確実に死ねる 方法。 確実に死ぬ方法を教えて下さい。

首吊りって本当に楽に死ねるんですか?

確実に死ねる 方法

塩素系洗浄剤には「まぜるな危険」の表示が義務づけられている 最近、経験した家庭用洗剤を用いたガス中毒症による自殺の症例を報告したい。 患者は70歳代男性。 うつ病の診断により精神科で薬物治療中であり、これまで盛んに「死にたい」と妻や息子に訴えていたという。 ある晩、自宅でひとりになった時、患者はまず精神科で処方されていた睡眠薬を約20錠飲んだ。 そして、浴室にガムテープを張り巡らせて密閉状態にしてから、浴槽内でトイレ洗剤のサンポール(塩酸が主成分)と台所洗剤のキッチンハイター(次亜塩素酸が含有されている)を水に混ぜ、発生したガスを吸引し自殺を図った。 約50分後、外出していた妻と息子が帰宅すると、浴室内から刺激臭がするのに気がついた。 患者はもうろうとした状態で、呼吸は浅く、息苦しさを訴えていた。 ただちに換気を試みて、救急車を要請。 妻と息子も息苦しくなり浴室を出た。 約15分後に救急隊が駆け付け、浴槽内にサンポールとキッチンハイターを発見し、患者が吸引したのは塩素ガスであると判断。 「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」 スーパーや薬局で売られている家庭用洗剤を用いた中毒自殺が社会問題となり、現在、家庭用品品質表示法によって、塩素系洗浄剤には「まぜるな危険:酸性タイプの製品とまぜると有害な塩素ガスが出て危険」の表示が義務づけられ、注意を喚起している。 塩酸を含むトイレやタイルの洗浄剤と、次亜塩素酸を含む漂白剤やカビ取り剤を混ぜると、塩素ガスが発生する。 塩素ガスを吸引すると、気道粘膜の水分と接触することにより反応して、塩酸や次亜塩素酸が産生されて、呼吸困難、頻呼吸、喘鳴(ぜんめい)、咳を訴え、胸が熱くなる。 さらに、目が痛くなり、声がかれるなどの症状も呈する。 そのほかに、頭痛、嘔吐、脱力感なども認められる。 この患者は、確実に自殺可能な状態を作り上げて実行した。 うつ病のために常日頃からの希死念慮(死にたいとの強い意志)を抱き、塩素ガスを吸引する前に大量の睡眠薬を飲んだことも、更に状態を悪化させたと思われる。 塩素ガスなどの気体を吸引した中毒症では、吸引した時間の長さ、十分な換気ができないなどの環境状態が、患者の生死に影響する。 また、高齢者や気管支喘息などの慢性肺疾患を有する患者が塩素ガスを吸引すると、重篤になりやすい。 近年、『完全自殺マニュアル』といった書籍やインターネットなどで、自殺方法に関する情報を簡単に収集することができるようになった。 そのような記事の中には「この方法は苦しむことなく、確実に死に至る」などと、あたかも自殺を奨励するがごとくの内容を認めることがある。 しかし、そんなことはない。 筆者は数多くの自殺企図した急性薬物、化学薬品中毒の患者に対しての治療を行ってきたが、「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」と申し上げたい。 また、塩素は、化学兵器として、テロなどの目的で使用される可能性もあり、今後十分留意すべきであることも言い添えておきたい。 (文=横山隆 札幌中央病院腎臓内科・透析センター長).

