手作り キッチン カウンター。 【DIY】我が家のキッチンカウンターの作り方を大公開!簡単な天板選びから収納ボックスまで

【超簡単DIY】ニトリのカラーボックスで キッチンカウンター を自作しました

手作り キッチン カウンター

この記事の目次• おしゃれなキッチンには欠かせない、憧れのキッチンカウンター 出典: 海外のインテリアなどをチェックしてみると、広々としたキッチンのキッチンカウンターがとっても魅力的ですよね。 料理やスイーツ作りのスペースとして、モーニングを取ったり、お酒を飲むちょっとしたバーカウンターとして、使い方も無限大。 まさに憧れのキッチンスペースです。 日本の住宅でもキッチンカウンターが設置されるのが一般的になってきました。 しかし、それでもキッチンカウンターがついているお家は限られてきます。 特に賃貸住宅や一人暮らしのお部屋だと、キッチンカウンターを設置するスペースもあまり取れないことも・・・。 そんな憧れのキッチンカウンターをぜひDIYで叶えてみませんか? バーカウンターとして、キッチンテーブルとしても大活躍 出典: キッチンカウンターというだけあって、調理しながらお料理を並べたり、便利に活用できるスペースとして利用されています。 食卓テーブルを置くにはスペースが狭くなってしまう、というお部屋は、キッチンカウンターに椅子を置いて、キッチンテーブルとして使うことも出来ます。 また、お酒を飲んだり、ちょっとしたティータイムを過ごすスペースとして活用したり・・・。 調理スペースだけではとってもスペースが足らない!と困っていませんか? キッチンカウンターはそんなお料理の時のお悩みも解決してくれます。 調理スペースとしても大活躍。 出来上がったお料理はキッチンスペースに並べて、そのままテーブルへ、なんてことも簡単です。 しかしキッチンカウンターを取りつけるとかなりのコストがかかってしまいます。 そんなお悩みを解決するのが、キッチンカウンターのDIY! 身近なアイテムを活用して、簡単にキッチンカウンターを作ることが出来ちゃいます。 女性でも気軽にDIYが楽しめるキッチンカウンター。 ぜひ、キッチンカウンターのDIYを楽しんでみませんか? カラーボックスを使ってキッチンカウンターをDIYしよう 出典: キッチンカウンターのDIYのアイテムとして人気なのがカラーボックスです。 お部屋の収納にも大活躍のカラーボックスは、ホームセンターなどでも手頃な価格で購入出来るので、コストを押さえながらキッチンカウンターのDIYが叶います。 とっても簡単なのが、カラーボックスを並べてその上に天板を乗せるだけのキッチンカウンターです。 移動がしやすいように、すのこにキャスターをつけた台の上に設置したり、そのまま設置してもOK。 天板も、ホームセンターで手に入るので、材料を揃えて簡単に出来ちゃいます。 もちろん収納もバッチリなので、キッチンでよく使うキッチングッズを収納しておくにもとっても便利です。 次に、カラーボックスを実際に使ったDIYキッチンカウンターのアイデア術をご紹介します。 【カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンター】並べるだけでゴミ箱もきっちり収納 出典: カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンターアイデア。 まず最初は置き場所に困るゴミ箱をきれいに収納出来るキッチンカウンターです。 カラーボックスを両側に置き、間にゴミ箱を設置します。 見た目もスッキリしたキッチンカウンターの完成! カラーボックスの上に天板を乗せているだけなので、釘などを使わず、女性でも簡単に設置が出来るかんたんキッチンカウンターの完成です。 【カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンター】引き出しを利用してスッキリ収納 出典: キッチンカウンターをキッチンアイテムの収納スペースとして活用しています。 カラーボックスの仕切りを使いやすく調節し、引き出しを使ってキッチンカウンター兼キッチンシェルフになっています。 よく使うものは引き出しに収納して、お料理の時や、ものを置いておくスペースとしても利用出来ます。 ちょっとしたスペースを有効的に活用しているので、キッチンの収納が少ないというお悩みも解決しますね。 見た目もスッキリなDIYキッチンカウンターです。 【カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンター】カラーボックスに扉を付けて 出典: カラーボックスを活用しながらも、収納スペースは見せたくない、という場合は、扉を付けて隠す収納スペースに。 キュートな取っ手を付けて、爽やかなブルーの扉を付けて、ナチュラルでアンティーク風なイメージに変身しました。 カラーボックスとは思えないDIYキッチンカウンターは、いつも使うキッチングッズや電化製品を置いておくスペースとして利用出来ます。 