エクセル シート ごと コピー。 貼り付けのオプション

エクセルのシートをコピー・移動する方法と注意点|Excelのキホン

エクセル シート ごと コピー

Excel for Microsoft 365 Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 既定では、Excel でコピー または切り取り して貼り付けると、元のセルまたは範囲内のすべてのデータ、書式設定、数式、検証、コメントがコピー先のセルに貼り付けられます。 CTRL キーを押しながら V キーを押して貼り付けると、この処理が行われます。 目的のものではない可能性があるため、コピーする内容によっては、他にもさまざまな貼り付けオプションがあります。 たとえば、セルの内容は貼り付けますが、書式設定は貼り付けることができます。 または、貼り付けられたデータを行から列に入れ替える必要がある場合もあります。 または、数式自体の代わりに、数式の結果を貼り付ける必要がある場合があります。 たとえば、コピーしたセルから書式のみを貼り付けるには、[ 書式 設定] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 入れ替え コピーしたセルの内容を貼り付けるときに、行と列を入れ替えます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 数式 書式設定やコメントのない数式。 値 書式設定やコメントのない数式の結果。 書式設定 コピーしたセルの書式のみ。 値と元の書式 コピーしたセルの値と書式。 リンク貼り付け コピーしたセルの内容ではなく、ソースのセルへの参照。 図 コピーした画像。 リンクされた画像 コピーした画像と、元のセルへのリンク 元のセルが変更されると、その変更が、貼り付けられた画像にも適用されます。 形式を選択して貼り付け [形式を選択して貼り付け] ボックスのオプションを使用するには、[ ホーム]、[ 貼り付け]、[ 形式を選択して貼り付け] の順に選択します。 キーボード ショートカット: Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押します。 [ 形式を選択して貼り付け] ボックスで、貼り付ける属性を選びます。 注: コピーしたデータの種類と、選んだ [ 貼り付け] オプションによっては、他の一部のオプションが淡色表示になることがあります。 貼り付けのオプション アクション すべて コピーしたデータのセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 数式 数式バーに入力されているコピーしたデータの数式のみを貼り付けます。 値 セルに表示されているとおりに、コピーしたデータの値のみを貼り付けます。 書式 コピーしたデータのセルの書式のみを貼り付けます。 コメントとメモ コピーしたセルに添付されているコメントとメモのみを貼り付けます。 入力規則 コピーしたセルのデータの入力規則を貼り付け領域に貼り付けます。 コピー元のテーマを使用してすべて貼り付け コピーしたデータに適用されているドキュメントのテーマの書式で、すべてのセルの内容を貼り付けます。 罫線を除くすべて 罫線を除く、コピーしたセルに適用されているセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 列幅 コピーした1つまたは複数の列の幅を別の列または列の範囲に貼り付けます。 数式と数値の書式 コピーしたセルから、数式とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 値と数値の書式 コピーしたセルから、値とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 条件付き書式をすべてマージする コピーしたセルから、内容と条件付き書式オプションを貼り付けます。 コピーしたデータに適用する算術演算を指定することもできます。 Operation アクション なし コピーしたデータには算術演算が適用されないことを指定します。 追加 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータに追加します。 減算 コピー先のセルまたはセルの範囲に含まれるデータから、コピーしたデータを減算します。 乗算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータと乗算します。 除算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータによって分割します。 その他のオプション: アクション 空白セルを無視 このチェックボックスをオンにしたときに、コピー領域に空白のセルがある場合は、貼り付け領域の値が置き換えられないようにします。 入れ替え このチェックボックスをオンにすると、コピーしたデータの列が行に、またはその逆に変更されます。 リンク貼り付け コピーしたセルへのリンクを作成するには、をクリックします。 貼り付けた数式でセル参照を検証して修正する 注: セル参照は、 コピーではなく カットして数式を貼り付けると、自動的に調整されます。 コピーした数式を貼り付けると、新しい場所にあるすべてのセル参照が正しいことを確認する必要があります。 数式で使用されている参照型 絶対、相対、または mixed に基づいて、セル参照が変更されている可能性があります。 たとえば、セル A1 に数式をコピーして、2つのセルを下と右 C3 に貼り付けると、貼り付けた数式でのセル参照は、次のように変更されます。 数式を含むセルを選びます。 数式バーで、変更する参照を選択します。 F4 キーを押して参照の組み合わせを切り替え、目的の組み合わせを選びます。 セル参照の詳細については、「」を参照してください。 Web 用 Excelでコピーする場合は、コピー先のセルで [貼り付けのオプション] を選ぶことができます。 たとえば、コピーしたセルの書式のみを貼り付けるには、[ 書式 貼り付け] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 数式の貼り付け 書式設定なしの数式。 値のペースト 書式設定なしの数式の結果。 書式を貼り付ける コピーしたセルの書式のみ。 行列を入れ替えて貼り付ける すべてのセルの内容が表示されますが、ペーストするときにコンテンツを連動ます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

