国際医学技術専門学校。 九州医学技術専門学校|医療のエキスパート「臨床検査技師」と「医療事務担当者」を育成!

国際医学技術専門学校/先生・教授(川村 和之先生(学科長))(理学療法学(得意分野/運動器系理学療法、小児理学療法))【スタディサプリ 進路】

国際医学技術専門学校

検査業務における知識・技術に加え、「ホスピタリティ」の心で人の役に立つ医療スペシャリストを育成 臨床検査技師は、病気の診断に必要となるあらゆる検査を担当し、迅速かつ正確な情報を医師に提供することが仕事です。 本校では、チーム医療の一員としてホスピタリティの心を持った臨床検査技師の育成を目指しています。 近年、連続して国家試験合格率100%の実績を残している本校では、入学後スムーズに授業に入っていけるよう、入学予定者に練習問題などを配付するなど、入学前からサポートを始め、入学後も引き続き基礎科目のサポートを行います。 また、6か月間の病院実習で高度な知識や技術を習得し、さらにきめ細かな国家試験対策指導を実践することで、毎年高い国家試験合格率をあげ、本校の卒業生は、医療現場で高い評価を得ています。 同時に医療系大学への編入もフォローしています。 「食」と「健康」をキーワードに、 医療と調理に強い栄養士を育成 食育推進、スポーツ栄養、安全な食品、生活習慣病、人々の「食」を通しての健康への関心はますます高まっています。 本校の栄養士科は、日本で最初に医療現場を意識して誕生した栄養士養成の教育機関です。 医療・栄養・福祉・健康の各分野で活躍するスペシャリストの育成を目指している本学では、2年次から「管理栄養コース」「ヘルシースポーツコース」「ヒューマンウェルフェアコース」の3コースに分かれ、将来自分が活躍したい分野を目指します。 各コースとも西武文理大学フードコーディネーター2級、ホームヘルパー2級、調理技能検定 1〜3級 の資格が取得できます。 「義肢」「装具」を科学する専門的知識と高度な技術、 ホスピタリティの心で社会に奉仕 義肢装具士の養成校は全国に9校ありますが、都内にあるのは本校だけです。 義肢装具士は、病気や事故等により手足を失った人のために人工の手足を製作したり、コルセットやサポーターなどの装具を製作したりするのが仕事です。 近年、新素材とハイテクを駆使した義肢の著しい進歩により、パラリンピックに見られるような激しいスポーツ等にも対応できるようになり、また本物とみまがうような精巧な義肢も作られるようになってきました。 本校では、社会のニーズに応じ得る人材を少人数制で教育し、専門的知識と高度な技術を習得させています。 また、福祉、介護分野の教育内容の充実をも図っており、将来、医療・リハビリ・福祉分野における活躍を目指す人には最適な国家資格です。 リハビリテーションの分野で活躍する 「ことば」「きこえ」「のみこみ」のスペシャリストを育成 言語聴覚士は「ことば」「きこえ」さらに「たべる」ことに障害をもつ方々に対するリハビリテーションを行います。 本校では高卒以上を対象に、人間愛と奉仕の心、豊かなコミュニケーション力を持った言語聴覚士の養成を行っています。 言語聴覚療法の対象には、失語症、構音障害、音声障害、聴覚障害、摂食えんげ障害、言語発達障害などがあり、成人分野と小児分野からのアプローチがあります。 「リハビリ」「医療」のみならず「福祉」「教育」の各分野で広く求められる専門職育成のためのホスピタリティあふれるカリキュラムを編成しています。

