パキスタン 墜落 事故。 107人搭乗のパキスタン航空機が墜落、南部カラチで

パキスタンの民間パイロットの3分の1は不正な免許…5月の事故ではコロナの話題で集中を欠く(BUSINESS INSIDER JAPAN)

パキスタン 墜落 事故

2016年に撮影された事故機 事故の概要 日付 概要 調査中 現場 の3km手前 : 乗客数 91 乗員数 8 負傷者数 (死者除く) 2 死者数 98(地上1人含む) 生存者数 2 機種 運用者 AP-BLD 出発地 目的地 地上での死傷者 地上での死者数 1 地上での負傷者数 7 パキスタン国際航空8303便墜落事故は、に発生した航空事故である。 ・のから同国のへ向かっていたパキスタン国際航空8303便()がジンナー国際空港から4km手前の住宅地に墜落した。 当初カラチの市長は生存者は居ないと発表したが、その後2人の乗客が生存していた事が確認され 、同日シンド州保健省は97人が死亡したと発表した。 また、その後、重傷だった墜落地の住民1人も死亡し、合計で死者98人となった。 2020年5月23日現在、19名の身元確認がされ、その他の犠牲者の多くが墜落後の火災による死亡のため、DNA鑑定を行なっている。 飛行の詳細 [ ] 事故機 [ ] 事故機の は2004年に製造され、2014年まででB-6017として使用された。 その後、2014年10月31日からがにドライリースをしており、AP-BLDとして使用されていた。 搭載されていたのはだった。 パキスタン国際航空のエンジニア部門によれば直近の検査は3月21日に行われていた。 エアバスによれば総飛行時間は47,100ほどだった。 乗員乗客 [ ] 乗員乗客の国籍 国籍 乗客 乗員 合計 90 8 98 1 0 1 合計 91 8 99 パキスタン国際航空によれば、搭乗していた乗客は51人の男性と31人の女性、9人の子供だった。 2名の生存者のうち1名は、 ()CEOの氏。 また、犠牲者の中には、パキスタンのファッションモデルで女優の ()氏らが含まれている。 事故から10日後、火傷で重傷を負い、入院中だった住民の10代女性が死亡した。 事故の経緯 [ ] 8303便は現地時間13時08分にアッラーマ・イクバール国際空港を離陸し、14時45分頃にジンナー国際空港へ到着する予定だった。 操縦は機長が担当していた。 14時35分、パイロットは管制官にを行うと言い、滑走路25Lへのを要求した。 管制官は左に旋回し、2,000フィート 610 m まで上昇するよう指示した。 その4分後、パイロットはを宣言した。 報道によれば、技術的問題について報告しており 、録音された管制官とのやりとりからエンジン故障が示唆されている。 14時45分、8303便は滑走路手前の住宅地に墜落した。 事故当時、8303便は着陸まで1分の位置を飛行していた。 墜落現場は空港から約3km地点の ()付近だった。 墜落時、機体は複数の建物に衝突し 、複数の火災が発生した。 パイロットが報告した技術的な問題についてはの故障 、またはエンジンの故障 と見られている。 管制官は滑走路25Rと25Lのどちらも使用可能と伝えた。 パキスタン国際航空の代表者によれば、パイロットは着陸を行う代わりに着陸復航を行った。 メーデーを宣言した12秒後、パイロットは「引き返している最中だ、エンジンを失った(we are returning back, sir, we have lost engines)」と管制官に伝えた。 生存者は、「滑走路に触れたのを感じたが、すぐに高度が上がった。 2度目の着陸アナウンスがあった2、3分後に墜落した」と証言した。 初期の報告によれば、現場付近の通りが狭かったため救助活動が妨げられた。 ()は現場にはがおり、と ()によって ()が張られたと述べた。 地上の目撃者によへば機体は墜落する前に ()に衝突した。 事故調査 [ ] と(BEA)は調査への支援を行うと発表、2020年5月25日〜26日にパリより調査チームが訪パし、事故現場の状況確認を行った。 (FDR)と(CVR)は現場から回収された。 ()(CAA)の関係者によれば、機体が着陸降下を開始したとき、着陸装置に問題が発生した。 8303便が最初に着陸を試みたとき、着陸装置は格納されたままだった。 滑走路に残されたマークから、機体が滑走路に接触したこと判明した。 マークによれば、滑走路端から4,500フィート 1,400 m 地点で左エンジンが、5,500フィート 1,700 m 地点で右エンジンが滑走路に接触していた。 このことから、接触によりエンジンが破損し、2度目の着陸進入中にエンジンが停止したと推定された。 また、地上の目撃者は8303便が2度目の進入を行っている際にが稼働しているように見えたと証言した。 CAAは予備調査の報告を行った。 パイロットが最初に着陸を試みたとき、エンジンが3度滑走路に接触しており、燃料タンクまたは燃料パイプに損傷を与えた可能性があると述べた。 航空大臣が公表した中間調査では、機長と副操縦士がに関する私語で集中力を欠いており、管制官も着陸時の車輪の不備に気付かずエンジン損傷をパイロットに伝えなかった等、人的ミスが重なったことが原因だと指摘した。 2020年6月24日、CAAは事故の予備報告書を公表した。 報告書ではパイロットと管制官の両方に問題があったと述べられた。 また、機長は「自信過剰」だったと報告された。 着陸進入で8303便は、通常よりも高い位置を飛行していた。 パイロットは機体を通常の経路に戻すため自動操縦を解除し、手動で降下率を調整した。 また、7,200フィート 2,200 m で着陸装置が下ろされたが、進入中に格納された。 