最高の離婚 韓国 感想。 最高の離婚スペシャルを観た感想、夫婦は幸せの感覚の一致が一番大切だと思った

【概要と感想】韓国版「最高の離婚」放送スタート!

最高の離婚 韓国 感想

結婚は本当に愛の完成形なのか?」という問いから始まり、愛、結婚、家族に対する男女の考え方の違いを痛快に描く、日本の同名ドラマが原作のラブコメディ。 シリアスからコメディまで様々な作品に出演し、日本の韓流ドラマファンにもおなじみの人気俳優チャ・テヒョン。 そして、韓国映画界のみならずハリウッドにも進出する実力派俳優のペ・ドゥナ。 本作は、脚本で作品を選ぶと言われるチャ・テヒョンが、ペ・ドゥナが出演すると聞いて引き受けた意欲作だ。 ベテランの域に達した2人の息の合った掛け合いには思わず引き込まれる。 また、もう1組の夫婦役には「花遊記<ファユギ>」で存在感を見せつけたイエルと、新鋭俳優のソン・ソックを配する。 離婚後も同居する元夫婦と婚姻届を出さずに生活する夫婦。 二組の男女が出会い、愛情と友情が交錯する、奇妙な四角関係(!? )に発展する。 この関係に結論は出るのか?出ないのか? 結婚3年目だが、話が通じたことのないチョ・ソンムとカン・フィル。 神経質で不満ばかりのソンムと無神経で大雑把なフィルは、長崎カステラのせいで始まったケンカで最後には離婚にまで至ってしまう。 しかし、フィルの父親が手術を控えているため、手術が終わるまでは不思議な同棲生活を続けながらも自由に恋愛をすることに。 そんな時、ソンムは10年ぶりに大学時代の初恋の相手チン・ユヨンに再会するのだった。 ユヨンは夫のイ・ジャンヒョンが浮気をしているのを分かっていながら知らないふりをしていた。 しかもジャンヒョンは婚姻届も提出していなかったのだ。 心から謝り一緒に出しに行こうと言うジャンヒョン。 だが、ユヨンは夫と別れる決意をする。 一方、フィルは弘大でミュージシャンのイム・シホと知り合う。 彼は10年前、ソンムと一緒に練習室を使っていた友人だった。 ある日、フィルが体調を崩したシホを家に連れてきて、ソンムと再会する。 いつもと違って部屋を片づけたり、朝早くから食事を作ったりするフィルを見てソンムは嫉妬する。 フィルもソンムとユヨンの仲の良い姿を見て、2人のことが憎らしくなるのだが…。

次の

「最高の離婚」見終わりました。

最高の離婚 韓国 感想

結婚は本当に愛の完成形なのか?」という問いから始まり、愛、結婚、家族に対する男女の考え方の違いを痛快に描く、日本の同名ドラマが原作のラブコメディ。 シリアスからコメディまで様々な作品に出演し、日本の韓流ドラマファンにもおなじみの人気俳優チャ・テヒョン。 そして、韓国映画界のみならずハリウッドにも進出する実力派俳優のペ・ドゥナ。 本作は、脚本で作品を選ぶと言われるチャ・テヒョンが、ペ・ドゥナが出演すると聞いて引き受けた意欲作だ。 ベテランの域に達した2人の息の合った掛け合いには思わず引き込まれる。 また、もう1組の夫婦役には「花遊記<ファユギ>」で存在感を見せつけたイエルと、新鋭俳優のソン・ソックを配する。 離婚後も同居する元夫婦と婚姻届を出さずに生活する夫婦。 二組の男女が出会い、愛情と友情が交錯する、奇妙な四角関係(!? )に発展する。 この関係に結論は出るのか?出ないのか? 結婚3年目だが、話が通じたことのないチョ・ソンムとカン・フィル。 神経質で不満ばかりのソンムと無神経で大雑把なフィルは、長崎カステラのせいで始まったケンカで最後には離婚にまで至ってしまう。 しかし、フィルの父親が手術を控えているため、手術が終わるまでは不思議な同棲生活を続けながらも自由に恋愛をすることに。 そんな時、ソンムは10年ぶりに大学時代の初恋の相手チン・ユヨンに再会するのだった。 ユヨンは夫のイ・ジャンヒョンが浮気をしているのを分かっていながら知らないふりをしていた。 しかもジャンヒョンは婚姻届も提出していなかったのだ。 心から謝り一緒に出しに行こうと言うジャンヒョン。 だが、ユヨンは夫と別れる決意をする。 一方、フィルは弘大でミュージシャンのイム・シホと知り合う。 彼は10年前、ソンムと一緒に練習室を使っていた友人だった。 ある日、フィルが体調を崩したシホを家に連れてきて、ソンムと再会する。 いつもと違って部屋を片づけたり、朝早くから食事を作ったりするフィルを見てソンムは嫉妬する。 フィルもソンムとユヨンの仲の良い姿を見て、2人のことが憎らしくなるのだが…。

次の

「最高の離婚」視聴率、キャスト、感想|韓国ドラマレビュー

最高の離婚 韓国 感想

結婚は本当に愛の完成形なのか?」という問いから始まり、愛、結婚、家族に対する男女の考え方の違いを痛快に描く、日本の同名ドラマが原作のラブコメディ。 シリアスからコメディまで様々な作品に出演し、日本の韓流ドラマファンにもおなじみの人気俳優チャ・テヒョン。 そして、韓国映画界のみならずハリウッドにも進出する実力派俳優のペ・ドゥナ。 本作は、脚本で作品を選ぶと言われるチャ・テヒョンが、ペ・ドゥナが出演すると聞いて引き受けた意欲作だ。 ベテランの域に達した2人の息の合った掛け合いには思わず引き込まれる。 また、もう1組の夫婦役には「花遊記<ファユギ>」で存在感を見せつけたイエルと、新鋭俳優のソン・ソックを配する。 離婚後も同居する元夫婦と婚姻届を出さずに生活する夫婦。 二組の男女が出会い、愛情と友情が交錯する、奇妙な四角関係(!? )に発展する。 この関係に結論は出るのか?出ないのか? 結婚3年目だが、話が通じたことのないチョ・ソンムとカン・フィル。 神経質で不満ばかりのソンムと無神経で大雑把なフィルは、長崎カステラのせいで始まったケンカで最後には離婚にまで至ってしまう。 しかし、フィルの父親が手術を控えているため、手術が終わるまでは不思議な同棲生活を続けながらも自由に恋愛をすることに。 そんな時、ソンムは10年ぶりに大学時代の初恋の相手チン・ユヨンに再会するのだった。 ユヨンは夫のイ・ジャンヒョンが浮気をしているのを分かっていながら知らないふりをしていた。 しかもジャンヒョンは婚姻届も提出していなかったのだ。 心から謝り一緒に出しに行こうと言うジャンヒョン。 だが、ユヨンは夫と別れる決意をする。 一方、フィルは弘大でミュージシャンのイム・シホと知り合う。 彼は10年前、ソンムと一緒に練習室を使っていた友人だった。 ある日、フィルが体調を崩したシホを家に連れてきて、ソンムと再会する。 いつもと違って部屋を片づけたり、朝早くから食事を作ったりするフィルを見てソンムは嫉妬する。 フィルもソンムとユヨンの仲の良い姿を見て、2人のことが憎らしくなるのだが…。

次の