スプラトゥーン1 ガチマッチ。 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

「スプラトゥーン2」、「第17回ツキイチ・リーグマッチ」を6月27日開催

スプラトゥーン1 ガチマッチ

攻められてるときこそ焦らない 攻められて、相手のカウントが進んでいるときこそ冷静になりましょう。 やばいと思って 正面からオブジェクトに突っ込んでいけば、待ってましたと返り討ちにされるのが関の山です。 まずは 落ち着いて敵の位置を確認し、有利な場所から確実に1人ずつ倒していきましょう。 自陣を塗ってスペシャルを溜めて打開するのもいいでしょう。 焦ってやられてしまってはカウント不利どころか人数有利まで作られてしまいます。 死んでる時間は無駄です。 少しくらいカウントを進められても取り返せばいいんです。 ただし時間がない、ノックアウトギリギリなど状況によってはとにかく敵のカウントを1カウントでも早く止めましょう。 一番大事なのは状況判断です。 オブジェクトは自分しか動かせないと思って戦う ガチマッチでは基本的に仲間を信じてはいけません。 S以降ならまだしもA、B、Cのウデマエでは仲間はルールもわかっていないと思っておきましょう。 自分が敵を3人倒したのにヤグラに乗らず自軍を塗っていたり、敵のホコが攻め込んできてるのに相手のリスポン地点付近で潜伏してる仲間に出会うこともあるでしょう。 そんな状態で勝つためには自分でエリアを塗り、ヤグラに乗り、ホコを担ぎ、ガチアサリを叩きこむのです。 全部やるなんて無理! と思うかもしれませんが、オブジェクトに絡まない味方でも敵と戦いには行ってくれることが多いです 関係ないところを塗ってたりするイカもたまにいますが・・・ なので味方をおとりにして全力でカウントを進めましょう。 B帯~A帯あたりは徐々にキルを取れるようになり、ヤグラに乗ったりホコを運ぶよりも敵をキルをするためだけに動くイカが多いですからね。 ウデマエを上げるために オブジェクトへの意識を常に高く持っておきましょう。 ガチホコならカーリングボムを投げてからホコを取ればカーリングを追いかけて自分でノックアウトまで持っていくこともできます。 運もありますが、A帯くらいまでなら通用しました。 人数有利のときに攻める 慣れてきたら 敵と味方の人数差を意識しましょう。 画面の上に味方と敵のブキが表示されてると思うんですが、これがグレーになっているとその人はやられてます。 この人数を常に意識して、 敵の人数が少ないときにオブジェクトに絡みましょう。 敵が4人いるときにホコを持って突っ込むよりも、敵が2人しかいないときに突っ込んだほうが倒されにくそうですよね。 逆にこちらの人数が少ないときは、前に出ないでサブでけん制したりして敵のカウントを進ませないようにしましょう。 調子に乗って前に出て全滅でもしたら一瞬でカウントを進められてしまい、ノックアウトだってありえます。 これを意識すると普段なにも考えずにオブジェクトに突っ込んでいた時より、自分のカウントを進められ、敵のカウントを止められるはずです。 ルールやステージごとにブキを変えてみる 勝てないときは新しいブキを試してみると発見があるものです。 戦っているときによく倒されていたブキや、ルールやステージごとによく見かけるブキなどを使ってみましょう。 例えばヤグラではヤグラの上を攻撃しやすいブラスターが強いですし、アサリではバブルを持ったブキがいると頼もしいです。 ステージでいえばホッケではカーリングやハイプレ持ちのブキが有利ですし、凹凸の多いBバスなどはバケツやローラーが強力です。 自分が使いこなせなくても 実際に使ってみることでそのブキの弱点や隙が見えてくることもあります。 敵を知り己を知れば百戦危うからず、というやつです。 最終的に元のブキに落ち着くとしても発見はあるはずですよ。 リグマで練習する とはいえ新しいブキを使うのはウデマエが割れる恐怖もあるのでガチマッチではなかなか試せないですよね。 そんなときは リーグマッチで新しいブキを練習しましょう。 リーグマッチはウデマエB-以上からプレイでき、ガチマッチのルールをフレンドと2人、または4人でチームを組んで戦えるシステムです。 リーグマッチならウデマエが変動しないのでストレスもたまりません。 フレンドと常に一緒のチームなので連携が試されますね。 スカイプなどで通話しながらプレイすると盛り上がって楽しいですよ。 楽しみながらいろいろなブキを使ってコツを掴んでいきましょう。 フレンドがいない人はSNSなどでリーグマッチの募集を探してみるのもありですね。 ウデマエやリーグパワーを気にしない人を探してみましょう。 苦手なステージはやらない 何度もガチマッチをやっているうちにルールごとに自分の得意なステージ、苦手なステージがわかってくるはずです。 そうしたら 苦手なルールとステージの組み合わせのときはガチマッチをやらないようにしましょう。 別にどのステージで勝とうとウデマエは上がるんですから 勝率が悪いステージで戦う必要はありません。 戦略的撤退です。 僕はアサリ以外のタチウオやコンブのエリア、アジフライのすべてのルールが苦手なのでこれらのルールとステージの組み合わせのときはガチマッチをやめて、クマサン商会でアルバイトに汗を流すことにしています。 アプリからステージごとルールごとの勝率を確認することができるので有効に活用しましょう。

