プルーン 下痢。 プルーンで下痢!?プルーンの緩下作用は便秘改善ってレベルじゃないので食べ過ぎ注意

プルーンの緩下作用?

プルーン 下痢

下痢が続く原因は病気からお腹を壊したなど様々です。 しかし、下痢が長く続くと、肉体的負担や精神的な不安が募ってきます。 どうやったら解決できるか原因を一つづつ一緒に考えて行きましょう。 下痢が続く原因は? まず始めに、下痢になるという事はおなかが弱い(何らかの原因で腸内環境が正常でない)ことが大きな原因です。 下痢が続く原因として、 突然起こる 「急性下痢」と、だらだらと長く下痢が続いたり再発を繰り返す 「慢性下痢」の大きく分けて2つがあります。 詳しくは次の通りです。 急性下痢の特徴 突然の腹痛とともに下痢が起こります。 暴飲暴食、寝冷え、特定の食品に対するアレルギー反応 (例えば牛乳を飲んだら下痢をする、乳製品を食べたら下痢をするなど)、精神的ストレスなどが原因の場合があります。 細菌性、病原性の下痢の場合は腹痛や発熱、吐き気、嘔吐を伴います。 下痢便に血液などが混ざったり、腐ったようなにおいがする場合があります。 o-157、サルモネラ、赤痢、腸チフス、かぜなどの感染が原因で、下痢が続く場合もあります。 下痢、発熱、嘔吐がある場合は速やかに病院で受診してください。 長く下痢が続く慢性下痢の特徴 慢性の下痢は、3週間以上 下痢が続く、再発を繰り返します。 過労や睡眠不足、不規則な食生活、不規則な排便時間、対人関係や仕事上 のストレスが原因になったり、 であるケースも考えられます。 また、、がんやポリープ、肝臓やの病気、の病気、などの原因も考えられます。 抗生物質などの薬も腸内細菌叢のバランスを崩し、長く下痢が続く原因になってきます。 また、冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこるです。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできなくて未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 ここからはさらに詳しく、10通りの慢性的な下痢の原因と改善策について考えてまいりましょう。 最近生活や仕事で変化はないか、無理をしていないかをご自身で分析してみてください。 もちろん、人間関係や仕事の難しさなど、根本的な解決が難しいものが多いと思いますが、 どういったことが解決に繋がるかという糸口を探すだけでもストレスが解消することはあるのです。 誰しもストレスと戦っています。 それをゼロにすることはできませんが、なんのために現在苦労する必要があるのか、なんのためにがんばるべきなのか、という目標をもう一度見定めることでストレスはぐっと減ります。 目標に近づくほどストレスは「必要なもの」かもしれないのです。 また、ストレスの原因とは別に、自分にとって ストレスのある場所とは別の場所を作ることも大切です。 プライベートを充実させること、しっかりと休むこと、遊ぶこと。 仕事や学校に振り回されない別の場所で、しっかりとストレス発散をしましょう。 過敏性腸症候群の可能性 下痢が数週間も続き、特に腸に疾患がなくとも 下痢や便秘がある場合、と呼ばれる症状に発展している可能性もあります。 ストレスが原因となることが多く、上記で心当たりがあった方は過敏性腸症候群であるかもしれません。 ある程度、お薬の力に頼るのも回復を早めるひとつの方法です。 ただし、 精神的なことが原因である場合、胃腸科で胃腸を見ていただいても、大きな原因が見つからないことが殆どです。 眠れなくなっている、恐怖心が大きくなっている・・・と心配な部分が多い方は、 心療内科を訪れてみましょう。 本来、糖質は消化酵素で分解され、小腸で吸収されます。 ところがFODMAPは小腸で吸収されづらいため、小腸から大腸へとそのまま到達します。 そして大腸で腸内細菌とFODMAPが急速に異常発酵を起こし、過剰な水素ガスが発生し、腸の働きが不調になるのです。 