銭形平次 声優。 銭形警部の歴代声優や名言を紹介【本名や年齢設定などプロフィールまとめ】|ウォチマルのエンタメを楽しむ部屋

銀魂の声優人達が他のアニメでかなりかぶっているアニメはあり...

銭形平次 声優

大川橋蔵 二代目 とは?歌舞伎役者から映画俳優に転身? 大川橋蔵は、現在の東京都台東区にあたる「花街」と呼ばれた柳橋の芸妓の子として生まれました。 生まれて間もなくすると母の手を離れ小野家の養子となります。 養父は歌舞伎役者である市川瀧之丞という人で、幼少期から端正な顔立ちであった富成(大川橋蔵の本名)を役者にしよう思い、知人である四代目市川男女蔵(三代目左團次)に預けました。 四代目市川男女蔵に入門し部屋子にとなった富成は、役者として必要なことを仕込まれ「市川男女丸」として初舞台を踏みます。 そのとき舞台を務めていた六代目尾上菊五郎に素質を見出されます。 初舞台は1935年11月で、時を経た1944年10月には、六代目尾上菊五郎の妻・寺島千代の養子となり、その母型の実家である「丹羽」姓を継ぐと同時に、二代目大川橋蔵を襲名します。 「大川橋蔵」は、三代目尾上菊五郎が名乗った名跡であり、大川橋蔵の襲名は99年ぶりのことでした。 「菊五郎」の継承者候補として橋蔵の名前も挙がりましたが、それはかないませんでした。 大川橋蔵を襲名したのは17歳の時で、音羽屋で「尾上」姓を名乗っていないのは橋蔵だけでした。 菊五郎には3人の実子がいましたが、橋蔵は菊五郎が他界するまで一つ屋根の下で暮らす事をのぞみました。 大川橋蔵のプロフィール!身長は?【画像アリ】 「二代目 大川橋蔵」は、1956年(昭和31年)に襲名しています。 本名:丹羽 富成(旧姓:小野)• 舞踊名:藤間勘之丞• 生年月日:1929年4月9日• 没年月日:1984年12月7日(55歳没)• 出生地:日本・東京市(現在の東京都)• 国籍:日本• 職業:歌舞伎役者俳優• ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台• 活動内容:1935年 — 1984年• 配偶者:沢村真理子• 養父:六代目尾上菊五郎 二度の養子縁組があり、幼名から大川橋蔵の襲名までと、たくさんの名を持つのは歌舞伎役者としての運命かもしれませんが、この「大川橋蔵」の名前が彼を更に大きくすることになります。 大川橋蔵と中村勘三郎は遠縁の関係? 大川橋蔵を襲名した位から養父である「六代目尾上菊五郎」は舞台中に眼底出血で倒れ、様態が回復せずに1949年に他界しました。 六代目尾上菊五郎氏が亡くなるとすぐに、「菊五郎劇団」が立ち上げられ、大川も、「菊五郎劇団」に所属し、娘役を中心に活躍し始めます。 菊五郎劇団の女形は、最初に七代目尾上梅幸、次に七代目中村福助が控え、橋蔵はその後の3番目の地位に座することになります。 「菊五郎劇団」に所属するも将来に不安を覚える 「菊五郎劇団」に所属して活躍する大川橋蔵ですが、偉大な「六代目尾上菊五郎」という後ろ盾をなくしたことや、戦後の新しい時代の中での歌舞伎界にも不安を感じ、進むべき道を模索し始めます。 八代目市川雷蔵に映画界へ入るように勧められる そんな折に、大川橋蔵は元歌舞伎役者の八代目市川雷蔵から、映画界入りを強く勧められます。 雷蔵は一足先に映画界でデビューしており、境遇が似ていた橋蔵を強く誘ったといいます。 歌舞伎界では、東映入りした中村錦之助の問題などもあり、保守的な梨園の内部事情を知っていただけに、大川橋蔵も次第に映画界に心が傾いていきました。 昭和30年代後半からのことです。 1966年ドラマ「銭形平次」で主役を18年演じる 1966年5月からフジテレビ系列で放映された連続テレビ時代劇「銭形平次」で、大川橋蔵は主人公の銭形平次役に抜擢されました。 ここに至るまでには複雑な経緯があります。 この頃、映画会社はテレビの浸透による映画観客動員の目減りを押さえるのに必死で、テレビには所属の俳優を貸さない意向を強めており、東映は最初断ったそうです。 しかし、巡り巡って「銭形平次」は大川橋蔵が演じる事となり、1984年の最終回までの18年間、一人で主演『銭形平次』をつとめました。 美空ひばりに関する記事はこちら 大川橋蔵 二代目 の死因は? 「銭形平次」も終盤にさしかかった1983年頃から大川橋蔵は体調がすぐれなくなり、『銭形平次』の収録が終わって入院しますが、1984年4月に帰らぬ人となりました。 1967年から歌舞伎座などで講演も行っていた 歌舞伎からは遠ざかっていた大川橋蔵ですが、自分を育てた「歌舞伎」を嫌いになったわけではありません。 1967年から毎年12月には歌舞伎座で「大川橋蔵公演」を行い、南座でも定期的に公演をしています。 1983年9月頃には体調を崩し入退院を繰り返す 『銭形平次』は、「半七捕物帳」(岡本綺堂)、「右門捕物帖」(佐々木味津三)と共に『江戸三大捕物帳』と言われた野村胡堂の原作の『銭形平次捕物控』を脚色した時代劇です。 映画で名をとどろかせた「大川橋蔵」が、お茶の間のテレビで見れるということで、テレビが普及した時代を背景に爆発的なヒットとなりました。 そして18年に及ぶ長寿番組にもなります。 888話の主役を1人で演じた 1966年5月から始まり、1984年4月4日に幕を閉じた『銭形平次』は、、18年間で全888回を数え、人気時代劇シリーズに終止符をうちました。 この18年間のドラマで、大川橋蔵は主役の『銭形平次』を一人で演じており、「1人の俳優が同じ主人公を演じた1時間ドラマ」としては世界最高記録とされています。 ドラマもヒットしたが舟木一夫の主題歌もヒット?ブログで語られる ドラマもヒットしましたが、舟木一夫の主題歌も大ヒットをしました。 男だったら 一つにかける かけてもつれた 謎を解く 誰が呼んだか 誰が呼んだか 銭形平次 花のお江戸は八百八丁 今日もきめての 今日もきめての 銭が飛ぶ (引用:blog. goo ) 覚えている人も多いでしょうが、思わず口ずさんでしまう忘れられない歌です。 監督はほぼ休みがなかったと証言.

