アマゾンミュージック車で聞く。 Amazon Musicでプレイリストを作成しEchoで聞く方法

車でAmazonプライムミュージックを聴く方法

アマゾンミュージック車で聞く

デートや友達との楽しいドライブで、車の中で好きな音楽をかけながら走ると楽しさが倍増します。 車で音楽を再生する方法は様々ありますが、Bluetooth 接続と USB メモリで音楽を聴く場合が多いです。 Bluetooth 接続経由で Amazon Music での音楽をスマホで再生しながら車でも簡単に聴けますが、 今回は、Amazon Music で聴ける音楽を USB メモリにコピーして車で聴く方法をご解説したいと思います。 ここの Amazon Music には、Amazon Music Unlimited と Prime Music 両者が含まれています。 関連記事: Amazon Music Converter Amazon Music Converter とは、Amazon Music から音楽をパソコンにダウンロードするためのダウンローダーであり、Amazon Music から音楽や、プレイリストを効率的にダウンロード保存できます。 Amazon Music Unlimited と Prime Music 両方に対応します。 曲名、アーティスト、アルバムなど自動的にタグ付けします。 劣化せず!100%オリジナル音質を保存可能。 Windows 10 と macOS 10. 15 に完全対応します。 Amazon Music から曲をダウンロードして USB メモリにコピーする を利用すれば、Amazon Music から音楽をダウンロードして USB メモリにコピーすることが簡単にできます。 以下に、 を使った操作手順をご説明します。 Windows パソコンと Mac での操作流れは全く同じです。 起動後、下記の操作案内の画面が表示されます。 ここに、 「Amazon Web Player を開く」をクリックします。 最後に パソコンで保存された音楽を USB メモリにいれて、車で音楽を存分に楽しめます。 さらに、 を使って、世界曲数 NO. 1 の定額制音楽サービスの Amazon Music Unlimited から音楽をダウンロードし、USB メモリに入れることが簡単にできます。 ほかに、Amazon 会員特典の聴き放題音楽サービス Prime Music のダウンロードも可能です。 Amazon Music Unlimited または Prime Music をご利用いただいている方は、上記の方法で、Amazon Music で聴ける曲を USB メモリにコピーして車で再生できるかチャレンジしてみてください!.

