看護 留学 アメリカ。 アメリカの看護師事情を細かくご紹介します

看護留学の費用やおすすめ国(アメリカ、フィリピン、イギリスなど)の情報が満載!

看護 留学 アメリカ

2020. 13 キャンペーン 国土交通省による『Go to トラベル』キャンペーンが7月22日以降に始まる国内旅行にいよいよ適用されます。 お1人1泊当たり 14,000円分の宿泊代が安くなり、何回でもご利用いただけます。 詳しくは、国土交通省のキャンペーンサイトをご覧ください。 弊社の旅行コースは国内のゴルフツアーです。 ゴルフに興味のあるかたは、 よりツアーコースや日程をご覧ください。 2020. 06 参加者募集中 ゴルフ好きなナースの皆様へ 実は、弊社は、海外国内ゴルフツアーも実施しています。 夏休みのお勧めプランです。 人気の高い有名ゴルフ場でプレイ。 国内ゴルフツアー、1泊2日間から。 デラックス星野リゾートに宿泊するコースもあります。 お一人でも参加できます。 ゴルフがお好きな方、よろしければ夏休みの気分転換にお出かけください。 詳細は、以下のホームページへジャンプしてください。 資料が必要な方は、お問い合わせより、メールにてご請求をお願いいたします。 2020. 06 レポートアップ シリーズで連載してきた「ベトナム異文化体験記」。 同行された、イムス横浜国際看護専門学校の副校長、佐藤尚治先生が、レポートの後記として執筆してくださいました。 本研修の完結編として、先生の視点での感想をぜひご一読ください。 2020. 29 レポートアップ 2020年6月22日(月)に学生の行動から見るベトナム続編第3弾を載せました。 いよいよ、最終日。 続編第4弾を書きましたので、ぜひご覧ください。 2020. 22 レポートアップ 2020年6月15日(月)に学生の行動から見るベトナム続編第2弾を載せました。 続編第3弾を書きましたので、ぜひご覧ください。

