フェデラー最強説。 フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

ロジャー・フェデラー

フェデラー最強説

最強を決める基準 明確な基準が示されているわけではないが、多くの公式では、 4大大会の優勝回数、 シングルス1位在位記録、マスターズ優勝回数の3つが最強を決める基準として用いられている。 何故なら、多くの選手は、4大大会やマスターズの優勝と、そしてシングルス1位を目指すためだ。 正確に言うと、最もポイントがもらえる4大大会、次にポイントが多いマスターズの優勝を目指しながら、加算されたポイントでシングルス1位を目指すといった方が正確かもしれない。 それでも、単純に4大大会やマスターズの優勝を夢見る選手も多いので、この3つの記録が"最強"を決める基準として有力なのは間違いないだろう。 他にも、シングルス優勝数や勝利数などが挙げられるが、それは4大大会優勝やシングルス1位になる過程で自然と積み重なっていくものであり、"最強"を決める基準としては、少し優先順位が下がるだろう。 それでも重要な記録であることには変わりはないが。 では何故、この3つの基準が有力となるのか、1つ1つ掘り下げてみよう。 画像引用元:twitter まず4大大会は、全ての選手が優勝を目指す夢舞台であること。 そして、現役の最上位の実力者が、怪我などの理由を除いて必ず出揃うため、真の実力No1が決定する大会であるためだ。 トップ選手であればあるほど、コンディションも4大大会に合わせてくるので、"最強"の基準にすることに疑いの余地は無い。 それに、下位の選手であってもこの大会に出るだけでステータスに繋がるため、手を抜くことは一切ない。 4大大会が、どれ程重要な位置付けか?それは高校野球で言えば、甲子園だし、サッカーで言えば、チャンピオンズリーグのようなものだ。 即ち、その年の最強を決めるトーナメントの1つであることが分かって頂けるだろうか。 続く2位も同じく現役の選手でラファエル・ナダルである。 もっと言うと、3位のノバク・ジョコビッチ も現役であり、更に優勝回数を伸ばす可能性が残されている。 オープン化以降50年も経つというのに、上位をこの3人が占めるとうのは、何という時代だろうか。 優勝回数に関しては、まだまだ変動するかもしれないので、これで最強は誰か?と決めることは、少なくとも現時点ではできないだろう。 これは、いかにトップの実力を長年維持したかという指標で用いられる。 いくら4大大会で勝ったとはいえ、それが1回きりだったり、もしくは他のライバルが別大会でポイントをより多く加算していれば、1位にはなれない。 逆に1位になれたとしても、その実力が短い期間だけであれば、1位の在位期間はとても短いものになるだろう。 重要なのは、その実力をどれだけ長い期間、維持したのか、という点も重要なのである。 1位になること自体、凄いことですが、その中でも1位在位記録が最強の有力な参考記録となります。 中でも フェデラーは現役でありながら、既に1位在位記録のトップを更新しました。 この記録だけでも、フェデラーがいかに凄く飛び抜けた存在かが分かります。 そして、そんなフェデラーに触発され、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチも彼に追いつけ、追い越せの精神で実力を極限まで磨き上げてきました。 その結果、この3人は同時代でありながら1位在位記録の歴代6位までに全員食い込んでいます。 これは、どれだけこの時代が、彼等によって独占されてきたかを如実に示すものです。 いかに今の時代がフェデラー時代と呼ばれる程、スペクタルな年代かが分かるでしょう。 しかし、4大大会優勝回数と比べると、ラファエル・ナダルは1位在位記録が伸び悩んでいるように見えます。 これは、彼自身が怪我をすることが多く、4大大会やマスターズへの出場を断念せざるを得ない時期が度々あったためです。 なのでせっかく1位になっても、怪我でポイントを加算できず思うように維持できなかったと見るべきです。 いくら4大大会優勝やシングルス1位を目指すといっても、やはり毎回勝てるわけではないし、年によっては自身の好不調の波もある。 場合によっては怪我で出られないことも少なからずあるだろう。 そういった場合、マスターズなら開催回数が多く、場所もより各世界都市で行われるため、選手も安定した実績を残しやすいと見られている。 もし最強であるトップ選手ならば、どこかの都市で毎年優勝できるほどの実力を持っているはずだ、という見方が少なからずできるのだ。 先ほど、1位在位記録が伸び悩んでいたと記載しましたが、彼がフルコンディションであれば、出場した大会では高い確率で優勝を成し遂げている証拠です。 