回るが打撃は好調。 シーズン後半には一塁手に戻り、らを抑えて(22本塁打)、(76打点)の二冠を獲得した。 は打率. 300(3位)の好記録を残し、自身2度目のベストナインに選ばれる。 も中心打者として初のリーグ優勝に貢献し、とのでは全7戦に四番打者として出場。 チームは敗退したが33打数11安打6打点2本塁打と活躍した。 しかしは打撃不振に陥り、8月には故障もあり欠場、遠井に一塁手のレギュラーを明け渡す。 同年にと結婚したが6年後に離婚。 は遠井と併用され2度目のリーグ優勝を果たすが、とのでは3試合に代打で起用されるにとどまる。 も遠井との定位置争いが続くが、翌以降は出場機会が減少。 の最終戦に一塁手、五番打者として先発出場した後、同年限りで現役引退。 引退後はスナック「ジャガー」を経営する。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 2 2 2 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 500. 500 1. 000 1. 500 61 147 140 13 35 3 1 8 64 24 1 1 0 1 5 0 0 32 4. 250. 274. 457. 731 124 410 378 35 85 14 2 16 151 49 2 4 0 4 27 5 1 83 11. 225. 276. 399. 675 127 502 450 54 125 19 4 24 224 81 4 4 0 5 45 4 2 63 8. 278. 343. 498. 840 119 474 413 56 104 17 3 22 193 76 3 1 1 5 53 8 2 69 8. 252. 336. 467. 803 108 421 370 36 111 16 2 8 155 41 6 3 0 4 46 4 1 58 10. 300. 375. 419. 794 121 475 429 44 110 13 1 15 170 57 0 0 0 2 40 4 3 66 11. 256. 323. 396. 719 61 204 175 12 38 3 0 5 56 15 0 1 0 3 24 0 2 24 8. 217. 314. 320. 634 83 214 177 19 50 6 0 7 77 34 2 2 0 3 34 2 0 36 5. 282. 393. 435. 828 110 319 290 23 65 14 0 5 94 29 3 3 0 2 23 0 4 55 9. 224. 288. 324. 613 66 119 100 6 21 6 0 1 30 9 1 0 0 0 18 0 1 30 1. 210. 336. 300. 636 51 62 55 4 11 1 0 2 18 5 0 0 0 0 7 1 0 18 0. 200. 290. 327. 618 通算:12年 1033 3349 2979 303 756 113 13 113 1234 420 22 19 1 29 322 28 16 535 75. 254. 327. 414. 741• 各年度の 太字はリーグ最高• 大阪(大阪タイガース)は、1961年に阪神(阪神タイガース)に球団名を変更 タイトル [ ]• :1回 (1960年)• :1回 (1960年) 表彰 [ ]• :2回 (1959年、1961年) 背番号 [ ]• 53 (1956年 - 1957年)• 5 (1958年 - 1967年) 登録名 [ ]• 藤本 克巳 (ふじもと かつみ、1956年 - 1957年)• 藤本 勝巳 (ふじもと かつみ、1958年 - 1967年) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構.

次の