次の

熱を出す方法まとめ!明日確実に休める!今スグ簡単に熱を出す方法

確実に死ねる 方法

お礼読みました、教えてくれてありがとうございます。 自殺したいほど身の周りの人間関係が崩れてしまって、四面楚歌の状態なんだと思います…お疲れ様です。 私も昨年の夏頃に家族関係や仕事や人間関係で色々と塞がってしまい、自殺を計画して準備を進めてました。 入院して一時的にでも問題から離れられたため、免れましたが 逃げ場がなくなると、本当に苦しいですよね…。 他の投稿もたまに拝見させてもらってましたが、幼なじみや好きな人に関する投稿から、私にはめんへらさん自身も傷付いている被害者だと感じました。 人を傷付けたり、人から傷付けられたりした経験がある人は、他者の痛みや苦しみや、気持ちがわかります。 たぶん、このサイトにいる大多数の方が経験しているように思います。 頼れる人がいない…人を頼るのは、別にネット越しの相手でもいいんですよ。 昔、医者にそう言われました 例えばこの投稿も、ある意味人を頼ってる行為だと思います。 この投稿には「死ぬな」なんて安易に頭ごなしに否定されるような回答は一つもありませんよね。 私含め皆さん同じような気持ちを抱えたことがある、もしくは現在進行形で抱えているからだと思います。 ここなら知り合いもいないでしょうし、もっと頼ってもいいと思いますよ。 死にたい苦しいといくら吐き出しても、否定されることはかなり少ないサイトです。 死ぬ前に、死にたいとか自分の気持ちとか、好きなだけ書き殴ってみませんか。 死んだらできないことですし、「どうせ死ぬなら出来るだけ悔いは残さずサッパリ死にたいな」と、何度自殺未遂を繰り返しても、私は毎回のようにそう思うんです。 おはようございます。 昔一通り試して惜しいところまでいきましたが この方法を成功するまで数回してみたら、確実に死ぬなと 、具体的な自殺方法を書くのは犯罪になったりするそうなので書けません、 ・崖から飛び降り 崖って、具体的にどこの崖ですか? お近くにあるのでしょうか。 そこまで行けますか? そう言うところって観光客もいますし、ちょっと現実味がないかと…。 あと、飛び降り経験者のとある方のコラムがリアルで衝撃的だったので貼っておきます。 長い時間がかかりますよ。 時間がかかると、それだけ誰かに発見されるリスクが大きいと思います。 ・首吊り こちらもコツが必要です。 あと、首を吊るのに適した場所が見つからなくて苦労する方がかなり多いようです。 去年の夏に私がやろうとしてたのは服毒でしたが、2週間以上苦しみ続けると言う例を聞いて、それはちょっときついなと思いました…。 できれば、苦痛は少ないのが理想的ですもんね。 本人の自由なので止めませんが、確実に死ぬのって本当に難しいです。 自殺未遂に疲れて、惰性で飲み食い排泄し、生きる方がずっと楽だなと思って生きてます。 自殺、なぜしたいと思ったのでしょうか。 死人に口なしなので、死ぬ前に教えてもらえませんか。

次の

えっこれだけ?簡単で確実に痩せるダイエット方法!痩せる仕組みはカロリーにあり

確実に死ねる 方法

かなり苦しいことはご察し申し上げます。 首つりで確実かと言えば、NOですね。 とにかく自死なるものは、他人に迷惑を相当にかけることなので慎重に考えたほうがよいかと思います。 金銭的なことで困っているのなら、親族などに援助を求めるとか、何かの資産があるのなら処分して凌ぐ方法があります。 それでも金銭が底をついたなら、生活保護を受給することをお勧めします。 まずは、あれこれする前に役所に相談するのがよいかと思います。 うつ病は生活習慣病と密接な関係があります。 私もうつ病と診断されて10年になります。 うつ病やりながらも、薬飲みながら今までどおりの勤務を続けました。 それでも夜眠れないなどなどあり、体力的に辛く、仕事のキレがなくなり、ミスが増え、どうにもならなくなり休職しました。 復職するため、元のポジションに戻るべく相当の焦りを感じながら、休職と復職を繰り返しました。 結局、元いた職場からは捨てられ、人事部に所属する「窓際社員」となりました。 1日就業まで仕事もなくただ机でじっとしているのは苦痛でした。 