長崎 日 大 柔道。 長崎日本大学柔道部

『九州選抜中学生体重別優勝大会』長崎県予選 速報

長崎 日 大 柔道

前列左西郷四郎、右 ・の三男としてに生まれた。 3歳のときにを逃れるため家族で(現:)に移住。 16歳で会津藩家老・の養子となり、石田村(現:)のにとして奉職する頼母に育てられた。 (15年)上京し、当時はの予備校であった()に入学、の道場で学んでいる間に、同流出身のに見いだされ、へ移籍する。 (明治16年)にを取得。 (明治19年)ので講道館柔道が諸派に勝ったことにより、講道館柔道が警視庁の正課科目として採用され、現在の柔道の発展の起点となった。 西郷はこの試合での好地圓太郎(同流のとする文献もあり)に勝ち、勝利に貢献した。 西郷の得意技は「」だが、これは幼少の頃から上で仕事をしていた関係で影響で身についた「タコ足(足指がのような強い力を持っていたことから、この名で呼ばれる)」を生かしたため、相手の足を刈る際の技の切れは他者よりも格段に鋭かったと言われる。 その技は嘉納治五郎に「ソノ得意ノ技ニ於テハ幾万ノ門下イマダ右ニ出デタルモノナシ」と言わしめた。 山嵐はの技法が活用されていたとする説も一部にあるが、西郷が大東流を学んだ形跡はなく、講道館に伝えられている山嵐の技法を見る限りでは、大東流の影響は余り感じられない。 (明治22年)、嘉納治五郎が海外視察に行く際に後事を託され、講道館のとなったが、嘉納が洋行中の(明治23年)、『支那渡航意見書』を残し講道館を出奔。 以前から交流のあったとともにに身を投じる。 (明治35年)、がで『』を創刊すると、同新聞の編集長を務める傍ら、長崎で柔道、を指導した。 また、の創設に鈴木天眼とともに関わり、同協会の監督としてを指導している。 1922年(11年)12月22日、病気療養のため滞在していたで死去。 没後、講道館から六段をされる。 、嘉納は西郷の碑に「講道館柔道開創ノ際 予ヲ助ケテ研究シ 投技ノ薀奥ヲ窮ム 其ノ得意ノ技ニ於テハ 幾万ノ門下未ダ其ノ右ニ出デタルモノナシ 不幸病ニ罹リ他界セリト聞ク エン惜ニ堪エズ 依テ六段ヲ贈リ以テ其ノ効績を表ス」と刻んでいる。 四郎自身の体格は、身長が五一(約153)、体重は十四(約53)だったと伝わる。 大東流合気柔術との関係 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年6月) の主張する伝承史によると、西郷四郎の養父である頼母は、に会津藩に伝わる大東流合気柔術(の元となった武術)を伝授したとされている。 このことから、頼母の養子である四郎も、何らかの形で養父から大東流合気柔術を伝授されたとし、四郎を開祖とする武術団体(西郷派大東流合気武術など)が存在しているが、近年 [ ]の武術史研究では、四郎が大東流合気柔術を学んだ物的証拠が存在しないことが証明されており、この説は否定されている(詳しくはの項を参照のこと) [ ]。 近年 [ ]の研究で、西郷四郎の「山嵐」は古流柔術の背負い落しの変形と足技を組み合わせ、大東流合気柔術とは無関係とされる [ ]。 近年 [ ]が公開した気合術4文献に気合・合気の説明がある。 武田惣角は隣村の易者万之丞に学び、合気は修験道の気合術から引用した言葉と判明した。 西郷頼母研究家牧野登は、「山嵐」は四郎独自の技と修正している [ ]。 モデルとしたフィクション [ ] 小説• - の小説ならび、それを原作とする映像作品 映画• シリーズ - 西郷をモデルにした本郷四郎 (演:) を主人公にした作品 漫画• - の漫画。 黒帯疾風録 - 原作、作画の漫画。 小さな巨人 - の漫画。 関連項目 [ ]•

