コンタクト用目薬。 コンタクト着用OK!ドライアイに効く目薬おすすめランキング

目のかゆみに効く目薬のおすすめ人気ランキング10選【充血にも!】

コンタクト用目薬

こんにちは、ピムリコです。 \/ 僕は普段、コンタクトをしています。 結構ドライアイ気味なので出かけるときは常に目薬を持ち歩いるのですが、先日、うっかり忘れてしまい、薬局で購入しました。 そのとき急いでたのと、安かったという理由でいつも使っていない目薬を買ってみることにしたのでした。 買ってから箱をよく見てみると、「 ソフトコンタクトレンズを着用しながらの使用はおやめください」とあります。 まじか。 じゃあなんのために買ったんだ!! ってなことを思いながらがっかりしていると、 そもそも、なにが違うの!? という疑問が浮上ました。 なので、今回買った目薬を無駄にしないためにも、ちょっと勉強してみたので共有します。 コンタクト用と裸眼用の違い 基本、裸眼用の目薬には 「防腐剤」が含まれているようです。 これは、もちろん点眼液の品質をより長く保つために必要なので、目の健康を害さない程度 に含められて販売されています。 ですが、 コンタクトレンズにとってはこの防腐剤が悪影響を及ぼすのです。 ちなみに、この場合のコンタクトレンズというのは、 ハードではなくソフトコンタクトレンズの方です。 ハードの方は、レンズの素材が硬いため、目薬の影響をあまり受けないからです。 てか、そもそもハードの場合、水道水を洗浄に使ったりしますしね。 注意が必要なのは、 ソフトの方です。 ソフトの場合、レンズに水分を含んだ柔らかい状態のものなので、 目薬の防腐剤の成分がレンズに吸収され蓄積しやすいのです。 なので、防腐剤入りの目薬を点眼しつづけていると、 ソフトコンタクトレンズに防腐剤が蓄積された状態で装着することになり角膜が常に防腐剤の危険にさらされている状態になります。 なんだか、文にすると怖いですね。 笑 特に「2week 」や「マンスリータイプ」の使い捨てレンズなんかは、ある程度の期間を継続して使い続けるので注意しなければいけません。 ちなみに、1日で使い捨てるワンデーのレンズなら、点眼したとしてもその日の夜には捨てて次の日は新しいレンズに交換するのでワンデータイプなら、防腐剤の影響はそれほど大きくはないとされているようです。 まとめ:ちゃんと自分のコンタクトにあった目薬を選ぼう。 目は大事。 僕にとって目薬というと、あまりに日常的なものだったしほとんどずっと同じものを使用していたので特に気にかけなくなっていました。 今回間違って購入した目薬がきっかけでしたが、あらためて自分の体の中にいれるものに対しての意識を促されました。 みなさんも自分の大切な眼を守るためにも、体内にいれるものに注意をしながら生活をしていっていただければと思います。

次の

目薬おすすめ21選~プロが選ぶドライアイや疲れ目に効く目薬ランキング

コンタクト用目薬

ドラッグストアでは、棚いっぱいに目薬が並んでいて、値段も高価なものから比較的安いものまでさまざまな種類がありますよね。 では、コンタクトレンズを装用している時に使う目薬は、どのように選ぶと良いのでしょうか。 普通の目薬(治療用点眼薬)の特徴 普段、みなさんはどんな時に目薬を使っていますか? 目が疲れた時、目が充血した時、もしくは、なんとなく視界がすっきりしない時など、目薬を使うきっかけは様々でしょう。 それぞれの症状に合わせて成分の異なる目薬を使い分けることが大事です。 普通の目薬(治療用点眼薬)はビタミンが配合されているものや抗菌作用のあるものなど、各症状を治療するために利用するという点がコンタクトレンズ用の目薬との違いと言えるでしょう。 コンタクト用目薬は何が違うの? コンタクト用の目薬は、基本的に瞳を乾燥から守る為に使用します。 コンタクトをしているときに涙が不足すると瞳が乾燥してレンズが張り付いてしまったり、摩擦でレンズに傷がついてしまったりすることがあります。 そんな時に活躍するのがコンタクト用目薬です。 コンタクト用の目薬は涙を増やす手助けをして瞳の渇きを潤すことを目的として作られており、使用することでコンタクト装用時の不快感や乾燥を軽減するという役割を果たしてくれます。 普通の目薬はコンタクトレンズを装用していたら使えない? 普通の目薬は、目の症状の治療を目的に作られていて、製品の使用期限を長持ちさせて品質を保つために防腐剤が成分の中に含まれていることがほとんどです。 を装用した状態でコンタクトレンズ用でない目薬を使用すると、防腐剤の成分が目に悪い影響を与えてしまう場合があります。 コンタクトレンズを装用しているときは、裸眼のときに比べてただでさえ目に負担をかけている状態のため、防腐剤が含まれた普通の目薬を使用することでさらなる負担がかかってしまう可能性があります。 また、コンタクトレンズにはハードとソフトの2種類ありますが、プラスチックの固い素材でできたと比べて、の場合は柔らかい素材でできているため、目薬の成分をレンズが吸収してしまいやすくなります。 防腐剤の成分がコンタクトレンズに吸収されたままの状態で装用を続けていると、角膜障害につながる恐れもあります。 コンタクトレンズの装用時には、防腐剤が含まれた普通の目薬の使用は避けた方が良いでしょう。 普通の目薬が使えるコンタクトレンズもある! 基本的にコンタクトレンズの装用時は、コンタクトレンズ用以外の目薬は使用しない方が無難です。 しかし、普通の目薬を使用していても、目への影響が比較的少ないコンタクトレンズもあります。 それが、です。 の場合は、数年間使用できるハードコンタクトレンズとは異なり、ワンデータイプのほかに2週間、1か月単位で交換するタイプがあります。 ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズに比べると、1回のコンタクトレンズの使用期間は短いものの、普通の目薬を使用することでコンタクトレンズに防腐剤の成分が含まれてしまうと、そのコンタクトレンズの使用を一定期間続けることで目に負担をかけてしまうことになります。 とはいえ、普通の目薬を使用する場合は、コンタクトレンズを外して行うのが基本であるということを意識しておきましょう。 今回は、普通の目薬とコンタクト用の目薬の違いを見てきましたがいかがでしたか? ちなみに、コンタクト装用時に普通の目薬の使用することは控えた方がよいでしょう。 目薬の成分によってはレンズに歪みが生じてしまう可能性があるようです。 市販の目薬をさしても全く改善しない場合や、目のかゆみ・充血など明らかに異常が見られる場合には、自身の判断ではなく、眼科の診察を受けてください。 【関連記事】 ================================================== ==================================================.