つまり、腸全体が過敏になり、おなかがゴロゴロしたり、痛くなったり、ガスがたまったりします。 食べ物による続く下痢を改善するには 特定の糖質を含む食べ物を避けましょう。 この糖質をエサに、小腸内で菌が異常発酵し下痢の原因になっている場合があります。 3週間ほど下記の食品を食べずに様子を見ましょう。 また、おなかの調子が戻ってきた際には1種類づつ食べ、自分に合っているかどうか、おなかの調子が崩れないか確認していきましょう。 風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染病から、偏頭痛なども下痢の原因になることがあります。 下痢以外に何か症状がないかということを考えてみましょう。 最近、10代から30代に増えている病気に、 「」という病気があります。 原因は不明ですが、 食生活との関連性が強いと考えられており、ここ数年の 食生活の欧米化が指摘されています。 クローン病は口から肛門までの消化器官が慢性的な炎症を起こす病気です。 血便はあまり見られず、下痢や腹痛の症状を訴える方が殆どです。 血便がない分気づきにくい病気です。 心当たりがある方は、一度胃腸科がある病院へ受診してみましょう。 胆汁 食後1~2時間前後で下痢になる場合は、胆汁が 下痢の原因の場合もあります。 ではどのような事で下痢の原因となるのか見てみましょう。 これは体に害の無い正常の生理現象です。 胆汁が原因の下痢を改善するには 胆汁による下痢は、一般的な下痢止めの効果がなかなか得られない事が知られています。 まずは生活習慣の工夫で対策をすることが大切です。 家にいるうちにトイレを済ませたり、トイレの無い場所に行く前には食事を控えたりすることで、突然の下痢のリスクを減らすことができます。 これを「消化不良」と言います。 下痢が始まった前後から、体調が悪かったり、 風邪ぎみであったりしていないでしょうか? 体力が落ちているだけで腸の機能は低下してしまいます。 そこで普段と同じ食事をすれば、腸にとっては大きな負担です。 🔷消化不良による下痢になりやすい例 ・風邪を引いた時 ・疲労、体調が悪いとき ・冷たいものをたくさん食べたとき。 ・よく噛まずに食べたとき。 ・早食いをしたとき。 ・寝る直前にたくさん食べたとき。 などなど・・・。 これらは確かに「腸が食べ物を消化しにくい条件」と言えます。 この条件が重なるほど、下痢になりやすいということになってしまいますね。 温かいものや柔らかいものが消化によい理由もわかります。 消化不良による下痢を改善するには コーヒーやアルコールを摂っているのであれば、まずはそれらをやめてみましょう。 やめることがストレスになるのであれば、量を減らすなどして調整します。 胃腸が弱っているときに、これらの飲み物は 下痢の原因になる可能性が高くなります。 食事と一緒に摂っているコーヒーやアルコールが原因になっていないかどうかということを確認してみてください。 また、下痢が続いているときは、冷たい食べ物、飲み物は避け、腸に優しいものを食べるようにしましょう。 冷え 冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこる消化不良が原因の下痢です。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできないず、未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 冷えが原因で長く続く場合の下痢の改善法 長く下痢が続く場合は、まず上着を羽織ったり、ズボンをはいたり、お腹にカイロなどをして、しっかり温めましょう。 また、体の温まる食べ物を積極的に摂りましょう。 (根の野菜や葛、ショウガ、黒焼き玄米茶など) さらに、腸内環境を整えるサプリメントを摂取するのがお勧めです。 出るものは、我慢せずにトイレに行って出すものを出してしまいましょう。 