会社が実施した復職計画は私の性格や症状とマッチせず、現実的でもなく、本当に生きる気力を失いました。 私の場合はそんな折、会社の業績が悪化し、早期退職の募集が始まりました。 人事部長さんは直接的でないものの「戦力外だ、あなたの居場所はない」と私に告げ、暗に退職するよう仕向けました。 私ももうどうにもならなかったので退職することにしました。 幸いにも私の立場を理解してくれる会社があり現在はそこでお世話になっています。 第一線で働いていたころを思うと、心の整理がつかず2年近く退職の精神的ダメージは消えませんでした。 現在でもまだ傷が癒えたとは言えません。 ただ思うことは、物凄く辛いのですが、生きることから逃げないこと、生きることに執着すること、これを誓い現在も生き続けております。 とても辛いのですが、すべて過去を捨ててしまえば何とかなると思い、日々生きています。 もちろん以前の年収からすると3分の2以下、とても苦しい生活です。 本当の幸福感などこの10年味わったことはありません。 でも、生き続けて、同じような境遇の人に、「こんな生活をしぶとくしてるヤツがいる」ということを時折訴えております。 精神疾患なるもの、誰も理解などしてくれません。 医師は症例と対処法は知っていますが、それが個々の患者にマッチするとは限りません。 まして素人の自分自身、親族、同僚などは全く理解しません。 私の父親などは聴く耳も持ちません。 電車に飛び込み、高所からの飛び降りなど死に方はいろいろありますが、誰かが見たくもない遺体を見て、それを適切に処理しなくてはなりません。 電車などの運行を妨げると補償金を遺族が請求されたりします。 病死にしても自死にしても「死」は誰かに面倒をかけることを忘れずに今一度、頭の中を整理したり、考え方のアプローチを変えてみるのがよいかと思います。 選択肢は生死だけでなく、死に方、生き方、過去の清算、現在の状況の整理、未来の不確実な展望などいろいろありますから、この際、じっと考えてみる、ただ一方的に言いたいことをいうなど、やってみましょう。 効果があるのは、相手に反論や異論は聞かない、自分の言いたいことをただ黙って聞いて欲しい、と前置きをしてしゃべり倒してみましょう。 どうせ死ぬなら言いたい放題言ってからのほうがよいと思います。 Q 「死」こそゴールです。 生きててもつまんないです。 このままだと犯罪者になってしまうかもです。 ムカつく奴を殺したり、いい女をレイプしたりしてしまうかも。 そこで、社会に迷惑をかけずに、一歩でも「死」に近づくためにはどんな努力がありますか? 35歳の無職です。 世間でいう「クズ」「ゴミ」です。 一人暮らしで貯金を崩して生活してます。 自殺系は勇気がないので無理です。 ヤクザに絡んで殺されるとかも痛いので無理です。 理想はガンとかになりたいんですが。 自然に、病気で死にたいです。 突発的になら、急に通り魔に刺されるとかもいいですが、これはよほど運がよくないと無理ですね。 関係ないですが、こないだショッピングセンターの障害者トイレでカップルがセックスしてました。 こういうマナーのない人に腹が立ちます。 自分たちだけ気持ち良ければいいのか、とおもいます。 最後に、私は右利きです。 A ベストアンサー なにも早くゴールに行く必要ないですよ! クズなんかじゃないですし。 非常識な人に腹を立てる感情がありますしね。 35なんてまだ折り返し地点までも行ってないじゃないですか! まだまだですよ! それに無職の状態がずっと続くかは分かりません。 時間とともに気持ちも状況も環境も変わっていくものです。 前まで成績がどん底だった人が一年経ったらいつのまにか首位に立っていたりとか そんな話世間にはたくさんあります。 ・・ 今がつまらないなら今後楽しくなる出会いやきっかけに巡り会うかもしれないじゃないですか! この先なにが起こるかわからないように、楽しくなる可能性がゼロとは言えないのです。 楽に死ぬ事なんか簡単です。 長く生きてぽっくりいけばいいのです。 ハングマンズというのは結び方の事だと思いますが、要するに引っ張ると輪が縮む結び方ならば、全面から締められるので、血管の逃げ場がなくなり、落ちます。 