キッチンのスペースがあまりない、というコンパクトなお部屋でも使いやすいキッチンカウンターです。 鮮やかなカラーは、今トレンドの西海岸風インテリアにピッタリですね。 【カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンター】100均アイテムと組み合わせて 出典: どこにカラーボックスを使っているの?!とびっくりするようなキッチンカウンターは、なんと100均ショップのアイテムと組み合わせています。 下段にカラーボックスを使い、すのこを活用したキッチンカウンターは、棚の扉に100均のフレームを活用しています。 なんとウッドボックスやワイヤーケースも100均のアイテム! 収納に悩む野菜類も、インテリアの一部として飾りながら収納をするのはさすがのセンスですね。 低コストでキッチンカウンターをDIYしてみたい人にはぜひオススメのアイデアです。 【カラーボックスを活用したDIYキッチンカウンター】ペイントやアレンジでナチュラルテイストに 出典: カラーボックスであることを思わせないキッチンカウンターは、アレンジでナチュラルテイストに変身。 ペイントやちょっとしたオブジェを飾ったりして、カラーボックスをアレンジしてインテリアにあったテイストにするのもDIYの楽しみです。 板を貼ったり、カラーボックスであることを思わせない変身ぶりはステキですね。 カラーボックス以外でも、身近にあるものでオリジナルのキッチンカウンターを作ることが出来ます。 DIYが初めて、という人もこの機会にぜひトライしてみてはいかがですか? もう使わない家具なども、素敵なキッチンカウンターに変身しちゃいますよ! すのこを活用したキッチンカウンター 出典: こちらはすのこを活用したキッチンカウンターです。 様々なインテリアアイテムのDIYに大人気のすのこ。 使いやすく、コストも安いので、DIYにはもってこいの材料です。 このすのこを利用したキッチンカウンターは、収納扉まですのこを活用しています。 ペイントを施して、ナチュラルテイストいっぱいのキッチンカウンターに仕上がっていますね。 ワインの木箱を活用したキッチンカウンター 出典: こちらはワインの木箱を活用したキッチンカウンターです。 そのままで使ってもオシャレですが、DIYでワインの木箱を使ったリメイクも人気ですよね。 強度もあって、刻印などがデザインされているのも人気の秘密。 その為、キッチンカウンターの土台作りにも強度がありピッタリです。 ワインの木箱をそのまま活用したキッチンカウンターは、テーブルにも大変身。 素朴でおしゃれな雰囲気がDIYテイストいっぱいですね、 サブウェイタイルを取り入れたキッチンカウンター 出典: DIYで作ったキッチンカウンターの天板に、サブウェイタイルを貼って、本格的なキッチンカウンターにアレンジしています。 サブウェイタイルとは、業務用で使われるタイルですが、海外のインダストリアル風インテリアなどによく使われるため、最近人気のデザインタイルです。 ちょっと取り入れるだけでもぐっとセンスがアップしますね。 まるで海外のカフェのような空間に変身する、サブウェイタイルを使ったキッチンカウンターは、DIY好きさんの間でも注目されています。 サブウェイタイルと違って、ナチュラルなテイストが演出出来るホワイトのタイルシート。 ちょっとしたDIYにも人気のタイルシートは、天板にシールのように貼るだけなので使い方もとっても簡単です。 今ではタイル風デザインのリメイクシートも多く販売されているので、タイル風アレンジをしたい時は便利ですね。 トレンドのインダストリアル風インテリアにはピッタリの、ちょっとジャンクな雰囲気がとってもオシャレ! お酒やグラスを収納して、バーカウンターとして活用することも出来ます。 お部屋のインテリアアイテムとしてもとってもステキですね。 海外のインテリアに出てきそうなおしゃれなキッチンカウンターアレンジのアイデアですね。 シェルフを活用したキッチンカウンター 出典: もう使わなくなってしまったシェルフはありませんか? ペイントを施して天板を乗せるだけでおしゃれなキッチンカウンターに大変身! インテリアアイテムとしても存在感バツグンですね。 キッチンカウンターとしてだけでなく、ちょっとしたキッチンテーブルとしても活用することが出来ます。 要らなくなった家具を捨てるその前に、天板を乗せるだけでキッチンカウンターにリメイク出来ちゃうアイデアです。 まとめ キッチンカウンターのDIYアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか? カラーボックスやすのこを活用したキッチンカウンターは、DIY好きさんの間でも大人気のアイデアです。 ちょっとしたスペースにも使えるのでとっても便利ですね。 ぜひ気になるDIYアイデアがあれば、ぜひトライしてみてはいかがですか? \ SNSでシェアしよう! / インテリア・暮らしのことなら【kurasimo】の 注目記事を受け取ろう•

次の

キッチンカウンターのDIY例13選|天板とカラーボックスで手作り!