次の

簡単!Amazon Music を USB メモリにコピーして車で聴く方法

アマゾンミュージック車で聞く

えっ!カーナビ、カーオディオでCD、SDカードでまだ音楽聴いてるの? しかもブルートゥース対応モデルなのに! 私の友人たちに話しを聞くと せっかくBluetooth対応のカーナビ、カーオディオを購入してみたもののその機能を満足に使っていない人が実に多いこと! なんともったいない… 先に結論からになりますが 「ブルートゥース対応のカーナビだけど音楽はどうやって聴くのがベストなのだろう・・・?」 「レンタルCDをUSB、SDカードにダビングして聴いているけどもっと便利な方法はないのかな・・・? 」 「車内音楽のコスパ最強って・・・。 」 「たしか使ってないけどBluetooth機能がついてたと思うんだけどな~!? 」 と考えている方は今すぐ車内音楽は アマゾンプライムミュージックにするべき! スポンサーリンク ブルートゥース対応のカーナビ、カーオディオなのに機能を使いこなせていない その友人たちに車内音楽の環境を聞いてみると• レンタルCDをカーナビ本体HDDにダウンロードして聴く• Apple Musicをダウンロードしブルートゥース接続で聴く オーディオは全てBluetooth対応モデル この組み合わせで音楽を聴いている人が多かったです。 Apple Music以外の方はブルートゥースの機能すら使っていないですし… 皆さまの音楽環境はどうでしょうか? いや~。 この車内音楽の聴き方は お金か 時間かその両方を損をしていますよ。 絶対! 損をしている車内音楽環境の年間コストは? ラジオのみ ラジオが大好き!お気に入りの番組がある方はラジオのみの音楽環境でイイと思います。 しかし何となくラジオを流している方は、番組にもよりますが聴きたくもないパーソナリティの話や企業のCMを聴いている時間が無駄だと言えます。 そもそも大好きなアーティストの記念アルバムならともかくこのご時世にCDは... 何より車内でCDがかさばり置く場所にも困りますし入れ替えも面倒です。 しかもカーナビ本体のHDDにダウンロードしている場合は、ナビの買い替えや破損した場合には音楽のデーターが取り出せません。 Apple Music Apple Musicに限らず「LINE MUSIC」「AWA」「Google Play Music」など定額制音楽配信サービスの月額料金は980円前後なので 年間11,760円のコストがかかります。 スポンサーリンク Bluetooth対応のカーナビ、カーオディオにはAmazon Prime Musicが最適な5つの理由 1. コスパがダントツに優れている Amazon Prime Musicはの特典で追加料金なしで楽曲数100万以上楽しめるサービスです。 追加料金無し。 追加料金無し。 Amazonプライム会員の料金は他にも色々な特典がついて 年間3,900円or 月間400円です。 簡単な操作 初期設定は必要ですがiPhone・Android・Amazon Fireタブレットなど様々なディバイスから簡単に接続できます。 時間のロスが軽減される レンタルCDの場合、HDDに直接落とすにしろパソコンでSDカード、USBにダウンロードしても結構作業時間が掛かります。 Prime Musicの場合、オンラインでしたらそのままカーナビ、カーオーディオから流すこともできますし、オフラインで操作する為にダウンロードする場合もすぐに終わります。 大幅に無駄な時間が短縮! 4. カーナビでPrime Videoも観れる HDMI端子付きのカーナビの場合、別途fire tv stickを購入する事でAmazon Prime Videoの映画や番組をナビから視聴することも可能になります。 DVDなんて必要なくなりますよ。 アニメのタイトルも豊富に揃っているのでお子さんがいる家族にもオススメです。 飽きのこない曲数 100万曲以上の楽曲が用意されているのでこれだけで十分なのですが、追加料金を払いにすると4,000万曲以上の楽曲が聴き放題になります。 追加料金はAmazonプライム会員なら 月額780円・非会員は 980円~ 自分の知らなかった曲や今まで聴かなかったジャンルの曲にも出会えるのでいつまでも飽きることがありません。 アマゾンプライムミュージックを車で聴く為の準備 ここではカーナビにオフラインで接続するために必要最低限な使い方を説明します。 Wi-Fi接続時のみストリームする Wi-Fi接続時のみダウンロードする の2つをONにします。 これでWi-Fi接続時では無い時にはデータを転送しながらリアルタイムで音楽を再生・ダウンロードできなくなりました。 データー通信の大きなプランに入っている方はOFFの設定でイイと思います。 タイトルの右側をクリックしダウンロードします。 以上でアマゾンミュージックをオフラインでカーナビ、カーオーディオに接続できる環境が整いました。 アマゾンミュージックの便利な使い方は色々とあるのですが最低限この操作ができればOKです。 その他の機能につきましてはご要望があれば後日特集致します。 まずはiphoneとナビをペアリングしてBluetoothで接続できるようにします。 MDV-L504Wの設定 カーナビ側には「このBluetooth機器を登録します。 」のメッセージが出るので「はい」を選択します。 以上でカーナビでアマゾンミュージックが聴ける初期設定は完了です。 これでカーナビの画面にも曲が表示され車のスピーカーから音楽を聴くことができます。 まとめ 私の車では、ほぼ アマゾンミュージックしか聴かなくなりました! 今回車内音楽は 絶対アマゾンミュージックがオススメ!と書きましたが今の音楽環境をすべて変えた方がイイとは思いません。 音楽や車の中って人それぞれの過ごし方がありますし… 今の環境+アマゾンミュージックを併用して自分に合った音楽環境を見つけるのがベストではないでしょうか!? Amazon Musicが無料特典となるは 1ヶ月無料で試せます。 まだプライム会員でない方はこの機会にぜひ一度お試し下さい。