次の

コンタクト着用OK!ドライアイに効く目薬おすすめランキング

コンタクト用目薬

ドライアイにおすすめの市販目薬を紹介 薬局やドラッグストアで購入できるドライアイ用目薬や人口涙液の評判のいいおすすめ商品をご紹介します。 市販のドライアイ用目薬 参天製薬 ソフトサンティア 防腐剤(ベンザルコニウム塩化物など)を使用していない涙に性質が近い人口涙液。 すべての種類のコンタクトレンズに影響がないので、装着したまま点眼することができます。 清涼感や刺激はなく、やさしく乾いた瞳を潤してくれます。 成分・分量 塩化カリウム0. とろみがあるので長く瞳の表面に留まることができます。 涙液の油層・水層・ムチン層の3層それぞれの働きを考え、それをサポートするように開発。 清涼感は少しあり、とろみがある新感覚な目薬でやさしく目を保護してくれます。 成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0. いつでも新鮮で清潔な目薬を点眼することができます。 特徴は、目の新陳代謝を促進するタウリンが栄養成分として配合。 やさしいさし心地で目に潤いと栄養を与えてくれる目薬です。 成分・分量 タウリン1. 涙の代わりを担い、しっかりと潤いをキープしてくれます。 新発想の涙をつなぎとめる役割をするしっとりとしたさし心地。 軽度のドライアイの方におすすめしたい目薬です。 成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0. 1本使い切りタイプで清潔に使用することができます。 うるおい成分配合で、やさしく瞳を潤してくれます。 成分・分量 塩化カリウム0. フレッシュな状態で使用することが可能です。 涙に近い人工涙液型で、清涼化剤も無添加。 すーっとするのが苦手な人でも使えます。 フリーアングルノズル採用でどの角度からでも点眼しやすいノズルとなっているのが特徴。 成分・分量 塩化カリウム0. 「新ロートドライエイドEX」のコンタクト用目薬となります。 こちらはすべてのタイプのコンタクトに対応。 レンズ装着時にも使用することができます。 成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0. すべてのコンタクト対応で、装着時にも点眼することができます。 角膜保護成分を最大濃度配合した、とろっとしている点眼薬です。 瞳とレンズのどちらもやさしく潤してくれます。 成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0. 清涼感が他の製品よりは強いのですっきりしたい人にはおすすめです。 涙の約16倍の高粘度保水成分を配合。 角膜とレンズの両方を保護してくれるとろ~りベール処方です。 成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0. 中にはコンタクト用とは記載されていないけど、コンタクト装着時対応の目薬もあります。 そもそも普通の目薬とコンタクト用の目薬ってどう違うのでしょうか? 本来は治療目的か乾燥対策目的かの違い 普通の目薬は、目がかゆい、充血している等の症状が出た時に点眼する薬です。 治療目的の点眼薬となり、容器の中で菌が繁殖しないように殺菌作用がある防腐剤を含むものが多いです。 コンタクト用目薬は、コンタクト装着時に角膜に対して摩擦による小さな傷をつけてしまうことを防ぐために点眼する薬です。 つまり、本来の目的が違うということ。 そして普通の目薬で配合されている殺菌効果のある防腐剤は、コンタクトをしていない人が使用すると涙で薄まるのですが、コンタクト装着している人が点眼すると、コンタクトによって涙の量が不足し、高濃度の防腐剤が角膜を傷つける恐れがあるのです。 これによってコンタクト用目薬には防腐剤は無添加となっています。 ドライアイ用の目薬は? ドライアイもコンタクトを使用しているのと同じで、涙の量が均一でなくなるので目が乾きやすくなっている状態です。 なので防腐剤無添加のものが多いです。 しかし注意したいのが、ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材でできているため目薬の成分を吸収しやすくなっています。 ドライアイ用目薬で防腐剤無添加と表記があったとしても、ソフトコンタクトレンズ装着時には使用することができない目薬もあります。 コンタクト装着している人は、裸眼の時にも使えるコンタクト用を購入するようにしましょう。 市販と眼科で処方されるドライアイ用目薬の違いは? 