次の

看護留学|看護師だからできる留学プログラム【ワールドアベニュー】

看護 留学 アメリカ

アメリカに看護留学したいと思っている人の中には、将来アメリカへの移住を考えている人はいませんか?今、日本だけでなく世界各国で看護師不足が問題になっていますが、アメリカも例にもれず、各州の病院において看護師不足は医療分野においても深刻な問題となっています。 そのため、外国籍であってもアメリカでの看護師資格を取得すると、優先的にグリーンカード(永住権)の取得が認められ、ビザの期限に関係なくアメリカで経済的にも自立して過ごすことができるようになります。 こうしたメリットがあることから、日本からもアメリカ移住を考えている人にとっては魅力的な留学の一つとして注目を集めています。 もくじ• 1.アメリカで看護留学する目的とは? アメリカは医療の最先端国であるばかりではなく、看護の面においても日本よりかなり進歩しており、100ベッドあたり200人の看護師が付くと言われています。 それだけ、アメリカの看護分野のレベルも高いと言えましょう。 アメリカ看護留学を希望する目的として、日本で看護師として活躍していた人が、アメリカの看護現場を学ぶことを目的とする人が増えている一方、アメリカでの看護師閣取得後にそのままアメリカの現地の病院に就職し、移住することを目的としている人もいます。 アメリカでも、医療現場における看護師不足は深刻な問題となっています。 そのため、州によって看護資格取得方法は異なるものの、基本的にNCSBN アメリカ看護師委員会 によって作成されるNCLEXに合格しアメリカの看護師資格を得ると、優先的にグリーンカード 永住権 が発行されるケースが多いとされています。 つまり、 将来的にアメリカへの移住を考えている人にとっては、確実にグリーンカードを取得できる方法として看護留学をする人も増えてきています。 看護留学の目的には大きく分けて2つが挙げられますが、決定的に異なるポイントとして前者の目的のケースでは留学終了後は日本への帰国を、そして後者はアメリカへの永住を目的としている点でしょう。 2.アメリカ看護留学の一般的な流れ 基本的には看護を専攻としてアメリカの大学に入学しますが、日本で看護師免許がある場合とない場合とではアメリカの看護留学の流れは大きく変わってきます。 アメリカの看護師資格取得のNCLEXに合格するためのクラスだけを受講し、試験に合格すれば問題ありません。 または語学学校に併設された私立看護資格専門学校で看護コースを受講しながら、NCLEXの受験準備をする人もいます。 NCLEXに合格するまでの期間が短いのが特徴で、比較留学費用も安く抑えることができます。 そのため、正規留学として大学に入学し、最終的に卒業と同時にNCLEXを受験、合格する流れになります。 NCLEXはNCSBN アメリカ看護師委員会 によって作成される、アメリカの看護師資格の試験です。 NCLEXの受験資格には、ATTと呼ばれる適性審査、州によってはCGFNSと呼ばれる審査に合格する必要があり、看護師ライセンスを発行する各州の看護師委員会(Board Of Nursing)に申請する必要があるので、いずれも在籍する大学や学校で確認するようにしましょう。 3.アメリカの看護留学に英語力は必要? 看護留学は専門的な医療分野となるためより高い英語力が求められるうえ、大学に入学することが看護師留学の主な方法となります。 従って、 日常生活で不自由のない程度の英語力、大学の講義についていける程度の英語力は必要であるといえるでしょう。 また、最終段階であるNCLEXは英語での試験になりますし、専門用語としての単語も数多く学ぶため、英語に対して抵抗感を持たずに取り組むと留学中の勉強がやりやすくなるかもしれません。 確実に看護留学を成功させたい時は、 大学が指定している英語力は事前に身に付けておくことが第一条件と言えるでしょう。 4.看護留学の費用はどのくらい?期間別まとめ 将来的にもアメリカで就職ができるなど大変魅力的なアメリカの看護留学ですが、やはり気になるのは留学費用ですよね。 RN 正看護師 を目指す場合の平均的な学費となりますが、毎年学費は変動し、円相場によっても留学費用は上下するので、必ず志望校の学費や円相場を確認することをおすすめします。 2年制のコミュニティカレッジ、私立看護資格受験専門学校の場合は、主に日本ですでに看護師免許を持っている人やRN以外の看護師免許取得を目標としている人に適しているといえます。 もちろん、私立4年大学の場合は、学校にもよりますが州立の場合よりも数倍高額になるとみておきましょう。 ただし、 4年大学を卒業すると正看護学士(BSN)が取得でき、さらなるキャリアアップを目指すことも可能になるので、それだけの価値はあるといえるでしょう。 そこで、ここでは看護留学に人気ランキングトップ5都市をご紹介しましょう。 ぜひ留学先を決める参考にしてみましょう。 一般的に、おすすめの州はカリフォルニア州、ニューヨーク州、イリノイ州と言われています。 その理由は、NCLEX受験の条件でもあるCGFNS(Commission On Graduates of Foreign Nursing School)の試験が免除されているため、他の週に比べて比較的看護資格が取得しやすいことが挙げられています。 同じ看護師を目指す人も世界から集まるため、看護留学にも間違いなく刺激を受けることでしょう。 教育機関も充実しており、看護留学には最適の都市のひとつです。 冬の厳しい寒さは有名ですが、医学界でも先端を行く医療機関を多く看護留学には適します。 CGFNSの試験が免除されているカリフォルニア州にあるため、比較的正看護師資格を取得しやすく、永住するにも住みやすく、おすすめの都市です。 6.アメリカで看護留学する際のおすすめ校5校 それでは、看護留学におすすめのカリフォルニア州の大学、看護学校を5校ご紹介しましょう。 もちろん、このほかにも2年制コミュニティカレッジや語学学校が併設された私立看護資格受験専門校などについては、各留学エージェントのプログラムを問い合わせてみることをおすすめします。。 医学分野にもおいても最高のレベルを誇る大学で学ぶ看護学はさらなるキャリアアップにもつながるはずです。 ロナルドレーガンUCLAメディカルセンターは、アメリカでもトップクラスの病院で、看護留学に最適の環境が揃っています。 NCLEX合格後、医療現場を経験し、さらに研究をしたいという人におすすめの大学です。 各学部の設備も十分に整っており、医療機関も充実しているため看護留学には最高の大学です。 2年の看護プログラムが主となっています。 語学学校終了後に入学することも可能です。 アメリカの看護留学は、将来へのチャンスが詰まっている留学スタイルの一つといえます。 日本で3~5年看護師としての経験を積んだ後にアメリカの看護留学にチャレンジする人もいれば、アメリカで看護師になることを志してアメリカ留学をチャレンジする人もいます。 アメリカへ移住し、看護師として自立するといった夢を確実の叶えることができるのは、留学大国であるアメリカのチャンスに満ちた最大の魅力とも言えましょう。 アメリカ看護留学・研修、就職・グリーンカード取得支援に興味のある方はを確認して下さい。