次の

【車でも聴ける】 Amazon Music の曲を車で聴く・流す方法まとめ

アマゾンミュージック車で聞く

スマホをうまく活用すれば、日常生活のあらゆるシーンを音楽と共に過ごすことができます。 それは運転・ドライブ中の車内でも同じで、今までアルバム毎に入れ替えが必要だったCD、事前に録音が必要だったカーナビ内蔵のHDD・SDミュージックサーバーと比べても、スマホを車に持ち込めば スマホ内の音楽ライブラリや アマゾンミュージック等の音楽アプリを簡単に車のスピーカーから再生することができてしまいます。 ところで、 車の中でスマホの音楽を聴くための接続方法は以下の通り、実はかなり いろいろあります。 Bluetooth ブルートゥース 接続• AUX接続• HDMI接続• USB接続(Apple CarPlay・Android Auto接続含む)• FMトランスミッター接続 そもそも、いったい どの方法を使うのがベストなのでしょうか? どの方法でもとりあえず音楽は聴けますが、実は大きな違いがあります。 音質や 接続設定・操作の簡単さ・快適さの観点で、実は普段お使いの方法よりも もっと簡単にいい音で快適に聴ける方法があるかもしれません。 というわけで、せっかくのお気に入り音楽とのドライブなので、ここでは iPhoneなど スマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーを活用し、車の中で 音楽をよりよい音質で、そして できる限りめんどくさく無く楽しむベストな方法について書かせていただきます。 私は普段カーオーディオなどの開発を行う技術者ですが、技術者の視点だけでなく、 車でスマホやウォークマンで音楽を聴きまくっ ている 1人のユーザーとしての視点も合わせて書かせていただきます。 車で音楽を聴く場合にスマホ・ウォークマンを使うメリット 現代人は多忙です。 車の中に限らず、多忙な現代人が 限られた時間・場所で音楽を楽しもうとすると、• いつでもアクセスできる 自分だけの大量音楽ライブラリ• いつでも好きな曲を呼び出せる 使い慣れた楽曲検索システム• 徒歩・電車・バス・そして車、 どこでも音楽が楽しめる同じ環境 があるととても便利です。 そして、これらを全て実現できてしまう夢のような機器が、実は身近にある iPhone等の スマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーなのです。 確かに少し前まではHDD・SD内蔵ナビの中にCDから録音して音楽ライブラリサーバーを作ったり、今でもHDD代わりにSDカードにパソコン経由で音楽ファイルをコピー・転送したりする流れもあります。 しかし、持ち歩く用、車用、家用など 似たような音楽ライブラリをそれぞれ分けて作るのは正直めんどくさいのではないでしょうか? できることなら、自分専用の音楽ライブラリはiPhone等のスマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーのどれか1つに集約してしまいたいものです。 つまり、自分の 好きなときに好きな音楽を、そして できる限りめんどくさく無く楽しむためには、スマホ・ポータブル音楽プレイヤーをカーオーディオと組み合わせて活用するのが最も効率的なのです。 ここからは、スマホ・ポータブル音楽プレイヤーを使って車で音楽を聴くにはどのような方法があるか紹介させていただきます。 さらに、その中で最もおすすめな方法をその理由ともに提案させていただきます。 もしよければ合わせてご参考にどうぞ。 ちなみに最近普及しつつある、Apple CarPlay・Android Autoなどのスマホ連携接続については、基本的にはUSB経由で音楽データ・制御データがやりとりされるため、ここでは一旦USB接続に含めて整理しました。 音質は、時間当たりの音楽の情報量としてビットレートで表しています。 mp3の最高音質である 320kbpsとCDの音質である 1,411kbpsをそれぞれ目安にすると、音質のレベル差がイメージいただきやすいかと思います。 少し接続方法が複雑なので、下図で補足させていただきます。 FMトランスミッター接続は、に カーナビ・カーオーディオがBluetooth非対応かつAUX入力非対応の場合のでも、スマホとカーナビ・カーオーディオを接続することができる 最も汎用性の高い接続方法です。 逆にカーナビ・カーオーディオがBluetooth対応であれば、FMトランスミッター接続を行う必要はありません。 上図の通り、FMトランスミッター機能を持つBluetoothレシーバーを準備します。 一例としては、下図のようなシガーソケット電源と一体になったコンパクトな製品がおすすめです。 Amazonの情報を掲載しています iPhoneやandroidスマホ側からBluetoothレシーバーまでの区間はBluetooth接続します。 