落ちる、とは、柔道で言うところの「落ちる」であって即死という意味ではありません。 意識を失うという事です。 その状態で脳に血流が再開しなければ死亡します。 もやいのように輪が縮まらない場合は、先のとおりで、失敗する可能性もあるわけです。 例えば柔道で締め技で落ちますが、その時、手が自由なら引き手を掴んで首を廻すだけで血管が逃げる隙間が出来て締めが決まらなくなります。 理屈はこれと同じです。 もちろん、もやいでも、うまく血管を逃がさないように締まるような姿勢になれば落ちます。 但し、実際の首吊りでは、血管が締まって死ぬより、全体重が首にかかって頚椎離断で死亡する事の方が多いらしいです。 その場合は結び方は関係ありません。 Q 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてないと思い、死にたいと考えてはいるのですが、自殺する際の身体的痛みや苦しさを考えると、「無理だ…」と思ってしまうのです。 血やグロいのが苦手なので、ウィキペディアの「自殺」のところで「自殺の手法」の「首吊り」などを読むだけで気持ち悪くなってくるのです。 もし、仮に、寝る前に一錠飲めば、寝ている間に自然に楽に死んでいるとかいう薬があれば、私はとっくに飲んで死んでいると思います。 つまり、安楽死のような苦痛を伴わない方法があれば、自殺を試みる人もいると思うので、やはり、自殺する際の苦痛を耐えられるか耐えられないかは少なからず関係しているのではないかと考えるのです。 今回は、自殺したら家族や周りの人に悲しみを与え、不幸にしてしまう、迷惑をかけてしまうといった周囲のことを考えての意見は置いておき、あくまで自殺したいという気持ちは同じだけど、実際にする人とやっぱり出来ない人との間にはどのような心境の違いがあるのかという点について、皆さんの考えが知りたいです。 よろしくお願いします。 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてない... A ベストアンサー 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか? 1の場合でも2の場合でも、それぞれ事情があり、気持ちも異なると思います。 どちらも、大変な悩みを抱えていることに間違いはないと思います。 この大変な悩みを抱えている中に、質問者様もいるのでしょうね。 勇気を出して、このような内容を投稿したという事は、 それだけで、大変な思いをしているのが、読み手に伝わってきます。 私は、人生の中で2の経験は何度もあります。 ただ、それが1との境界がなんだったのかは、わかりません。 私に1の経験があれば、ここでコメントする事はできないですからね。 ましてや、他人の1と他人の2は、比較できないでしょうね。 回答にはなっていませんが、大変な悩みを抱えていると伝わって来たので コメントさせてもらいました。 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか?... Q 自殺するのならば、 A.苦しまない B.失敗しない C.他人になるべく迷惑をかけない D.実現可能である。 E.恐怖感が少ない。 と言うのがベストだと思いますが、メジャーな自殺方法には大抵欠点が存在します。 例) 投身:Cが当てはまらず、外見が最悪。 そもそも痛そう 飛び込み:Cが当てはまらず、外見が最悪。 下手したら生き残る。 首吊り:高確率で苦しむ。 練炭:高確率で苦しむ、下手したら生き残る。 服毒:危険な薬物ほど入手難、よく生き残る。 また、苦しむ。 混ぜるな危険:高確率で周囲まで危険にさらす。 拳銃で頭を打ち抜く:拳銃の入手が難しい。 自傷:そう簡単には死ねない。 苦しむ。 何でこんな自殺方法がメジャーなのか、理解に苦しみます。 無味無臭、非可燃性のガスを使う方法が流行らない理由を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 (でもその詳細を述べていただくことは結構です。 