次の

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー【Excel・エクセル】

エクセル シート ごと コピー

Excel for Microsoft 365 Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 既定では、Excel でコピー または切り取り して貼り付けると、元のセルまたは範囲内のすべてのデータ、書式設定、数式、検証、コメントがコピー先のセルに貼り付けられます。 CTRL キーを押しながら V キーを押して貼り付けると、この処理が行われます。 目的のものではない可能性があるため、コピーする内容によっては、他にもさまざまな貼り付けオプションがあります。 たとえば、セルの内容は貼り付けますが、書式設定は貼り付けることができます。 または、貼り付けられたデータを行から列に入れ替える必要がある場合もあります。 または、数式自体の代わりに、数式の結果を貼り付ける必要がある場合があります。 たとえば、コピーしたセルから書式のみを貼り付けるには、[ 書式 設定] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 入れ替え コピーしたセルの内容を貼り付けるときに、行と列を入れ替えます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 数式 書式設定やコメントのない数式。 値 書式設定やコメントのない数式の結果。 書式設定 コピーしたセルの書式のみ。 値と元の書式 コピーしたセルの値と書式。 リンク貼り付け コピーしたセルの内容ではなく、ソースのセルへの参照。 図 コピーした画像。 リンクされた画像 コピーした画像と、元のセルへのリンク 元のセルが変更されると、その変更が、貼り付けられた画像にも適用されます。 形式を選択して貼り付け [形式を選択して貼り付け] ボックスのオプションを使用するには、[ ホーム]、[ 貼り付け]、[ 形式を選択して貼り付け] の順に選択します。 キーボード ショートカット: Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押します。 [ 形式を選択して貼り付け] ボックスで、貼り付ける属性を選びます。 注: コピーしたデータの種類と、選んだ [ 貼り付け] オプションによっては、他の一部のオプションが淡色表示になることがあります。 貼り付けのオプション アクション すべて コピーしたデータのセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 数式 数式バーに入力されているコピーしたデータの数式のみを貼り付けます。 値 セルに表示されているとおりに、コピーしたデータの値のみを貼り付けます。 書式 コピーしたデータのセルの書式のみを貼り付けます。 コメントとメモ コピーしたセルに添付されているコメントとメモのみを貼り付けます。 入力規則 コピーしたセルのデータの入力規則を貼り付け領域に貼り付けます。 コピー元のテーマを使用してすべて貼り付け コピーしたデータに適用されているドキュメントのテーマの書式で、すべてのセルの内容を貼り付けます。 罫線を除くすべて 罫線を除く、コピーしたセルに適用されているセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 列幅 コピーした1つまたは複数の列の幅を別の列または列の範囲に貼り付けます。 数式と数値の書式 コピーしたセルから、数式とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 値と数値の書式 コピーしたセルから、値とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 条件付き書式をすべてマージする コピーしたセルから、内容と条件付き書式オプションを貼り付けます。 コピーしたデータに適用する算術演算を指定することもできます。 Operation アクション なし コピーしたデータには算術演算が適用されないことを指定します。 追加 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータに追加します。 減算 コピー先のセルまたはセルの範囲に含まれるデータから、コピーしたデータを減算します。 乗算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータと乗算します。 除算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータによって分割します。 その他のオプション: アクション 空白セルを無視 このチェックボックスをオンにしたときに、コピー領域に空白のセルがある場合は、貼り付け領域の値が置き換えられないようにします。 入れ替え このチェックボックスをオンにすると、コピーしたデータの列が行に、またはその逆に変更されます。 リンク貼り付け コピーしたセルへのリンクを作成するには、をクリックします。 貼り付けた数式でセル参照を検証して修正する 注: セル参照は、 コピーではなく カットして数式を貼り付けると、自動的に調整されます。 コピーした数式を貼り付けると、新しい場所にあるすべてのセル参照が正しいことを確認する必要があります。 数式で使用されている参照型 絶対、相対、または mixed に基づいて、セル参照が変更されている可能性があります。 たとえば、セル A1 に数式をコピーして、2つのセルを下と右 C3 に貼り付けると、貼り付けた数式でのセル参照は、次のように変更されます。 数式を含むセルを選びます。 数式バーで、変更する参照を選択します。 F4 キーを押して参照の組み合わせを切り替え、目的の組み合わせを選びます。 セル参照の詳細については、「」を参照してください。 Web 用 Excelでコピーする場合は、コピー先のセルで [貼り付けのオプション] を選ぶことができます。 たとえば、コピーしたセルの書式のみを貼り付けるには、[ 書式 貼り付け] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 数式の貼り付け 書式設定なしの数式。 値のペースト 書式設定なしの数式の結果。 書式を貼り付ける コピーしたセルの書式のみ。 行列を入れ替えて貼り付ける すべてのセルの内容が表示されますが、ペーストするときにコンテンツを連動ます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

