塩 プリン 糸島。 福岡・糸島半島の先端で秘境グルメ。製塩所「工房とったん」の塩プリン

わざわざ食べに行きたい! 「工房とったん」の「花塩プリン」と「またいちの塩」【福岡】

塩 プリン 糸島

Instagramで火がついたと言っても過言ではない! 工房から眺める糸島の海と美味しいお塩。 製塩所 工房とったん様こと 「またいちの塩製造所」様です!! へいせいの木の家 影武者 中島。 平日は無料でも駐車可能ですが(タイミングですが)、休日ともなると・・・。 満車の嵐! 並ぶ覚悟は必要です。 無事に駐車を終えたらしばし入り口までお散歩。 そうです。 工房にはお手洗いは設置されておりません!! この道に入る前に、手前の公衆トイレをご利用ください。 私は寝そうになりました。 笑 工房の一番奥には 海水を上から下に落としながら循環させ この中でお塩が作られているそうです。 やっぱ美味しいものって自然と笑顔にさせてくれますよね。 海を眺めながらいただきました!! プリンの容器となっている瓶も可愛いので、お土産で頂いたらお家でも再利用できちゃいますね! 県外からも多くの方が訪れるとのことで、スタッフさんに聞いてみました! 私:「やっぱり休日って、人多いですか??」 スタッフさん:「多いなんてものじゃありませんよ〜!!売り場から入り口までずっと列ができるくらい、人で溢れています!」 特に、学生さんの春・夏・冬休み中は凄いらしいです。。。

次の

季節屋「通販専用 花塩プリン(75g×6個入り)」へのおすすめレビュー(お取り寄せの達人:スイーツなかのさん):おとりよせネット

塩 プリン 糸島

糸島のまたいちの塩で人気のプリンを食べてみた! ランチの後にやってきたのは「またいちの塩」。 海に面している製塩所で見学もできます。 ここでのお目当ては塩をかけて食べるプリンです。 この建物でプリンが売ってます! 他にもサンドイッチとか飲み物とか売ってるので、軽めの食事もできますよ。 わたしたちはランチ後だったのでデザートのプリンだけ^^ スプーンとかストローなどの付属品はセルフで! わたしは花塩プリン(右側)、友人はごま塩プリン(左側)を食べました。 塩のつぶが大きめで存在感がすごい。 めちゃくちゃ暑くて汗かきまくりの日には熱中症予防になりそうな感じ。 プリンの食感はトロトロ。 パステルのなめらかプリンみたいな感じだけど、さらにクリームに近いプリンですね。 ていうかクリームってことで良さそう(笑) 柔らかクリームにガリガリとした塩が主張します。 とろとろ系のプリンが好きな人はぜひ食べてください! この日は暑かったので、美味しいけどちょっと喉が渇きますね~ ここから海を眺めながらプリンを楽しみました^^ 日頃の喧騒を忘れて、穏やかな気持ちになれますよ。 日差しがかなり強い日だったけど、日陰に入れば過ごしやすいので良かったです。 こんな感じで座る場所はたくさんあったけど、日陰はそんなに多くないです。 夏の晴天の日はめちゃくちゃ暑いので注意してくださいね。 スタンドショップの横には塩やイリコの販売所もあります。 わたしが行ったときは、こっちの方が混んでました。 塩も大人気なんですね! またいちの塩プリンの値段 プリンの値段は 350円。 でしたが2018年11月から値上がりしてます。 現在は400円です。 いいとこのプリンと変わらない値段になってしまった~ 日本の物価がどんどん上がっていく(泣) 持ち帰り3個以上は保冷剤つけてくれてたけど、今はどうだろうか。 もしかしたら保冷バッグの値段も変わってるかもしれません。 現地で確認してくださいね。 またいちの塩プリンの販売場所 またいちの塩プリンは人気だけど、毎回ここまで来るのは大変ですよね。 ほかに売ってる場所はないの?って話なんですが、系列の「イタル」または「SUMICAFE」で食べることができます。 持ち帰るなら「季節屋」。 この3つは同じ敷地内にあって、またいちの塩から車で30分くらいです。

次の

1日1800個売れる!福岡県糸島の絶景で食べる「花塩プリン」

塩 プリン 糸島

広告 とろ〜り、なめらか。 可愛らしい小瓶に入ったそのプリンは、1個350円。 卵と牛乳は、それぞれ地元糸島の新鮮な素材を使用している。 まずは、そのままひとくち。 濃厚で、とても滑らかな口当たりだ。 続いて、添えられた塩とカラメルソースをかけながらいただく。 かける塩は、工房とったんが独自に開発した「潮の粒」という大粒のかけ塩で、旨みが強く、カリッとした歯触りが特徴。 プリンの甘みをさらに際立ててくれる。 ベーシックな花塩プリンに加えて、キャラメルプリンやごま塩プリンもある。 花塩プリンは、糸島市本にあるまたいちの塩の販売所「季節屋」で購入することができる。 納屋を改装したなんとも趣のある建物だ。 同じ敷地内には、糸島の食材を堪能できるレストラン「イタル」とカフェ「」がある。 sumi cafeは古民家を改築したお洒落なカフェで、ここでも花塩プリンを提供している。 ちなみに、通販でも購入できる。 詳しくは、公式HPにて。 糸島 またいちの塩 :: 商品説明 :: 花塩プリン 花塩プリンを販売している季節屋は、白糸の滝から程近く、を楽しんだあとは、もいいが、田んぼに囲まれた場所で食べる絶品プリンもおすすめだ。

次の