ダンピング 症候群 看護 計画。 クッシング病とクッシング症候群|内分泌

胃切除術前後の患者の看護計画

ダンピング 症候群 看護 計画

胃がん患者の症状と治療方法 他覚症状の局所所見として、 上腹部に腫瘤を触れると軽度の圧痛があります。 腹水や幽門狭窄により胃の拡張を認め、末期には所属リンパ節・肝臓・大門などへの転移も認められます。 胃がん患者の症状 初期症状 ・食欲不振、悪心・嘔吐、腹部膨満、下痢、下血 等の消化器症状がある 早期胃癌症状 ・無症状のこともある 噴門癌症状 ・嚥下困難や嚥下痛が起こる 幽門部癌症状 ・嘔吐や上腹部膨満感を訴えることが多い ・全身症状は、全身倦怠感、脱力感、疲労感などがある がんの浸潤や転移により、神経が侵されるようになると激しい痛みが出現します。 がんの進行とともに症状は増強 し、心窩部痛・食物の通過障害・体重減少・貧血等がみられます。 胃がんの治療方法 胃がんの治療は、手術治療を含む切除が基本となり、このうち 早期がん症例に対しては内視鏡的治療や内視鏡的粘膜切除術 EMR が積極的に行われ、最近では切開・剥離法 ESD が急速に普及しています。 内視鏡的粘膜切除術 EMR とは、内視鏡下に癌巣部粘膜を隆起させて切除する方法です。 胃がん患者に看護師が注意すべき症状 胃がんの初期は、無症状のことが多く気持ちの整理がつかないまま手術目的での入院となることがあるため看護師は、 患者自身の入院や手術に対する不安の軽減とともに、家族の精神的動揺の援助を行う必要があります。 そして、看護師は患者の訴えている内容を傾聴することや患者家族の現在状況の十分な理解と必要に応じた医師との面談を通して、患者の不安軽減の協力を求めましょう。 貧血や栄養状態の低下に注意する 手術前に行われる各種検査などによる疲労や全身状態の悪化により、患者が貧血や栄養状態の低下をきたすおそれがあります。 そのため、 栄養状態の改善とともに検査に対する説明を行い、最善の状態で手術に臨めるよう援助することが必要です。 具体的には、• 患者が自身の疾患について医師からどのような説明を受けたか• 患者自身の疾患の説明をどのように受け止めているか• 胃がんを告知されているか 等、患者の表情や言動から理解度・不安の内容を把握することが必要です。 そして、患者の理解度や不安要素等を踏まえた上で、 検査の目的・方法・安全性を説明し患者の協力を得ながら実施します。 手術後の2次的合併症に注意する 手術後の場合、胃液の分泌が始まり腸蠕動が確認されると、経口摂取が可能となります。 食事が開始されると、胃切除による消化機能低下や胃内停滞時間の短縮から、ダンピング症候群などの2次的合併症の危険性があります。 そのため、看護師は患者に対して 効果的な食事指導を行い、合併症の早期発見に努めることが大切です。 食事指導の内容は、• 回数を増やして少量をゆっくり摂取する• 坐位で摂取する• 良質のたんぱく質・高エネルギー食とする• 水分摂取をこまめに行う 等のことが大切です。 食事中の飲水は、ダンピング症候群を起こしやすいため適量にしましょう。 胃切除後のダンピング症候群に注意する 胃切除術後によく発症する合併症として、ダンピング症候群が挙げられます。 胃切除後は、食物の貯留能が減少し高張な食物が急速に腸管に入るため、循環血漿量の不均衡や急速な腸の伸展によって消化管のホルモンが分泌されます。 その影響で早期ダンピング症候群は食後30分以内、後期ダンピング症候群の場合は、食後2~3時間後に発症する可能性があるため 食後は注意してこまめに観察することが必要です。 社会的・精神的苦痛に注意する 手術適応外の患者には、長期にわたる治療や身体的苦痛から予後に対する不安や社会的・精神的苦痛が多くなる場合があります。 そのため、看護師は 患者との人間関係の形成や心身の安静を図ること、家族の不安に対する適切な援助等を行います。 その他、看護師は患者自身や患者家族の、• 患者の疾患に対する理解度• 疾患・検査に対する不安• 退院後の生活に対する不安• 社会復帰に対する不安 等を把握する必要があります。 患者の退院後の環境を整える 患者が退院して日常生活に戻る上で、 周囲の人たちの理解と協力は必要不可欠です。 そのため、患者が不安を軽減してから退院できるように話し合いの場を設け、少しでも周囲の環境が整えてから退院できるよう援助していきます。 