次の

国際医学技術専門学校の口コミ|みんなの専門学校情報

国際医学技術専門学校

沿革 [ ]• 2月 設立。 4月 国際医学総合技術学院を開設。 4月 を開設。 (国際医学総合技術学院を発展改称)• を専攻科を除き募集停止。 4月 岐阜医療科学大学開学。 4月 大学院保健医療学研究科修士課程開学。 4月 可児キャンパス跡地に岐阜医療科学大学可児キャンパスが開設。 4月 薬学科開設。 設置学部・学科 [ ] 学部 [ ]• 放射線技術学科• 看護学科(平成29年度入学まで)• (平成30年度入学以降)• 看護学科• 薬学科 専攻科 [ ]• 専攻科 大学院 [ ]• 保健医療学研究科 取得可能資格 [ ] 卒業時、が所管する以下のの受験資格が得られる。 臨床検査学科• 放射線技術学科• 看護学科• (所定のカリキュラムを履修した場合)• 助産学専攻科• 薬学科• 所在地 [ ].

次の

九州医学技術専門学校|医療のエキスパート「臨床検査技師」と「医療事務担当者」を育成!

国際医学技術専門学校

検査業務における知識・技術に加え、「ホスピタリティ」の心で人の役に立つ医療スペシャリストを育成 臨床検査技師は、病気の診断に必要となるあらゆる検査を担当し、迅速かつ正確な情報を医師に提供することが仕事です。 本校では、チーム医療の一員としてホスピタリティの心を持った臨床検査技師の育成を目指しています。 近年、連続して国家試験合格率100%の実績を残している本校では、入学後スムーズに授業に入っていけるよう、入学予定者に練習問題などを配付するなど、入学前からサポートを始め、入学後も引き続き基礎科目のサポートを行います。 また、6か月間の病院実習で高度な知識や技術を習得し、さらにきめ細かな国家試験対策指導を実践することで、毎年高い国家試験合格率をあげ、本校の卒業生は、医療現場で高い評価を得ています。 同時に医療系大学への編入もフォローしています。 「食」と「健康」をキーワードに、 医療と調理に強い栄養士を育成 食育推進、スポーツ栄養、安全な食品、生活習慣病、人々の「食」を通しての健康への関心はますます高まっています。 本校の栄養士科は、日本で最初に医療現場を意識して誕生した栄養士養成の教育機関です。 医療・栄養・福祉・健康の各分野で活躍するスペシャリストの育成を目指している本学では、2年次から「管理栄養コース」「ヘルシースポーツコース」「ヒューマンウェルフェアコース」の3コースに分かれ、将来自分が活躍したい分野を目指します。 各コースとも西武文理大学フードコーディネーター2級、ホームヘルパー2級、調理技能検定 1〜3級 の資格が取得できます。 「義肢」「装具」を科学する専門的知識と高度な技術、 ホスピタリティの心で社会に奉仕 義肢装具士の養成校は全国に9校ありますが、都内にあるのは本校だけです。 義肢装具士は、病気や事故等により手足を失った人のために人工の手足を製作したり、コルセットやサポーターなどの装具を製作したりするのが仕事です。 近年、新素材とハイテクを駆使した義肢の著しい進歩により、パラリンピックに見られるような激しいスポーツ等にも対応できるようになり、また本物とみまがうような精巧な義肢も作られるようになってきました。 本校では、社会のニーズに応じ得る人材を少人数制で教育し、専門的知識と高度な技術を習得させています。 また、福祉、介護分野の教育内容の充実をも図っており、将来、医療・リハビリ・福祉分野における活躍を目指す人には最適な国家資格です。 リハビリテーションの分野で活躍する 「ことば」「きこえ」「のみこみ」のスペシャリストを育成 言語聴覚士は「ことば」「きこえ」さらに「たべる」ことに障害をもつ方々に対するリハビリテーションを行います。 本校では高卒以上を対象に、人間愛と奉仕の心、豊かなコミュニケーション力を持った言語聴覚士の養成を行っています。 言語聴覚療法の対象には、失語症、構音障害、音声障害、聴覚障害、摂食えんげ障害、言語発達障害などがあり、成人分野と小児分野からのアプローチがあります。 「リハビリ」「医療」のみならず「福祉」「教育」の各分野で広く求められる専門職育成のためのホスピタリティあふれるカリキュラムを編成しています。

次の