カーナビ・カーオーディオがBluetooth非対応かつAUX入力非対応の場合であってもFMラジオには対応しているので、Bluetoothレシーバーからカーナビ・カーオーディオまでの区間は、FMトランスミッター機能によるFMラジオ電波による接続を使います。 具体的には、音楽信号をFMラジオの電波に変換し、車のラジオアンテナに向けて出力します。 カーナビ・カーオーディオ側では音楽ソース切替をFMラジオに設定し、FMラジオを聴くのと同じ要領で音楽を再生します。 このようにBluetoothレシーバー+FMトランスミッター一体機を経由して接続することで、Bluetooth非対応かつAUX入力非対応のカーナビ・カーオーディオつまりは FMラジオさえ使えればどんな機器であってもスマホと接続させることができるようになります。 ちなみに、ここまでは「手持ちのカーナビ・カーオーディオをいかに活用するか」という視点で説明させていただきましたが、そもそも手持ちのカーナビ・カーオーディオがだいぶ古かったりで、「カーナビ・カーオーディオ自体を新しいものに交換」という考え方もあります。 最近の車はカーナビ・カーオーディオの交換が難しくなっているケースも多いので、もしよければご参考にどうぞ。 — 車でスマホの音楽を聴く時の接続方法のポイント スマホやウォークマンの中に詰め込まれた音楽データファイルをカーナビ・カーオーディオで聴く5つの方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。 そのメリット・デメリットに関わる具体的な注意ポイントは以下5点です。 追加部品の必要性• 操作性・快適性• 事前準備・接続設定• 連続使用可能時間 次章より1つづつ各ポイントの中身をみていきます。 車のスピーカーから出る最終音質 スマホ・ウォークマン内に保存されている音楽データの音質にもよりますが、元の音源の音質をできる限り損なわずに車で聴くのがベストであると考え、音質にもこだわって比較・検証していきます。 少しの工夫でいい音質が手に入るなら、是非とも活用しておきたいとこです。 「なんか音が悪い・・・」という不満も出にくくなるはずです。 スマホやウォークマンからカーオーディオに入力される音質は、• 元々の音楽ソースが持つ音質• 接続することによる音質 劣化 の2つによって決まります。 一般的にはBluetooth ブルートゥース 等の 無線(ワイヤレス)接続はケーブルがいらないので便利な反面、音質が犠牲になる場合が多いです。 またここでは、感性性能である音質を分かり易く比較するため、 時間当たりの音楽の情報量としてビットレートを使って音質比較することとしました。 の記事にも書かせていただきましたが、 音質を決定づける1つの指標としてビットレートを使い、代表的な音源フォーマットを一覧に整理すると、• FMラジオ: 約96kbps• mp3などの圧縮音源を Bluetooth A2DP SBC 接続: 事実上64~約200kbps• MD ATRAC : 292kbps MDLP 2倍モード: 146kbps• mp3などの圧縮音源を記録したメディア: 事実上64~320kbps• CD -DA : 1,411kbps• ここでは、数字が大きい方が1秒あたりのデータ量が多いため、より音質がよいと考えます。 カーナビ・カーオーディオ接続に必要な追加部品 スマホやウォークマンとカーナビ・カーオーディオを接続する際に、 ケーブル等の追加部品が必要となる場合があります。 これら追加部品は、• 車の中に置きっぱなしにしておく• 車に乗るたびに持ち込む の2通りが考えられ、車の中に置きっぱなしにしておくのが楽なのですが、実際は、• 家族のを含めたりすると何台か車があって同じように使いたい場合• 車の中だけでなく家や他の場所でも使いたい場合 など、 置きっぱなしにできない場合もあります。 そんな場合、スマホは常に携帯していたとしても、ケーブル等の追加部品は忘れてしまうリスクがあります。 追加部品無しにスマホが接続できると、追加部品購入の必要がなくて安上がりというだけでなく、いざというときの忘れ物リスクを減らすこともできます。 私自身、たまに家族や人の車に乗る時に「新しいおすすめの曲をスマホに入れたからみんで聴きたいんだけど!」と言いながらケーブルを忘れて自分のスマホが接続できずに悔しい思いをしたことが何度かあります・・・。 カーナビ・カーオーディオ接続の事前設定 スマホやウォークマンを接続する際、単にケーブルをプスッと 挿すだけでよい接続方法もあれば、いろいろ 設定をいじらないと接続できない場合もあります。 特に最近はやりのBluetoothは、スマホ~カーナビ・カーオーディオの組み合わせが初めての場合、ペアリングという初期設定が必要となります。 