胃がん患者の看護計画 胃がんは、遺伝子異常と今までの生活習慣に起因するとも考えられており、看護師は 患者が退院後の生活に自信が持てるように指導する必要があります。 胃がん進行と共に現れる消化器症状関連の栄養摂取消費バランス異常 看護目標 消化器症状が改善し栄養状態が向上する OP 観察項目 ・バイタルサイン ・悪心・嘔吐、胸やけ、通過障害の有無と程度 ・心窩部痛の有無と程度、持続時間、食事との関係 ・腹部膨満感の有無と程度 ・便秘、下痢、下血の有無、程度 ・食欲の有無、食事摂取量 ・体重減少の有無 ・腹水の有無 ・貧血・全身倦怠感の有無 ・検査データの把握 TP ケア項目 ・症状出現による苦痛の緩和 ・各種検査への援助 ・食事内容の調整、貧血や栄養状態を整える ・輸液・輸血の管理 EP 教育・指導項目 ・食欲増進への指導 消化の良い高エネルギー食の必要性の説明。 術前の場合は、手術に向けて栄養状態を改善・体力をつける必要性を説明して食事摂取を促す。 食事摂取方法の理解、ダンピング症候群を引き起こす可能性 看護目標 食事摂取方法を理解しスムーズに摂取できる ダンピング症候群を引き起こさない OP 観察項目 ・術後の食事摂取に関する理解と状況 1. 食事量、食事内容、回数、飲水量 2. 食べる速度、咀嚼状況、体位 3. 食後の安静状況 ・悪心・嘔吐 ・ダンピング症状出現の有無 1. 早期ダンピング症状:腹痛、下痢、発汗、動悸、顔面紅潮など 2. 後期ダンピング症状:低血糖症状 頭痛、冷汗、めまい、脱力感、手指の振戦など TP ケア項目 ・術後の処置や検査値に対する援助 ・食事に関する援助 落ち着いて諸記事ができるような環境を整備する 患者の嗜好に合わせて食事を提供する 配膳に配慮し楽しく食事ができるように雰囲気づくりを心掛ける ・ADLの自立の援助 EP 教育・指導項目 ・食事指導 1. 回数を増やして少量ずつゆっくり摂取する 2. 坐位で摂取する 3. 良質の高たんぱく質・高エネルギー食とする 4. 水分を摂取する 手術や疾患、予後に関連した不安 看護目標 疾患に対する不安や恐怖心が軽減する。 退院後の生活に自信がもてる。 OP 観察項目 ・患者の不安 1. 疾患や手術に対する受け止め方 2. 術後の回復過程に対する受け止め方 3. 術後の食事に対する受け止め方 ・患者の言動 TP ケア項目 ・不安の軽減 1. 患者の訴えを聞く、会話の機会をもつ ・家族との密接な連携体制 EP 教育・指導項目 ・医師より疾患や予後について説明 ・退院指導 1. 日常生活に関する指導 ・定期健診の勧め 4. 胃がん患者の看護の注意点 術後は、禁飲食から分食など術前とは異なる食事摂取方法をとることになり、悪心・嘔吐、便秘、下痢などを起こすことがあります。 低栄養状態から貧血状態などが創部の縫合不全の危険因子となるため、 栄養状態に注意する必要があります。 早期ダンピング症候群では食事指導に注意する 胃切除後は、食物の貯留能が減少し高張な食物が急速に腸管に入るため、循環血漿量の不均衡や急速な腸の伸展によって消化管のホルモンが分泌されます。 食後30分以内に早期ダンピング症候群が起こる可能性があるため、食事指導で 食事環境や内容・回数・食後の安静状況等に注意する必要があります。 後期ダンピング症候群では低血糖症状の有無に注意する 後期ダンピング症候群は、血糖の多い食物が急速に小腸に入るために高血糖になり、これに反応して太陽のインスリンが分泌されて低血糖に陥ります。 食後2~3時間後に低血糖が起こるため、低血糖症状の有無を観察し症状が出現した場合は 医師の指示の下、角砂糖などの摂取を勧める必要があります。 まとめ 参考文献は以下の通りです。 関連記事• SCU(Stroke Care Uni)をご存知でしょうか。 脳卒中ケアユニット・脳卒中センターと... 脳外科でよくみられる疾患の1つである脳出血。 脳血管障害は難しいとよく言われますがポイントをしっか... 脳神経外科に勤めていれば必ず出会うと言っても過言ではない疾患であるくも膜下出血。 くも膜下出血は、... 脳梗塞とは、様々な要因により脳の血管が狭窄や閉塞を起こすことで必要な栄養や酸素が運ばれなくなって... 慢性硬膜下血腫は脳神経外科においてはメジャーな疾患です。 特に、壮年期から老年期の男性に多くみられ... 神経内科では決して珍しくない病気の脊髄小脳変性症。 この疾患を題材にしたテレビドラマや脊髄小脳変性...