また、潰瘍性大腸炎の前触れとしても「体が冷える」時に発症することが多いといわれています。 冷えは万病のもと。 体が冷え始めたら、出来るだけおなか周りから温めることを心がけましょう。 前は平気だったものが今は苦手・・・ということがあるように、 体が求める食べ物は年齢によって変わります。 生活していく上で必要なカロリーも加齢によって減っていきますので、 脂っこいものを食べ過ぎていないか、体を冷やすものを飲みすぎていないか、 ご自身の食生活を振り返ってみましょう。 やはり油分は消化しにくく、消化不良による下痢を起こしやすいので、揚げ物を控えるほか、マヨネーズやドレッシングなどの調味料、スナック菓子、インスタントラーメンなども控えてみてください。 食事の量が原因の下痢を改善するには 食事を作る際にはサラダ油を避け、 消化のよいオリーブオイルやごま油を使用してみましょう。 酸化したした油や消化の悪い油は、胃腸に負担をかけ 下痢の原因になる可能性が高くなります。 できるだけ避けましょう。 また、食事の量が多いなと感じたら、食べる量を少し控え様子を見てみましょう。 女性ホルモン 女性の下痢の原因のひとつに月経が 月経が近づいてきたあたりから月経中、下痢になってしまう人もいます。 この場合下痢の原因は月経の時に分泌される「プロスタグランジン」というホルモンのような物質が原因です。 プロスタグランジンは出産時の陣痛を起こす効果もあり、女性にとってとても重要なものなのです。 しかし、子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。 、子宮や腸の血管や神経は収縮し、緊張している状態になります。 女性ホルモンによる下痢を改善するには 対処法としては、子宮や腸周辺の緊張をほぐしてあげるようなことをすることです。 一番簡単なのは、よく暖めてあげることです。 食品添加物 食品添加物が原因の下痢 食品添加物は「発ガン性」「アレルギー性」「遺伝毒性」の3つの毒性があるということが疑われています。 戦後急速にガンやアレルギーが増えていますが、その原因は食品添加物による腸内環境の乱れが大きな要因と言われています。 人間には本来自然治癒力が備わっていますが、腸内環境が悪化すると、免疫力の60~70%は腸内で作られていますので、当然治癒能力も低下し、胃腸の弱い方は下痢が続くなど、様々な病気が蔓延してしまうのです。 よく外食をされる方やコンビニのお弁当を利用される方は、一度食生活を見直してみましょう。 腸内環境 腸内環境の乱れが原因の下痢 腸内環境を悪くする原因として、抗生物質、不規則な食生活、ストレス、食品添加物などが挙げられますが、 下痢が続くと、腸内環境の悪化という負のスパイラルが始まり、自律神経が乱れがちになり、体調が優れないばかりか、気持ちもどんどん沈んでいきます。 また、イライラしたり、不安になったり、気持ちがマイナスに傾きすぎると、腸内環境が悪くなります。 そう、腸と心はそのくらい密接な関わりがあるのです。 腸内環境の乱れによる下痢の改善方法 まずは、悪循環を断ち切るためにも、で腸内環境を整えましょう。 そして、毎日の食生活も栄養バランスも考え、健康管理に十分注意してまいりましょう。 まとめ. 下痢を改善するために どんな原因であれ、食後の下痢が長く続くのは体に支障があります。 病院に行くことが直接的な解決にならない場合もありますが、 病気の可能性を考えれば一度は受診していただくのが一番だと思います。 医師が判断する場合にも、それまでの生活・食生活がどういったものであるかの情報は大変重要なポイントになります。 生活のスケジュールを書き出してみる、食べたものをメモするなどしてみましょう。 自分についての情報を客観的に整理することは、だけでなく ご自身が自分の力で生活を変えるときにも、とても大切なことです。 一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

次の

プルーンの正しい食べ方で便秘解消!下剤作用でダイエットにも?

