東京 の 灯 よ いつまでも。 新川二朗

東京の灯よいつまでも: 二木紘三のうた物語

東京 の 灯 よ いつまでも

作詞:藤間哲郎、作曲:佐伯としを、唄:新川二郎 1 雨の外苑 夜霧の日比谷 今もこの目に やさしく浮かぶ 君はどうして いるだろか ああ 東京の灯 (ひ)よ いつまでも 2 すぐに忘れる 昨日 (きのう)もあろう あすを夢みる 昨日もあろう 若い心の アルバムに ああ 東京の灯よ いつまでも 3 花の唇 涙の笑顔 淡い別れに ことさら泣けた いとし羽田の あのロビー ああ 東京の灯よ いつまでも 《蛇足》 東京オリンピックが開催された昭和39年(1964) にリリースされた新川二郎のヒット曲。 何かの事情で恋人と別れて地方に帰った若者が、外苑や日比谷界隈でデートしたことを懐かしく追想する、といった設定です。 外苑には皇居外苑と明治神宮外苑があり、どちらを指しているのかわかりませんが、どちらも当時のデートの名所。 今はどうなんでしょうか。 日比谷といえばまず日比谷公園。 日比谷通りを挟んで東側に帝国ホテルがあります。 このころの帝国ホテルは、フランク・ロイド・ライトの設計になる重厚で風格のある建物でした。 日比谷公園内には音楽の殿堂・日比谷公会堂と日比谷野外音楽堂があります。 昭和22年(1947) の黒澤明作品『素晴らしき日曜日』には、こんなシーンがありました。 貧しい恋人同士がコンサートを聴こうと日比谷公会堂に出かけたものの、入場券はダフ屋に買い占められていて、二人の持ち金では買えません。 抗議した男性は彼らに殴られてしまいます。 しかたなく二人は、日比谷野音(と略称されていました) に向かいます。 だれもいない会場で、男性は舞台で仮想のオーケストラを指揮し、女性は観客席でそれを聞きます。 フランスでは絶賛を浴びたといわれるほのぼのしたシーンでした。 3番を見ると、 今の若い人たちは、 羽田空港のロビーで恋人と泣く泣く別れて、飛行機で出身地に帰ったか、海外に旅立ったのだろうと思うかもしれません。 しかし、時代背景を考えると、それはちょっと無理。 一般旅行者の海外渡航は、この年の4月に解禁されたばかり。 それまでは、ドル備蓄のために、公務員やビジネスマンの公用・商用、留学等の目的以外では海外旅行は認められなかったのです。 国内路線はどうかというと、これも高価で、今のように普通の若者でも気軽に乗れるようなものではありませんでした。 羽田空港ははとバスのコースにも入っていた人気の観光スポットで、デートの場所にもなっていました。 この歌の恋人たちもそこでデートしたことがあり、その思い出の場所を別れの場に選んだのでしょう。 もちろん、ロビーで彼女と別れてから搭乗したという可能性がないではありません。 しかし、飛行機を気軽に利用できる金持ちのお坊ちゃんや、海外赴任する若手のエリート官僚・ビジネスマンは、この時代のこのシーンにはそぐわないでしょう。 ここはやはり、貧しいとまではいわないまでも、飛行機は利用できない普通の若者がふさわしいような気がします。 (二木紘三) このメロディーを聞くと、昭和35年夏、友人と3人で志賀高原に行き、渋峠を越え草津温泉まで6時間、連れ連れに歩いた当時大阪赤十字看護学生のTAさん、KAさんのことを懐かしく思い出します。 翌昭和36年10月、彼女たちが卒業旅行で、東北経由東京日赤本社に寄った際,1時間半の自由時間を、友人の車での東京見物に誘いました。 当日は小雨でした。 港区浜松町の本社から銀座、日本橋の繁華街を抜け、大手町のビジネス街、皇居、日比谷公園を通り、神宮外苑で一休みして、最後の赤坂離宮(当時国会図書館、現迎賓館)では、もう雨はやみ、霞んでいました。 少し開いていた正門から前庭に入り、建物の傍まで行きました。 横浜への帰途、喜んでもらえたかな、と一抹の不安を感じたりしましたが、1週間後KAさんより、次のような便りをいただきました。 ・・・差し出した手紙も遅かったし、会えないのじゃないかなと、半分諦めていましたが、上野駅で拝顔致しました時はすっかりうれしくなってしまいました。 本当に短い時間でしたけれど、今度の旅行で最高に楽しい時間でした。 さすがに首都だけあって、大阪に無い美しさ、上品さが漂っている様でした。 雨の神宮外苑もとっても素敵だったし、銀座や丸の内にも感激しましたが、私の最も気に入ったのが国会図書館のあのヴェルサイユ宮殿の造りでした。 何かにつけ羨ましくなるばかりでした。 とにかく私たちの目を輝かして頂き、有効な時間だったことは、いつまでも私たちの心に残る事と思います。 