そのため、8303便は滑走路に胴体着陸した。 胴体着陸した瞬間はCCTVのカメラによって撮影されており、エンジンと滑走路が接触して火花を上げる様子も捉えられていた。 CVRやFDRの記録によれば、最初の着陸進入時にはの速度超過や着陸装置などの複数の警報が作動したが、パイロットはすべて無視した。 事故後 [ ] シンド州保健大臣は緊急事態を宣言し、首相はカラチの病院に利用可能な設備をすべて現場に投入するよう命じた。 初期段階では具体的な死傷者は報告されなかったが、 ()大統領は追悼の意を示した。 パキスタンでは ()を受けて、国際線の運航が自粛されており、再開されたのは事故の数日前である5月16日のことだった。 5月22日はの終了を祝うだったため、多くの人々が親の実家へ里帰りする途中だった。 また、の感染拡大により、パキスタンの医療施設は圧迫されていた。 また、国内で頻発する航空機事故を受け、操縦士を調査したところ、現役パイロットの約40%が替え玉受験などで免許を不正取得していたことが発覚し、パキスタン航空業界の構造的な問題も明るみに出た。 また詳細な調査から、パキスタン国内のパイロット860人中262人が免許を不正に獲得した可能性が発覚した。 このうち28人については実際に不正な方法で免許を獲得していたことが判明しており、航空当局の職員数人も不正に関与していた疑いがある。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2020年5月22日閲覧。 Airbus. com 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 Welle www. com , Deutsche. COM. 2020年5月22日閲覧。 DAWN. COM. 2020年5月22日閲覧。 Business Recorder. 2020年5月22日閲覧。 www. flightera. net. 2020年5月22日閲覧。 Detriot News. 2020年5月23日閲覧。 Deutsche Welle 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 BBC NEWS. 2020年5月23日閲覧。 Deutsche Welle 2020年5月23日. 2020年5月23日閲覧。 DAWN NEWS. 2020年6月14日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月23日閲覧。 Economic Times. 2020年5月22日閲覧。 www. planespotters. net. 2020年5月22日閲覧。 Dawn. 2020年5月23日閲覧。 DW News. 2020年5月23日. 2020年5月23日閲覧。 Geo TV. 2020年5月22日閲覧。 Pallavi, Krishna Priya 2020年5月22日. India Today. 2020年5月22日閲覧。 Mandhro, Sameer 2020年5月23日. tribune. 2020年5月23日閲覧。 DAWN NEWS. 2020年6月14日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 The Times of India. 2020年5月22日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 Aljazeera. 2020年5月22日閲覧。 Afzal Nadeem Dogar 2020年5月22日. geo. 2020年5月22日閲覧。 The Independent 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 The West Australian 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 CBS News. 2020年5月22日閲覧。 Sky News. 2020年5月22日閲覧。 日本経済新聞. 2020年5月23日閲覧。 Airbus. com. Airbus 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 Airbus [ Airbus] 2020年5月22日. ツイート. Avionics 2020年5月26日. 2020年5月28日閲覧。 The Express Tribune. 2020年5月24日閲覧。 www. aljazeera. com. 2020年5月25日閲覧。 2020年5月22日. 2020年5月25日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年6月26日閲覧。 Pakistan Civil Aviation Authority 2020年6月24日. 2020年6月24日閲覧。 EMEA Tribune 2020年6月22日. 2020年6月24日閲覧。 , Dawn, 24 June 2020. India Today 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 BBC News Retrieved 22 May 2020• The Independent 2020年5月22日. 2020年5月22日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月26日閲覧。 2020年6月28日閲覧。