次の

日本臨床外科学会

ダンピング 症候群 看護 計画

内視鏡的粘膜切除術、腹腔鏡下胃部分切除も行われる。 病態生理 胃の壁は、解剖学的に内腔側より粘膜層、粘膜下層、筋層、漿膜層の4つの層から成り立っている。 癌は、粘膜層に発生し、水平方向に広がると同時に縦方向にも進行し(深達度)、やがて漿膜を破って壁外へ露出する(図1)。 このような連続的な進展のほかに、転移(図2)による不連続的な進展も見られる。 この過程のなかで、治療により、癌細胞がすべて切除されるか壊死に陥れば、癌は治癒するが、一部でも存在すれば再発し、慢性、進行性に広がって、悪液質(*1)となり、死にいたる。 胃の各部の名称と胃癌の好発部位を図2に示す。 早期癌 深達度が粘膜下層にとどまるものを早期癌という。 この場合、リンパ節の有無は問わない。 内眼分類を図3に示す。 進行癌 早期癌以外のもの(深達度が筋層より深い)を進行癌という。 肉眼分類(ボールマン分類)を図4に示す。 症状と身体所見 胃癌に特有の症状はない。 心窩部の違和感や鈍痛で来院することが多いが、まったく無症状で、集団検診や人間ドックで発見されることも少なくはない。 随伴する潰瘍性病変からの出血によって吐血・下血が初発症状になることもある。 噴門部や幽門部の進行癌では、噴門狭窄や幽門狭窄による通過障害の症状として、悪心、嘔吐がみられることもある。 身体所見としては、左鎖骨上窩のリンパ節の腫大(ウィルヒョウ転移)、直腸指診でダグラス窩への播種性転移(シュニッツラー転移)、癌性腹膜炎による腹水の貯留があり、これらはいずれも高度に進行した胃癌に見られる所見。 <検査> 上部消化管内視鏡検査 電子スコープにより、直接粘膜病変を観察する検査。 確認のために(病変部の小組織片の組織診断)が加えられる。 胃癌の確定診断には、病態組織検査が必要で、術前検査として生検が行われる。 胃癌の検査において、もっとも重要。 上部消化管X線検査(図5) 造影剤としてバリウムや空気を用いて、病変を描き出す(二重造影法*2)。 病変部全体が1枚のフィルムに表現され、切除範囲の決定に役立つなどの長所がある。 一般基本検査 貧血、低蛋白血症の有無などの胃癌により二次的な変化や、糖尿病などの併存疾患の有無を調べる。 術前スクリーニング検査(*3)としても行われる。 腫瘍マーカー(*4)は、CEA(*5)やCA19-9(*6)が測定され、再発の指標に用いられるが、感度、特異性とも問題がある。 早期診断には無力。 進行度診断 超音波検査やCT(*7)スキャンなどの画像所見からリンパ節や肝臓への転移状況を検査して、進行度を判定し、手術の適応や術式の選択を行う。 治療 胃癌は、早期診断、早期治療が重要。 現在最も成績がよい治療法は外科的切除。 そこで、手術法を中心に説明。 手術療法 消火器癌の手術の原則は、原発巣の切除とリンパ節の郭清(*8)。 癌の占拠部位により、胃切除の術式と再建法(図6)が選択される。 