丁度、志賀高原が忘れないように・・・ あれから50年が経ちました.TAさん,KAさん、東京見物に参加したTUさん、皆さんお元気にお過ごしですか! 投稿: 横浜のM.I 2011年3月 5日 土 11時52分 この「東京の灯よ…」についての逸話をひとつ…。 確か昨年だったと思うのですが、NHKラジオ・お昼2:00の「歌の散歩道」 に新川二朗さん(現在)がゲスト出演されてた時の本人談です。 渡された楽譜のタイトルは「ふるさとのやまなみ」(故郷の山脈)表記は不明。 勿論歌詞の内容もこのタイトルに沿ったもの。 曲の方は佐伯としおさんのこれだったそうです。 「これでどうだ?!(半ば立腹?)。 「うわぁぁ、これは素晴しい、これでいきましょ。 ……こうして「東京の灯よいつまでも」はリリースされて大ヒット! 新川さんは藤間さんに何度となく、お礼をいわれたそうです。 若かったが故の蛮勇というものなんでしょうか。 魅力あるメロディなので、「故郷の山脈」でも中ヒットはいったかもネ。 「東京の灯よ…」には遠く及ばなかっただろうけど。 一度聞いてみたい気が。 投稿: かせい 2012年6月24日 日 00時54分 3番の「いとし羽田のあのロビー」で思い出すことがあります。 日本が高度成長期に差し掛かったころのこと、勤務していた会社も波に乗りかなり儲かったらしく、社長がアメリカ外遊に出かけることになりました。 プロペラ機の時代でした。 大仰にも社員が大勢羽田まで見送りに行ったのです。 そこで、2階から見下ろしたロビーの異様な光景にハッとしました。 真新しい軍服に丸刈りの米軍の新兵らしい数十人が円く並んだソファーにずらりと座っているのです。 みんな一様に不安そうな表情で押し黙っていました。 多分ベトナム戦線へ送られるトランジットだろうと想像を逞しくしました。 彼らはその後どうなったのだろうと今でも思い出します。 投稿: 栃木県・吉沢義之 2014年2月 1日 土 22時14分 3番「いとし羽田の あのロビー」のくだりについて、二木先生の《蛇足》「ドル備蓄のために・・・公用・商用、留学等の目的以外では海外旅行は認められなかった・・・飛行機は利用できない普通の若者がふさわしいような気がします」は、じつに明快な解説だと思う。 この曲を聴くと、昭和39年は既に高度経済成長期に入っていたが外貨準備高は少なく、当時の新聞経済欄によく載っていた「ドル備蓄」という言葉をなつかしく思い出す。 投稿: 焼酎百代 2014年8月 9日 土 20時28分 横浜の高台にある西谷浄水場展望台から遠く東京の街並みが見えます。 そして遥かに見る東京の景色には71歳の今、もうただ懐かしささえ感じさせられます。 あそこは田舎者の私が悪戦苦闘した街、嬉しかったり悲しかったりそしてたくさん恥をかいた街。 見ているとそんな人生を今更に思い出します。 三流大学卒暗愚無能の私には当然ツライ厳しい街でした。 でもこの曲と歌詞は聞く度に東京で負ったそんないろんな思いを癒してくれる優しさを感じます。 会社で知った品の良い山の手言葉だったあのお嬢さん、待乳山を「まっちやま」と発音した蔵前の子。 本物の東京人だったあの人達も皆お婆さんお爺さん、あの人達にもう一度だけ会いたいなあ。 若いあの時の姿で皆で会いたいなあ。 何にも知らなかった社会人に成りたての頃に帰りたいなあ、この歌はそんな気に私をさせます。 そしてその日、家族そろって夕食を食べる時、焼酎で晩酌している父の口からそのことがでるのかなぁと、ドキドキで心配していましたが、父は黙っていてくれました。 今思えば懐かしい笑い話ですが、幼かったその頃の私にとっては真剣なことでした(笑)。 そしていつも無口で怖いと思っていた父のやさしさを初めて感じた日でもありました。 「東京の灯よいつまでも」一人でドライブ中の時なんかは今でも口ずさんでる私の大好きな曲です。 投稿: 芳勝 2018年10月21日 日 01時06分 「東京の灯よいつまでも」は、懐かしい歌です。 この歌が世に出た昭和39年、既に東京を離れて、関西の地でサラリーマン生活を始めていました。 歌っている新川二郎さんが郷里(石川県)出身ということもあり、親近感を持つ好きな歌でした。 時が過ぎ、定年間近な頃、東京出張の帰りの夜、羽田空港へ向かいました。 そして、空港ロビーの雑踏の中で、中学校で仲良かったK君に、ぱったり出会いました。 K君も、直ぐ私を認めました。 旧交を温め、暫く歓談の後、彼は小松空港に向けて、私は大阪空港に向けて、別れました。 投稿: yasushi 2018年10月21日 日 09時59分.