要は怪我さえ無ければ、彼は1位であり続けられた可能性が高く、そして実力も安定していると見るべきでしょう。 勿論、僅差でノバク・ジョコビッチ 、ロジャーフェデラーも続いており、彼等3人は実力が飛び抜けた状態で、安定した実力を発揮してきたことが分かります。 しかし"最強"を決める基準としては、既に達成者が8人いることから、難しいだろう。 フレッド・ペリー(イギリス) 1934年~1936年• ロイ・エマーソン(オーストラリア) 1961年~1964年• アンドレ・アガシ(アメリカ)1992年~1999年• レーバー氏は、1962年のオープン化以前にも年間グランドスラムを達成しており、仮に彼がプロ転向した1963年からオープン化が始まっていれば、とんでもない記録になったことは間違いありません。 また、ノバク・ジョコビッチに関しても、2015年全米~2016年全仏まで、 年をまたいで グランドスラムで4回連続優勝 ノバクはジョーカースラムと呼んでいる を飾っており、年間グランドスラムに限りなく近い形で達成した選手だ。 こうしてみると、ロッドレーバー氏もノバクジョコビッチ氏も、彼らが全盛期においては、どのサーフェスにおいても誰も敵わないほど最強だったという証拠だ。 ダブルグランドスラマーは現れるか? 見方を変えると、グランドスラムを2周する "生涯ダブルグランドスラム"は未だに達成者がいない為、もし達成者が表れれば、これは 有力な参考基準となります。 現役では、ロジャー・フェデラーとノバク・ジョコビッチは全仏、ラファエル・ナダルは全豪をもう一度優勝することができれば、達成することになる。 しかし、既にフェデラーは全仏を敬遠するようになっているし、ノバクも全盛期の力を取り戻したとはいえ、唯一難点の体力面を酷使する全仏では、優勝するのは容易ではないだろう。 そうすると3人の中で最も達成の可能性が高いのは、ラファエル・ナダルだ。 こちらは別記事でまとめてあるので、合わせて読んで頂けると幸いです。 その他の有力な記録保持者 長い期間で"最強"を決めようとするならば、避けて通れないのが、シングルス優勝数やマッチ勝利数でしょう。 こちらも重要な参考記録となるはずですので、記録をチェックしていきます。 しかし、僅差で現役であるロジャー・フェデラーが迫っており、現在でも特に衰えも見せていない為、 記録を更新するのは時間の問題でしょう。 それ以外の選手でも、ラファエル・ナダルやノバク・ジョコビッチにも、ジミー・コナーズを捉えるのは現実的かと思えます。 怪我や不調に陥る期間が長くなければですが。。 そのうえで、もしかしたら、ロジャー・フェデラーが更新した記録を他の2人が更に塗り替える可能性も残されてますね。 年間を通してポイント上位者8人しか出場できない同大会は年間を締める最後の大会として、多くの選手が鎬を削る。 この大会に優勝すれば、文字通りその年の最後の優勝者となり、多くのポイントと賞金が手に入るため、全選手が同大会を目指しているといっても過言ではない。 ポイントも4大大会に次いで稼げるため、マスターズよりも重要視されている。 しかし、この大会は室内で行われることが多く、サーフェスを苦手とする選手にとっては中々勝てるものではない。 特にラファエルナダル選手にとっては、苦手なサーフェスであるため、未だに1度も優勝できていない。 ノバク・ジョコビッチ最強説 画像引用元:twitter ジョコビッチに至っては、年間9大会行われるマスターズを、史上初めて全て優勝するという、ゴールデンマスターズを達成しました。 これはグランドスラム 4大大会全て制覇 よりも難しいといわれるほどの偉業です。 何故なら9大会全て違う都市で開催され、サーフェスもハードとクレーに分かれています。 そして何より大会回数も、4大大会の4つに対して、マスターズ9大会あります。 全て優勝するというのは、一昔前まで不可能とまで言われました。 裏付けとして、生涯グランドスラマーはオープン化以降8人いますが、ゴールデンマスターズは、ジョコビッチが達成するまで、誰一人いませんでした。 だから史上初なのですが。。 ラケットやストリングなど、時代の影響もあるでしょうが、それだけ難しいことをジョコビッチはやってのけたのです。 他にもジョコビッチは、"芝の王者"と言われるロジャー・フェデラーを全英オープン ウィンブルドン で破り、"赤土の王者"と言われるラファエル・ナダルを全仏オープンで破ってきました。 最強であるライバルを、彼らが最も得意とするサーフェスで破ってきた選手でもあります。 加えて、シングルスマッチ勝利数で、 フェデラーとナダル両選手に勝ち越しているのは、ジョコビッチだけなのです。 そうやってみると、数字には表れない部分を考慮して、実は彼が 一番"最強"に相応しいのかもしれません。 