リザードン型。 リザードン育成論 : 【剣盾版】はらだいこリザードン【全抜きエース】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

リザードン育成論 : 【剣盾版】はらだいこリザードン【全抜きエース】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

リザードン型

サン・ムーンでは、野生のポケモンの「仲間を呼ぶ」を繰り返すことにより、確定で... リザードンおすすめ育成 特性 メガリザードンXの場合 「 」・・・直接攻撃する技の威力が1. 3倍になる。 メガリザードンYの場合 「 」・・・戦闘に出ると5ターンのあいだ天気が「ひざしがつよい」になる。 リザードンには二通りのメガシンカがあり、持たせたメガストーンにより異なるメガシンカをします。 メガリザードンXは物理型。 特性の「かたいつめ」は、直接攻撃の威力を底上げする強力なものです。 メガリザードンYは特殊型。 特性の「ひでり」は天候変化系。 ほのおタイプの技のダメージが1. 5倍、みずタイプの技のダメージが0. 5倍、ソーラービームが1ターンで撃てるなどの効果があります。 性格 メガリザードンXの場合 物理型ですので特攻を下げる性格を採用します。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) メガリザードンYの場合 特殊型ですので攻撃を下げる性格を採用します。 「ひかえめ」(特攻UP、攻撃DOWN) 「おくびょう」(素早さUP、攻撃DOWN) 努力値・個体値 メガリザードンX・・・攻撃、素早さを重視 メガリザードンY・・・特攻、素早さを重視 技 メガリザードンXの場合 :高火力の物理ほのお攻撃。 与えたダメージの3分の1を自分も受けてしまう。 :自分の攻撃、素早さを1段階上げる。 これを使う余裕があればかなり有利な戦いに。 :高火力の物理ドラゴン攻撃。 2~3ターン連続で攻撃したのち、混乱状態になる。 ほかには直接攻撃ではないものの「 」が重宝します。 「 」あたりも有効。 メガリザードンYの場合 :特殊ほのお攻撃。 特性の効果もありかなりの威力に。 :特殊くさ攻撃。 特性の効果で1ターンで使用可能。 タイプ不一致もお構いなし。 :特殊ドラゴン攻撃。 堅実な技です。 ほかに、「 」や「 」あたりの変化技を採用したいところ。 攻撃技では「 」「 」なども候補になります。 アイテム メガリザードンXの場合・・・ メガリザードンYの場合・・・ メガシンカ前提ですので、ほかに選択肢はありません。 関連ポケモン.

次の

リザードンの型一覧

リザードン型

ポケモンソード・シールド(剣盾)でリザードンのいる環境が良くなったので隠れ特性サンパワーが使えるので人気が上がっています。 最強の育成方法、 おすすめのリザードンの型、色違いなど紹介致します。 【ポケモン剣盾】リザードン育成論・夢特性・対策【レイド】 キョダイマックスの姿 入手場所:クリア後にホップの家でヒトカゲ入手 レイド出現場所:げきりんの湖に岩の円が出来ている中心の巣穴(太い光) どちらで入手しても キョダイマックスすることができますが、巨大マックスはランクバトルで使用できないので孵化をして通常のリザードンを育てる必要があります。 5倍 サンパワー(隠れ特性):天気「日差しが強い」と特攻1. 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 78 84 78 109 85 100 534 特攻252・素早さ252で残りはHPか特防に努力値を振ってもいいでしょう。 タイプ相性・持ち物 倍率 タイプ 4倍 岩 2倍 電気・水 0. 5倍 炎・鋼・フェアリー・格闘 0. 25倍 虫・草 無効 地面 オススメ持ち物は、 弱点保険(弱点を攻撃されたときに特攻・攻撃2段階UP) ものしりメガネ(特殊技の威力1. ガラル鉱山 戦い方・使い方 基本はダイマックス ダイマックスさせるポケモンとしてパーティに入れる。 ダイマックスをすることで耐久が大きく上がるので、弱点を攻撃されても耐えることが出来る。 5倍になる。 また「日差しが強い」状態だと ソーラービームが準備ターン無しで打てる。 そして草ダイマックス技「ダイソウゲン(ソーラービーム)」は 水タイプなど弱点ポケモンで応戦してきたときも有効打となる。 バンギラス:特性「すなおこし」で場を砂嵐にして「日差しが強い」状態を無効にし岩技 ドサイドン:レベル75で覚える「がんせきほう(岩・威力150)」 色違いリザードン 色違いは黒いリザードンになります。 多くはヒトカゲ色違いを孵化させます。 かなりレアですがマックスレイドにも出現します。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

