肝臓 に 良い 食材。 肝臓に良い食べ物だけ食べてもダメ。これにも注意して!

肝機能を改善するツボ・図解!肝臓の働きをよくする食べ物

肝臓 に 良い 食材

肝臓に悪い食べ物一覧。 検査数値を上昇させる食品の特徴とは 肝臓に良い、あるいは肝臓に負担をかけない食べ物についてはおそらくいろいろなところで語られているかと思います。 一般的には、「高たんぱく・低脂肪の食べ物」が肝臓に負担をかけない望ましい食べ物だといわれていますね。 では逆に、「肝臓に悪い食べ物」というのが果たしてあるのか、あるとすればどんな食べ物なのか・・・これに関しては、正直あまり積極的に語られていない印象があります。 今回はあえてそんなテーマでお話していきます。 肝臓に悪い食べ物=ALTとASTの数値が上がる食べ物として考える 特に肝臓の状態がよろしくないという人にとっては、肝臓に悪い食べ物はなにか、非常に気になるところかと思います。 ただ「肝臓に悪い」という言い方がそもそもあまりにも抽象的すぎるので、正直判断が難しいです。 そこで、「肝臓に悪い」というのはいったいどういう状況なのかを考えるとどんな見方をすればいいのか決まってきます。 食べたら肝硬変になる食べ物なんてこの世にはあり得ません。 そういう極端な状況ではなく、 「肝臓の数値」に着目して、肝臓に悪いと思われる食べ物について考えます。 「肝機能の数値が上がる食べ物」はとっても身近! 肝臓が悪いというよりは、肝機能の数値が高いと将来的に肝臓が悪くなる可能性がありますよ、という事実に着目し、「肝臓の数値が上昇しやすい食べ物」を絞り込むというのがひとつの方法になるでしょう。 とはいえ肝機能の状態を示す検査項目はかなりの数が存在します。 詳細は「」をご覧いただきたいのですが、私たち素人がそのすべてを同時に考えるのも正直無理があります。 そこで、肝機能検査の最も基本的な情報となる• の数値が上昇しやすい食べ物は何かを考えることにしましょう。 特にALT GPT の数値を目安とします。 というのも、AST GOT は心臓や筋肉など、肝臓以外の問題でも数値が上昇することがあるからです。 ALT GPT も肝臓以外の問題で数値が上昇することはありますが、より肝臓の状態が反映しやすい項目なんです。 ALT GPT が上昇する原因はいろいろあります。 たとえば• 炭水化物 糖質• アルコール• 脂質 など、私たちが普段口にする食べ物や嗜好品の多くがALT GPT の数値を上昇させるファクターを持っているのです。 特にALT GPT は、中性脂肪の上昇に敏感なところがあり、中性脂肪が上昇することで一緒に上昇しやすい傾向があります。 ・・・ということは、中性脂肪が上昇しやすい食べ物はALT GPT も上昇させるかもしれないと考えることができます。 再確認の意味で「中性脂肪を上昇させやすい食べ物」に加えました。 ちなみにアルコールは、ALT GPT 、AST GOT もそうですが、の数値も著しく上昇させることがあります。 また、「中性脂肪を上昇させやすい食べ物」の中にはふくまれていませんが、上でもふれた 「炭水化物」も糖質に含まれますので、中性脂肪はもちろん、ALT GPT の数値を上昇させやすいといえます。 炭水化物というのは、日本人の多くにとっては主食となる• ご飯 お米• イモ類 をはじめとするさまざまな食べ物があります。 そんなこと言われたら食べるものがなくなってしまうじゃないか!と思った方へ ご飯もパンも麺類もイモ類も肉も果物もお酒も、何から何までダメと言われたら、食べるものがなくなっちゃうだろ!