プルーン 下痢

CONTENTS• プルーンの便秘を改善する3つのポイント プルーンといえば便秘に効くたべものとして昔から人気があります。 単なるドライフルーツのようにしか見えないプルーンですが、なぜ便秘を改善する効果があるのでしょうか?その栄養素とはたらきの面から紐解いていきます。 食物繊維 プルーンには食物繊維がたっぷりと含まれています。 食べると少し硬い歯ごたえと、繊維が伸びるような食感がありますが、それの正体が食物繊維です。 食物繊維には、水溶性と不溶性があり、どちらも腸をきれいにして腸内環境を整えるはたらきがあります。 干しプルーンの食物繊維量(可食部100gあたり) 水溶性食物繊維・・3. 3g 不溶性食物繊維・・7. プルーンに含まれる代表的な食物繊維はペクチンです。 どちらの食物繊維も同時に摂れるので、食物繊維不足の現代人にはありがたい食品といえますね。 ソルビトール プルーンには15%の割合でソルビトールが含まれています。 ソルビトールは水分を保持するはたらきをもつ糖類です。 また、腸管を刺激するはたらき、便を出す緩下作用もあるため、医薬品としても活用されているほどです。 プルーンを食べるとおなかがゆるくなるのは、ソルビトールの作用も少なからず関係していると考えられます。 抗酸化作用 果物や野菜などの植物が自分を環境変化から守るためにもっているポリフェノールには抗酸化作用があります。 この抗酸化作用にはヒトの酸化ストレスによるダメージを防ぐはたらきがあります。 プルーンは実は抗酸化力が強い食品で、他のアルファルファやケール、ブルーベリーなどと比べても群を抜いています。 <プルーンの抗酸化成分> ネオクロロゲン酸、ヒドロキシクロロゲン酸 など 抗酸化作用は細胞のダメージを抑え、炎症を防ぐなどの作用があるため、腸の粘膜細胞を健康な状態に保ってくれます。 抗酸化作用そのものに直接排便を促す効果はありませんが、腸の働きや状態を改善することで健康な腸を維持することに役立ちます。 プルーンってどんなもの? プルーンについて、あなたはどれくらい知っているでしょうか?なんとなく昔から身近にあるけれど、元はどんなフルーツでどんな食材か知らないことも多いはずです。 プルーンについて、もう少し知っておきましょう。 すももの仲間 プルーンはもともとはすももと同じです。 生のすももを「プラム」、乾燥したものを「プルーン」と呼んでいます。 日本のすももとヨーロッパのすももは別のもので、西洋すももはプルーンともよばれます。 乾燥プルーンにむいている糖度の高いプラムはプルーンプラムとも呼ばれます。 ちょっとややこしいですが、すももの仲間だということを理解しておきましょう。 ドライフルーツやペーストが多い プルーンは生のすももとして出回ることもありますが、一番身近なのはドライプルーンではないでしょうか。 ドライプルーンは甘いですが、特に糖を加えているわけではなく、そのまま乾燥させて作られています。 乾燥させると水分がなくなるぶん、甘さや美味しさがぎゅっと濃縮されます。 また、ミキプルーンに代表されるようなペースト状のタイプも馴染み深いプルーン商品です。 独特な風味がありますが、プルーンの成分を余すことなく摂取できて取り入れやすい形状が人気です。 機能性食材 プルーンは機能性食材であり、食べることで日々の健康管理に役立ちます。 プルーンには次のような機能があります。 ・ビタミンA 肌の再生を促す脂溶性ビタミン。 身体の成長、歯の健康、生殖においても欠かせなません。 ・鉄分 血液中のヘモグロビン(ヘム鉄)の構成要素で酸素と結びついて全身へ酸素を運びます。 女性の貧血予防にもプルーンは役立ちます。 ・カリウム 筋肉の収縮、水分バランスの調整など生きるために欠かせないミネラル分。 汗をかくと失いがちになるため、熱中症予防にも役立ちます。 他にもさまざまな機能をもたらしてくれる栄養素をたっぷり含んでいます。 次の章でそれぞれの栄養について深く掘り下げていこうと思います。 ・抗菌作用 プルーンには抗菌作用があることが報告されています。 肉にプルーンを混ぜたところ病原菌を抑える働きがあることがわかりました。 ハンバーグなどを作るときに1. プルーンの嬉しい栄養価 いろいろな機能を持っているのはプルーンに多様な栄養素が含まれているからです。 