リザードン : 真・太陽神型リザードン ~こだわりスカーフver~

リザードン型

初投稿となります。 まず、この育成論は個体値6Vを前提として話を進めていきます。 ダメージ計算はポケモンの館様の物を使用させていただいております。 リザードンについて 言わずもがな有名な初代御三家の炎タイプ。 アニメでもゲームでも大人気のポケモンです。 種族値もそこそこ高い特攻、素早さを持ち、どの世代でも安定した強さを誇ります。 型概要 竜の舞(以下竜舞)を使い、物理アタッカーとして使用します。 これだけを聞くと、同じ素早さで尚且つ、攻撃力で勝る竜舞型ボーマンダの劣化ですね。 ですが、この型のメリットとしては、• 読まれにくい• 物理炎技をタイプ一致で打てる• 竜舞型のドラゴンと違い氷が弱点じゃない• リザードンの竜舞とかマジカッケェ といった感じです。 物理炎技をタイプ一致で打てるため、竜舞を使うドラゴンと違い鋼で止まりにくいです。 性格 意地っ張りで確定。 攻撃種族値が84と メラルバより低いのでそれを補います。 ほぼこれで確定。 ただし短命に・・・。 ただし、フレアドライブとはアンチシナジー。 ただその後の火力が不安なので命の珠でいい。 特性 猛火。 サンパワーは特攻が上がるのでこの型では意味がありません。 努力値振り A252 D4 S252 普通のAS極振り。 Dに4振ったのは、Hに振ると偶数になってしまうからです。 多分これで大丈夫です。 他に考えられるのはH140 A252 S116で70族抜き、竜舞一積みで130族抜き調整ですが、努力値を耐久に回してもあまり意味は無いです。 もともと耐久ないので。 確定技 ダメージ計算は基本的に命の珠込みで計算します。 一番上が竜舞&猛火補正無し 二番目が竜舞一積み猛火補正無し 三番目が竜舞無し猛火補正有り 四番目が両方有り となっております。 途中で確定一発となった場合それ以降も確定一発なので表記しません。 炎技以外は上が竜舞無し、下が有りとなっております。 りゅうのまい 確定。 これがなければこの育成論は一体なんなんだという話になります。 一応性格陽気で最速なら剣の舞も使えますが、今回は竜舞型なので。 一回積むだけで素早さはアギルダーをも超えます。 フレアドライブ これも確定。 タイプ一致で高火力の物理技です。 炎のパンチは火力不足なので候補外。 H252メタグロス 乱数1 95. 1〜112. 7〜166. 6〜57. 8〜125. 7〜95. 8〜142. 選択技 地震 安定したサブウェポン。 相手の炎タイプを狩れます。 基本的に採用。 H252ヒードラン 確定1 120. 2〜141. 1〜70. 5〜64. 1〜96. 2〜94. 7〜141. 素早さが上がるので怯み効果も期待できます。 ただ命中が不安定。 でもリザードンのドラゴンダイブってカッコイイじゃん! H6ガブリアス 確定2 70. 1〜82. 3〜122. 1〜39. 3〜59. ただし火力は落ちます。 ダブルチョップ覚えていれば・・・。 H6ガブリアス 確定2 55. 9〜66. 6〜98. 7〜31. 1〜47. オーバーヒート HEN様に提案していただきました。 感謝です。 物理型と分かって受けに来た物理受けに撃ちます。 かみなりパンチ 誘う水タイプ、特にギャラドスに対して。 H252ギャラドス 確定1 110. 8〜130. H252ウルガモスを舞わずに倒せる。 風船で浮いてるシャンデラなんかにも。 H252ウルガモス 確定1 134. 3〜158. 5〜86. 5〜129. 8〜70. 2〜105. 一積み地震ではバンギラスをギリギリ乱数1発にまで持っていけないので無くは無い。 H252バンギラス 確定2 82. 1〜96. 1〜144. 