アドセンス 合格。 【グーグルアドセンス合格方法】3つのコツをつかんで1発合格!

Googleアドセンスに一発合格!7つの審査基準と対策法まとめ

アドセンス 合格

先日、やっと、やっとの思いでgoogleアドセンスに合格いたしました。。。 長かった。。。 女神のほほえみがこちらです。。。 今振り返ってみると、初回に申請したのが3月11日でした。 そして、合格したのが6月5日です。 2カ月半以上奮闘していたのですね。。。 何度も卑屈になってくじけそうになりました。。。 そんな時にみなさんの体験記を拝見し、勉強させていただきました。 私の不合格の嵐がみなさまのお役に少しでも立てるように記録を残したいと思います。 *今回は多くの先輩ブロガーの皆様の記事を参照させていただきます。 もしリンクがご迷惑の場合は申し訳ございませんが、ご指摘賜れば幸いです。 審査回数と不合格の理由 22回にも及ぶ不合格の歴史でございます。。。 記事数 21 1記事文字数平均 2607 1記事文字数最大 3896 1記事文字数平均 1816 ブログ内容 料理のレシピメインでときどきガジェットなどのレビュー プライバシーポリシー あり。 PDF化しました。 お問い合わせフォーム あり。 個別サイトマップ あり。 about page あり 950文字ぐらい書きました。 こちらです。 ブログ村 一度入会して、独自ドメインを再取得した後に退会しました。 Twitter 投稿あり google seach console 登録済み google analytics 未登録 他の広告 全部削除しました。 不合格の理由の振り返り 不合格の歴史を紐解いていきたいと思います。。。 1回目から3回目:サイトの停止または利用不可 このときは単純ミスでURLを間違えていました。 はてなブログはサブドメインを含めて「www」をつけないとこの時は審査してもらえませんでした。 「」このURLでの申請を3回目でして、やっとサイトの停止利用不可から抜け出せました。 そして後述しますが、 今はさらに仕様が変更されたようなのでURLの指定にもテクニックがいります。。。 サイトの停止または利用不可はベジータとナッパでいったらナッパぐらいの強さです。 真のボスベジータは「価値の低いコンテンツ コンテンツが複製されているサイト 」でした。 4回目から16回目:価値の低いコンテンツ コンテンツが複製されているサイト この理由の解決が一番難しく、時間がかかりました。 最初の審査時には曲がりなりにも、50記事ぐらいあったのです。 ただし、その内容がgoogle神様に言わせれば「価値が低い」「他のサイトと似てませんか?」と言われているわけです。 正直、この文言には何度も打ちのめされました。。。 解決の糸口を模索する中で実践したことは、 「少数精鋭の記事のみ残し申請するでした。 」このテクニックは多くの方が実践されていらっしゃいます。 私は 主にコウキ様 の記事を参考に させていただきました。 コウキ様の上記の記事は20000字のまさにgoogle adsense合格を目指す方にとってはバイブルの記事です。 私も何度も読ませていただきました。 この中で「質の高い少数精鋭記事で申請する」を参考にさせていただきました。 17回目から18回目:サイトの停止利用不可と価値の低いコンテンツのダブル 実は、No. 17、4月28日のあたりで独自ドメインを変更しています。 理由は申請のときのコードチェックでどのようにしても 「コードが見つかりました」とでなくなってしまったのです。 google神様に見つけられていない状態です。 一応強硬に「それでもいいから見てください!」という感じで申請できますが、それが原因で審査不能になってしまうことも考えられますので、お勧めはできないです。 この時が絶望のどん底でしたね。。。 まったくもって意味がわからないです。 google神様:「サイト止まっているっぽいよ。 あとやっぱり価値が低いね。 複製あかんよ。 」 サイト止まっているのにどうやって審査できるのでしょうか。。。 神通力があればサイトがとまっていても価値の低さまで判断できるのですね。。。 いや、止まっていないページを審査してくれたのでしょうか。。。 しかしどのページかわからない。。。。 どん底です。 ベジータが大猿になってあばれています。 そして一度倒したナッパも復活ですよ。 ナッパ。。。 ここで参考にさせていただいたサイトは てばさき様の お名前ドットコムを使用した転送設定の方法です。 