2回目以降は自動接続することもできるので実際めんどくさいのは1回目だけなのですが、設定メニューの中に入っていろいろいじるのは、ケーブルをプスッと挿すだけの簡単さと比べるとやはり比較になりません。 運転・走行中の操作性・快適性 ここでいう操作性とは、 ドライブで運転・走行中、音楽を 聴いている時の操作のやり易さです。 音楽を聴いている時に行う操作としては、• アルバム・アーティスト・ジャンル等での検索や選曲、一時停止• リピート・シャッフルなど再生順序の変更• 音量の調整• 音質設定の変更 などが考えれますが、接続方法によって、カーオーディオ操作パネルやステアリング(ハンドル)に付いているスイッチで操作できない機能もあります。 その場合、スマホ本体側を操作するしかないのですが、 運転中のスマホ操作は危険かつ法律でも禁止されているため、 事実上信号待ちなどの停まっている時でないと操作できないことになり、少し不便です。 ポータブル機器のバッテリー連続使用可能時間 スマホに限った話ではありませんが、iPod・ウォークマン・スマホなどのポータブル機器は持ち運べるメリットがある反面、 バッテリーの持ちを気にしないといけないというデメリットがあります。 例えば従来の音楽ソースであるCDだとカーオーディオ側で音楽再生が完結しますが、iPod・ウォークマン・スマホを接続する場合、その 接続機器側への電源供給が必要です。 充電用の空ポートが無かったり、ノイズ対策などの事情で充電せずに聴く場合、 接続機器の内蔵バッテリーには時間的限界があります。 スマホ 本体以外何も必要なくカーオーディオ側から 自在に操作可能な• 最も 高音質かつ 挿すだけの簡単接続な がそれぞれ最もおすすめ・最強の接続方法です。 HDMI接続についてはAUX接続とほぼ同じ条件ですが、カーナビ・カーオーディオ側だけでなくスマホ等のポータブル音楽プレーヤー側についても対応機器がまだ少ないことより、現時点ではまだ最強の方法では無いと判断しました。 例えば、アンドロイドスマホの場合、MHL Mobile High-definition Link 対応のmicroUSB端子またはmicroHDMI端子が装備されていないと、HDMI出力することができません。 つまり、AUX接続に求められる2. 5mmのヘッドホン端子と比べると対応機器が少ないのが現状です。 とは言え、対応機器どうしではとても使い勝手がよいのが大きなメリットです。 またUSB接続についても、iPhone向けのUSB接続対応カーナビ・カーオーディオは多いものの、アンドロイドスマホ向けのUSB接続となると実質アンドロイドオート対応カーナビ・カーオーディオとなります。 まだまだ対応機器が少ないことより、現時点では最強の方法では無いと判断しました。 とは言え、最近は少しずつアンドロイドオート対応のカーナビ・カーオーディオが増えてきているので、今後は主流になっていくかもしれません。 次章からは最強の接続方法であるBluetooth接続とAUX接続について、 具体的な接続方法や私が「最強の接続方法」と考えた根拠となる Bluetooth接続・AUX接続ならではのメリット・デメリットについて簡単に書かせていただきます。 車・カーナビでスマホの音楽をBluetooth接続で聴く方法 Bluetooth接続の具体的な接続・設定方法 カーナビ・カーオーディオにBluetooth ブルートゥース 接続で音楽再生する方法のイメージ図は以下の通りです。 Bluetooth接続を行うことで、ケーブルを使わずにカーナビ・カーオーディオ側からスマホ・ウォークマン等を遠隔操作できます。 現時点で最も一般的なBluetooth接続方式は、 BluetoothのA2DPプロファイルを使用する方式です。 デジタル信号ならではの 同期・制御が必要となるため、カーオーディオ側とポータブル機器側がお互いBluetooth接続に対応していなければなりません。 実際に使用するには、最初の1回目の接続時のみ、カーナビ・カーオーディオ側とスマホ・ウォークマン等のポータブル音楽プレイヤー側それぞれの設定画面を操作し、ペアリングというBluetooth接続の初期設定を行います。 下図はBluetoothのペアリング設定中のカーナビ画面の例です。 ハリアー搭載のトヨタ純正ナビとアンドロイドスマホのGalaxy S8をBluetooth接続でペアリング登録しようとしています。 下図はBluetoothのペアリング設定後のカーナビ画面の例です。 三菱ダイヤトーンサウンドナビとアンドロイドスマホのGalaxy S4をBluetooth A2DP接続しています。 ちなみに、Xperia Z3もBluetooth接続されていますが、こちらはハンズフリー通話用にBluetooth接続されています(Galaxy S4の音符のアイコンに対し、Xperia Z3はヘッドホンのアイコンになっています)。 