お 弁当 袋 の 作り方。 1番簡単なお弁当袋の作り方!裏地&型紙なし!手縫いvsミシン比較

お弁当袋の作り方~マチ付袋物の基本|たけくま|note

お 弁当 袋 の 作り方

幼稚園での楽しみのひとつがお弁当の時間。 ママが作ったお弁当が、手作りのお弁当袋から出てくると、よりうれしい気持ちになりますよね。 お弁当袋の定番、巾着型の作り方は簡単。 ポイントはお弁当を落ち着かせるための大きめマチを作ることです。 そこで今回は、マチ付き巾着型のお弁当袋の作り方を紹介します。 お弁当袋の作り方!どんな種類がある? お弁当袋を作る際、裏地付きにするか、裏地なしにするか、またはどんな形にしようか悩みますよね。 それぞれの特徴について紹介します。 巾着型お弁当袋(裏地付き) 裏地付きは、リバーシブルで使うことができるのが一番の特徴です。 表地と裏地を合わせて作るので、丈夫なのもポイント。 厚みがある素材で作ると、ひもでギュッと絞りにくくなってしまうので、薄手の素材で作りましょう。 巾着型お弁当袋(裏地なし) 「手作りのお弁当袋」というと、裏地なしの巾着型が定番です。 お弁当箱が入れやすいように、マチをつけてあげましょう。 今回はこちらの作り方を紹介します。 封筒型のお弁当箱(裏地あり) 封筒タイプのお弁当袋を幼稚園で指定される場合もありますよね。 お弁当箱を入れて、面ファスナーやボタン、スナップボタンなどで固定します。 ボタンをかける練習にもなりますよ。 お弁当袋の作り方!必要な材料は? 4 両引き開きになるよう、ひも通し口からひもを互い違いに通す お弁当袋を作るときの注意点は? 園児の弱い力でもひもを引っ張りやすくするため、ひも通し口の太さに対して、少し細めのひもを使うといいでしょう。 最初は両側に引っ張って絞ることを理解しにくいので、左右でひもの色を変えてみるのもおすすめです。 お弁当袋にお弁当箱をしまったら「右手で青色のひも、左手で赤色のひもを引っぱって」という具合で教えてあげると理解しやすいですよ。 お弁当袋の作り方!使った生地は? 今回は、ハリのある星柄の生地をベースに、お弁当箱を保護するため底部分にはキルティングを使いました。 無地のキルティングを使う場合は、袋口部分は、柄がある生地を選ぶとかわいいですよ。 ツイル 星柄プリント お弁当袋の手作りにおすすめの生地は? 今回は、上下2種類の生地を使いました。 上部分の生地は薄めにしたほうがひもを引っぱったときにもたつきませんよ。 お弁当袋の上部分は薄めの生地がおすすめ 上部分の生地は、扱いやすいオックス生地や、薄手の綿麻キャンバス生地がおすすめです。 お弁当袋の下部分は厚みのある生地がおすすめ お弁当袋の下部分の生地は、厚めにしておくとお弁当箱を傷つけません。 キルティングやデニム生地がおすすめです。 柄生地と無地、花柄とストライプなど、組み合わせを考えてみてくださいね。 お弁当袋の作り方!アレンジ方法は? お弁当袋を作るときには、ランチョンマットやコップ袋と生地を揃えてもかわいいですね。 また切り返し部分にレースをつけたり、タグやワッペンをつけたりするなど、アレンジを楽しんでみましょう。

次の

ハンカチ2枚でお弁当箱袋が完成!リバーシブルなランチクロスにも

お 弁当 袋 の 作り方

(縫い代1cm分をお忘れなく!) お弁当袋に必要な布の大きさ(用尺) 今回のお弁当袋に必要な布サイズ、紐の長さは• ひも: 60cm を2本(目安) 全て縫い代込み。 今回使用した紐は、 アクリル紐 3mmです。 それでは作って行きましょう。 お弁当袋(裏地あり・切替あり・マチあり)の作り方• 底布と表布を中表に合わせて縫う• 裏布と表布を中表に合わせて袋口を縫う• 袋口が中央に来るようにおき脇を縫う• マチを縫う• 返し口から表に返し、返し口を閉じる• 袋口の紐通し部分の上下を縫う• 紐を通して完成! 1. 底布と表布を中表に合わせて縫う 底布、表布の表どうしを重ね(中表)縫い代1cmで縫います。 上下の向きがある柄布を使う場合は、逆さまにならないよう注意です! 表布:底布:表布 の順番に縫い終わりました。 縫い代はアイロンで割ります。 裏布と表布を中表に重ね、袋口をぬう 裏地布と表布の表どうしを重ね、袋口を縫います(縫い代1cm) 3. 袋口が中央になるようにおき、脇を縫う 下図のように、袋口が中央にくるように置きます。 脇を縫っていきますが、• 両側に紐通し口2cm• 片側に返し口約10cm をあけて縫います。 マチを縫う マチを縫います。 4つの角を下図のように折り、アイロンで整えます。 今回はマチを10cmにしたいので、 中央に向けて5cm、5cmの10cmになるところを探し、縫います。 返し口を縫い閉じる 返し口として開けておいた部分を、縫い閉じます。 手縫いが面倒だな〜という方は、裁縫上手が楽ちんです。