このURLだとはてなブログの仕様上ブログに到達することができません。 そこでお名前ドットコムの「URL転送設定」を使用した解決方法を紹介してくださっております。 ここで一つの問題が。。。 わたしはムームードメインでした。。。 そして私はこの時ムームードメインを使用した無料の設定方法がわからなかったのです。 しかし嘆いている時間がもったいなかったので、お名前ドットコムで新しいドメインを取得することにしたのです。 そしててばさき様の設定方法でいままでと同じく申請時に「サイトがみつかりました」とでるようになりました。 わたしが申請したURL「」です。 てばさき様がおっしゃったようにhttp sではなくhttpで、そして www. を省略して審査をしたら解消しました。 最近ですと、 kohhe様がムームードメインを用いて無料で転送する方法を紹介してくださっております。 ムームードメインで設定されている方はてなブログの方はぜひご参照ください。 19回目:お客様はすでに AdSense アカウントをお持ちです これはわたしの凡ミスです。 google adseneは返信がくるまでの期間にとにかく、波があります。 数時間でくることもあれば、私の3回目から4回目のように2週間以上空くときまであります。 一回の申請で2週間も待つのはやはりしんどいです。。。 そんな時コウキ様、神倉テツ様が一度申請をcancelして別のアカウントで再度申請する方法を紹介してくださっております。 私は3つのアカウントで2日間結果が来ない場合は切り替えていました。 この時に一度切り替えたつもりが切り替える前の状態が残っており、2つのアカウントでの申請となってしまいました。 結果が来てから片方のアカウントを停止したところ解消しました。 危なかった。。。 解消したらchromeからも一度ログアウトする必要がございました。 20回目から22回目:再びサイトの停止。。。 やっと審査してもらえると思っていたら、またナッパに逆戻りですよ。。。 サイトの停止。。。 申請の時は「見つかりました」ときちんと出るのですよ。 なのにサイトの停止。 「いやいやサイト停止しているなら最初に言ってくださいよ〜〜〜。 」まあ言われたところで何もできないのですが。 色々調べてみると はてなブログとgoogleアドセンスの間では稀にこのような事象が起こるとのことです。 なので「site:」と入力してきちんと接続できれば再度そのまま申請して大丈夫だとのことです。 このとき、奇しくも最初のドメインと同じ3回同じ理由で不合格でした。 申請で使える他のテクニック ここでは、申請で使えるテクニックのまとめをしたいと思います。 するとなにが起こるかというと古いサイトのURLがgoogle神様に認識されたままになってしまい、はてな的には同じ記事でも、internetの上では別扱いなんてことがあるのです。 そのときには古いサイトを削除してあげる必要がございます。 はてなに限らずサイトを移したり、私みたいにドメインを変更した場合にも使えます。 チェック方法はブラウザ、chromeのURLを入力するバーで「site:申請時のURL」と入力してください。 これで万が一記事が古いURLのままのサイトがでたら下記のサイトで「削除」申請をしてください。 このほかにも一時的にURLを無効化するgoogleのサイトもありますが、期限が切られていますし、わたしはいつ合格するかわからなかったので上記のサイトから削除をするようにしていました。 新しいアドセンスサイトのフィードバックを送信• 以前に使用されていたお問い合わせフォームを送る 2のお問い合わせフォームは現在では使用されていないといわれています。 タイミングの問題かもしれませんが、 ダメもとでお問い合わせフォームを入力した数日後に合格通知がきたのです。 しかし、基本待つしかないフェーズに入ったらダメ元で送ってみるのもありだと思います。 待つだけはつらいです。 なので少しでもできることはやっておこうと考えていました。 価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト についての考察と私の対策 記事が0の状態で申請した結果も「価値の低い広告枠」だったそうです。 この結果を受けてgoogle神様は「複製」という理由にそれほど重きを置いてない気がしました。 私は、「 google神様は個別の記事ではなくて、サイト全体の価値が低いとおっしゃっているのか?」と考えました。 この記事はOK,この記事はNGという判別ではなくて、サイト全体の審査結果だと思うのです。 