次の

銭形警部は原作とアニメで性格が違う!ルパンを殺そうとするよ…

銭形平次 声優

降板の理由としては、 納谷悟朗さん自身が高齢であったことです。。 『七色の声を持つ男』との異名を持っており、 どんな人や動物、ヒーローものの敵キャラまで本当に何でも演じられています。。。 しかも、どれもすごくキャラに合っているし、 「えっ?これも山寺宏一だったの?」と感じるキャラも多いですよね。。。 銭形警部の名言や名セリフを紹介 ルパン三世のアニメやテレビスペシャルは、 多くの名言が飛び出すことでも有名ですよね。。 そこで、 ここでは銭形警部の名言や名台詞を一つずつ紹介します。 奴はとんでもないものを盗んでいきました。 あなたの心です。 随分とクサい台詞ですが、 あのシーンは何度見てもかっこいいです。。 『最初から銭形平次の子孫にする』と決めて、 銭形警部を描いたわけではないんですね。。。 また、 実は銭形警部の名前は、当初、 『平一』としたそうです。。。 確かにその方が、 銭形平次と引っかけていて分かりやすいですよね。。 しかし、実際は 『幸一』です。。。 なぜ幸一としたのかというと、、、 単純に 『平』が 『幸』と誤植されてしまったからなのだとか。。。 『わざわざ直すのも面倒』という理由から、 銭形警部の名前は正式に 『銭形幸一』となったわけです。。。 また、 原作者モンキー・パンチ氏の中でも、当初、 名前をなかなか固定しなかったらしく 『平太郎』や 『平次』とされた連載もありました。。 『ルパンが命を落とした』と聞けば泣いて悲しみ、 生きていると分かれば誰よりも喜ぶのもまた、銭形警部なのです。 ルパンと関わることは、 まさに銭形警部の生きがいなのでしょうね。。。 ちなみに、 『誕生日と年齢に?マーク』がついているのは、 本来ルパン三世のキャラクターには誕生日や年齢設定はなく、みな年齢不詳となっているからなんです。。。 しかし、 銭形警部に至っては、 原作で誕生日の記された身分証を提示するシーンがあるんですね。。 その誕生日が1938年12月25日で、 連載が始まったのが1967年であったことから、 『銭形警部は29歳なのでは??』と言われているのです。。 ただし、 このとき身分証を提示したのは、 銭形警部に変装していたルパンであり、本当のところは分かりません。。。 ただ、 ルパン三世が嘘の情報を使うとも思えないので、 当時は 『1938年12月25日』という設定だったのかもしれませんね。。。 現在のアニメ(テレビスペシャル・映画も)では、 銭形警部を含めルパン三世のキャラクターたちは、みな誕生日設定なし、年齢不詳となっています。。。 また、 住所に関しては、 埼玉県の朝霞市の辺りから東京都内のアパートなど、作品によってまちまちですね。。 銭形警部の学歴や経歴まとめ 銭形警部(銭形幸一)は、 小学校・中学校・高校に関して、原作・アニメともに設定が出てきませんが、 大学に関しましては 『東西京北大学法学部』と明記されています。 原作では略して 『東大』としてますので、 東京大学をイメージしていることはほぼ間違いなく、 その法学部を卒業しているのが銭形警部その人となります。。 原作で、 銭形警部が 『東西京北大学』に通っているシーンが描かれていたわけですが、 この回では 『東西京北大学にルパン三世が入学したところ、この大学の4年生に銭形警部がいた』という設定になっています!! では、 東西京北大学を卒業したのち、警察官になったのでしょうか?? 普通に考えればそうなのですが、 当時連載していた『ルパン三世』は、モンキーパンチ氏によると『1話完結』ものになります。。。 主人公のルパン三世以外のキャラクターは、 『毎回役割を変えて(顔と名前は同じまま)登場』させていたことから、 銭形警部に関しても 『この回ではたまたま、ルパンの大学の先輩という設定だっただけ』という可能性もありますね。。 学歴について分かるシーンは、 原作の東西京北大学以外では何もありません。。。 ICPOに入るためのハードルはかなり高いですので、 そこはさすが 『東西京北大学・法学部』卒業生というところですね。。 銭形警部が埼玉県警の理由や役職と階級を調査 銭形警部の警察官としての第一歩は、 『埼玉県警西大滝町派出所』勤務とされています。。 