ラファエル・ナダル最強説 画像引用元:twitter ラファエル・ナダルを"最強"と推す声は、現時点では少ないかもしれません。 しかし、彼は4大大会優勝回数でフェデラーに1つ差と迫っており、そして現在も世界トップの実力を維持していることから、回数を伸ばして追いつくことは現実的です。 よって、 フェデラーを追い越す可能性が最も高い選手がラファエル・ナダルです。 それは即ち、 最強へ最も近い選手と言っても良いでしょう。 また、ナダルに関しては、多くの選手が夢見る ダブルグランドスラマーに最も近い存在でもあります。 4大大会を2周するなんて、テニスの歴史上考えられないことなのですが、ナダルに関しては多くの選手が不得手とする全仏を何度も取っていますし、残りの全豪を優勝する実力さえ、今なお、持ち合わせているのです。 勿論、今まで誰も成し遂げたことはありません。 可能性の話ですが、仮にナダルがフェデラーの優勝回数に追いつき追い越すことがあれば、一気に彼を"最強"へ推す声は強くなるでしょう。 既にマスターズの優勝回数は歴代1位を更新し続けています。 ジョコビッチか完全復活したとしても、クレーという圧倒的に強く得意な大会がある限り、安定して今後も延ばしていくことでしょう。 加えて、ダブルグランドスラムを成し遂げれば、単純に優勝回数などでは語れないナダル最強説に近づくことになります。 最もフェデラーも回数を積み重ねることが現実的ではありますが、年齢的なこともあり、実力をどれ程維持できるかは、疑問が残ります。 ナダルに関しては、フィジカルを全面に押し出すプレースタイルから、とにかく 怪我に関してどれだけケアできるかが今後の鍵となりそうです。 ロジャー・フェデラー最強説 画像引用元:twitter 現時点で、最強を選べと言われれば、間違いなく ロジャー・フェデラーでしょう。 この点については、多くの人が納得するはずです。 何故なら数字の上で話をしているので、いずれの記録も最上位に食い込んでるフェデラーを選出するのは当然のことでしょう。 もう1つ特筆すべき点は、ロジャー・フェデラーの存在が、ラファエル・ナダルやノヴァク・ジョコビッチの強さを引き出したのです。 まさに最強の名を欲しいままにしていた、2000年代前半、フェデラーの存在があるからこそ、ナダルはNo1になるため、不屈の精神と不断の努力を継続し続け、No1になった後でも、奢ることなく進化を続けています。 ジョコビッチも同じです。 フェデラー、ナダルに続く系譜が、確かに存在するのです。 彼等には退化がありません。 常に進化を模索し続け、若手が追いつけないほどの努力を重ねています。 なので、10年以上経った今でさえ、TOPに君臨し続けることが出来ているのです。 そして、その中心は、フェデラーという存在があったからこそなのです。 まさに 全ての最強説の中心となる選手がロジャー・フェデラーという選手なのです。 数字に表れない存在感を考慮すれば、 最強説を語るに当たり,今後もフェデラーを除いては考えられないでしょう。 後、フェデラーが凄いのは30代後半に差し掛かっても、実力が衰えない点です。 彼は未だに4大大会を優勝する程の実力があり、そして今年になってもシングルス1位に返り咲くほどの安定した力を保っているのです。 4大大会優勝回数のみならず、長い期間その実力を維持し続けたフェデラーを評価せずにはいられません。 ただし、それは現時点での話です。 後に続く、フェデラーより "若い"ラファエル・ナダルやノバク・ジョコビッチにも"最強"の名声を手にする可能性が残されています。 それには、彼らが今後数年にわたって、今の実力を維持し、4大会やマスターズの優勝、果ては1位在位記録を伸ばすことが不可欠ですが、決して不可能ではないのです。 むしろ手の届く範囲にいるのは確実で、後はどれだけその実力を維持できるかに掛かっています。 そして、同じようにフェデラーもまだまだ優勝回数を積み重ねていくでしょう。 彼等3人が信じられないレベルで、長い期間トップを競っている為、視聴者である私たちも、変わらず今の時代のテニスに引き付けられているのです。 今後も彼らの活躍から目が離せませんね! まとめ 現時点で、テニス史上最強を選出するならば、ロジャー・フェデラーで間違いないでしょう。 それは4大大会優勝回数や1位在位記録から見ても明らかです。 しかし、後に続くラファエル・ナダルやノバク・ジョコビッチにもフェデラーが作った記録を更新する可能性が残されています。 本当に、"最強"を評価できる日が来るのは、彼らが現役を終えた後の話になりそうですが、それが分からないのも今のテニスの醍醐味というところです。 まだまだ30代に差し掛かった彼らが魅せてくれるテニスに私たちも釘付けなのです。 1日1回クリックお願いします.