それぞれのビタミンとその含有量について見ていきましょう。 ビタミン 先に説明したビタミンA以外にも、ビタミンが含まれています。 7mg ビタミンB1 0. 07mg ナイアシン 2. 2mg ビタミンB6 0. 34mg ビタミンEは血流をよくして冷えを改善したり、血液をさらさらにする働き、抗酸化作用があります。 ビタミンB1は脂質代謝を促し、ビタミンB6はアミノ酸の代謝や神経伝達に欠かせないビタミンです。 ミネラル ミネラル分は電解質とも呼ばれ、生体機能を維持するために必要です。 ミネラルにはさまざまな種類がありますが、次のようなミネラルがプルーンには豊富に含まれています。 ドライプルーン100gあたり ナトリウム 1mg カリウム 480mg カルシウム 39mg マグネシウム 40mg リン 45mg 鉄 1. 0mg 特に多いのがカリウムで上でも紹介していますが、血圧を適正に保つ、むくみを予防する、脱水症状を防ぐなどの役目があります。 ただし、カリウムは腎機能が低下している方は摂取制限されることがあります。 腎臓の病気を治療中の方は医師に確認しておくと良いでしょう。 葉酸 水溶性ビタミンの1種で、ほうれん草などの葉物に多く含まれます。 葉酸は心臓病や脳卒中予防に役立つ成分で、また、妊産婦においても胎児の発育のために欠かせない栄養素です。 葉酸摂取するにはもってこいの食品といえます。 鉄分 鉄は体内に3-4gあり、そのほとんどが血液中の赤血球中にあります。 残りは肝臓などに貯蔵されています。 鉄が不足すると鉄欠乏性貧血となり、めまい、ふらつき、二枚爪などを引き起こします。 特に女性は生理で出血するため鉄分不足になりがちです。 食物繊維 ドライプルーンには100gあたり7. 2gの食物繊維が含まれています。 摂取目安量は次の様な基準があります。 厚生労働省策定の食事摂取基準[2005年版]によれば、1日あたりの目安量は、30~49歳では男性26g、女性20g、50~69歳では男性24g、女性19gとなっています。 エネルギー摂取量とあわせて考え、おおよそ1000kcalに対して10gの食物繊維を取ることが望ましいとされています。 引用元: しかしながら、最近の平均摂取量は14g程度と不足ぎみです。 プルーンを食べることで、食物繊維を簡単にプラスすることができるので不足気味の方の補助食品としておすすめです。 便秘解消を促す正しいプルーンの食べ方 便秘解消に良いとはいっても、プルーンは薬ではないのでなんとなく食べていても効果が得られにくくなります。 次の食べ方を知っておくと効果的にプルーンを取り入れられますよ。 何粒食べるといい? プルーンは栄養価が高い上に美味しくて、食べ出すと何個か連続して食べてしまうことがあります。 それに便秘を改善したいと思うが故に、食べ過ぎてしまう方もいるでしょう。 しかし、プルーンは1粒25kcalで、糖質も4g程度含まれます。 例えば10粒も食べたら250kcalも摂取し、糖質は40gにもなります。 バランス良い食べ方の目安としては2-5粒程度までにしておくと良いでしょう。 食べるタイミング 基本的にいつでも食べても特に問題はありません。 便秘に効果的な食べ方は空腹時に食べるのがおすすめです。 例えば間食のおやつには糖分も食物繊維も含まれているので腹もちよく、適度に血糖値を上げてくれるので空腹を紛らわすにもぴったりでしょう。 プルーンのタイプ プルーンのタイプとしては、粒状のものと液状タイプがありますがどちらでも便秘改善に役立つ食品です。 どちらが良いかというと、食物繊維を摂取しやすいのは粒状のタイプの方です。 また、お腹が食物繊維で張りやすい方、詰まりやすい方は液状の方が負担なく取り入れられることでしょう。 好みのタイプを選んで続けることが大事です。 特に相性が良いのはヨーグルトです。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内にある善玉菌を増やし、食物繊維も善玉菌を増やし腸の汚れを絡め取ってくれます。 プルーンスムージーの場合 独特な濃厚さがあるプルーンはスムージー にすると飲みやすくなります。 他のフルーツと合わさることでプルーンのえぐみもマイルドになって、口当たりが良くなります。 栄養素も摂取しやすい形なので、朝食に飲むと1日を元気にスタートできそうですね。 <プルーンスムージー のレシピ>• プルーン 50g• はちみつ 少々• 豆乳 100cc プルーンは細かく刻んでからミキサーにかけるとなめらかになりやすいです。 すべてをミキサーに入れて攪拌しましょう。 プルーンジュースの場合 プルーンから作られたプルーンジュースはスーパーなど市販で買うことができます。 さらさらとしたジュースタイプなので、固形物と比べて腸までスムーズに届きやすいというメリットがあります。 ドライプルーンから作られたものもありますが、生のプルーンから作られたタイプの方が飲みやすいという口コミがあります。 ただし生のものと比べて加熱処理などをされていることが多く、栄養素が損なわれている可能性があるので気をつけましょう。 プルーンを食べるときの注意点 プルーンは薬ではないので副作用というものはありませんが、とても栄養価が高い食品なので食べ方には気をつけておきたいことがあります。 次に紹介することを理解しておきましょう。 食べ過ぎは下痢のもと プルーンには豊富な食物繊維やソルビトールなど腸を刺激する成分が含まれています。 そのため便秘を改善することに役立ってくれるのですが、食べ過ぎると逆に下痢になってしまうこともあります。 便秘を改善したいからといって食べ過ぎるのは禁物です。 適量を守って食べるようにしましょう。 タンニンとの摂取はNG ただし、鉄分摂取を目的に食べる場合には、少し気をつけておきたいことがあります。 それは紅茶やコーヒーなどに含まれるタンニンが鉄分を吸着させてしまうことです。 気になる場合は、お茶やコーヒーなどを飲んでから30分程度開けてプルーンを食べると良いでしょう。 一度プルーンを試してみて下さい プルーンは便秘改善に役立つ食品であることを紹介してきました。 さまざまな効果があるプルーンですが、特に便秘に悩んでいる方にはぜひ試して見て欲しい食材です。 ただし、体質にもよる部分があるため食べてみて改善しない方は食べ続けたり食べ過ぎないことが大事です。 身体の変化を感じとりながら取り入れていきましょう。 また、プルーンは疲労回復や美容にもおすすめの食品です。 おやつや食後のデザートなどに栄養源として取り入れてみると良いでしょう。

次の

プルーンの緩下作用?

プルーン 下痢

犬にプルーンを与えてはいけない理由 健康に良いミラクルフルーツとして知られているプルーンですから、飼い主さんの中には「犬にとっても健康に良いのでは」と考える人も多いでしょう。 しかし前述したとおり、プルーンは犬にとって有毒なフルーツです。 では、なぜ犬に与えてはいけないのでしょう。 それはプルーンの中に含まれている成分が影響しています。 詳しいことは後ほどご紹介しますが、簡単にご説明するとミラクルフルーツと言われるだけあり、多くの成分が多量に含まれていることが理由とされています。 人間にとっては健康に良い多くの成分を含んでいるフルーツですが、犬にとってはその成分が有害であったり、あるいは摂取しすぎることによって悪影響を及ぼしてしまうのです。 適度であれば健康に良い成分であっても、摂取しすぎによって中毒症状を引き起こす恐れがあるため、犬には与えてはいけないフルーツとされています。 ソルビトール 次にソルビトールです。 プルーンは食物繊維が豊富なフルーツですので、人間が食べる分には腸内環境を整えてくれたり、便秘解消に役立つと言われています。 しかし、この食物繊維の役割を果たすソルビトールという成分こそ、犬にとって危険性の高い成分になります。 先ほどからお話ししているように、少量であれば便秘解消などに繋がるのですが、プルーンには多くのソルビトールが含まれているため、下痢の症状が重症化する恐れがあります。 下痢が長く続いてしまったり、症状が悪化してしまうと脱水症状などの他の症状も引き起こしてしまいます。 これにより健康状態に悪影響を及ぼしてしまうのです。 またソルビトールは糖分の仲間でもあります。 そのため、摂取しすぎてしまうと下痢の症状だけでなく糖分多量摂取にも繋がりますので注意しましょう。 犬がプルーンを食べてしまった時の対処法 ここまでにもお話ししたように、プルーンはミラクルフルーツと言われていますが、犬にとっては成分が多く含まれ過ぎているため、毒となってしまう恐れの高い食材です。 そのため、飼い主がしっかり口にしないよう注意しなければなりません。 