誰か の 心臓 に なれ た なら 歌詞 意味。 【中/假/罗歌词】だれかの心臓になれたなら

トーデス・トリープとは (トーデストリープとは) [単語記事]

誰か の 心臓 に なれ た なら 歌詞 意味

「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉だ 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか いつか終わると気付いた日から 死へと秒を読む心臓だ ねえ このまま雨に溺れて 藍に融けたって構わないから どうか、どうか、またあの日のように 傘を差し出し笑ってみせてよ もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた? 解けた指から消える温度 血を廻らせるのはだれの思い出? 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい 死にたい僕は今日も息をして 生きたい君は明日を見失って なのに どうして悲しいのだろう いずれ死するのが人間だ 永遠なんてないけど 思い通りの日々じゃないけど 脆く弱い糸に繋がれた 次の夜明けがまた訪れる どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ いつしか君がくれたように 僕も だれかの心臓になれたなら ひいらぎの解釈 僕は世界を「こんな世界」と嘆く誰かの 生きる理由になれるのでしょうか? これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉です この曲には2人の登場人物が出てきます。 僕と君 この世界、理不尽なことばかりです。 誰もが「こんなどうしようもない世界」と思っていることでしょう。 僕は、そんなふうに「こんな世界」と嘆いている誰かの生きる理由になりたいと歌います。 この曲は「こんな世界」と嘆いている君に向けて初めて愛を込めて歌う、最期の歌なのです。 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった ひいらぎの解釈 街も人も歪み出して この世界は化け物だと気づいてしまったんだ 欲望のままに動いて巣食った愚かさだって 全て目に写ってしまう 演技の様に手のひらのうえで誰もが踊らされてしまっていて 生まれてきた意味だって知らないままで 形骸化した夢は錆びついてしまったんだ 君はどうして「こんな世界」だと思ってしまったのでしょうか? 僕は、君が、この世界は欲望渦巻く化け物だと気づいてしまったと言います。 たしかにこの現実世界は汚いことも多くて、化け物のような世界なのでしょう。 欲望のままに動いて、愚かさがはびこっている世界。 そんな世界の姿が嫌でも目に写ってしまう。 シアトリカル=演劇の様に手のひらの上で転がされている人々ばかり。 そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。 だって、自分は欲望のままに転がされて、周りも見えていないのですから。 いつの間にか夢は形骸化してしまい、錆びついてキラキラしていたころなんて見る影もなくなってしまったのです。 だから、僕は、君が「こんな世界」だと世界を諦めてしまったのだと歌うのです。 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を ひいらぎの解釈 このまま雨に溺れてしまって 藍色に溶けてしまったって構わないから どうかあの日の優しい君でいて 傘を差し出して笑って欲しいんだ 僕は誰かの心臓になりたいと願っています。 それはどうしてか。 「こんな世界」と嘆いている君も、昔は「こんな世界」に絶望することなく優しい君であったことがあったのです。 でも「こんな世界」で希望を無くし、優しさを失ってしまった。 僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。 雨=苦難に濡れてしまって、それに負けそうになってしまっても構わないから。 あの日のような優しい君でいて、苦難にも負けず立ち向かって笑って欲しい。 僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。 ひいらぎの解釈 もしも「こんな世界」に気づかずに、夢が覚めなければそのままの君だったんだろうか 手を離してしまって先から温度は消えていって 血を巡らせているのは誰の思い出なんだろう いつか笑いかけてくれた君は夢から覚めてしまって「こんな世界」に絶望してしまいます。 取ってくれた手を離したその先から君の温度は消えていってしまって、 今思い出せるこの思い出が誰のかわからなくなりそう。 君との大切な思い出すら、「こんな世界」に絶望してしまい、変わってしまった君の前では思い出せないものとなっているのです。 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈 死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。 しかし、ここで僕は疑問に思います。 人間はいずれ死んじゃうんだから、そんなことに憤るのはおかしいと。 そう思いながらも君に生きて欲しいと願っているのです。 永遠なんてないかもしれない、思い通りに行かない日々ばかりかもしれない それでもなんとか繋がって、明日はやってくるのです。 どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ.

次の

トーデス・トリープとは (トーデストリープとは) [単語記事]

