アングロ サクソン ミッション と は。 アングロサクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

» ◇音声レポート「週刊・原田武夫」(4月10日号)

アングロ サクソン ミッション と は

弊研究所の予測分析シナリオのラインとどこが違うのか? なぜ違い、そのことが持っている意味合いとは?? 「本当のこと」を語っているのはどこの誰なのか?? 3、iOS 7以前のバージョン・Windows Phoneなど 、 正常にダウンロードできない可能性がございます。 その場合は、PC端末でお客様マイページへアクセスの上、ご利用くださいませ。 またご利用の不具合等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お客様のご利用の端末の特性に由来する再生不良等におきましては、 ご返金及び他調査分析レポートへの振り替え等は致しかねます。 予めご了承くださいませ。 もっと基本的なところから分かりやすくという方には「週刊・原田武夫」 約50分 をお勧めいたします。 ご注文をいただいた時点で、 注文商品の再譲渡禁止・転売禁止の特約に合意したものとみなされます。 再譲渡・転売が発覚した場合は、弊社から損害賠償請求をする場合がありますことを予めご理解いただき、再譲渡・転売を行わないようご注意ください。 金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。 弊研究所は購読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

次の

アングロサクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

アングロ サクソン ミッション と は

ここで「将来起きるパンデミック」と、それにより生じる「大規模な経済的および社会的影響に対する検討」が行われている。 新型コロナ肺炎を予期していたかのような企画だ。 …情報を追っていくと2005年には「アングロ・サクソン・ミッション」という計画が立案されていたとの、少々あやしい情報にたどり着く。 「アングロ・サクソン・ミッション」は英国ロンドンで開催され、「中国で発生した空気感染をする病気」が世界に蔓延し…(つづく)~ 【レポートをご覧いただく方法】 1.クレジットカード又はコンビニ決済が完了致しましたら、こちらの配信ページ中央画面(ログイン必要)よりご覧いただくか、トップページのメニュー「各種一覧」からの プルダウンメニューの「保有コンテンツ一覧」からご選択いただき、ご覧ください。 2、「レポート」配信(電子書籍形式)は、動画や音声ではなくテキスト(約2000~3000文字)のレポート(文章)となります。 中央画面の「購入済みの方はログインして視聴」ボタンよりログインいただきますと中央画面にレポートが表示されます。 さらにフルスクリーン画面をクリックいただきますと、より使いやすく見やすくなります。 3、ご購入決済後、すぐにコンテンツをご覧いただくことができます。 最新情報がアップされましたら、にてご連絡致します(メールでの配信通知はございません)。 レポートは全12回、毎週配信(金曜日)を予定しており、随時アップして参ります。 中央画面の「購入済みの方はログインして視聴」ボタンよりログインいただき、最新の配信をご覧ください。 補足 画面に表示されたレポートは電子ブックになってございます。 ページの右側をクリックするとページが進み、左側をクリックするとページが戻ります。 関連コンテンツ こちらは51コラボの 動画・コンテンツ配信専用の新ページ 【51オンライン(ゴーイチ・オンライン)】です。 誠にお手数でございますが、従来の51コラボのホームページとは別に 「新たに会員登録」をしていただく必要がございます。 今後、新サイト【 51オンライン】へ順次移行して参ります。 【 51オンライン】会員登録の方法 (1)ページ右上の「新規登録(オレンジ色)」をクリックしてください。 (2)会員登録にて、「メールアドレス」を入力して「送信」をクリックしてください。 (この段階ではまだ会員登録は完了しておりません) (3)ご登録いただいたメールアドレスへ 「招待状」メールが届きますので、そちらに記載されたURL(有効期限は24時間)をクリックして、必要事項をご入力いただき会員登録が完了いたします。 com」を 「迷惑メールにしない」「ドメイン指定受信」などの設定をしてから再度お手続きください。 (4)ページ右上の「ログイン(青色)」からログインしてページ内をご覧ください。 (5)次回ログイン時に 「プッシュ通知」の許可を確認いたしますので、その際に 「許可」していただきますと、最新アップロードコンテンツ等の情報をプッシュ通知にてご案内いたします。 ぜひご利用ください。 初めてPayPalご利用の場合は、事前に PayPalへの「アカウント登録」が必要になります。