次の

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラー最強説

フェデラーのフォアハンドは世界でもトップクラスの威力を持ち、テニスをプレーする方の憧れでもあります。 動画を見ていただいてもその華麗なフォームで変幻自在のコースに矢のような威力あるボールを放っています。 フェデラーに憧れ打ち方を真似しようと思った方も多いと思いますが、実はフェデラーのフォアハンドは基本に忠実でお手本のようなフォームをしている一方で、フェデラーにしかできないいくつかの特徴があります。 まずは、フェデラーの凄さを解説した後に、フェデラーのフォアハンドの打ち方を徹底解説していきます。 真似をすべき所のコツと気軽に真似をしてはいけないポイントも合わせて解説していますので、ぜひご参考ください。 イースタングリップは、フラットに適した握り方といえます。 そのため、フェデラーのフォアハンドはフラットやフラットドライブ主体でスピードのあるボールを打っています。 プロのような勢いのあるボールをイースタングリップで受けると、大抵勢いに負けて弾かれてしまいます。 ですがフェデラーは、 体幹の強さやタッチ感覚・手首の柔らかさがずば抜けてることで、プロのボールでも精密機械のようにスピードボールでコントロールすることを可能にしています。 これは、フェデラーにしかできない芸当で、一般プレーヤーが薄い握り方でフェデラーのフォアハンドの真似をしてもうまくいきません。 グリップ1つを見てもフェデラーの凄さをうかがえます。