次の

【スプラトゥーン2】ガチマッチとは?|ゲームエイト

スプラトゥーン1 ガチマッチ

ガチヤグラが苦手(A帯)までの方は、このコメントを見ればA帯から夢のS帯に行く方法 をコメントだけを見ればすぐに行けます。 まず、大事にすることは、周り(視界)を広くする 視界を広くする方法は、常に周りを見て敵を見つけたら敵を倒すなどの方法をいいのですが、 見つけたら次その相手がどう動くか自分だったらどういう動きをしているかなどを考えるのが とても、大切だと思います。 そして、さらにスキルアップできる人は、対戦中にイカ・タコマークがついていますよね! そこを見るとたまに、光っていませんか? それは、今、スペシャルがたまっている証拠です。 そこを気をつけておくと デスしにくくなります。 これで終わります。 A帯の皆さんに1コメントメッセージ 使いやすい武器を使いましょう! 個人的に使いやすいと思っている武器の1覧 プライムベッチュー サブスプラッシュボム スペシャルナイス玉 おすすめ ギアメイン性能2. 8~2. 9 スぺ増0. 1~0. 2 スぺ減0. 1 1番使いやすい武器で、メイン性能を積むことによって 擬似ガチヤグラが苦手(A帯)までの方は、このコメントを見ればA帯から夢のS帯に行く方法 をコメントだけを見ればすぐに行けます。 まず、大事にすることは、周り(視界)を広くする 視界を広くする方法は、常に周りを見て敵を見つけたら敵を倒すなどの方法をいいのですが、 見つけたら次その相手がどう動くか自分だったらどういう動きをしているかなどを考えるのが とても、大切だと思います。 そして、さらにスキルアップできる人は、対戦中にイカ・タコマークがついていますよね! そこを見るとたまに、光っていませんか? それは、今、スペシャルがたまっている証拠です。 そこを気をつけておくと デスしにくくなります。 これで終わります。 A帯の皆さんに1コメントメッセージ 使いやすい武器を使いましょう! 個人的に使いやすいと思っている武器の1覧 プライムベッチュー サブスプラッシュボム スペシャルナイス玉 おすすめ ギアメイン性能2. 8~2. 9 スぺ増0. 1~0. 2 スぺ減0. 1 1番使いやすい武器で、メイン性能を積むことによって 擬似2確を出すことができ(確定ではない) 連射速度もそこそこと初心者はもちろん、中級者~上級者にも、使い勝手のいい武器となっています。 説明が長くなってしまいました。 誠に申し訳ございませんでした。 それでは、頑張ってください! また、どこかでマッチングしたらコメントに載せてください 名前は、5キル以下はブロックです。 見つけたら教えてね!.