次の

エクセルのシートをコピー・移動する方法と注意点|Excelのキホン

エクセル シート ごと コピー

この記事の内容• 『リンク貼り付け』を使って、別シートのデータを自動で反映させる。 式を使って、別シートのデータを自動で反映させる。 入力規則のリストを別シートに反映させる。 表をまるごと反映させる。 未入力データが『0』で表示させないようにする。 今回紹介する『入力規則のリスト』以外の2つの方法は、 操作が違うだけで参照式を反映先に埋め込みます。 もちろん、反映するデータは数値であろうが文字列であろうが構いません。 この記事では、反映先シート名、反映元のシート名は、それぞれ以下としています。 最初に、反映元(Sheet2)の入力データを全て選択して、コピー(『CTRL』+『C』)します。 反映先のシート(Sheet1)に切り替えてから最初のセルを選択して、右クリックします。 これで、一気に入力データを反映させることができました。 別シートのデータを自動で反映させる方法(式を入力) 続いては、反映先のセルに 式を入力する方法。 次に、データが入力されている反映元シート(Sheet2)を選択して、入力データがある最初のセルをクリック。 『ENTER』キーを押すと、自動的にシートが切り替わって入力データが反映できたことがわかります。 あとは、次の『フィルコピー』を使って、他のセルも同じように反映させます。 (マウスが十字の形に変化) フィルハンドルをつまんだまま、最後のセルのところまでドラッグしていきます。 これで別シートの入力データを全て反映させることができました。 別シートにドロップダウンリスト(入力規則)を作って反映させる 別シートへ反映させる時によく使うものに、 『データの入力規則で作ったドロップダウンリスト』というのがあります。 下のエクセルのように、リスト形式のセルを別の専用シートに作っておいて、それを他のシートに反映させるというやり方ですね。 ドロップダウンリストを別シートに反映させる方法は、次の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください! 反映元の表内の書式(セルの背景色、文字の色、罫線など)を変更した時に、 反映先に自動反映して欲しい場合はこちらがおすすめ。 未入力データが『0』と表示されないようにする ここまで紹介した方法では、1つ問題があります。 反映先のシート(Sheet1)のセルに次のIF関数を入力します。 A1 これで最初のセルにIF関数を入力できたので、あとはフィルコピーするだけです。 未入力データを判定するIF関数の解説 さきほど入力したIF関数を簡単に解説します。 A1 IF関数の、最初の引数には『条件』を書いて、第二引数はその条件を満たす(真)場合の処理を、第三引数には条件を満たさない(偽)場合の処理を書いていきます。 Sheet2! A1は、入力データがあるシート(今回の例ではSheet2)の入力データの位置(セルアドレス)を示しています。 つまり、 Sheet2! A1は『Sheet2』のA1(A列の1行目)を示しているわけです。 そして、IF関数の最初の引数である『 Sheet2! A1をそのまま表示させます。 IF関数の詳しい解説は、次の記事に書いているので参考にしてください。 書式を別シートに自動で反映する方法はない データではなく 書式(文字の色や背景色、罫線など)を別シートに反映させたいという場合もあるかもしれませんが、実は『書式』の自動反映はできません。 『リンク貼り付け』の操作の時に、ダイアログの中の『書式』をチェックすることはできますが、チェックすると今度は『リンク貼り付け』ボタンが押せなくなります。 つまり、 書式は別シートに反映できないのがエクセルの仕様です。 どうしても、別シートの書式を反映させたい場合は、書式を反映先にそのままコピーするしかないです。 複数の別シートのデータを簡単に集計(串刺し計算) 今回は、別シートのデータをリンクなどで表示(反映)する方法を紹介しましたが、いくつかの 別シートのデータを『集計』することもよく行います。 いわゆる『串刺し計算』とか『3D計算』とか呼ばれる方法で、次の記事でその方法をわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください!.

次の