手作り キッチン カウンター

DIYキッチンカウンターの材料 作り方を簡単に言えば、ニトリのカラーボックスの上にホームセンターで買ってきた板を置いて完成です。 なんだかんだで 総額一万円くらいになりました。 1.ニトリのカラーボックス 今回数あるカラーボックスの中からニトリの製品を選ばせていただきました。 ニトリのカラーボックスの良い所は、 棚板の位置を調整することができること。 大きさがまちまちのキッチン周りのモノを収納することが目的だったので、棚板の位置が調整できるものを選びました。 購入した商品はコチラです。 まずはいわゆる 普通サイズのカラーボックス。 サイズは幅41. 8cm。 楽天で購入 普通サイズのカラーボックス用の引き出しを2つ購入しました。 引用: レールの購入もお忘れなく。 この引き出しはお皿とかフキンとかを、しまう時に本当に便利なのでちょっと高い気もするけど、キッチンカウンターを作る人にはオススメです。 販売がなくなってしまったようです。 2.天板 天板はホームセンターで購入して好きな大きさにカットしてもらいました。 材質は18ミリのパイン集成材を選びました。 この天板は木の種類と厚さで、本当に価格がピンきりです。 ランバー材などであれば1,500円くらいあれば買えますが、今回私が購入した集成材で5,000円程度。 無垢材だともっと高いです。 あと分厚いともっと高いです。 この辺は、どの材質まで妥協できるかと、天板の仕上げをどうするかで選択するのがいいのではないかと思います。 天板にタイルを貼ったり、ペンキを塗ったりするのであれば、どうせ見えないので安いのでもいいですしね。 今は天板もニトリさんで売ってるみたいです。 こんな感じの金物です。 ホームセンターにいっぱい売ってます。 あとはもちろんネジも買いました。 釘止めじゃなくってネジ止めにしましょう。 キッチンカウンター組み立て カラーボックスの組み立ては、説明するまでもないので割愛。 組み立てたカラーボックスに天板をのせるだけの簡単DIYですが、かなり使いやすくて満足しております。 まずはダイニング側から見た写真です。 左から• 幅61センチのカラーボックス• ゴミ箱&電子レンジスペース• 幅41センチのカラーボックス となっています。 冷蔵庫の奥行きと幅61センチのカラーボックスのサイズがちょうどいい感じになっています。 幅41センチの通常サイズのカラーボックスはダイニング側から背板が見えるので、綺麗な仕上がっている方の背板をダイニング側に向けています。 逆に幅広の61センチのカラーボックスは仕上がっている面を内側にしています。 幅61センチの方は備蓄庫的な使い方ができます。 次にキッチンがわからみた写真です。 よく収まってますね。 電子レンジを置いている棚は、カラーボックスを貫いて長いビスで止めているのにプラスしてL字の金物も使用しています。 ここまで丈夫につける必要があるかは不明ですが、備えあれば憂いなしってやつですね。 ポイントは、電動ドライバーで棚板に下穴を開けてからビズで止めてあげましょう。 電子レンジ置き場やゴミ箱置き場が無かったのですが、この自作キッチンカウンターのおかげでバッチリ収まりました。 使っているゴミ箱はこちらですよ。 今回購入しました。 下にコロコロが付いているので引き出しも簡単です。 3個セットなので、• 普通のゴミ• ペットボトル• 缶 って感じで使っています。 20リットルなのでゴミの日が来るたびにゴミ出ししなきゃいけませんが、ゴミはこまめに出したほうが絶対いいので、小さくて逆に助かります。 ちなみに天板は今のところ上に置いているだけで止めていませんが、ズレることもなく、このままで大丈夫そうです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 DIYなら自分の家にピッタリのキッチンカウンターが一万円ほどで出来てしまいます。 さらに愛着もわきますし。 天板にいい感じのニスを塗ってあげたらもっと雰囲気出るかもしれませんね。 2016年9月29日追記 何もしていない天板が汚れてきたので、紙やすりをかけてオイルステンで塗装してみました。 めっちゃかっこよくなりました!.