しかし、いくら飼い主が注意していても「道端に落ちていたプルーンを食べてしまった」などの予期せぬ自体は起こり得るものです。 では、もしも愛犬がプルーンを食べてしまった場合、どのように対処すべきなのでしょう。 愛犬が食べてしまった場合、無理に自分で何とかしようとせず、まずはかかり付けの動物病院へ連れて行き、診てもらいましょう。 その際、プルーンをどのくらいの量、いつ食べてしまったのかをしっかり獣医さんに伝えてください。 また「食べてしまったかハッキリわからないけれど、もしかすると口に含んでしまったかもしれない」という場合には、まず動物病院に電話してその後の対応を相談すると良いでしょう。 プルーンヨーグルト 犬にとって無糖のヨーグルトは健康に良いとされているため、時々おやつ代わりに食べさせているという飼い主さんも多いでしょう。 ヨーグルトの中にはプルーンの入ったヨーグルトも多く販売されています。 このプルーン風味、あるいはプルーンの入ったヨーグルトは食べさせて良いのでしょうか。 まずプルーンがそのまま入ったヨーグルトですが、食べさせてはいけません。 プルーン自体が入っている場合、当たり前ですがプルーン自体を食べている状況と変わりありません。 さらにプルーンの成分がヨーグルトに溶け込んでいる可能性もありますので、この場合はヨーグルトも与えない方が良いでしょう。 では、元々ヨーグルトにプルーンのジャムなどが加えられている物を食べてしまった時はどうなのでしょうか。 こちらも与えない方が良いとされています。 生で食べるよりは成分が少ないと考えられますが、中にはプルーンをたくさん使用しているプルーンヨーグルトも存在します。 それらを踏まえて考えると、このタイプのプルーンヨーグルトも与えない方が良いでしょう。 プルーンのアロマ プルーンが配合されたアロマオイルもありますが、基本的に口に含んでいるわけではないため、使用頻度が適度であれば問題ないとされています。 ただし、人間用のアロマは犬の健康に必ず悪影響を及ぼさないとは限りません。 プルーンだけでなく、どのアロマであっても強い匂いであったり、1日中使い続けるなどの過度な使用方法は犬にとって悪影響を及ぼす恐れがあると言われています。 人間にとって良いアロマでも、犬にとって良いアロマとは限らない場合もあります。 また、アロマは香りを楽しむだけでなく、それぞれのアロマの効果効能は異なります。 そもそも犬は人工的な匂い(香水やタバコなど)はあまり好きではないとされています。 嗅覚が敏感なため、人間にとって良い匂いと感じる匂いも、犬にとっては「匂いがきつい」「臭い」と感じてしまい、ストレスとなる恐れがあるのです。 アロマを使用する場合は、犬の皮膚に塗ったり口に入れることは絶対にやめましょう。 アロマの精油は原液で使用することはなく、決められた濃度に希釈して使用します。 使用前に専門家に使用方法や濃度を確認し、正しい用法、正しい量を守るようにしましょう。 プルーン入りシャンプー 人間が使用するシャンプーには、様々な種類があります。 その中にはプルーンが含まれたシャンプーも存在しますが、これは犬に使用してはいけません。 プルーンが入っているからという理由ではなく、人間用のシャンプーは犬にとって刺激が強いからです。 また人間用のシャンプーを使用した際、誤って目に入ってしまったり、口に入ってしまうと非常に危険です。 なぜならば、人間用のシャンプーは犬にとって有毒な成分が含まれている危険性があるからです。 愛犬をシャンプーする際は、必ずペットショップや動物病院などで販売されている犬用のシャンプーを使用するようにしましょう。 以上のように、プルーンが入った食品は犬に与えない方が良いですし、人間用として販売されている製品は犬に使わないようにしましょう。 犬に与えてはいけない果物 まずは犬に与えてはいけない果物から見ていきましょう。 よくスーパーで見かける果物の中で、主に犬に与えてはいけないと言われている果物は以下の4つです。 生プルーン• ぶどう• マスカット• レーズン 今回ご紹介しているプルーンはもちろん、果物の中でも同系統に分類されるぶどうやマスカット、レーズンなどが挙げられます。 もちろん、これらが入っているミキプルーンやプルーンヨーグルトなども与えてはいけない食品です。 