次の

パキスタン国際航空268便墜落事故

パキスタン 墜落 事故

【AFP=時事】パキスタン南部カラチ(Karachi)で先月、旅客機が墜落し98人が死亡した事故で、暫定調査結果をまとめた報告書が24日に発表され、機長と副操縦士が新型コロナウイルスについての会話に気を取られ、車輪を上げたまま着陸を試みていたことが明らかとなった。 5月22日に起きた事故では、パキスタン航空(Pakistan International Airlines)のエアバス(Airbus)A320型機が両エンジンの故障を起こし、ジンナー国際空港(Jinnah International Airport)への2度目の着陸を試みた際に住宅密集地域に墜落。 乗客乗員99人のうち97人と、地上にいた子ども1人が死亡した。 報告書では、墜落直前の混乱した状況や、一連の奇妙なミスに、管制官と操縦士の間の連絡の不備が重なったことが説明されている。 報告書によると、事故機は最初に着陸を試みた際、高度が規定の2倍以上あったため、管制官は操縦士らに対し、旋回してよりゆるやかな降下をするよう指示。 しかし、操縦士らは車輪を上げたものの、そのまま着陸を試みた。 管制官は事故機のエンジンが滑走路に接触し火花を散らしたのを確認したが、操縦士らには伝えなかった。 エンジンは激しく損傷し、同機が2度目の着陸を試みた際に機能不全に陥った。 同国のグラム・サルワル・カーン(Ghulam Sarwar Khan)航空相は議会に対し、操縦士らは自動操縦機能を切り、着陸しようとした際には新型コロナウイルスについて話していたと説明した。 サルワル氏は「機長と副操縦士は集中しておらず、終始コロナの話をしていた。 頭の中は(ウイルスのことで)いっぱいだった。 家族がウイルスの影響を受けており、彼らはその話をしていた」と言明。 「残念なことに、機長は自信過剰だった」と述べた。 【翻訳編集】 AFPBB News.

次の

パキスタンの民間パイロットの3分の1は不正な免許…5月の事故ではコロナの話題で集中を欠く(BUSINESS INSIDER JAPAN)

パキスタン 墜落 事故

[カラチ 22日 ロイター] - パキスタン当局によると、南部カラチで22日、パキスタン国際航空(PIA)の旅客機が着陸直前に住宅街に墜落した。 生存者が2人救出されたが、多くの乗客らが犠牲になったとみられる。 墜落したのはエアバスA320型機の8303便で、乗客・乗員合わせて99人が搭乗していた。 地元政府の広報官によると、墜落機の乗客2人が救出され、病院に搬送された。 病院関係者は、少なくとも80人の死亡を確認したと明かした。 ただ、他の関係者は異なる人数を示している。 墜落現場は空港から数キロ離れた地点で、目撃者は旅客機が携帯電話の電波塔に衝突した後、住宅街に墜落したと語った。 航空機追跡サイトによると、事故機は東部ラホール発カラチ行き。 パキスタンでは新型コロナウイルス流行で運航を停止していた国内便を再開したばかりだった。 報道によると、墜落機の操縦士は管制官にエンジンが停止したと報告したという。 PIAのアルシャド・マリク最高経営責任者(CEO)(訂正)はビデオ声明で「操縦士が最後に伝えたのは機器の不具合だった」と述べた。 ある航空当局者はロイターに、事故機は技術面の問題で着陸のための車輪が出せなかったようだとしたが、事故原因を判断するのは時期尚早だと述べた。 パキスタン軍は即応部隊を派遣。 地元テレビ局Geoは、住宅街とみられる場所近くに集まる群衆や救急車の映像を放映。 現場から黒い煙が立ち上る様子も見られた。 カーン首相はツイッターで、「PIAの墜落事故に衝撃を受け、悲しみに包まれている。 速やかに調査が行われる。 遺族にはお悔やみを申し上げる」と述べた。 *英文の訂正により第7段落目の「広報担当」を「アルシャド・マリク最高経営責任者(CEO)」に訂正しました。

次の