誰か の 心臓 に なれ た なら 歌詞 意味

作詞:ユリイ・カノン 作曲:ユリイ・カノン 歌:GUMI ユリイ・カノンさんの繊細な歌詞とメロディーで「誰かの生きる力になりたい」という思いを表現したとても考えさせられる一曲です。 ユリイ・カノンさんが自身のTwitterにてこの曲は追想の曲であり、この曲の主人公である「僕」が「生きたいと思える目標」だった「君」が居なくなっていしまった後に、これからは今までの生き方と決別して「君が僕に生きる力をくれた様に誰かの為に生きる力になりたい」という思いを表現した曲であると発表しています。 こんなストーリーなのかと知っただけでも思わずうるっときてしまいそうですよね。 この曲は本当に全体を通して歌詞が心に響きます。 考えさせられることも多く、命の大切さや重さまでも教えてくれます。 ~生きるということ~ 特に私の好きなフレーズは「死にたい僕は今日も息をして生きたい君は明日を見失って」というところです。 この歌詞を聞いた時に命の大切さを改めて感じました。 近年では自殺をしてしまう人が後を絶ちませんが、逆に生きたくても生きれなかった人というのも大勢います。 命を粗末にしてはいけないと誰もが教わってきたことであると思いますが、生きているということは素晴らしいことです。 ~かっこいい生き方をしたい~ 何かと不平等と言われる世の中ですが、死というのは唯一誰もが平等に訪れるものです。 人によって死までの時間は違いますが、それまでに誰かの為に生きることが出来たらどれだけ素晴らしいことでしょうか。 この曲の主人公は誰かに助けられた結果、今度は自分が誰かの為になる存在になりたいと思い生きることを決めたとても強くてかっこいい人ですね。 自分の為にですら生きれなかった人が誰かの為にいきたいなんてどれだけ素晴らしい成長でしょうか。 歌詞に「いずれ死するのが人間だ」という言葉があります。 私もその時が来るまで必死に生きて誰かの為になれるような人間にいつまでも成長を続けていきたいと思いまいした。 ~最後に~ 辛くなった時や悲しくてどうしようも無いときによく聞いています。 特徴的なメロディーラインや考えさせられる歌詞に何度も助けられました。 きっと私の様にこの曲に助けられたという人はたくさん居ると思います。 そんな素晴らしい曲を作り多くの人の生きる希望になっているユリイ・カノンさんはとても素敵です。 これからも応援しています! そしてこんな素敵な曲を作ってくださりありがとうございました。

次の

【中/假/罗歌词】だれかの心臓になれたなら

誰か の 心臓 に なれ た なら 歌詞 意味

カテゴリ• タイトル『ピースサイン』の意味 「ピースサイン」はボディランゲージの一種で、楽しさや親愛の情を意味します。 勝利のアピールや、平和を祈るサインとしても用いられています。 イギリスでは、ピースサインが指でVの形を作ることから「Victory 勝利 」の象徴とされることもあるそうです。 『ピースサイン』のテーマ 米津玄師、メジャー7枚目のシングルであるこの曲。 読売テレビ系列アニメ『僕のヒーローアカデミア』第2期第1クールのオープニングテーマとして起用されました。 登場するキャラクターたちは皆、超常能力「個性」を持っています。 しかし、落ちこぼれの主人公緑谷出久の能力は「無個性」。 そんな彼が平和の象徴で圧倒的強さを誇るオールマイトに憧れ、ヒーローを目指すという人気アニメです。 しかし今回は!!ピースサインの作中だけの音楽では収まらないと考え、 「もしも米津玄師さんが『ピースサイン』を自分自身と重ね合わせて作っていたとしたら」 という仮定で考察してみたいと思います! あくまでも勝手な解釈ですので、こういった捉え方もあるんだなぁと感じていただければ幸いです。 ただただ憧れる。 そんなものでした。 「あの飛行機=大きな夢」つまり、米津玄師さんにとっての「音楽」 と重ね合わせているのではないかと感じました。 自分も憧れのあのミュージシャンのようになりたい、でもまだ遠く及ばない。 自分には何が足りないんだろう。 そうやって必要なものを探し求めていたのかもしれません。 叶うかわからない。 音楽ができるならそれだけで良いと思った。 もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを だけど自分の心の中で誰かが話しかけてきます。 「本当にそれで良いの?あの時約束したんじゃなかった?」と。 それは幼き頃の自分でした。 「あんなカッコいいミュージシャンに僕もなりたい!」 そうやって目をキラキラ輝かせていた頃の自分です。 転がりながらだって、自分との約束を守る。 そうやって幼き頃の自分を悲しませないためにヒーローになる決意をした証、それが「 ピースサイン 」なのではないでしょうか。 しぼんでいく情熱。 約束を守れないまま。 もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを 「散々、嘘をついて悲しませてしまったよね。 もう君が悲しまないように、笑顔になれるように僕は君との約束を守っていくよ。 」 するとさっきまで泣いていた幼き頃の自分が微笑み、強く歩き始めた自分に向かって笑顔で「ピースサイン」をしました。 最後はその意志を確かめ合うように、お互いが振り返って笑顔で「ピースサイン」。 そうして「あの飛行機」のように大空へ羽ばたいて行くのでした。 自分自身にとってのヒーローになるための歌。 それが、米津玄師さんの『ピースサイン』なのかもしれませんね。 まとめ さて!今回の『ピースサイン』の独自解釈いかがでしたでしょうか? 米津玄師さんが音楽に憧れ、音楽に触れるそんな情熱的な日々を描いた一曲。 もう、ほとんど私、砂糖塩味の妄想の世界のような解釈でしたね。 こんな物語があっても面白いのではないでしょうか?? 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!.

次の