と思った人もいると思います。 確かに、これらを一切食べないということであれば、食べるものがなくなりますよね。 ただ、上記でご紹介したのはあくまでも「中性脂肪の上昇に伴ってALT GPT 、AST GOT などの肝機能数値が上昇する可能性がある食べ物」です。 「食べてはいけない食べ物」ではありません。 そもそも炭水化物 糖質 や脂質は、私たちの活動のベースとなる重要なエネルギー 栄養素 です。 糖質や脂質が枯渇したらたいへんなことになります。 糖質も脂質も摂取しなければならないエネルギーなのです。 もうお気づきかと思いますが、重要なことは、 過剰に摂取すると必要以上に中性脂肪が上昇し、脂肪が肝臓に蓄積されて脂肪肝になりますよ、ということです。 そもそも食べ物は「食べるべきもの」なのですから、肝臓に悪い食べ物なんてこの世にはないと筆者は解釈しています。 上記の食べ物に限らず、どんなものでも過剰に摂取すれば肝臓にとってもどこにとってもロクなことはありません。 少し食べただけで肝臓がダメになってしまうような食べ物はありません。 あるとすれば毒キノコくらいのものです。 しかし毒キノコは食べ物ではなく「毒物」です。 はじめから食べたらダメに決まっています。 食べるためのものとして日本で流通するものに、肝臓やほかの臓器に悪いものなんてありえないと解釈していただいてもかまいません。 ただし、同じものばかり食べて栄養が偏ったり、なんでも大量に摂取するのは絶対にNGなのです。 真偽のほどはわかりませんが、「コンビニ弁当は身体 肝臓? によくない」といった都市伝説もまことしやかにささやかれています。 もちろん、1年中ずっとコンビニ弁当を食べれば、肝臓に良いはずはありません。 しかし月に1回くらいの割合なら、糖尿病や腎臓病など特別な事情がない限り、身体に悪影響がおよぶことなどあり得ません。 筆者も月イチくらいでコンビニ弁当を利用しますが、肝臓にはまったく影響が出ていません。 ただ、現在肝臓の数値が高めの人 無論明らかな肝臓病の人も は、大量に食べないのは当然として、やはり糖質、脂質、そしてアルコールは控え目にすべきです。 体重にして2kg落とすだけで、ALT GPT の数値はだいぶ下がりますよ。 食べ物よりも「食べ方」のほうがずっと重要 今回は「肝臓に悪い食べ物」というテーマでお話してきましたが、もうおわかりですね?肝臓をケアする上でより重要なことは、食べ物をどうすべきかよりも、ご自身の肝臓の現状を把握した上で、「食べ方」に気を配ることです。 肝臓ケアのベースは「腹八分目」です。 そして食べすぎないこと。 少しでも量を多く食べたい人は、毎日しっかりと運動をしましょう。 もちろん少食の人も運動は健康を維持する上で重要ですが。 同じもの 同じ栄養素 ばかり食べ続けるのもよくありません。 また、食べ方についてもうひとつ補足しますと、食事中にあまり水分をとりすぎると、胃液などの消化液の働きが薄まり、肝臓に負担がかかることもあります。 食べすぎないために水分を豊富にとるという考え方も悪くはないのですが、食事中ではなく、食事の前にしっかりと水分補給するようにしてください。 もうひとつ、消化を助けるという意味では、「よく噛むこと」も重要です。 特に炭水化物 糖質 の分解はだ液でもある程度行われますので、よく噛んで食べれば肝臓への負担は小さくなります。 噛む回数が増えれば、いわゆる「満腹中枢」も刺激され、たくさん食べなくても満腹感を得られるといわれます。 現在、あるいは将来、肝臓が不安だと感じている人は、参考にしていただきたいと思います。