万が一実行する人が現れても困りますからね)ただ、質問の答えとしては、少なくとも多くの自殺者が、自殺の方法や窒素吸入に対して私程度の知識とイメージしかもっていない、ということなのでしょう。 ちなみに、私は、A・B・Dの理由から、自分が自殺する時は首つりか飛び降りだな、と考えています。 じゃあ、何故首つりや飛び降りがA・Bに該当すると考えられるかですが(Dについては判り切っているので省略します)、まず「首つり」についてですが、柔道の「絞め技」の例にあるように、失神するまでの時間は数秒程度ですし、中には、「慣れてしまうと気持ちがいい」なんて人もいます。 また、飛び降りについてですが、ある程度以上のの高さから飛び降りたら、どう考えても「即死」です。 苦しむ時間は短いでしょう。 しかし、実際のところ自分は経験したこともないし、実験による検証も不可能です。 自分が現在得ることができる知識から「比較的に楽そうだ」と推測しているだけで、実際自分がその方法で自殺を試みたら「うわ~! 苦しいじゃんか! 騙された~~~(泣)」と思いながら死んでいくのかもしれません。 さて、多くの自殺者にとって、AやDはともかく、B・C・Eはそれほど重要でしょうか。 死にたいぐらいに悩んでいる、いわば正常な思考状態に無いような人が「なるべく人の迷惑にならないように…」と論理的で冷静な思考をいつも持ち得るでしょうか。 死にたい…死にたい…死にたい…とリフレインのように繰り返す思考の中で、ピークに達したその場所がたまたま駅のホームで、通過列車のアナウンスが流れたら、電車が止まって何万人の人に迷惑を…とか考える余裕もなく、発作的に飛び込んでしまうこともあるかもしれません。 また、いわゆる睡眠薬自殺や、リストカットによる自殺を繰り返すようなタイプには、「死」という目的より、「死にいたる過程を自覚すること」でむしろ生の実感を得ようとする未遂者が多いような気がします。 彼らにとって、むしろ「確実性」は自殺の方法として魅力的ではなく、むしろ、無意識な「迷い」から「引き返せるものなら引き返せる」不確実な方法の方が自殺の手段として魅力的なのでしょう。 誰にも迷惑をかけない自殺なんて存在しません)スーパー自殺方法をご存じというなら、その方法はそっと胸に秘めて、自分が実行なさる時のとっておきにしておいていただくことをお勧めいたします。 >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 Q 物心付いた頃から気になっています。 こういうのを考える・会話がされてる事自体が嫌いな方はスルーの方向でお願い致します。 公共良序に反すると思われる方もいる事と思いますが、、(社会的には積極的自殺は推奨されていない為、ただし、個人的にはそれが正しいかどうかは分からないと思っています。 そもそも完璧に正しい事なんて世の中に存在しないと思ってる為。 ちなみにこれは別の議論になると思いますし哲学論争になるのでここでは省きます。 )自殺マニュアルを書いた人ですら、何の罪にもなってません。 法的には回答は自殺幇助にはならない訳ですし、気になるんで質問です。 『完全自殺マニュアル』では首吊りがいいとされていますが、これだけ科学が進歩してるのに古代からある方法が一番と言うのが解せないですし、もっと何かある様な気がして仕方ありません。 死にたい時に死ねる選択が出来ると言うのが個人的に重要ですので、大変勝手ながら、即効性が無い「老衰」は禁止とさせて頂きます。 なるべく後遺症が無く、苦痛を伴わず、死後の状態が綺麗であるほど良い死に方とします。 この場合、何がベストなのでしょうか・・? 物心付いた頃から気になっています。 こういうのを考える・会話がされてる事自体が嫌いな方はスルーの方向でお願い致します。 公共良序に反すると思われる方もいる事と思いますが、、(社会的には積極的自殺は推奨されていない為、ただし、個人的にはそれが正しいかどうかは分からないと思っています。 そもそも完璧に正しい事なんて世の中に存在しないと思ってる為。 ちなみにこれは別の議論になると思いますし哲学論争になるのでここでは省きます。 )自殺マニュアルを書いた人ですら、何の罪にもなってません。... Q うつ病1年、本気で死にたいと思ってしまいます。 