岡 千秋。 プロフィール

岡千秋の楽曲一覧

岡 千秋

概要 [ ]• (現在の)の上の離島、出身。 中学卒業後、歌手を目指しで就職、働きながら歌謡教室に通う。 17歳で上京し、の鞄持ちになる。 でのボーイ兼歌手をしながら、のレッスンを受ける。 しかし、結果的に歌手は断念。 の誘いにより、作曲家に転向。 アルバイトをしながら、夜はジャズバーで奏者として働き、やと知り合う。 1970年 の「」のB面「むらさきの慕情」で作曲家デビュー。 1983年 とのデュエット「」で、歌手として特別金賞、大賞など受賞。 1984年 「」で大賞、第15回などを受賞。 2000年 で賞を受賞。 と髭がトレードマーク。 低いダミ声が特徴。 元々、ピアノの素養があり(先述)、作曲や弾き語りの際もピアノを使用する。 故郷である岡山県備前市のには、岡千秋の資料を展示しているコーナーが有る。 代表作品 [ ]• 「」のB面「むらさきの慕情」(デビュー作)• ・岡千秋「」 第25回日本レコード大賞特別金賞、日本歌謡大賞大賞 受賞。 紅白初出場• 岡千秋「包丁一代」 主な作品 [ ] 五十音順• 「」「大阪の女」• 「夕霧海峡」「おんなの涙」「浜唄」「ふたり川」「遥かな道」「通り雨」• 「」「長良川艶歌」 第26回日本レコード大賞大賞、第15回日本歌謡大賞受賞 「」「浪花物語」 中村美律子とデュエット• 「千年桜」• 「寒牡丹」「紅水仙」「おけさ海峡」「裏町ぐらし」• 「長良川悲恋」「二人三脚」 岡千秋とデュエット• 「恋文の宿」「涙 川」• 「夢情話」「女のきもち」(女のきもちは松原謙の本名で作詞作曲)• 「夫婦酒」• 「テネシーワルツを聴きながら」• 「瀬戸の恋歌」• 「紅の舟唄」• 「愛の伝説」「哀恋歌」• 「雨月伝説」• 「ふたり咲き」「男侠」「気まぐれ道中」「陽は昇る」• 「」「」「」「」• 「独楽」 「心」 「道」• 「あずさ川」• 「酔月夜」• 「あかね雲」「浮雲ふたり」 「命の恋」 第58回日本レコード大賞 「作曲賞」受賞• 「女房」「遠まわり」• 「来島海峡」• 「俺のみちづれ」「蝶柳ものがたり」「母恋鴉」「一声一代」• 「泥酔い酒」「そんな…ススキノ六丁目」• 「大阪やどり」• 「玄海 恋太鼓」「女坂から男坂」「そして・・・雪の中」「刈干キリキリ」「そして・・・湯の宿」「帰ろうか」• 「」「」「」「」• 「」「酒場ひとり」「河内酒」「」「」「浪花物語」 五木ひろしとデュエット• 「さだめ雪」• 「湯けむりの宿」• 「千秋万歳」• &「ドスコイ人生」• 「男なら」「演歌みち」• 「人生」「送り酒」• 「恋港」「美幌峠」「さんさ恋時雨」「NANGIやね」• 「ふたりの夫婦星」• 「夫婦酒」• 「おっかさん」「以心伝心」「やっと咲いたよなぁ」 山田太郎デビュー55周年記念曲• 「時は流れても」• 「絆道」 出演 [ ] テレビ [ ]• ()「浪速恋しぐれ」で都はるみのサポートとして出演• ()審査員• ()審査員• カラオケ大賞()審査員• (2011年-本人出演)• (作曲 脚注 [ ].

次の

岡千秋の楽曲一覧

岡 千秋

岡 千秋 1950年12月7日生まれ。 岡山県出身。 歌手を目指すが断念。 70年に日吉ミミ「むらさきの慕情」で作曲家デビュー。 都はるみとのデュエット「浪花恋しぐれ」を始め、数多くのアーティストに楽曲を提供。 84年の「長良川艶歌 えんか 」 五木ひろし で第26回日本レコード大賞受賞。 大城バネサ 本名同じ 1981年11月26日、アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ 血液型:O型 アルゼンチン生まれの日系アルゼンチン人2世 父親は沖縄県生まれの日系1世、母親は祖父母が沖縄県出身の日系2世。 祖父母が沖縄県出身のため、幼少の頃から沖縄民謡や日本の音楽に親しみ、日系人の間で開催されるカラオケ大会などで演歌を唄い始める。 2001年10月「NHKのど自慢」アルゼンチン大会に出場し優勝。 翌3月、「NHKのど自慢・チャンピオン大会」にアルゼンチン代表として出場、海外勢初の 平成13年度 グランドチャンピオンとなった。 日本語のレッスンとボイストレーニングを経て、2003年8月「鷗も飛ばない海だよ」で EMIミュージック・ジャパンよりデビュー。 2008年8月には、沖縄県人移民100周年記念式典のイベントに出演、また来日6年目にして初のアルゼンチンで凱旋公演を行い、1500人を動員。

次の

♬ 岡 千秋について ♬

岡 千秋

上京したのは17歳。 下積み時代は苦労も多かった。 金がないから1日3度の食事なんて夢の夢。 たった30円、40円の立ち食いそばすら食えなくて、栄養失調が原因の貧血でよく電車の中で倒れたもんだよ。 ある日なんて、気がついたら新宿駅のトイレの床。 どうしてそんなところでひっくり返ってたのか分からないけど、気分が悪くなって駆け込んで、そのまま気絶しちゃったんだろうね。 でも、だーれも「大丈夫か?」って声をかけてはくれないし、駅員を呼ぶとか救護してくれる人もいなかった。 あの時は「東京の人はなんでこんなに冷たいんだろ。 負けるもんか。 俺は絶対スター歌手になってやる!」って思ったもんだよ。 歌手を目標に上京してすぐだから、67年とか68年ごろだね。

次の