次の

アングロ・サクソン人

アングロ サクソン ミッション と は

上記感染者数や死者についての数字だが、中国共産党から発表される経済指標を含めた全ての数字に信憑性は全くない。 例えば、2012年に発表された中国GDP 10年2倍計画では2010 年のGDPを10年後の今年末までに2倍にするという計画である。 2010年から2014年までの5年間で中国は平均8. このように、実勢とは関係ない数字を作って発表するのが中国である。 新型肺炎の感染者の大半が中国人という観点からも、真実の数字を我々は知る由もない。 下記はJohns Hopkinsが出しているコロナウィルスの統計サイトだがこちらも同等の統計となっている。 アングロサクソン・ミッションについて さて、みなさんはアングロサクソン・ミッションという言葉を聞いた事があるだろうか? 私も友人からある動画が送られてきて、つい先日知ったばかりだ。 内容は2010年2月16日にYoutubeにて公開されたプロジェクトキャメロットとプロジェクトアバロンというプロジェクトを行っているイギリス人のビル・ライアン氏という方の"第三次世界大戦とニューワールドの継承"についてのビデオプレゼンテーションだ。 ある重要な人物の証言を元に説明・解説版としてビル氏が作成した内容になっている。 情報源となるこの人物は長年英国軍に勤務し退役後は世界経済の中核とも言えるロンドンのシティで非常に高い立派な地位についていた方のようで、上級のフリーメーソンと多くの会議に同席する方だったようだ。 そこで彼らが討論していたのはある計画の実行と進行状況についての話になる。 ある実行するべき行動のタイムラインと進行が遅れているのはなぜかというのが彼らにとっての論点だった。 それが一気に彼の興味を引いたようだ。 2005年6月の会議の時点で話されていた内容であり、下記添付の動画には1時間弱に及ぶビル氏の解説があるが内容としては下記の通り。 中国がいかに素早く 軍事力 経済力ともに力をつけているか 中国の経済システムに何らかの干渉をすることになっていたのに日本がやるべきことをやっていない やがて来る金融崩壊 イスラエルのイラン攻撃 そして中国での生物兵器について 上記は動画の初期の段階に出てくるほんの一部の話であるが、ここから話がより展開していく。 全体像の話を理解するには動画を全部見ないと理解できないだろう。 のUFOからこれから提唱されているにつながるような話にまで発展していく。 とても面白くあり得る話だと個人的には興味を持っている。 詳しくは本文下にビル・ライアン氏のプレゼンテーション動画と、動画での日本語訳を添えておくので興味のある方は是非ご覧になることをお勧めする。 とても興味深く、衝撃的な話だが、実際に行われている話かもしれないし、陰謀論かもしれない。 そしてこれは10年前の2010年に公開されている動画であり、話の発端は2005年(もっと辿ると動画内説明では1996年)である。 信じるか信じないかはあなた次第。 本文最後にビル氏の個人的見解のメッセージが添えられている。 少しでも彼の意見に同調できる方がいたらシェアをして少しでも多くの人にこの情報を届けて欲しい。 しかしそれから1000年以上経て、今、それよりもはるかに邪悪で悪意ある別の意味合いがそのフレーズには付せられています。 我々(プロジェクト・アバロン)は、最近11ページに及ぶ情報を内部情報提供者から受け取りました。 彼は、2005年ロンドンのシティでの上級メーソンの会合に出席しました。 そこで論議されていた内容は骨の髄まで凍るような内容でした。 私(ビル)は、この証言者とオーディオ・インタビューを行いました。 この人はイギリス人で、彼に関する詳細情報をすべて入手し確認した上で、彼が誰であるか、どのような人物であるかという身元情報を我々が検証した人物です。 我々がこれまでインタビューを行った他の多くの人と同様、この人 物も、 彼の良心が、この情報を秘密にしておくのを、もうこれ以上耐えられないところまできたのだ、というのです。 私の元々の考えでは、これまでのように、ただこのインタビューの原稿を発表することでした。 しかしこの情報は、あまりにも決定的 な要 素を含み、また私自身にとってはこの情報がこれまでに欠けていた断片、断片を提供してくれた、という意味で非常に重要なものでした。 それで私は一歩突っ込 んで、ビデオでこの情報を発表することに決めたのです。 この証言者はそのビデオには出てきませんが、彼のオーディオ・インタビューの原稿はこちらでご覧いただけます: してください。 この証言者が報告した内容は以下のとおりです。 第三次世界大戦が計画されている。 それは核兵器 と生物兵器を用いた戦争となるであろう。 この証言者は、この計画が予定どおり進んでいて、今後18-24カ月以内にこの戦争が起こされるであろう、と信じています。 それはまず始めにイスラエルがイランを攻撃する ことで戦争開始となる、という計画です。 