うつ病を治療して1年、波があるものの良くなっていると思っていました。 でもここ数週間、かなり気持ちが落ちて、最近うつになって初めて本気で消えたい、死にたいと思うようになりました。 もう無理だと、もう抱えきれない、そんな気持ちでいっぱいです。 自責の念、自己否定、罪悪感、将来の絶望、不安、すべての選択が間違っていたという取り返しのつかないことへの果てしない後悔(離婚や海外から戻ってきたこと、その他すべての決断です)。 そんなものとずっと一緒でした。 臨床心理士のカウンセリングでは認知の歪み、必要のない罪悪感、両親の不仲、父親のDV(包丁をふりまわすなど)のトラウマなどが問題とされました。 見える世界が変わる日がきますーそういわれて今までやってきました。 でも突然、もう無理だ。 こんな思いを抱えてこれ以上生きていけない。 もう解放されたい、その気持ちだけがあふれてきます。 今までは息子のことを考えて死ぬことは考えなかったのに、今は消えたい、目が覚めなければいいのにと思いながらベッドに入り、朝が来ると絶望感でいっぱいになります。 そしてどうすれば楽になれるのかということばかり考えます。 月二回診察をしてもらっている精神科医から診察のとき言われました。 「幸せになるためにがんばってきた。 幸せになりたくて離婚した。 幸せになりたくて勉強してきた。 でも何も私の手にない。 そして離婚によって傷ついた自分も認めて癒してあげるべき」と。 この日、私ははじめて診察で涙を流しました。 「失敗した人間」そんな思いでみじめでした。 医師はいろいろフォローしてくれたけれど、頭に入らなかった。 別れて5年になります。 確かにいまだに息子のためには悪いことをしたのか、がまんすればよかったのかとぐるぐる頭を回りますが、でも負けたくなかった。 離婚したけれど、代わりに違うものを努力して手にいれ、息子と幸せになろうと死ぬ気で頑張ってきました。 仕事も勉強も研究も必死でやってきました。 でもそれによって手に入るはずのものがなかったんです。 医師はそんなにたくさんのものを手に入れなくてもなにかひとつでもいいじゃないかといいます。 でもどうしてもその考え方に行けない、 そしてそれができない以上、うつも治らない気がするんです。 もうつかれました。 元夫とは息子はたまに会っています。 経済的にも社会的にも安定している父親のところでなら、私がいなくなっても結果幸せに息子は暮らせるかもしれない、そう思ってしまいます。 これからの日々、もうこんなしんどい思いを抱えて生きる自信がありません。 いずれ治るといわれても、明日、あさって、がつらいです。 うつ病の治った人の話はよく聞くけれど、治らず命を絶つ人もいるんですよね。 でもその人たちの話は表に出ない。 それでも治ると信じて、毎日地獄への坂道を一段ずつ下ってるような気がしても生きて行くしかないのでしょうか。 うつ病1年、本気で死にたいと思ってしまいます。 うつ病を治療して1年、波があるものの良くなっていると思っていました。 でもここ数週間、かなり気持ちが落ちて、最近うつになって初めて本気で消えたい、死にたいと思うようになりました。 もう無理だと、もう抱えきれない、そんな気持ちでいっぱいです。 自責の念、自己否定、罪悪感、将来の絶望、不安、すべての選択が間違っていたという取り返しのつかないことへの果てしない後悔(離婚や海外から戻ってきたこと、その他すべての決断です)。 そんなものとず... A ベストアンサー 私はうつ歴7年、自殺未遂1回、三度入退院をし、 臨床心理士によるカウンセリングを受けて、 ようやく長いトンネルの出口が見えかかっています。 死んでしまいたいという気持ちは、私は良く分かります。 うつになって4年目に失業し、早く仕事を探さねばと追い込んでいきました。 不況の折、年齢制限もあり、求人などありません。 ハローワークに通うのに疲れ、ある時・・・・・ 未遂で終わり、病院に運ばれました。 投薬と認知行動療法で、うまくいって3ヶ月から1年で寛解が期待できますが、 薬も種類がいろいろとあり、その人に合った薬を探し出すのは難しいんです。 