次の

長崎日本大学柔道部

長崎 日 大 柔道

前列左西郷四郎、右 ・の三男としてに生まれた。 3歳のときにを逃れるため家族で(現:)に移住。 16歳で会津藩家老・の養子となり、石田村(現:)のにとして奉職する頼母に育てられた。 (15年)上京し、当時はの予備校であった()に入学、の道場で学んでいる間に、同流出身のに見いだされ、へ移籍する。 (明治16年)にを取得。 (明治19年)ので講道館柔道が諸派に勝ったことにより、講道館柔道が警視庁の正課科目として採用され、現在の柔道の発展の起点となった。 西郷はこの試合での好地圓太郎(同流のとする文献もあり)に勝ち、勝利に貢献した。 西郷の得意技は「」だが、これは幼少の頃から上で仕事をしていた関係で影響で身についた「タコ足(足指がのような強い力を持っていたことから、この名で呼ばれる)」を生かしたため、相手の足を刈る際の技の切れは他者よりも格段に鋭かったと言われる。 その技は嘉納治五郎に「ソノ得意ノ技ニ於テハ幾万ノ門下イマダ右ニ出デタルモノナシ」と言わしめた。 山嵐はの技法が活用されていたとする説も一部にあるが、西郷が大東流を学んだ形跡はなく、講道館に伝えられている山嵐の技法を見る限りでは、大東流の影響は余り感じられない。 (明治22年)、嘉納治五郎が海外視察に行く際に後事を託され、講道館のとなったが、嘉納が洋行中の(明治23年)、『支那渡航意見書』を残し講道館を出奔。 以前から交流のあったとともにに身を投じる。 (明治35年)、がで『』を創刊すると、同新聞の編集長を務める傍ら、長崎で柔道、を指導した。 また、の創設に鈴木天眼とともに関わり、同協会の監督としてを指導している。 1922年(11年)12月22日、病気療養のため滞在していたで死去。 没後、講道館から六段をされる。 、嘉納は西郷の碑に「講道館柔道開創ノ際 予ヲ助ケテ研究シ 投技ノ薀奥ヲ窮ム 其ノ得意ノ技ニ於テハ 幾万ノ門下未ダ其ノ右ニ出デタルモノナシ 不幸病ニ罹リ他界セリト聞ク エン惜ニ堪エズ 依テ六段ヲ贈リ以テ其ノ効績を表ス」と刻んでいる。 四郎自身の体格は、身長が五一(約153)、体重は十四(約53)だったと伝わる。 大東流合気柔術との関係 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年6月) の主張する伝承史によると、西郷四郎の養父である頼母は、に会津藩に伝わる大東流合気柔術(の元となった武術)を伝授したとされている。 このことから、頼母の養子である四郎も、何らかの形で養父から大東流合気柔術を伝授されたとし、四郎を開祖とする武術団体(西郷派大東流合気武術など)が存在しているが、近年 [ ]の武術史研究では、四郎が大東流合気柔術を学んだ物的証拠が存在しないことが証明されており、この説は否定されている(詳しくはの項を参照のこと) [ ]。 近年 [ ]の研究で、西郷四郎の「山嵐」は古流柔術の背負い落しの変形と足技を組み合わせ、大東流合気柔術とは無関係とされる [ ]。 近年 [ ]が公開した気合術4文献に気合・合気の説明がある。 武田惣角は隣村の易者万之丞に学び、合気は修験道の気合術から引用した言葉と判明した。 西郷頼母研究家牧野登は、「山嵐」は四郎独自の技と修正している [ ]。 モデルとしたフィクション [ ] 小説• - の小説ならび、それを原作とする映像作品 映画• シリーズ - 西郷をモデルにした本郷四郎 (演:) を主人公にした作品 漫画• - の漫画。 黒帯疾風録 - 原作、作画の漫画。 小さな巨人 - の漫画。 関連項目 [ ]•

次の

長崎県中学校体育連盟|大会結果

長崎 日 大 柔道

経歴 [ ] 1年の時に柔道を始めた。 その後、、を経て卒業。 女子柔道72kg超級で、準決勝で抑え込まれて完敗するも、3位決定戦ではポーランドのを逆に抑え込み一本で破り銅メダルを獲得した。 引退後はに被災したことをきっかけに、の免許を取得。 パネルディスカッションにパネラーとして出演し、災害時にアマチュア無線をどう生かすか、またその際の問題点などについて、被災の実体験を元に語っている。 現在は2児の母である傍ら、日本マスターズ柔道大会に出場している。 女子柔道が競技として存在しない時代に柔道を始めたのは兄の練習についていったのがきっかけだったが、は母方の祖母の兄にあたり、祖父は芦塚利之、長崎の教育界・柔道界に尽力した小玉好人、芦塚有道、諏訪ノ森柔道教室の松添俊一、そして全国少年柔道大会常連の芦塚道場の芦塚都士通は叔父にあたるという柔道一家である。 小学生の頃、からに乗って柔道へ通っていたが、小、中学校の1つ先輩にあたるもバレー教室に路面電車で通っていて、赤迫電停近辺では二人のことは語り草となっている。 主な戦績 [ ]• - 66kg超級 3位 これ以降の無差別と記された大会以外は全て72kg超級での成績• - 体重別 3位• - 体重別 優勝• - 体重別 2位• - 体重別 優勝• - 無差別 3位• - 体重別 優勝• - 優勝• - 体重別 優勝• - 3位• - 体重別 2位• - 優勝• - 無差別 3位• - 福岡国際 3位• - 福岡国際 無差別 3位• - 2位• - 3位• - 体重別 優勝• - 3位• - 体重別 3位 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の