感謝です。 四倍弱点に対して撃ちます。 ボーマンダなどのドラゴンに対して。 げきりん ドラゴンタイプのサブウェポンとしては最大火力ですが、 使ったあと死に出しで出てきた鋼で止まります。 せっかくフレアドライブで鋼を狩れるのにもったいないので候補外。 アクロバット 竜舞と両立できないので候補外。 つばめがえし 基本四倍弱点狙いですが、炎タイプで間に合うので候補外。 ニトロチャージ 素早さ向上は竜舞で間に合っているので候補外。 竜舞外してこれを使うなら特殊でいい。 立ち回り 有利な相手が出てくると読んで先発、有利な相手に死に出し。 拘った草技、地面技、どう考えてもこちらに有効打がない相手に対し後出し。 リザードンを見ると相手は大体特殊だと予想するので、 有効打がない場合特殊受けに交代します。 Wロトムだけでなく、耐久水が基本的に厳しいです。 そこはPTでなんとかしましょう。 うまく舞えるかどうかが重要です。 舞えなければ火力は低いです。 しかし、舞えれば強いです。 ちなみに、相性補完は呼び水トリトドンなどが優秀です。 弱点を全てカバーし合えます。 命の珠とフレアドライブのせいで短命です。 ステロにも注意!• 後書き 初投稿ということで、かなりgdgdな感じになっております。 書き終わって気づきましたが、かなり長いですね・・・申し訳ございません。 実際に三〜四ヶ月前から作っていますが、なかなかいい仕事をしてくれます。 ドラダイ外す事以外。 何かございましたら、コメント宜しくお願いいたします。 というかタイプが違うので差別化考えなくてよいと思うのですが... なかなか面白そうだと思いました。 他にもツッコミどころはあると思うので、よりよくなることを期待してます。 オバヒですか、確かに役割破壊としては有効かと思います。 意地っ張りでも特攻は116ありますし、十分候補ですね、有難うございます。 ただ技スペースが足りない気がしますね・・・。 確かに余計でしたねwwwですがまあ、様の言うとおり後書きで、括弧内に書いているのでまあ大目に(ry 候補外の技は様の言うとおりコメントで挙げられる前に書いておこうと思い、理由も一緒に載せました。 高評価有難うございます! 確かに火力は残念ですが、積めばなかなか強いです、積めれば・・・。 あ゛、HPと見間違えてました、訂正させていただきます、申し訳ございません・・・。 それでもやはりメラルバより(ry ドラダイはメインの炎技と、サブの地震技(以下省略)と言う意味です、ちょっと表現不足でしたね。 申し訳ございません・・・。 高評価有難うございます! 代弁助かります。 読まれないのは大きな強みですよね。 使っていても楽しいです。 どんな相手に対して積めるかは確かに書いておいたほうがいいですよね、かなり重要なことなのに忘れていましたorz申し訳ございません。 ボーマンダはドラゴン、リザードンは炎という時点で相手をするポケモンも大きく変わります。 技の範囲も少し違いますし。 なのでボーマンダの完全劣化というわけではありません。 もっと差別化について書いたほうが良かったですね、申し訳ございません。 後で追記しておきます。 代弁感謝です。 確かにその通りですね、被ダメも追記しておきます。 大きな強みとしてはやはり読まれないという点ですね。 他にも範囲が広いなどあります。 そういった点も追記しておきます。 申し訳ございません・・・。 様の言うとおり、タイプが違う事そのものが差別化のようなものですね。 おっしゃるとおり、確かにかなり記述不足がありますね。 申し訳ございません。 様のおっしゃられたことを踏まえ、訂正・追記させていただきます。 タイトル通り、炎タイプの物理ATとして採用します。 範囲はそれなりに広く、採用価値はあると思います。 