坑うつ薬は3ヶ月経たないと効果が出ているかどうか分からないので、 効果がない場合は別の坑うつ薬に切り替えます。 でも、以前の坑うつ薬を減薬させながら、次の薬を試し、 3ヶ月様子を診ます。 その繰り返しです。 私はジェイゾロフト(SSRI)に替えてから2年ほどで驚くほど快方に向かいました。 うつは頑張り過ぎて、心のバッテリーが無くなっている状態です。 だから動いたりやる気が出なかったり、マイナスな事考えます。 仕方がないんですよ。 車だってバッテリーが切れていたら、エンジンすらかからないでしょう? 今はまだ投薬とともに休息休養して、こころのバッテリーを充電させるときですよ? 身体のバッテリー切れは、一晩寝たら充電完了ですけど、 こころのバッテリーの充電にはとんでもなく時間がかかります。 なので、まだ無理しないでくださいね。 認知行動療法は、症状が安定してから行なうものです。 うつ最盛期では、考えたり、まとめたりするのが困難だからです。 カウンセリングは様々な方法がありますが、 患者は自分のことを話し、精神科医や臨床心理士はただ聞いているだけです。 やがて話すことが無くなったときに、こころの奥底にある本音がポツリと出てきます。 その時をカウンセラーは待っています。 でもまだ何もしません。 ようは、カウンセラーを鏡にして、自己分析していくんです。 問題の核心を見分けられた時点で初めて、 カウンセラーは違う考え方や方向性をアドバイスしてくれます。 これもうつの症状が安定してから行なうものですよ? 病院を選び間違えたかな? ゆくゆくは患者が主体的に治療に加わることになります。 主治医と二人三脚になるので、主治医との相性は大切な要素です。 もし相性が合わないなら、主治医を替えてもらうか、転院されてください。 これは患者の権利なので遠慮しないでくださいね。 あなたはよく自己分析されているではありませんか。 >でも負けたくなかった。 離婚したけれど、代わりに違うものを努力して手にいれ、息子と幸せになろうと死ぬ気で頑張ってきました。 仕事も勉強も研究も必死でやってきました。 がんばりすぎたんだよ。 >医師はそんなにたくさんのものを手に入れなくてもなにかひとつでもいいじゃないかといいます。 でもどうしてもその考え方に行けない、 そしてそれができない以上、うつも治らない気がするんです。 その通りだよ。 うつ治療は波があるから患者も辛いし、積極的になれないの。 だから、今はゆっくりこころのバッテリーを充電させてくださいナ。 どんな小さなことでも、出来たらそれを喜びとする その積み重ねでいいんだよ。 時の流れに身を任せなければいけないときもありますよ? うつは治る病気です。 私も7年かかってやっと出口が見えているような気がします。 決して早く直そうと焦らないでくださいね。 下がるところまで下がってしまえば、後は上がるだけです。 停滞しているように思えたり、良くなったのにまた下がるなんて良くあることですよ。 私は主治医から言われました。 「うつというのは、それまでの自分を見直して、生き方を変えるチャンスなんだよ」と。 そう、耐えられなくなって発症したのがうつなので、 若いときみたいにガンガン行かないで、少しペースを落としなさいという信号なのだと。 うつが治って、また同じ事をしたら、うつが再びやってきます。 うつは繰り返すほど治りが遅くなるといわれています。 うつはいつかきっと治ります。 そう信じて数多の困難を7年間潜り抜けてきました。 うつは治るから、それを信じて、一緒に歩んで行きませんか? ベテラン(?)うつ患者より。 追伸 読むと少し心が晴れるかも。 n-seiryo. html 私はうつ歴7年、自殺未遂1回、三度入退院をし、 臨床心理士によるカウンセリングを受けて、 ようやく長いトンネルの出口が見えかかっています。 死んでしまいたいという気持ちは、私は良く分かります。 うつになって4年目に失業し、早く仕事を探さねばと追い込んでいきました。 不況の折、年齢制限もあり、求人などありません。 ハローワークに通うのに疲れ、ある時・・・・・ 未遂で終わり、病院に運ばれました。 投薬と認知行動療法で、うまくいって3ヶ月から1年で寛解が期待できますが、 薬も種類がいろ...

次の