なん アンテナ。 なんJアンテナ

埼玉西武ライオンズアンテナ

なん アンテナ

スバル360はルーフ埋め込み型アンテナ! 調べてみると、ひと昔前まではルーフの運転席側上部に設置される手動式の長い伸縮アンテナが主流だった。 今はコンパクトポールタイプやシャークフィンタイプなどが逆に主流となり、車外にアンテナ自体がない車種も多い。 そもそも国産車で最初にラジオが設置された車種は1955年に登場した初代トヨペットクラウン。 オプション設定による富士通製の真空管式AMラジオだった(FM放送はNHKが1957年から開始)。 その後は1958年に登場したスバル360もオプションでカーラジオを設定していた。 その当時はルーフやピラーに設置する手動式のアンテナが多かったのだが、珍しかったのは前述したスバル360だ。 パッと見にはどこにもアンテナがないようなのだが、実はFRP製のルーフ内部にあらかじめ渦巻き式のラジオアンテナが埋め込まれているのだ。 クルマの方向が変わっても感度が乱れず、いたずらや破損の心配がないのがメリットだと当時のカタログでは謳っていたのだが、このあたりはさすがにマニアックなスバルの面目躍如といったところか。 スバル360のFRP製ルーフにはなんと渦巻き式のアンテナが埋め込まれている! 現在の自動車用アンテナの情勢を探る 自動車用アンテナは基本的にAM/FMラジオの受信用のものなのだが、主に次の5種類に分かれている。 NV200バネットやアクティバン、アルトバンなどの商用車系モデルが採用するくらいだ。 ちなみに道路運送車両法での保安基準の指定部品になっており、全高3800mmを超えない範囲なら交換しても構わない。 で、実はラジオの受信感度で最も優れているのがこのタイプなのだが、基本的にアンテナの長さが感度のよさに比例するためだ。 印象が古めかしいので見た目はあまりよくないかもしれないが、それでいて実用面ではイチバンいいというのだから侮れない。 手動で伸縮できる昔ながらのアンテナ。 実は受信感度は今でもこれが最強!? 1970年代に登場し、当初は国産上級モデル中心に採用され、1990年代以降はその下のクラスのクルマにまで波及した。 オーディオ電源やスイッチを入れると自動でアンテナが伸縮するこの「オートアンテナ」が採用されていたが、こちらも最近ではほとんど見なくなってきている。 モーターでシリコンワイヤーが伸び縮みする仕組みだったのだが、後に改良されてボタンを押すことで伸縮の途中でポールを止めることもできるようにはなった。 しかし、経年劣化によって内部でワイヤーが破断して出てこなくなるトラブルを構造的に抱えていた。 1970年代以降に登場してきたオート伸縮アンテナ。 クルマのフロントウィンドウ、もしくはリアウィンドウに貼り付けるフィルム式のアンテナで、車外にアンテナが設置されていないモデルはほとんどこれが内蔵されている。 日本車でも上級車を中心にこのタイプが採用されている。 見た目には伸縮アンテナよりもスマートになっているのが特徴だ。 樹脂製でポールの内部にコイル状のアンテナが詰まっている構造を採用しているのだが、長さ的には不利とはいえ素材や工程の進化によって受信感度はこれまでの伸縮アンテナとほぼ同等を保っているというから凄い。 ヒレ状のアンテナで、イルカのヒレに似ているためドルフィンアンテナと呼ばれる。 メーカーによってはシャークフィンアンテナと呼ぶ場合もある。 BMWが2001年の4代目7シリーズ(E65型)に初採用し、レクサス車はLXを除いたラインアップのほぼ全車がシャークフィンタイプを採用している。 メルセデス・ベンツは現行Cクラス及びEクラスではシャークフィンタイプではなく、内蔵タイプに変更している。 BMWがE65型7シリーズから導入したのが別名シャークフィンアンテナ やはり「見た目」というのが、アンテナの進化の根本にはあるようだ。 ちなみにコンパクトポールアンテナの取り付け位置は車種によってまちまち。 スズキによると「ハイトモデルはアンテナに手が届きづらいので背の低いユーザーでもリアドアを開けてフロアに足をかければ届くように運転席側にオフセットしている」とのこと。 なおコスト的に最も高くつくのは、感度を上げるブースターが必要なフィルムタイプであるとのことだ。 【番外コラム】ブレードアンテナ ここ最近は刀(ブレード)状のアンテナも出現しており、それらは差別化するためにブレードアンテナと呼ばれている。 2013年10月にモデリスタから発売された「シャア専用オーリス」。 アニメ作品『機動戦士ガンダム』とのコラボ車両として登場し、バーチャルカンパニーの「ジオニックトヨタ」で公募されたアイデアが生かされたオーリスなのだが、このオーリスのルーフにはブレード型のアンテナを装着。 「シャア専用ザク」など、物語中の指揮官専用機は通信能力を強化したブレードアンテナがトレードマークなのだが、それを模したアンテナのデザインとなっている。