次の

看護留学|看護師だからできる留学プログラム【ワールドアベニュー】

看護 留学 アメリカ

私はワーキングホリデー制度を利用しました 私は実際にシドニーで語学学校に通っている頃は、たくさんの日本人看護師がワーキングホリデー制度を利用し英語を学んでいました。 (2)語学留学で看護師海外留学 学生ビザを取得して 長期に語学学校、専門学校、大学に行く場合の留学です。 ワーキングホリデービザは語学学校に行ける期間が限られている国もあるため、(例:オーストラリアは最長16週間まで 、長期で勉強したい場合は学生ビザでの語学留学となります。 ビザの申請はオンラインで全てできるので出国前に全ての手続きをします。 詳しくは現地の移民局のホームページを参考に! 観光ビザで最初に入国し、長期で滞在したくなった場合は現地での学生ビザの申請が可能の場合もあります。 詳しくは 現地の移民局のホームページを参考にしましょう。 (日本語のページもあります。 ) (3)短期留学(1週間留学など)で看護師海外留学 短期留学は旅行もかねて海外を経験してみたい看護師にぴったりの留学です。 短期なので学生ビザではなく観光ビザで気軽に行くことができます。 まずは下見に行ってみたい看護師におすすめ 長期の語学留学はちょっと心配、まずは下見で行ってみたいという人にもオススメの留学です。 現地の看護大学に1年から2年通わなければならない場合• 日本の看護師免許があれば3か月程度の短期トレーニングコースのみで現地の看護師登録ができる場合 などがあります。 どちらのコースも日本での臨床経験がある程度必要です。 海外での看護師資格は永住権につながりやすいので移住目的で海外留学する看護師も近年増えてきています。 看護師が海外留学で得たことは仕事に活きるのか? せっかく現地で学んできた英語を日本に帰ってきてからも勉強を続けたい看護師は多いはずです。 以下に具体的に活かせる仕事をあげてみました。 (1)外国人専用の病院で働くことで活かせる 東京などの大都市では仕事や勉強で長期滞在している外国人や旅行者が多く、 外国人専門または英語で対応している病院やクリニックがたくさんあります。 そのような職場で看護師は医療英語を話せることが最低条件です。 海外で医療英語を学び、直接仕事に活かすことができます。 補足説明! このような外国人専用の看護師求人は都市部に集中し、地方の看護師は求人が見つけにくいというデメリットがあります。 (2)医療通訳として働くことで活かせる 英語が話せることを活かして医療通訳をしてみたいと思う看護師は多いでしょう。 ただ、看護師ではなく 、 医療通訳として働くので医療行為はできません。 自分が看護師だと現場で直接看護業務ができないのがもどかしく感じる人もいるかもしれません。 医療通訳は資格が必要になります 医療通訳としての資格を取る必要があるので、留学経験だけでなくさらに資格の勉強が必要となります。 看護師の仕事に疲れたが、医療現場で英語を活かして働きたい看護師には向いていると言えます。 医療通訳の関しては「」を確認してください。 (3)一般病院で外国人が入院してきた時に役立つ 英語を使う機会は上の2つの仕事よりも圧倒的に少ないです。 しかし、高度な医療英語力や看護師以外の資格は必要ないので、海外留学の経験がすぐに活かせるというメリットはあります。 補足説明! 外国人が比較的よく来る病院やクリニックの情報を集めて、求人を探すか看護師転職サイトの担当に聞いてみるのもいいでしょう。 日本人看護師が海外留学のために退職するリスク 短期留学程度の短い期間であれば退職する必要はありませんが、1年以上海外留学をすることになると 現在の病院や施設を退職しなければならない場合がほとんどです。 看護師の仕事を辞め、海外に出ることへのリスクをいくつかあげていきます。 (1)帰国後の再就職の就活でのリスク 再就職の際にワーキングホリデーで1年間看護師を離れていたことをマイナスと取る病院もあります。 (有名な病院や人気な病院は特にです。 ) 自分がワーキングホリデーで何を得たかを伝えることで、 ただ海外に遊びに行っていただけではないことをアピールする必要があります。 ポイント! 医療英語を学ぶ、病院や介護施設でボランティアをするなど看護と関わりがあることをするとアピールポイントになります。 (2)看護技術を忘れてしまうリスク 手に職とも言える看護師の仕事ですが、採血や点滴などの看護技術は毎日やっていてこそ身についているものです。 1年以上臨床を離れていると 再就職した時に率先力として働くことが難しいこともあります。 不安がある場合は再就職先で恥ずかしがらずに技術の練習をさせてもらいましょう。 もともと毎日やっていた技術は何度か練習するうちにすぐに取り戻せるはずです。 海外留学を考えている日本人看護師へのアドバイス 私(看護師)が行った海外留学の経験を元に、現在留学を考えている看護師の方へ、アドバイスを2つお伝えします。 (1)勤務先に休職制度があれば利用することを考えよう 1年程度のワーキングホリデーや短期語学留学であれば帰国の時期がはっきりしているため病院側の休職制度を利用しやすいです。 現在の職場に戻っても構わないと考える場合は、帰国後すぐに仕事が始められるので生活費など金銭面で困ることはないでしょう。 (2)英語力は日本でも伸ばせます 海外に行ってから英語を頑張って勉強しようと思っても、 現地に行ってからなかなか思うようにいかないのが現実です。 理由は、英語の勉強以上に初めての環境に慣れるのに相当に体力と精神力を使うからです。 日本にいる間に、.

次の