むしろ偶数にする意味もないので、それなら2n+1ぐらいするべきかと思います。 ステロのダメージも怖いですし。 珠だから奇数にしなくてもいいと言われても、相手からしたら攻撃されるまで珠かどうかもわかりませんし。 確かに氷弱じゃない事は記述するべきですね。 追記しておきます。 有難うございます、もっとより良い物にするために追記・訂正を繰り返して行きたいと思います。 確かに無駄な情報がありますね、反省します。 めざパ氷ですか、確かにドラゴンで止まりやすいので候補ですね。 上でも記述した通り特攻が116あるので、珠込みで使えますね、追記しておきます。 また後で与ダメージ計算、被ダメージ計算も追記しておきます。 ただ、候補に入れるならやはりダメ計が欲しいと思いました。 あくまでも「特殊だけどこのくらい削れる」という目安程度に。 あとは他の方が言っているように積む以上は被ダメ計もお願いします。 なんか要求ばかりで申し訳ありませんが・・・ 私はこういう「こいつ普通はこうだけど敢えて別の型にするぜ!」みたいな不意をつける型が大好きですのでヒトカゲが手に入ったら作って見ようと思います。 心内評価で申し訳ないのですが評価5で。 まぁ、確かに無駄ではありますが…そこまで毛嫌いする必要はないかと思いますよ? 高評価を得ている育成論にも打ち消し線や、冗談が混じっているものも多いです。 でしたら新規投稿の育成論でだけではなく、そちらの方にも行って批判してください。 この育成論についてですが… 個人的にはネタに近いと思います。 ここの育成論はネタはダメなようですよ。 しかし、見にくいとは思いませんでした。 リザードンで舞うのは確かに面白そうです。 雨や砂、ロトム等、パーティで何とかしましょうですが、でしたら相性のいいポケモンをあげていってもいいと思います。 技候補については、よく挙げられていると思います。 ただ絶対入れない技を書く必要はないかなとも思いますよ。 長くなるだけですし。 現状与ダメが2倍弱点が多いですし、ガモスもコイツに対してはめざ電、めざ水じゃない限り相手にできないでしょうし、ぶっちゃけ今後を考えた評価4の人は分かるんですけど、評価5の人はどこを見て強いっておもったのか分かりませんでした。 一番肝心なことは特殊ではなく物理にすることによって突破できる相手の違い、また物理炎の代表格であるヒヒダルマ、ウインディなどとの差別化がSや龍舞によってなされているのかという考察ではないでしょうか。 あと、最初にこの型のメリットを挙げられていますが、弱点の違いについては特にメリットになっていないと思います。 こちらも岩で4倍、その他の弱点も龍飛より多いわけですし。 そうなると残りは読みにくいという点ですが、これがどう強さに繋がるのか、つまり普段のリザードンが呼ぶ相手が物理なら倒せるというケースを挙げなければこれもメリットとは呼べないと思います。 物理龍舞に可能性がないとは言いませんが、現状の育成論の内容ではスカーフヒヒダルマにフレドラ連発させたほうが強そうと思いました。 そしてゴツメナットがリザに突っ張る姿は想像できないです。 ラス1同士でゴツメ負け怖いのでしたら候補からオバヒどうぞ。 竜舞リザとしては最善なのかな? ないないさんも言ってますけど被ダメは必須だと思うので時間あるときお願いします。 特にマンダとの違いとしての氷技のダメージが欲しいです。 意表突く意味を、物理だからこそ倒せる相手を挙げてください。 心内評価5で。 これがやりたかった。 火力もそこそこあるし、機会があれば作ってみようと思います。 私は投稿主じゃないですよ。 下降補正0の氷の礫で15. これなら舞わずに攻撃した方がいいですよね。 マンムーも無補正252の氷柱針の一発が17. 反動も考えるときつい気がします。

次の