ただし接続がうまくいけば、音楽信号だけでなく選曲・再生・停止などの制御信号も同時にやりとりが可能なので、 カーナビ・カーオーディオ側の画面や操作パネルでポータブル機器を遠隔操作することもでき、とても使い勝手や操作性はよいです。 また、2回目以降はBluetooth機能をオンにしている限り、車に乗り込みカーナビ・カーオーディオが起動すると自動で接続されます。 このように、かなり便利に見えかつ BluetoothのA2DPプロファイルは 多くのスマホ・ポータブル音楽プレイヤーやカーオーディオで採用されており 汎用性は高いですが、音質面を考えると 元音源がmp3などの圧縮音源であってもそこからさらに音質劣化してしまう場合もあります。 FMトランスミッターの約96kbps ほどではないものの、BluetoothのA2DPプロファイル規格上、実質約200kbps(SBC規格上の上限は512kbp)に帯域制限され、その分音質が劣化してしまうのです。 カーナビ・カーオーディオ側の操作パネルで自在に遠隔操作可能• 1回目以降は自動接続されて楽(カバン・ポッケに入れっぱでも問題無)• スマホ・ウォークマン等の 本体以外は不要(ケーブル持込忘れ等一切無) 逆に デメリットは、• 給電・充電せずに使用する場合、バッテリーが無くなると再生できなくなる といったところになります。 口コミ情報含め今現在どんなアクセサリー類が存在してて、何が売れているかの参考になるかと思います。 車・カーナビでスマホの音楽をAUX接続で聴く方法 AUX接続の具体的な接続・設定方法 AUX接続で音楽再生する方法では、スマホやiPod・ウォークマン等の ポータブル音楽プレイヤーのヘッドホンアウト端子とカーオーディオ・カーナビの AUX端子を ステレオミニプラグ ケーブル()等で接続します。 基本的には、この AUXケーブルさえ準備できていればOKなとても簡単な方法です。 ちなみに、iPhone 7以降 iPhone 8・iPhone Xでは、AUXジャックが廃止されたので、• Lightning-3. Belkin 3. Belkin Lightning-3. 下図が変換アダプタです。 Amazonの情報を掲載しています ここで、カーオーディオ・カーナビ側の端子は、ほとんどが ミニステレオプラグ 1個の端子で3極または4極の信号に対応 です。 ミニステレオプラグは、• カーオーディオ・カーナビの操作パネル周辺• グローブBOX(助手席正面の小物入れ)の中• センターコンソールBOXの中・周辺 などに設定されている場合が多いです。 コンソールBOXの中にある場合のミニステレオプラグのジャックは下の写真のような感じです。 緑色の穴の部分です。 グローブBOXの中にある場合のミニステレオプラグのジャックは下の写真のような感じです。 左側のケーブル先が少し太くなっている部分です。 オーディオ操作パネル付近にある場合のミニステレオプラグのジャックは下の写真のような感じです。 と並んで設置されてます。 また、下の写真のようにカーオーディオの操作パネルの中に設置されている場合もあります。 最後に、ケーブルの接続が完了したら、カーナビ・カーオーディオ側の入力モードをAUXモードにしておきます。 カーオーディオの場合は以下のイメージです。 カーナビの場合は、以下のイメージです。 音質としては、ケーブルの中に閉じ込めて伝送するため ほぼ劣化なしです。 アナログ信号とはいえ、このような短い伝送区間での信号劣化はまず考えられません。 ハイレゾ対応スマホ・ハイレゾウォークマンなどの ハイレゾ対応機器ならCD音質相当のビットレートである1,411kbps以上の音質となりますし、64kbpsのビットレートでエンコードしたmp3ならそのまま64kbpsの音質となります。 ケーブル接続部での劣化はほぼ無いと考え、 ポータブル機器側から出力される音質をほぼそのまま再生可能です。 また、接続の手間もスマホ等のポータブル機器に ヘッドホンケーブルをつなぐ感覚で、車につなぐだけです。 信号もアナログの為、デジタル信号のようなクロック同期や通信方式に気を使う必要はありません。 メリットをまとめると、以下の通りとなります。 ほぼ音質の劣化が無く高音質を維持• 手軽に接続できる、プラグの形が合えばほぼ問題なし 逆に デメリットはほぼ無しと言ってもいいくらいですがあえてあげるとすると、• 選曲操作がスマホ側でしか行えない(音量調整はカーオーディオ側から可能)• 給電・充電せずに使用する場合、バッテリーが無くなると再生できなくなる• ケーブルの取り回しがじゃまである• もしも ケーブルを忘れると何もできない といったところになります。 バッテリーの問題は 等を使うことで解決できます。 口コミ情報含め今現在どのようなケーブル類が売れているかの参考になるかと思います。 さらに詳しい活用方法や知識を知っておきたい方は、是非ご参考にどうぞ。 もしよろしければ、こちらも合わせてご参考にどうぞ。

次の