次の

【スプラトゥーン2】ガチマッチとは?|ゲームエイト

スプラトゥーン1 ガチマッチ

攻められてるときこそ焦らない 攻められて、相手のカウントが進んでいるときこそ冷静になりましょう。 やばいと思って 正面からオブジェクトに突っ込んでいけば、待ってましたと返り討ちにされるのが関の山です。 まずは 落ち着いて敵の位置を確認し、有利な場所から確実に1人ずつ倒していきましょう。 自陣を塗ってスペシャルを溜めて打開するのもいいでしょう。 焦ってやられてしまってはカウント不利どころか人数有利まで作られてしまいます。 死んでる時間は無駄です。 少しくらいカウントを進められても取り返せばいいんです。 ただし時間がない、ノックアウトギリギリなど状況によってはとにかく敵のカウントを1カウントでも早く止めましょう。 一番大事なのは状況判断です。 オブジェクトは自分しか動かせないと思って戦う ガチマッチでは基本的に仲間を信じてはいけません。 S以降ならまだしもA、B、Cのウデマエでは仲間はルールもわかっていないと思っておきましょう。 自分が敵を3人倒したのにヤグラに乗らず自軍を塗っていたり、敵のホコが攻め込んできてるのに相手のリスポン地点付近で潜伏してる仲間に出会うこともあるでしょう。 そんな状態で勝つためには自分でエリアを塗り、ヤグラに乗り、ホコを担ぎ、ガチアサリを叩きこむのです。 全部やるなんて無理! と思うかもしれませんが、オブジェクトに絡まない味方でも敵と戦いには行ってくれることが多いです 関係ないところを塗ってたりするイカもたまにいますが・・・ なので味方をおとりにして全力でカウントを進めましょう。 B帯~A帯あたりは徐々にキルを取れるようになり、ヤグラに乗ったりホコを運ぶよりも敵をキルをするためだけに動くイカが多いですからね。 ウデマエを上げるために オブジェクトへの意識を常に高く持っておきましょう。 ガチホコならカーリングボムを投げてからホコを取ればカーリングを追いかけて自分でノックアウトまで持っていくこともできます。 運もありますが、A帯くらいまでなら通用しました。 人数有利のときに攻める 慣れてきたら 敵と味方の人数差を意識しましょう。 画面の上に味方と敵のブキが表示されてると思うんですが、これがグレーになっているとその人はやられてます。 この人数を常に意識して、 敵の人数が少ないときにオブジェクトに絡みましょう。 敵が4人いるときにホコを持って突っ込むよりも、敵が2人しかいないときに突っ込んだほうが倒されにくそうですよね。 逆にこちらの人数が少ないときは、前に出ないでサブでけん制したりして敵のカウントを進ませないようにしましょう。 調子に乗って前に出て全滅でもしたら一瞬でカウントを進められてしまい、ノックアウトだってありえます。 これを意識すると普段なにも考えずにオブジェクトに突っ込んでいた時より、自分のカウントを進められ、敵のカウントを止められるはずです。 ルールやステージごとにブキを変えてみる 勝てないときは新しいブキを試してみると発見があるものです。 戦っているときによく倒されていたブキや、ルールやステージごとによく見かけるブキなどを使ってみましょう。 例えばヤグラではヤグラの上を攻撃しやすいブラスターが強いですし、アサリではバブルを持ったブキがいると頼もしいです。 ステージでいえばホッケではカーリングやハイプレ持ちのブキが有利ですし、凹凸の多いBバスなどはバケツやローラーが強力です。 自分が使いこなせなくても 実際に使ってみることでそのブキの弱点や隙が見えてくることもあります。 敵を知り己を知れば百戦危うからず、というやつです。 最終的に元のブキに落ち着くとしても発見はあるはずですよ。 リグマで練習する とはいえ新しいブキを使うのはウデマエが割れる恐怖もあるのでガチマッチではなかなか試せないですよね。 そんなときは リーグマッチで新しいブキを練習しましょう。 リーグマッチはウデマエB-以上からプレイでき、ガチマッチのルールをフレンドと2人、または4人でチームを組んで戦えるシステムです。 リーグマッチならウデマエが変動しないのでストレスもたまりません。 フレンドと常に一緒のチームなので連携が試されますね。 スカイプなどで通話しながらプレイすると盛り上がって楽しいですよ。 楽しみながらいろいろなブキを使ってコツを掴んでいきましょう。 フレンドがいない人はSNSなどでリーグマッチの募集を探してみるのもありですね。 ウデマエやリーグパワーを気にしない人を探してみましょう。 苦手なステージはやらない 何度もガチマッチをやっているうちにルールごとに自分の得意なステージ、苦手なステージがわかってくるはずです。 そうしたら 苦手なルールとステージの組み合わせのときはガチマッチをやらないようにしましょう。 別にどのステージで勝とうとウデマエは上がるんですから 勝率が悪いステージで戦う必要はありません。 戦略的撤退です。 僕はアサリ以外のタチウオやコンブのエリア、アジフライのすべてのルールが苦手なのでこれらのルールとステージの組み合わせのときはガチマッチをやめて、クマサン商会でアルバイトに汗を流すことにしています。 アプリからステージごとルールごとの勝率を確認することができるので有効に活用しましょう。

次の