次の

簡単なお弁当袋の作り方6つ|手作り巾着のお弁当箱入れは?

お 弁当 袋 の 作り方

外表にしたBとCの片側の長辺を3cm内側に折り、アイロンをかける。 出典:mamagirl2016年春号 2. ABCを画像のように1cmのところを縫い合わせて1枚につなげる。 フリルを作る場合は、切り替え部分に挟みながら縫い合わせる。 出典:mamagirl2016年春号 3. 中表で半分に折り、折り山から4cmのところを両側から縫い合わせる。 出典:mamagirl2016年春号 4. 3で縫った底の角を開いてつぶし、角から5cm のところを縫ってマチを作る(角はカットしてもOK)。 出典:mamagirl2016年春号 5. 開き口の脇の縫いしろをアイロンで割り、画像のように縫う。 出典:mamagirl2016年春号 6. 1で作った折り目を一度開いて三つ折りにする。 待ち針で留めて、入れ口にひもを通す幅をあけ、画像のように縫う。 出典:mamagirl2016年春号 7. 6で作ったひも通し穴にひもを通して完成。 両引きにする場合は、画像のような方向にひもを通す。 布を直線で縫い合わせるだけなので、手縫いでも作れるのがうれしいですね。 2通りの作り方をご紹介します! 出典: さん ・【あずま袋】長方形の布で作る場合 長方形の布1枚を使って作る方法です。 100均などでも販売されている手ぬぐいを、そのまま使うと便利! 出典: さん <材料> 手ぬぐい 1枚 出典:筆者撮影 <作り方> 1. 手ぬぐいの周囲を、5㎜の幅で三つ折りにして縫う。 表になる方を上にして置き、長さが三等分になるように印をつける(A)。 手ぬぐいの右端を折りたたみ、赤いラインを縫う B。 手ぬぐい左端を折りたたみ、赤いラインを縫う(C)。 このとき、3で塗った部分の反対側をいっしょに縫い込まないように注意する。 表にひっくり返してできあがり。 中にお弁当箱を入れて、持ち手を結んで使います。 ・【あずま袋】正方形の布で作る場合 正方形の布をカットし、縫い合わせて作る方法です。 作り方は、外側を通常の布地で作り、内側に保冷アルミシートを重ねて縫いつけます。 布地を裁断するとき、その大きさに合わせていっしょにカットするとよいでしょう。 保冷アルミシートは、100均などで購入できる保冷バッグや、アルミ製のレジャーシートをカットしたものでもOK! 保冷機能があれば、食材の鮮度をある適度キープできるため、離乳食バッグとして使っている人も多いようです。 画像はクラシックなプリーツフリルをあしらったお弁当袋。 プリーツフリルの作り方はまず、細長く切った布を縦半分に切り、細長くします。 次に、アイロンをかけて3cm間隔でプリーツを作り、待ち針で留めて縫います。 布の切り替え部分を縫い合わせるとき、フリルを挟んでいっしょに縫いつけましょう。 画像は、動くたびにポンポンが揺れるキュートなレースです。 ・ロゼットやワッペンでかわいくデコる! 出典:mamagirl2017年春号 手作りしたいけど時間がない!という場合は、簡単にオリジナリティーが出せるワッペンやロゼットがおすすめ!画像のロゼットは、iPhoneの画像を使って作ったセミオーダー品です。 出典: さん 子ども用のお弁当袋なら、名前つきのワッペンもおすすめ!クマの形や星柄、ハート柄など、いろいろなデザインのネームワッペンをネットで簡単にオーダーできるお店も増えているようです。 ・アイロンで貼れる布テープをアクセントに! 出典:mamagirl2017年春号 こちらは、マスキングテープ感覚で使える布テープです。 かわいいデザインなので、そのままでも、好きな形に切り抜いても使えます。 当て布をしてアイロンするだけで貼りつけ完了!洗濯もできます。 ぜひいろいろなタイプのお弁当袋を手作りしてみてください。

次の