『なぜ、埼玉県警からのスタートだったのか??』というと、 それは 『銭形警部の出身が埼玉県』だからでしょう。。。 その後、 警視庁勤務となり数々の手柄を立てたことで警部へと昇進していますね!! 『ルパン三世 EPISODE:0』では、 指名手配犯の峰不二子を追ってニューヨークまで行くことになり、 そこでルパン三世と運命的な出会いをすることとなります。。 『カリオストロの城』で、 様々な政治案件が絡んで動けない際も不二子の 「ルパンが相手なら天下御免で出動できるんでしょ?」というセリフが登場するのもこの立場あってこそです。。 ちなみに、 『カリオストロの城』には、 埼玉県警あるいはそのパトカーが登場しますが、 その昔警視庁に所属していた時期に警察庁経由で埼玉県警察本部へ出向していたことがあり、 劇中での埼玉県警はその名残だとされています。。。 最後の最後はルパンに逃げられ 「ちくしょ~」と地団太を踏んでいるイメージがある銭形警部ですが、 『ルパン三世2nd』で声優の納谷悟朗がその『味付け』の提案をしたらしく、本来モンキー・パンチ氏がイメージされた銭形はもっと冷徹でルパンにとって恐ろしい敵だったとか。。。 実は 『カリオストロの城』での銭形はラストシーンでの 「貴女の心です」で良い人キャラとされがちですが、 十手でたくさんの衛士と戦ったり、ゴート札の秘密を世界に知らしめたりとすごい活躍をしてまして、 モンキー・パンチ氏から 『宮崎駿こそが一番銭形警部のことを理解している』とのお墨付きを渡されていますね。 実際銭形がルパンを逮捕した回数も枚挙に暇がないくらいありますが、 ルパンを永年閉じ込めて置ける拘置所や牢屋がないため逃げられてしまうと言えます。。 もしルパン三世が世に現れず、そのまま警視庁で仕事をしていたら、、、 『警視総監』まで出世していたかもしれませんね。。。 銭形警部の結婚相手の嫁や子供を紹介 銭形警部といえば、 ルパン三世を追いかけて世界中を駆け回っている日本の警察官です。 『あれだけ自由に世界中を飛び回っていることを考えると、当然独身なのだろう。。。 』と思いきや、 なんと 『銭形警部には妻子と子供がいる!』という衝撃の事実を発見しました。。。 というのも、 実はルパン三世の映画一作目 『ルパン三世VS複製人間』の中では、 銭形警部は結婚していて子供もいる設定でした!! どうやら、 この時点までは銭形警部に奥さんや子供がいるという設定だったようですね。。 実際、テレビアニメのパート3では、 銭形警部が 「温かい家庭も優しい妻もかわいい子供も、俺には作ることが許されないのだ。 妻が欲しい~、子供が欲しい~!」と号泣するシーンも描かれていますね。。 確かに、 ルパン三世を追って世界中を飛び回る身では、 結婚や温かい家庭とは無縁かもしれません。。。 現実的に考えるなら、かなり難しいですよね。。。 いくら銭形警部がエリート警官であっても、 やはり 『ルパン三世を追っているうちは結婚は難しいのではないか??』と思います。。 『結婚は無理』と思いながらも、 心の奥底では 『結婚したい』という願望があるのでしょうね。。。 銭形警部に父親と母親や兄弟など家族はいるの?? 銭形警部の父親と母親などの家族構成についてですが、 原作でもアニメでも銭形警部の父親や母親について描かれたことはありません。。。 銭形警部は、 江戸時代の岡っ引き 『銭形平次の子孫』という設定なのですが、 それ以外の家族構成については不明としか言いようがありません。。。 とはいえ、 銭形警部がエリート警察官であることを考えると、 もしかすると父親も警察官なのかもしれませんね。。 身内に警察官がいる可能性は、高いのではないかと思います。。。 そうでなければ、 あの年齢で警視庁の警部になれるなんてめちゃくちゃすごいですからね。。 今後、 銭形警部の家族に関しても、 テレビスペシャル等で登場するかもですね!! まとめ 銭形警部は、埼玉県警出身で、 現在は 『ICPO』に所属しつつルパン三世を捕まえるべく奮闘していますね!! 過去には、 『結婚歴があり娘がいる』という設定もあれば、 『ルパンとは大学の先輩後輩』という設定もあります。。 原作だと、 ルパン三世の主要キャラクターは様々な設定で登場するため、 決まった設定はないんですね。。