噴門側胃切除術 主として、胃上部の早期癌に行われる。 幽門前庭部から幽門にかけての通過を助けるために幽門形成を付加するのが一般。 胃全摘術 癌が、胃のほぼ全体を占拠している場合は全摘出が行われる。 代表的な再建法は食道と空腸の吻合で、ロールーワイ法(十二指腸を切り離し、食道と空腸を吻合する方法) と-間置法(食道と十二指腸の間に空腸を移動する方法)。 以上、図6に示した術式は開腹によるもの。 EMR(内視鏡的粘膜切除術*9) 文字通り、内視鏡を用いて粘膜層を切除する。 早期癌のうち、癌が粘膜層にとどまる(粘膜癌ともいう)もので、直径2cm以下で、リンパ節転移のないものに適応される。 腹腔鏡下胃部分切除 腹腔鏡を用いて、胃の部分切除を用いる。 胃壁の全層を切除するが、癌の占拠部位や大きさによっては適応外と判断される。 系統的なリンパ節の郭清は困難。 腹壁に小切開を加える方法もあるが、鏡視下手術は、胃癌に関しては普遍的な治療法にはなっていない。 その他の治療法 放射線療法、抗癌薬による化学療法、免疫療法などがあるが、定常的な療法効果は認められていない。 <術後合併症> a 早期合併症 1.縫合不全 縫合部の接着不全で、原因不明のことが多くある。 漏出した消化管内容による腹膜炎で組織は軟化し、再縫合は不可。 ドレナージ(*10)を図るのみ。 2.肺合併症 無気肺、肺炎。 分泌物、痰による気道閉塞で、随伴する炎症の程度にもよるが、呼吸不全に発展することもある。 ネブライザーや体位変換などで、排痰に努める。 3.吻合部狭窄 吻合部の局所的な浮腫が原因で、狭窄する。 しばらく経口摂取できないが、2~3週間で自然軽快する。 b 晩期合併症 1.ダンピング症候群 胃切除術後に、食物が小腸内に急速に流入することによって引き起こされる症候群。 悪心、嘔吐、心窩部圧迫感、めまい、発汗、心悸亢進などの多彩な症状がみられ、発生機序は解明されていない。 2.逆流性食道炎 胆汁や膵液(アルカリ性)の逆流で起こる。 胃全摘出後に多くみられる。 イレウス(腸閉塞症) 多くは小腸の癒着による機械的イレウスで、閉塞の機転や程度は洗差万別。 基本的には絶食、腸管の減圧、補液による保存的治療が行われる。 注意すべきは絞扼性イレウスで、そのときは緊急手術の適応。 絞扼性とは腸壁の血行障害を伴うもので、放置すれば壊死、 穿孔をきたす。 一般に絞扼性な場合が高度かつ持続性で、検査値も異常を示すことが多くある。 CTは絞扼腸壁の浮腫や腹水を認めるなど、情報が多く得られる。 悪性貧血以外に、鉄欠乏性貧血もみられる。 消化・吸収過程が術後に変化し、鉄の吸収が傷害されることが原因で、鉄剤が投与される。 予後 癌の治療成績は術後5年生存率で評価される。 病期による5年生存率を図7に示す。 病期が進行すると治療成績は不良となる。 ・早期胃癌では無症状のこともしばしばある。 ・末期には周囲臓器への浸潤により強い痛みを訴える。 ・癌性腹水。 ・便潜血反応。