次の

【超簡単DIY】ニトリのカラーボックスで キッチンカウンター を自作しました

手作り キッチン カウンター

カウンターテーブル設置前の状態 知り合いの家にDIYを手伝いに来ました。 上記は引越し前に撮った写真。 もともと入居直前にリノベーションされたいた部屋なので、とてもきれいな状態でした。 カウンターキッチンだし換気扇なんかの設備も最新でスタイリッシュだし。 キッチンの反対側にダイニングテーブルをそのまま置いても暮らしとしては全く不便ではありませんが、家主の希望でキッチンに沿ったカウンターテーブルを設置することにしました。 カウンターテーブルのある家って少ないので他の家と一味違った雰囲気になりますよね。 何よりカッコ良い。 天板に使った木材・樹種 天板に使った木材は、ウイスキーの樽にも使われるオーク ナラ 材をチョイスしました。 奥行き50センチの集成材です。 最初はコストの安いパインや杉材にする予定でした。 しかし買い出しに行ったで思ったより安く売っているのを見かけちゃったんです。 急遽このオーク材の天板にしよう!となったんです。 【関連記事】 オーク材はにも使っているのですが、広葉樹なので硬くて重厚感や高級感をより出したい時に合います。 針葉樹より密度が濃いので重いのがデメリットではあるんですけどね。 もちろん集成材だからこそ安く手に入れることができました。 これが1枚板だったとしたらとんでもない価格になります。 このヤスリ、実は私も最近まで知らなかったんですが、という僕の好きなブログので紹介されていたのを見て買ってみました。 今まで紙やすりしか使ってこなかったので最初は半信半疑だったんですが、使ってみたら削った面もさほど荒れずに良い具合にゴリゴリ削れるて最高でした!細目は無いので触り心地を良くする為には最後の仕上げとして紙やすりを掛けてあげた方が良いかもしれません。 今回は角の四隅はドレッサーで、それ以外の長い辺は箇所はカンナで面取りしました。 カンナを使う事に抵抗がある人は、全てドレッサーでやする方法でも全く問題ありません。 むしろドレッサーの方がおすすめです。 カンナは使えれば作業が早いですけど少しコツがいるので。。。 ドレッサーについて詳しくは以下でその魅力を解説しているので一緒にどうぞ! >>• 150番とかは粗目すぎて逆に傷を付けてしまいます。 今回はがない環境で手間を減らしたかったこともあり320番オンリーで仕上げました。 正直320のみで十分です。 水滴や汚れを弾くためのオイル塗装をする 汚れ防止のための木材の塗装にもニス、ワックス、オイル、蜜蝋などいろんな種類があります。 そんな中でもいつも私が好んで使うのは植物性のオイル。 塗るのも簡単だし見た目も肌触りも木の風合いを損なわないので好き。 オイル塗装に使ったのはユーロオイルというちょっとマイナーなオイル。 我が家の無垢フローリングにも使ってます。 (参考記事:• オイルでは無いですがなんかも良いですね。 全て自然由来で安全です。 オイルを塗った手順としては簡単に言うと以下のような感じ。 オイルを刷毛で塗り残しのない様に塗る• 5〜10分待つ(あまり放置しすぎるとベタベタになって大変なことになるので注意)• ある程度時間を置いて2度目のオイルを塗る• 5〜10分待つ• ムラなく拭き取る この工程を経て塗装完了。 塗ったオイルはクリアカラーですが、木材に塗ると濡れ色に変化します。 これがまた木目の渋さを引き出してくれて天板やフローリングをさらにカッコ良く引き立ててくれます。 天板を棚 食器棚や三段ボックス に乗せればカウンターテーブルの完成 うひょー超かっこいい。 これはオーク材を選んで正解でした!落ち着いた高級感ある雰囲気が部屋のインテリアにもマッチしてます。 チェアはカッコ良いのに見た目の割に安く買えたみたいで以下のもので揃えています。 全体像はこんな感じ。 家主の方は食器棚も色味を合わせたいので今度ペンキで塗ると言ってました。 確かに色を合わせるとまとまりがあって良いかもしれませんね。 あとはシンクとテーブルの間に低めの観葉植物なんか置くとバッチリですね! 下には食器棚を置いてスペースを有効活用。 引越しのタイミングだったので高さも考慮して購入しています。 ちょうどキッチンカウンターの天板の下にテーブルが来る様に計算しました。 天板を載せる台はサイズが合えば三段ボックスなんかでもOK。 うーむ、天板に映る間接照明の光が大人な空間を演出しててクールだ…。 是非挑戦してほしいDIYです! 次はデスクをDIYするお話。 これもとても簡単です! デスクも今回のテーブルと同じように集成材の板にテーブル脚をネジで取り付けただけ。 とてもお手軽に無垢材のデスクが作れちゃいます! >>.

次の