次の

銭形平次・恋文道中

銭形平次 声優

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 尾張六十一万石の奥方お由良の方は若い頃恋人があり、その恋人と取り交わした二、三通の恋文は、国元のお部屋様一味の陰謀の種となり、それを願っていたお由良の方の兄は、日本橋桧物町の長屋で何者かに殺害されて、恋文は奪われていた。 お由良の方からの折入っての願いに、銭形平次は八五郎をつれて、この恋文のあとを追うことになった。 その頃、桧物町から上方へ旅立った一行があった。 両替屋加奈屋総右衛門の一家、御用大工又三郎と娘お組、用心棒の浪人友部と鈴木、踊りの師匠お歌、それにみえかくれついて来る浪人秋月新太郎と女賊のお加代などだった。 平次はもちろんこの中の誰かが犯人とにらんでいた。 戸塚の宿では、浪人の友部が何者かに殺され、次の小田原の宿で、加奈屋の伜房吉とお組が駆け落ちをしたが、平次がそのあとを追うと、箱根の山中で房吉は殺され、お組は行方不明になった。 しかし、そのお組は湯本の宿で発見され、お歌にさそい出され、恋文を渡せと迫られる。 そこへ鈴木と秋月とが出て来て争いになり斬り結ぶが、鈴木は恋文を握ったまま崖からつき落とされた。 しかし鈴木は無事で、お加代と一緒に古寺に待つ側室方の侍大場のもとへかけつけるが、恋文を開いてみると白紙であった。 お加代が途中ですりかえたのだった。 お加代の身に迫る危険を平次が救ったが、大場の一味に取りかこまれる。 しかしそこへ奥方からの応援の一団がこれに当たった。 平次たちは鈴木や総右衛門たちに追われるが、秋月と鈴木の凄惨な一騎打ちで二人共相討ちで倒れた。 秋月はお由良の若き日の恋人であった。 恋文は奥方の妹お歌の手で焼かれた。 お加代は平次への恩返しに恋文を守ったのだった。 やがて晴れた富士の下で、江戸へかえる平次、お歌と上方へ行くお加代、虎造とは別れ別れの道を行くのだった。

次の