眼科で処方される代表的な目薬 ジクアス点眼液(明るい青色の容器) ジクアホソルナトリウムが主成分の点眼液。 涙の成分であるムチンや水分の分泌を増やす作用があります。 ヒアレイン点眼液(うすい青色の容器) ヒアルロン酸ナトリウムを主成分とした点眼液。 保水効果で目の乾燥を防ぐ作用があります。 防腐剤を含まない使い切りサイズのヒアレインミニ点眼液もあります。 ムコスタ点眼液(ピンクのラベルの容器) レバミピドを主成分とする点眼液。 ムチンを増やすことで涙を安定させる作用があります。 人工涙液マイティア点眼液(白い容器) 涙の成分に近い、塩化カリウム、塩化ナトリウム、乾燥炭酸ナトリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、ホウ酸が主成分。 涙を補充する目的の点眼液です。 市販との違いは? 市販との違いは、成分の違いです。 市販でも保潤成分であるヒアルロン酸ナトリウムを配合している目薬はあるのですが、主成分や有効成分としてではなく、液のテクスチャのための添加物として使われておりその量は微量となっています。 市販で購入できる目薬にはやはり処方薬に使用されているような成分は使われていないもののため、ドライアイの治療する目的というよりかは軽症である場合の応急処置のようなものです。 症状がひどい場合は眼科に行くことをおすすめします。 市販の目薬を使うと逆効果? 市販の目薬を使うとドライアイには逆効果であると言われることもあります。 これはドライアイ専用の目薬でなく、通常の治療用目薬を使用することです。 しかしドライアイ専用であっても、先述したように市販には配合する成分に限界があります。 使い方を誤れば悪化する可能性もあります。 ドライアイを治療したいのであれば眼科で診察し処方される目薬を使用してください。 通常の目薬を使うとなぜ悪化するのか 通常の目薬は目の洗浄やかゆみ・充血を抑制する目的の目薬です。 目が乾くからといって点眼回数が多くなると余計に涙を乾かしてしまう原因となります。 目が常に目薬で潤っていると涙の分泌量が減少する場合もあります。 また防腐剤も注意。 防腐剤自体は、ボトル内で細菌が増えないようにしてくれているものなので悪いものではありません。 しかし涙の不安定なドライアイの人には濃度が高くなってしまうので悪化させる可能性があります。 さらに充血を抑制する血管収縮剤にも注意が必要です。 その名の通り、血管を収縮させる作用があるため酸素や栄養素が運ばれるのを抑制します。 そのため涙が分泌しにくくなってしまうのでドライアイの方には不向きなのです。 ドライアイ用目薬の使用頻度は? 最適な頻度はその目薬の用法・容量を守って使用することが望ましいです。 目に不快感があってたくさん点眼したくなる気持ちはわかりますが、1回1滴、1日6回以内でも十分です。 量よりもしっかりと行き渡るように点眼することが大切。 真上を見て点眼し、目薬をさしたら目を閉じて目頭を軽く押さえて1分ほど静止するのが正しい目薬の使い方です。 市販のドライアイ用目薬の選び方のポイント 処方箋なしでドライアイ用目薬を購入する際のチェックポイントをご紹介します。 涙の成分に近い性質の塩化カリウム、塩化ナトリウム配合である• コンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどの保護成分・保湿成分を配合している• 防腐剤・血管収縮剤が無添加である• 対応コンタクトタイプをチェックする• ランニングコストを考える この5 点をチェックして購入をしてみてください。 紹介した目薬はこの条件を満たしたものだけを取り扱っています。 血管収縮剤が添加されているかどうかの判断は「第3類医薬品」と書かれているかをチェック。 一般用医薬品には第1類~第3類に分類されています。 ほとんどの市販の目薬は第2類医薬品と第3類医薬品として販売されています。 第2類は副作用のある成分が含まれており、薬剤師等によって販売される薬です。 一方の第3類は副作用が少なく、消費者だけで購入できる薬です。 つまり第3類には安全な成分しか配合されていないということ。 血管収縮剤が配合されていないものを選ぶのであれば第3類医薬品の目薬を選びましょう。 まとめ 市販のドライアイ目薬で評判のいいものを厳選してご紹介しました。 しかし市販はあくまでも一時しのぎの対処法でしかありません。 ドライアイの疑いがある方は、疲れているだけだからと自己判断せず一度眼科で診てもらうようにしてください。 参考サイト: 参考サイト: 参考サイト:.

次の