copy contentsのチェックツールを使ってすべての記事がオリジナルであっても、複製として落ちてしまうということは、複製があるという理由での不合格ではなくて、もっと辛いかもしれませんがサイト全体を通してありきたりな内容で、価値が低いと判断されたということだと思ったのです。 「サイト全体を通して価値が低いと判断された」と考える理由がもう一つございます。 私は 価値の低い広告枠の理由で不合格になった記事達を削除しないで、新しい記事を追加して再申請をして合格になりました。 もし残した記事が複製判定されているのであれば、記事を追加してもその複製判定された前の記事が原因で不合格になると思うのです。 もちろん、知らぬ間に過去の記事と2重登録されている場合はその記事を削除して申請すれば合格する可能性もあります。 ただ、「site:<URL>」で重複もされておらず、きちんとインデックスされて、コピーでもなければ、 いっそ記事を残して新しい記事を追加して申請するのもありなのではないかと思うのです。 せっかく書いた記事がもったいないですし。。。 文字数を2000文字以上を目安に、過去の数記事を1つの記事にまとめました。 賛否両論もありますし、500文字ぐらいの文字数で合格されたという体験談も複数ございます。 こちらは私が実際に実施して、効果があった対策の一例としてご参照いただければ幸いです。 前述でアドセンス審査にはまる前は曲がりなりにも50記事ぐらいあったと記載しました。 当時の私は、「はやく100記事に達したいな」という焦りも相まって、一記事あたりの文字数が800文字、もっと少ない記事も含めて50記事ぐらいでした。 「少数精鋭の記事」で審査に臨んだ際も800文字から1000文字のものを選出しました。 しかし一向に変化がないのです。。。 そんな時に黒沢様のこちらの記事を参考にさせていただきました。 現在では、google検索で上位にくるサイトは1000文字はまずないという結果を紹介してくださっています。 これがとてもよいヒントになりまして、 googleが価値が高いと判断するサイトは文字数も一つのファクターになるのではないかと考えたのです。 アドセンスの合格を目指す過程でもやはり文字数を多くするというのは重要だと思いました。 そんな風に考えて改めて自分の記事を見直すと、 意外と一つの記事にまとめられる記事が多かったのです。 例えば、2歳の幼児食の野菜の下ごしらえのこの記事です。 以前は1記事1記事にわけて書いていました。 私のブログはほぼレシピとたまにレビューなのですが、「1記事1レシピ」として書いていました。 1レシピだと私の場合1000文字に行くのが厳しかったです。 でも500ぐらいの文字数でも合格したという記事も読んでいたので、勝手に大丈夫と考えたのです。。。 100記事の呪縛といつかレシピのアイディアが切れるかもという不安がありました。 読んでくださる方も、「1記事1レシピのほうが読みやすいだろう」などとこれまた勝手に考えていたのですが、上にもどるボタンと目次のリンクがあれば1記事でたくさんのレシピがあってもよいのではないかと考えなおしました。 いまだにアイディアが不足するみたいな不安はありますが、まあその時はその時に悩むことにします。 せっかく書いた記事を無駄にしたくない、なのでまとめられるものはまとめようと思い、 1記事2000文字以上になるようにひたすらまとめました。 合格時は21記事でした。 実はいまだに下書き状態の文字数1000文字未満の記事が10個ぐらいあります。。。 変な愛着がわいてしまっているので少しづつ追記していずれまたアップしたいと思います。 「独自性」を出すための取り組み ブログは100記事からだ!の神話から少ない文字数で早く投稿していましたが、2000文字を目安にしてから投稿のスピードは明らかに落ちました。 アドセンスも一発合格!とか最高にcoolですが、審査応募回数に上限があるわけではないので、価値が少しでもあるものを長く細くやっていこうと決めました。 なのでゆったり構えて、だけど諦めないで審査し続ければいいというスタンスでした。 アドセンスに合格しなくても、日々の中で書いた記事には価値があると思うのです。 googleアドセンスの審査基準を満たしていないだけの話です。 そしてアドセンスに合格しようと試行錯誤した結果も自身の成長になります。 一番大事なことはもちろんあきらめないことで、あきらめないためにはペースダウンしてもいいと自分に言い聞かせていました。