次の

レンドル最強説&フェデラー最強説

フェデラー最強説

グランドスラム20冠 フェデラーの歴史は Pro Staffの歴史でもある 「Pro Staff mid」といえば、オトナにとっては懐かしであり、憧れであったラケットである。 そのラケットが誕生したのは1984年のこと。 以来、Pro Staffはチャンピオンたちの相棒であり続けた。 その最後の継承者となったのが、ロジャー・フェデラーである。 史上最多となるグランドスラム20冠、すべてはフェデラーとウイルソンで歩んできた結晶と言える。 その歴史を改めて、振り返って行こう。 0 85 」がすべての始まりだ。 ロジャー・フェデラーが、名器と言われるラケットを手にしたのは14歳の時だったという。 フェイス面積85平方インチ、ケブラーを使用したフレーム厚は17mmフラット、今では信じられないスペックだが、これぞ歴代王者が愛したラケットである。 1998年、ウィンブルドンJr. しかし、フェデラーとていきなり大活躍をしたわけではない。 徐々に頭角を現していくと、2001年シーズン、19歳で迎えたミラノ国際で初優勝を遂げる フェデラー曰く「あの大会で優勝できるとは思っていなかった。 ホッとしたし、最高の気分だった」。 その直後に、トップ20入りを果たすと、同年のウィンブルドンでは、4連覇中だったピート・サンプラス[7-6 7 ,5-7,6-4,6-7 2 ,7-5]を倒す伝説の試合を繰り広げている。 5平方インチ 大きなフェイスサイズに これが歴史的成功を もたらすことになる 翌2002年は、「Hyper Pro Staff 6. 1 90」でプレー。 当時は、ラケットが一気に進化をしていった時代だ。 それに対応するために、5平方インチ大きなフェイスで対応しようとしたわけだ。 思えば、この選択が歴史的成功をもたらすことになる。 この年、フェデラーはハンブルク大会でマスターズ初制覇。 年間3勝をあげて、初のトップ10入りを果たしている 年間最終ランキングは6位。 そして2003年、「Pro Staff Tour 90」と共に、ついにグランドスラム制覇の時を迎える。 その舞台はウィンブルドンだった。 フィッシュ、F. ロペス、A. ロディックを下して決勝に進むと、M. フィリポウシスと対戦。 第1セットからタイブレークになるなど、簡単な展開ではなかったが、ストレート勝ち。 勝利の瞬間、芝にヒザをついて歓喜する。 「私のキャリアの中でも、最も重要な試合の一つだった」とその優勝を振り返るフェデラー。 間違いなく、フェデラー時代の始まりを象徴とするシーンと言えるだろう。 2004~2006年シーズン GS12大会中8大会を制す 前年、ツアー最終戦を制し、キャリアハイとなる2位となっていたフェデラーは、全豪を初制覇。 同時に世界ランク1位に。 その後、歴史を作る2004年シーズンからの相棒は「n Six. One Tour 90」だった。 マイルドな打球感が特徴のラケットだった。 この年は、さらにウィンブルドン2連覇、USオープン初制覇を含めて、年間11勝をしている。 同ラケットを使用した2004~2006年は、グランドスラム8冠。 GS12大会中8回も制覇してるのだから、驚愕の強さである。 続いては、2007~2009シーズンで使用した「[K]Six. One Tour 90」である。 「まだ試合中に、自分のイメージと違うショットがある」としてコントロール性アップを求めたというフェデラー。 それに対して、ナノテクロジー「[K]arophite Black」を開発して採用。 曰く「このラケットが私の支配力を高めてくれた」というラケットを用いて、2007年は全豪、ウィンブルドン、USオープンを、2008年はUSオープンを、2009年は全仏、ウィンブルドンと3年間で6つのGSトロフィーを掲げることに成功した。 たゆまず進化を続ける「Pro Staff」 しかし2013年に 大きな転機が訪れる 2010~2011年シーズンに使用したのは「Six. One Tour BLX 90」。 BLXは、玄武岩から生み出されたバサルト・ファイバーを使用したテクノロジー。 