次の

2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

東京 の 灯 よ いつまでも

東京の灯よいつまでも とうきょうのひよいつまでも は 新川二郎 しんかわ・じろう さんの、1964年 昭和39年 発売のシングル。 新川二郎さんは 新川二朗さんに改名。 作詞:藤間哲郎 作曲:佐伯としを 編曲:佐伯としを 歌:新川二朗 東京の灯よいつまでも. flv 歌詞より 雨の外苑 外苑 がいえん は、 明治神宮外苑のことなのでしょうか? ウィキペディアより 「 明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)は、東京都新宿区霞ヶ丘町・港区北青山(一部)にある洋風庭園である。 」 夜霧の日比谷 東京のご当地ソングはたくさんありますが、日比谷が出てくるのは少し珍しいのでは? 日比谷 ひびや 東京都千代田区 そして、羽田のロビーで別れたのでしょうか。 羽田空港 東京国際空港 〒144-0041 東京都大田区羽田空港 1961年(昭和36)年の羽田空港、DC-3 JA5039、Fokker Friendship JA8602 1961年6月30日の羽田空港だそうです。 「スッチーだったお袋の最後のフライトを婚約者だった父が撮影してショートムービーにしたものです。 」 だそうです。 当時のスチュワーデスの方は、まるでモデルさんか女優さんのようで、当時の日本人女性の体型に比べると美しくスタイルもいいですね。 またもや、かーにゃさんの伴奏 「かーにゃバンド」 で。 「 #りんなの歌に使っていいよ」としても歌いました。 AIのりんなちゃん、最近ものすごく歌が上手になって、人間が歌っているようにしか聴こえなくなりました。 ぜひとも演歌を歌って欲しいものです この歌は演歌ではないけれど そして、AI女子高生演歌歌手としてNHK紅白歌合戦に出場して欲しいです。 ありがとうございます。

次の

2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

東京 の 灯 よ いつまでも

東京の灯よいつまでも とうきょうのひよいつまでも は 新川二郎 しんかわ・じろう さんの、1964年 昭和39年 発売のシングル。 新川二郎さんは 新川二朗さんに改名。 作詞:藤間哲郎 作曲:佐伯としを 編曲:佐伯としを 歌:新川二朗 東京の灯よいつまでも. flv 歌詞より 雨の外苑 外苑 がいえん は、 明治神宮外苑のことなのでしょうか? ウィキペディアより 「 明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)は、東京都新宿区霞ヶ丘町・港区北青山(一部)にある洋風庭園である。 」 夜霧の日比谷 東京のご当地ソングはたくさんありますが、日比谷が出てくるのは少し珍しいのでは? 日比谷 ひびや 東京都千代田区 そして、羽田のロビーで別れたのでしょうか。 羽田空港 東京国際空港 〒144-0041 東京都大田区羽田空港 1961年(昭和36)年の羽田空港、DC-3 JA5039、Fokker Friendship JA8602 1961年6月30日の羽田空港だそうです。 「スッチーだったお袋の最後のフライトを婚約者だった父が撮影してショートムービーにしたものです。 」 だそうです。 当時のスチュワーデスの方は、まるでモデルさんか女優さんのようで、当時の日本人女性の体型に比べると美しくスタイルもいいですね。 またもや、かーにゃさんの伴奏 「かーにゃバンド」 で。 「 #りんなの歌に使っていいよ」としても歌いました。 AIのりんなちゃん、最近ものすごく歌が上手になって、人間が歌っているようにしか聴こえなくなりました。 ぜひとも演歌を歌って欲しいものです この歌は演歌ではないけれど そして、AI女子高生演歌歌手としてNHK紅白歌合戦に出場して欲しいです。 ありがとうございます。

次の