ぶどうやマスカット、レーズンを与えてはいけない理由はプルーンとほとんど同じです。 腎不全などを引き起こす危険性が非常に高いため、1粒でも与えてはいけないと言われています。 そのため、家でぶどうやマスカット、レーズンを飼い主がよく食べるという場合は、愛犬に与えないのはもちろん、床に落としてしまわないよう注意が必要です。 犬に与えていい果物 では反対に犬に与えていい果物にはどのような果物があげられるのでしょうか。 犬が食べても問題ない果物は以下の通りです。 バナナ• りんご• スイカ• みかん 上記の果物は旬の時期になるとよくスーパーで見かけるため、私たちも購入することが多いですよね。 実はこれらの果物は犬も食べることができるだけではなく、水分補給の手助けをしてくれたり、食物繊維によって便通を良くしてくれる働きがあります。 しかし、やはりフルーツはドッグフードなどに比べると糖分が非常に高いです。 与え過ぎてしまうと糖分の過剰摂取となり、肥満体型になってしまい健康に悪影響を及ぼしかねません。 与え過ぎないよう、1日1口、あるいは時々おやつの代わりとして与える程度に止めるようにしましょう。 食事の管理も飼い主としての大切な責務ですよ! 犬に与えてはいけない物のひとつにプルーンがあるのは有名ですよね。 ただ、何の成分がダメなのかなどの理由を特に気にした事はなく与えてはいけない食材のひとつという事しか知りませんでした。 ぶどうやレーズンも犬にとって与えてはいけない物のひとつなので、プルーンとレーズンは見た感じも何となく似ているしなぁ、くらいにしか考えた事がなかったです。 たまに、この食材はダメ、良いなど情報だけが一人歩き?している時がありますよね。 今はネット社会ですから、間違った情報もたくさんありますので飼い主さんが気をつけてあげる必要がありますね。 なぜこの食材がダメでどんな成分がいけないのか、何となくでも知っておくのは良い事だと思います。 万が一誤飲してしまった際も、この食材はこういう症状が出る恐れがあるからと、全く何も知らないよりは落ち着いて行動できる気がします。 犬にとって良くないとされる食材を使ったフードやおやつなど販売されていますが、販売されているくらいなのだから安心という訳ではありません。 徹底して検査や安全に作られているんだなという物もありますが、中にはほんと?適当じゃない?なんて信用できないメーカーもあります。 わんちゃんの個体差によるので問題ない子や全くダメな子がいるようですが・・・個人的にはそういった、成分を含むフードやおやつなどは特に与える理由がないので選びませんが、与えたい場合はどういう理由でその成分を使っているかなど納得いくまで製造先に確認する、など自分で判断する必要があると思います。 プルーンは犬にとってネギ類と同じくあげたら命に関わります。 プルーンは呼吸困難やショック症状になったりと、危険な状態になるのは知りませんでした。 私も気をつけたいと思います。 一番最初はダルメシアンが、症状をだしたのが始まりでした。 乾燥プルーンは、毒性があると言われていますが、犬にとっては野菜も毒が入っているというのは驚きました。 また、プルーンはカリウムが豊富で人間には嬉しいのですが、犬には過剰なカリウムは、嘔吐や下痢などの元気がなくなる症状が出るので、気をつけようと思いました。 昏睡症状の「カリウム血症」になって命に危険があるので、大変だなと思いました。 食物繊維が強すぎるのも犬はダメで、ひどい下痢症状を起こしてしますので注意が必要になります。 犬にとってもカロリーが高いので注意しようと思いました。 犬にはレーズンも駄目でしたね。 似ているからあえて食べさせることはありませんでしたが、やはりプルーンも与えてはいけない果物になるんですね。 どうして駄目なのか、理由までは詳しく知らなかったので、記事の内容を読んで納得しました。 カリウムを多く摂りすぎるのは確かによくないです。 高齢のわんちゃんの場合、内臓にも負担をかけやすく、心臓病を持っているならなおさら注意しなくてはいけないミネラルです。 うっかりテーブルの上に置き去りにしてしまうこともあるので、危険な食べ物はちゃんと愛犬の届かないところに保管するようにしなくてはいけませんね。 プルーンに限らず果物の種には毒性が含まれていることが多いです。 危険な面があるものはあえて食べさせる必要はないと思います。

次の