次の

ダンピング症候群の看護|症状・治療法と発症を防ぐための予防策・注意点

ダンピング 症候群 看護 計画

(患者本人、60代、男性、胃、2003年版 食事が治療前の半分程度で時々ダンピング症状が起きる。 (患者本人、60代、女性、胃、2003年版 手術すると治るといわれたが、後遺症としてダンピング(早・遅)が未だに治らず、死ぬまで覚悟している。 幸い詳しい検査でクリアしたが、肝臓・子宮体部・脾臓など検査で引っかかり、不快な思いをした。 (患者本人、70代、男性、食道、2003年版 排便した後ダンピング症状になり、めまいや空腹のような症状が時々出る。 また、食事に時間がかかり、そのあとすぐ動けない。 これらを早く治したい。 (患者本人、40代、男性、胃、2003年版 胃の全摘後、2年位は食事が大変であった(特に外食)。 現在でも食後はダンピングで悩んでいる。 (患者本人、50代、男性、胃、2003年版 夜食べ過ぎたとき、たまに食道へ逆流することがある。 低血糖になることが月1~2回ある。 (患者本人、60代、男性、胃、2003年版 術後、低血糖、動悸、発汗、手足の冷えなどある。 (患者本人、60代、女性、胃、2003年版 術後はダンピング症状に悩んだ。 (患者本人、60代、女性、胃、2003年版 二度続けて(2ヶ月後)手術した。 ダンピングと低血糖による虚脱感があり。 (患者本人、70代、男性、胃、2003年版 手術が成功して退院後しばらくの間は、油気のある食事をするたびに逆流現象に悩まされたことが1番の辛さと悩みであった。 また、ドロップ現象による冷や汗も辛いことであった。 現在はこれらの悩みはほとんどなく、感謝している。 (患者本人、50代、女性、子宮、2003年版 胃切除の後に起きるダンピング症状について頻繁ではないが不安になる。 (患者本人、30代、女性、胃、2003年版 抗がん剤を飲み始め、副作用があったり、食事ができなかったり、ダンピング症状があったり、熱が出たりなど、体が思うようにいかないことへの苛立ち。 (患者本人、50代、男性、食道、2003年版 低血糖、小胃症状などが出て何回か心配になった。 (患者本人、60代、女性、不明、2003年版 腸閉塞。 ダンピングに苦しんだ。 (患者本人、60代、女性、不明、2003年版 時々ダンピングが起きることがつらい。 (患者本人、50代、男性、胃、2003年版 低血糖、逆流への対処に悩む。 (患者本人、60代、男性、食道、2003年版 胃、食道を全摘出したので、飲食が不自由である。 ダンピングによる体調不良に悩んだ。 (患者本人、40代、男性、胃、2003年版 後遺症(食道炎、ダンピング等。 (患者本人、50代、男性、胃、2003年版 後遺症にとても悩んだ。 胃全摘のため、食べ物が食道から入らなくなり、再手術した。 ダンピング症状等相当悩んだ。 (患者本人、70代、女性、胃、2003年版 手術で8㎏痩せる。 食べ過ぎると苦しくなり、冷や汗が出て横になって休むということを繰り返した。 そのうち息切れがして、歩いても仕事をしても根気がない、顔色が悪い。 貧血で悩んだ。 10年間は辛い年月だった。 (患者本人、60代、男性、胃、2003年版 諸々のダンピング症状やケロイド状になった傷の痛み、体力や免疫力の低下、体重の低下(10㎏)などに悩んだ。 (患者本人、50代、女性、胃、2003年版 治療したはずなのに、不快さと後遺症(ダンピング、低血糖、下痢)、太れないことに、今では慣らされて諦めて共存。 (患者本人、70代、男性、胃、2003年版 一度に多く食事できない。 少しでも量が多いと、前期ダンピングを起こし、横になって苦しみを忍ぶが、かなり苦しい。 いつまでダンピングが続くのだろうか。 助言 【ダンピング症候群はどのように起こるか】 本来、胃は、食物と胃液を混ぜて粥状にし、食物を貯めて、徐々に小腸に送り出す働きをしています。 ダンピング症候群は、胃切除後、摂取した食物が急速に小腸に流入するために起こります。 食事中や直後 30分程度 にみられる早期と、食後2~3時間たってみられる後期(晩期)に分けられます。 主な症状は、動悸、めまい、冷汗、顔面紅潮、全身倦怠感などです。 腹痛、下痢、悪心、嘔吐などの腹部症状がみられる場合もあります。 (なお、食道がんの手術でも、食道を再建するために、胃や小腸の一部を使って食べたものの通り道にすることがあります。 通り道が変わることで、食べたり飲んだりしたものが急速に流れ込み、ダンピング症候群が起こりやすくなります。 これに反応してインスリンという血糖を下げるホルモンがたくさん分泌され、逆に低血糖になって起こります。 症状としては、食後2~3時間たって、頭痛や倦怠感、冷汗、めまい、手指のふるえなどが現れます。

次の