次の

Google アドセンスに最短で一発合格【1週間でやったこと教えます】

アドセンス 合格

googleアドセンスとは googleアドセンスとは、 googleが運用している広告のことです。 ブロガーはgoogleアドセンスに合格することで、googleが提供している広告を使う許可を貰えます。 許可をもらうと、あなたのサイトへ自由に広告を貼ることができ、サイトを訪ねたユーザーが広告をクリックするとあなたにお金が入る。 ざっくりこんな仕組みですが、ブロガーさんはこれから長い間お世話になるので、もう少し深堀りしていきましょう。 googleアドセンスのしくみ googleアドセンスは、クリック型広告と呼ばれるように 自サイトに貼っている広告をクリックしてもらうだけで収益が発生します。 つまり、商品を買ってもらう必要はないので非常に成果がでやすいと言えますね。 そんなクリック型広告は他にもあるのですが、ブロガー界では圧倒的にアドセンス広告が人気なんです。 その理由が下記の3つ。 以上の理由から、アドセンス合格は収益化をめざすブロガーにとって重要な問題なのです。 そんなこんなでアドセンスを理解できたところで、今のうちに知っておきたいアドセンス合格のウソ・ホントを見てみましょう。 なお、クリック型に対して成果報酬型のアフィリエイトもあります。 こちらは、一回の報酬で大きな金額を稼げるのが特徴的です。 詳しくは、下記の記事を参照ください。 googleアドセンスに関わる誤報とは【記事数は?】 それでは、特に大事な2つの情報について見ていきましょう。 毎日更新しないと受からない…みたいなこともありません。 僕自身、1週間ほど記事を投稿しなかったことがありますが、合格できています。 量はそこそこに 記事の質が大切だということを頭に入れておきましょう。 アドセンスではなくても稼ぐ方法はある 確かにアドセンス広告はクリックだけでお金がもらえるので、ブログ初心者には特にありがたいものです。 とはいえ、月10000円以上を稼いでいきたいのであればgoogleアドセンスだけでは厳しいのが現実。 具体的には、 アフィリエイトサイト ASP に登録して、成果報酬型の広告に取り組む必要があります。 無料アプリのダウンロードなどブログ初心者でも成果を出しやすい広告もたくさんあるので、まだ登録してない方は先に申請しておきましょう。 審査がゆるいASPもたくさんあるので、1足先に収益化できますよ! では、いよいよgoogleアドセンスに合格するための具体的な手法をみていきましょう。 アドセンス合格するために必要な7つのこと アドセンス合格、ひいてはブログ運営において大事な7つの項目について解説します。 ・コンテンツ is キングの意識 ・最低限デザインにこだわる ・パーマリンクの設定 ・プライバシーポリシーの作成 ・SSL化 ・お問い合わせフォームの作成 ・SNSをフル活用する コンテンツ is キングの意識 google広告の審査に受かるために一番大切なのは、サイトのクオリティです。 googleの立場で考えてみても、質の低いサイトに広告を許可してしまったらgoogle自体の評価も悪くなるので嫌ですよね。 具体的には、5記事以上かいているヒトは記事を増やすよりも見直した方が良いでしょう。 すなわち 記事を増やすよりも記事をリライトしましょうということです。 なぜそんなことが言えるのか、僕のブログ開設から合格までの 具体例をとって解説します。 1週間で8記事 そして、8記事目を書いた7日目にアドセンス申請したのですが、結果は不合格。 その際にまわりのブロガーさんの中には とはいっても、おしゃれな画像とかどうやって作るの? これに関しては、下記記事にて3分でオリジナリティのでる画像を作る方法を解説しているので、参照ください。 パーマリンクの設定 パーマリンクをwordpress開設初期のままにしていると、合格しないという声も多いです。 googleに正しく記事を伝えるために必要な対策なので、よく分からないという方は下記を参照ください。 プライバシーポリシーの作成 これも、googleアドセンスの合格には必要不可欠です。 プライバシーポリシーは、ユーザーやgoogleに自分のサイトの健全性・信頼性について述べる記事のことです。 ブログ運営には、絶対必要なので今すぐ設置しておきましょう。 放っておくと最悪、裁判などに巻き込まれます SSL化 SSL化というのは、 URLをhttpからhttps型に変えることです。 2019年の10月ごろからSSL化は、サイト安全性のために義務化されているので「まだやっていない」方は今すぐ行いましょう。 SSL化の方法は下記記事の最後の方で解説しているので、確認しておきましょう。 合わせてリダイレクトもやっておく。 お問い合わせフォームの作成 プライバシーポリシーの設置と同様に、 ユーザーやgoogleの信頼性を高める上で非常に大切なツールです。 アドセンス合格にも必須と言われているので、早めに作成しておきましょう。 詳しくは下記を参照ください。 SNSをフル活用する アドセンス合格には、最低限のpv数 アクセス数 が必要です。 google側もアクセスがあるサイトに広告をつけないと意味がないため。 ブログ開設後しばらくはサイトの評価が低いため、良い記事を書いても検索順位が上がらないから そこで有効なのがSNSです。 短期間でアドセンスに合格するブロガーさんは、皆さん積極的にSNSを活用されています。 ブログ開設当初からアクセスを伸ばして行きたい方や、早めにアドセンス合格して収益化したい方は下記の記事を参照ください。 ・アドセンス広告とは、クリック型広告のことで成果をだしやすい ・googleアドセンスに合格するためには、コンテンツの質を磨こう ・wordpressのテーマ選びは慎重に かつ変えるなら早めに ・プライバシーポリシーとお問い合わせフォームの設置を ・ブログ初心者がアクセスを集めるにはSNSが最適 今回紹介した対策をすべて行ったら、99%アドセンスに合格できます。 ただ覚えておいて欲しいのが、アドセンスに合格してからが本当の勝負だということ。 収益化に向け、質の高い記事をめげずに量産していくことが大切です。 ブログ飯をめざして頑張っていきましょう。 なおアドセンスを含めたブログ関連で気になることは、気軽にクルス 当てに質問してください。 全力で回答させていただきます! 最後までお読みいただきありがとうございました。 他のブログ に役立つ記事は、下記にまとめています。 ブログの質・収益・集客力を上げたい。 という方はぜひ参照ください。