応酬として、イランまたは、中国のどちらかが、核で反撃するようにと仕向けられるでしょう。 短期間での双方からの核攻撃の応酬のあと、停戦が持ち込まれるでしょう。 世界中が 恐怖と混乱の渦へと投げ込まれるでしょう・・・全てのことが彼らによって注意深く創出されるのです。 緊張による極限状態が創り出され、この結果とし て、全ての西側先進諸国で、厳しい社会統制、軍事統制を敷くことが正当化されるでしょう。 そのための様々な準備計画が、すでに着々と各国で進行中です。 核戦争の停戦中に、こっそりと生物兵器をばら撒 く作戦が計画されています。 この生物兵器は始めは中国人をターゲットにばら撒かれるでしょう。 この証言者が ぞっとしながら話してくれたように、"中国はかぜをひくのです"。 生物戦争はさらに広がっていくでしょう、西側諸国へと。 そしてその結果、社会インフラ (水道、エネルギー 供給、道路、経済等の生活基盤)は決定的に弱められるでしょう。 これはほんの始まりにすぎません。 このあと、全面核戦争が引き起こされる可能性があります。 破壊が広範囲に広がり、多くの命 が失われるでしょう。 以上のような事態の組み合わせにより計画されている人口削減は、現人口の50%減、とこの証言者は言いました。 彼はこの数字が述べられるのをその会合で聞いたのです。 このぞっとするようなシナリオは、数世代に渡って計画が練られてきました。 」と推測します・・・ 我々の祖先が約11,500年前に経験したのと同じ種類のできごとのことです。 もしこのできごとが起こるならば、ですが・・・ それは、2012年に起こる、とは必ずしも予期されていません。 しかし次の10年間のどの時点かで起こると予想されています・・・ それは、現在の文明を破壊するでしょう。 それは核戦争の影響さえも小さく見せてしまうほど破壊となるでしょう。 私はそのことについて、この証言者に質問をしてみました。 「もしも予想どおりの破滅的状況が起こるのであれば、なぜ彼らは第三次世界大戦を引き起こす必要があるのでしょうか?」 彼の答えは次のようなものでした。 そして私ははじめて、ことの真相がはっきりと理解できたのです。 彼は次のように説明しました。 本当のゴールは、地殻変動による大惨事のあとの世界を準備することなのです、と。 そして次なる11,500年サイクルの始まりとなるでしょう。 過去数世代に渡り、地球規模の極秘計画が注意深く練られてきたのは、いったい地球を誰が継承するのか、ということにほかならないのです。 これゆえ、このプロジェクトの名前は、アングロ サクソン・ミッション と名付けられています。 この証言者は、南アメリカ、アフリカ、そしてアジアなどの第二、第三世界の運命シナリオについては知らされませんでした。 しかし彼の推測では、これらの国々は自力でなんとかするしかなく、ほとんどの人は生き延びれないでしょう、或いは全滅かもしれない、ということです。 西側諸国 の、全体主義的軍事政府の白人たちが、この地球の継承者として設定されている人たち、というわけです。 これは非常に邪悪で、非常に人種差別的で、非常に悪魔的で、非常に大規模な計画なので、ほとんど信じることができないくらいです。 しかしこの話の内容はすべて、過去数年にわたり多くの解説者や研究者、内部告発者たちの認めてきた内容とぴったり一致しています。 私個人にとっては、現在の世界がなぜこのような状況なのかという疑問に、これ以上ないほど明確な答えを与えてくれる情報です。 またどうして数々の秘密がそれほど 必死に守られてきたのか、という疑問にもこの情報は答えてくれます。 それは人種的優越に関することだから、という答えかもしれません。 ナチス第四帝国はいまでも存在し、健全なのです。 驚くべきことに、この証言者は事態に対し、悲観的ではありませんでした。 " と。 我々全人類にとっての本当の脅威とは何なのかに気づき、人びとの意識を高めるために共にがんばっていく理由があるとしたら、正に、このメッセージの内容につきます。 添付のビデオを見て、その中の、希望と励ましの力強いメッセージに注意深く耳を傾けてください。 そしてそのメッセージを可能な限り広く遠くまで届けて下さい。 我々は多くの言語でサブタイトル付きビデオの製作を計画しています。 もちろん中国語を含みます。 我々は、人種の壁や区別のない、一つにまとまった人類という素晴らしい可能性のために立ち上がります。 地球の大惨事が起ころうと、起こるまいと、・・・ 我々自身を含め多くの人びとが、それは起こらないだろう、という見方を保持していますが・・・ 我々は自分たちの未来の共同創造者であり、自分たちに本来備わっているパワーを発揮し、自分たちに襲いかかる危険を人びとに警告するするために、で きることは何でもしていくつもりです・・・ 我々の子孫のためにも、この地球上のすべての生命の継承のためにも、人びとが一つにまとまって行動し、より 力強い存在になれるように。 引用:The Anglo-Sazon Mission.

次の