衝撃吸収性、遮音性、軽量性、剛性に優れた同素材によって、フィーリングに優れたモデルとなった。 この2年間GS優勝は、2010年全豪のみ。 2011年は、2003年以来のGS無冠となるが、前年に続きツアー最終戦を制するなど見せ場を作っている。 そして2012年シーズンから、フェデラーは「Pro Staff Six. ONE 90」を使用していく。 同モデルは、フェデラーからパワーとフィーリングという求めに応じて作られたもの。 スペック上は、全モデル同様だが、「アンプリフィール・テクノロジー」を用いることで、さらなるフィーリングアップを図っている。 フェデラーは2012年、3年ぶり7度目 史上最多タイ となるウィンブルドン優勝を成し遂げている。 そして2013年、フェデラーとPRO STAFFにとって転機が訪れる。 「Pro Staff Six. ONE 90」でシーズンを開始したフェデラーだったが、背中の痛みに苦しみ、シーズン途中から黒塗りのラケットを使用している。 それもあって2014年シーズン用に作られた「Pro Staff 90」は、歴代シリーズで唯一、フェデラーが使用しないモデルとなった。 『Pro Staff』シリーズに <革命の時>が訪れる さて、ここでPro Staffに革命が起こるタイミングである。 黒塗りラケット期間、フェデラーは、さまざまなモデルをテストしていた。 それはまだまだ第一線で戦うためのラケット探訪である。 90平方インチ、93平方インチ、95平方インチ、98平方インチ、100平方インチ、グロメットホールをダブルホールにする、パワーホールにする、パラレルドリルにするなど、あらゆる可能性を探り、127本もの試作ラケットを打ったという。 結果、好ましいと判断したのが、ダブルホールなどの機能を使わない95~98平方インチのフェイス面。 そこから最終的に生まれたのが、自身のイニシャルを冠した「Pro Staff RF97 Autograph」 レッドとブラックを基調にしたコスメのもの である。 そしてPWS 周辺荷重機構 は薄く小さい形状に。 これまでのPro Staffらしい打球感、打ち味を残しながらも、パワーアップを図ることにしたのだ。 これがフェデラーのテニスを新たな境地に導いた。 同モデルを使用した2014年、ツアー6勝に加えて、ウィンブルドン、USオープン、ツアー最終戦で準優勝するなど復活ののろしを上げたのだ。 そして2016年、とびきりこだわったモデルが発売となる。 キーワードは「アンコンタミネイテッド・デザイン =汚染されていないデザイン 」「タキシード・スタイル」。 フェデラーは、その原案段階からラケット作りに参加し、これまでにないオールブラックのモデルを作り上げた。 さらにこだわったのは、その質感。 ラケットを持った際の触感にこだわり、最新の塗装テクノロジー「VELVET PAINT」を採用。 そしてフレームのトップには、「CO-DESIGNED WITH ROGER FEDERER フェデラーとの共同開発 」の文字が刻まれている。 プレーヤーのみならず、すべてのブランドに強烈なインパクトを与えた同モデルを持ち、2017年は全豪、ウィンブルドンと5年ぶりのグランドスラムタイトルを手にした。 2018年の全豪も連覇した。 そして同年、同じモデル名にてホワイトをあしらったものをリリースするが、フェデラーが使用したのは半年足らず。 USオープンより、オールブラックの「アンコンタミネイテッド・デザイン」モデルに戻している。 2020年、フェデラー、ウイルソンから 新たなモデルは発表されるのか? 改めて書くが、それが2018年のことである。 通常、2年おきにニューモデルはリリースされるサイクルを考えると、2020年の今年、新モデルが発表となることになる。 次はどんな驚きを与えるモデルなのか? フェデラーが要望し、ウイルソンの職人魂が呼応することで進化を遂げてきたPro Staffシリーズ。 そして、「アンコンタミネイテッド・デザイン」モデルより両者の結びつきはより強いものになった。 次なるモデルが明らかになる時が、刻一刻と近づいている。

次の