次の

グーグルアドセンス審査合格時のサイト状況【画像は意味なし?】

アドセンス 合格

どうも、です。 2018年8月末に始めたこのブログ。 無謀にも 4記事(1記事は自己紹介)で Googleアドセンスに申請したところ… 合 格 し た で! 9月7日に申請し、11日後の 9月18日に合格メールが届きました。 「合格方法」が書かれたブログを いくつか読みましたが、 このブログには 当てはまらないことも多々… 何が正解かは分かりません。 そこで、ブログ初心者で未完成 たった4記事しかないこのブログが Googleアドセンスに合格できた 理由を自分なりに考えてみました。 Googleアドセンス合格を目指す あなたの参考になれば嬉しいです。 それ、やばーいパターンじゃん!! 慌てて設定方法を調べて、2日後に設定しました。 ちなみに、お問い合わせフォームも同じように 固定ページで設定しましたが、無くても大丈夫。 通過しているブログも見かけます~。 【Googleアドセンス合格へのステップ】申請中も更新を続けた 申請中も記事を更新して活動中をアピール! Googleさんからすると記事数や開設期間より ブログがアクティブであること が重要なのかも。 私は、申請から合格通知まで11日間あったので 不合格だと諦めて、記事を更新していたんです。 なので、申請時には4記事だった記事は 合格通知が届く頃には8記事になっていました。 【Googleアドセンス合格へのステップ】自分の言葉で記事を書いた ブログの記事は自分の言葉で書く! 他の記事をコピペなんて絶対ダメですが 引用ばかりも良くないのかもしれません。 Googleアドセンス合格時に8記事だった記事は 99%自分の言葉で書いたもの。 唯一他サイトから引用を入れたのは 「副業」と「複業」の解説のみです。

次の