次の

なんJ まとめアンテナ

なん アンテナ

2020年07月22日 22:05 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 21:56 - [虎速]• 2020年07月22日 21:21 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 21:10 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 21:07 - [虎速]• 2020年07月22日 21:02 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 20:53 - [日刊やきう速報@野球まとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 20:49 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 20:41 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 20:38 - [なんJ(まとめては)いかんのか? - 阪神]• 2020年07月22日 20:34 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 20:34 - [日刊やきう速報@野球まとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 20:34 - [虎速]• 2020年07月22日 20:21 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 20:02 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 19:52 - [虎速]• 2020年07月22日 19:41 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 19:21 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 19:07 - [日刊やきう速報@野球まとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 19:05 - [虎速]• 2020年07月22日 19:02 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 18:41 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 18:21 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 18:02 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 17:42 - [虎速]• 2020年07月22日 17:38 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 17:35 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 阪神タイガース]• 2020年07月22日 17:21 - [阪神タイガースちゃんねる]• 2020年07月22日 17:20 - [阪神タイガース応援ファンサイト トラニュース]• 2020年07月22日 17:19 - [阪神タイガース応援ファンサイト トラニュース].

次の

なんJアンテナ

なん アンテナ

掲載条件• 登録するサイトの トップページ、及び記事個別ページに 弊サイトへのリンクの設置をお願いいたします。 nantoka-antenna. com」へ リンクの見出しは「なんJアンテナ」にして下さい。 例: なんJアンテナ 万が一アンテナ名が他のアンテナサイトと重複しリンクの見出しが他のサイトと同じになってしまう場合、 リンクの後に「@ナントカアンテナ」や「powered by nantoka-antena. com」をつけて識別する事は禁止いたしません。 例:powered by nantoka-antena. com なんJアンテナpowered by nantoka-antena. com ブログシステム等の都合上リンクの後ろに文字を追加出来ない場合、以下の様な「アンテナ名@ナントカアンテナ」の形式の見出しのみ例外として許可致します。 「@」アットマークは全角の@ですのでタイピングの際にご注意ください。 例: なんJアンテナ@ナントカアンテナ 例の通りでなくても、リンク先(href属性)と見出し aタグのinnerText が指定通りであれば、 class属性が追加されていたり、その他の属性が追加されていても構いません。 リンクの有無をプログラムで自動的に判断しますので、指定通りのリンクになっていない場合、登録申請は受理されません。 登録するサイトの トップページ、及び記事個別ページに設置している livedoor 相互RSS(旧livedoorブログロール)に、 弊サイトのを登録してください。 相互RSSをiframe内(別ページ)に設置しておられる場合、申請は受理されません。 nantoka-antenna. 弊サイトでの記事タイトル・サムネイル画像及び付随する情報の利用に同意していただける事。 登録サイトの管理者への連絡方法がサイト内に明記されている事。 登録の解除• 自動登録申請受理後、 プログラムは数日に一度の頻度で申請サイトをチェックします。 この際自動登録申請の条件を満たしていない事が確認された場合、登録は解除されます。 自動登録申請受理後、弊サイトのRSSをご登録頂いた相互RSSをiframe内(別ページ)に移動した場合、 自動審査プログラムはそのRSSを検出しません。 RSSを検出出来なかった場合、登録は解除されます。 登録サイトに日本国の法律に反する内容を掲載しないでください。 登録サイトに他人の権利を侵害する内容を掲載しないでください。 登録サイトに猥褻な画像や文章を掲載しないでください。 登録ジャンルと合致しないと判断した場合、登録を予告無く解除致します。 当サイトにアンテナサイト・他のサイトからの情報を自動的転載しただけのサイトを登録しないでください。 登録サイトの内容が規約に反していると判断した場合、登録を解除する場合があります。 登録ジャンルに合致しない登録を已むを得ず登録解除させていただく事例が多くなってきています。 登録の際、で他に相応しいジャンルのアンテナがあるかをご再度確認ください。

次の