次の

肝臓に良い食べ物&良くない食べ物(2/4ページ)

肝臓 に 良い 食材

記事の概要・目次• 2千以上もの酵素を作りだし、代謝や解毒をしています。 この酵素の働きは肝細胞の修復作業ですが、酵素を作りだすのに必須なのがタンパク質ということです。 ですので、消化吸収の良いタンパク質を摂るようにしましょう。 体に入ったタンパク質は、胃腸で分解されアミノ酸へと変化します。 それが肝臓に行くとそこでまた体を作るタンパク質へと変わっていきます。 ダイエットで食事制限をすると、タンパク質が足りなくなり肝細胞の修復が出来にくくなります。 良質なタンパク質とは ・植物性タンパク質・・・大豆や豆腐、納豆などの大豆製品。 ゴマなど。 ・動物性タンパク質・・・肉、魚、乳製品、卵など。 そして肝臓の働きを軽減させてあげるために大事なのが、食物繊維です。 食物繊維といえば便秘解消につながりますが、腸に便が溜まって発生する有害物質を解毒するもの肝臓のお仕事です。 食物繊維もしっかりとって肝臓の負担を軽くしてあげましょう。 肝臓や腎臓に良い食べ物の代表といえば? 肝臓や腎臓に良い食べ物といえば、何が思い浮かびますか?いくつか紹介します。 またテレビのコマーシャルや広告などでよくみかけ、お酒を多く飲む人にオススメされています。 ウコンにはクルミンという成分が入っていて、胆汁の分泌を活性化させ肝機能の働きを助けてくれます。 牛乳には、良性の動物性たんぱく質が含まれていて弱った肝臓の修復に効き目があります。 お味噌汁や豆腐、納豆などの大豆製品を意識して摂るといいでしょう。 腎臓や肝臓に良い食べ物は結構ありますよ! 二日酔いになってしまったらどうしていますか? よくお味噌汁を飲む、しかもシジミのお味噌汁がいいというのは聞いたことがありますよね。 シジミは腎機能や腎臓障害の修復や改善に効くといわれています。 他にも腎臓によい食べ物は結構あるんです! スイカ、ほうれん草、ハト麦、豆なども腎臓に良いとされています。 利尿作用が期待されているからのようです。 利尿作用がある食材の特色は、カリウムを含んでいることです。 カリウムには塩分の摂りすぎを抑えてくれる働きがあり、腎臓への負担が減るということが言えます。 また、キャベツや芋類、昆布やヒジキも腎臓に良い食材だと言われています。 こうしてみると、腎臓に良いとされる食べ物は結構ありますね。 腎臓のことを考えているなら、これらの食材を使い毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。 肝臓や腎臓の調子が良くない。 そんな時にはこんな食材を 腎臓の調子が良くないと、むくみや倦怠感の原因になったりします。 腎臓を回復させる為に早め早めのケアを心掛けましょう・・・。 その為の食事を挙げてみます。 ・ゴマやくるみ 腎臓の働きは血液をろ過してくれますが、ゴマやくるみは血流を良くしてくれる上、いらなくなった物の排出を促進してくれます。 中国医学では腎臓を元気にするといわれているほどです。 ・ごぼう、レンコン、山芋など これらには、カリウムや食物繊維が豊富に入っていて、この成分が体内でいらなくなった物の排出を促してくれます。 ・野菜や果物 これらにもカリウムが含まれおり、体内の水分調整やいらなくなった物の排出を促進してくれます。 夏はスイカがオススメです。 腎臓に良い食べ物は他にも! もう少し詳しくみていきましょう。 ・肉類 牛肉よりも良質なタンパク質の鶏肉・豚肉がよいですが食べ過ぎますと、逆に腎臓に負担をかけてしまいますので注意しましょう。 ・海藻・魚介類 腎臓に良い食べ物として、コンブ、カキ、イワシ、カツオなどがあります。 味噌汁の定番の具であるシジミには、オルニチンというアミノ酸が豊富に入っていて腎臓障害の改善に役立つといわれています。 その他に、ミネラルやタンパク質も豊富でまさに腎臓によい食べ物といえます。 ・豆類 黒豆や小豆などもあります。 解毒作用もありますので意識して摂るといいですね。 ですが、すでに腎臓が弱っている場合は豆類に入っているタンパク質腎臓に負担がかかるため注意が必要です。 健康な腎臓の方にのみオススメします。

次の

肝臓に良い食べ物&良くない食べ物(2/4ページ)

肝臓 に 良い 食材

肝機能を改善するツボ• 老宮(ろうきゅう):手を軽く握った時に、中指の先端がてのひらに当たる部分が老宮です。 片方の手の親指で押してもいいのですが、握った中指の先端で押してもいいのです。 手を津四に握っては開くという動作を繰りかえすだけでもツボ刺激になります。 陽池(ようち):手の甲側にあるツボ。 手首の真ん中よりやや小指側で、おさえるとちょっと凹んでいる部分です。 血流を改善するツボとして知られています。 片方の指で回転させるようにマッサージする感じです。 肝臓も温まるため機能が高まる効果があります。 肝兪(かんゆ):このツボは背中の真ん中あたりにあるので、自分で押せないことはないと思いますが、誰かに押してもらう方がいいでしょう。 このツボの場所は、両方の肩甲骨の下のラインを結んだちょうど真ん中あたりに第7胸椎があり、そこから骨2本分下に下がると第9胸椎があります。 そこから指2本分外側にあるのが肝兪(かんゆ)です。 肝臓の疲れを摂るだけでなく、体の疲労回復のツボでもあります。 太衝(たいしょう):足の甲の親指と人差し指の間を、足首側に指を滑らせていくと、指が止まるすこしくぼんだところにあります。 痛気もちいくらいにちょっと強めに押します。 肝臓の経絡につながっていて、肝機能の改善だけでなく体の疲労回復にも役立ちます。 行間(こうかん):このツボは足の親指と人差し指の付け根の部分にあります。 行間のツボは肝臓の解毒作用がありますので、ちょっと飲みすぎたときなどはここを押してみてください。 曲泉(きょくせん):膝を曲げたときに、膝の内側にシワができます。 そのシワの端部分のやや凹んだ部分にあるツボ。 約3秒間、ゆっくり押して離します。 これを何回か繰り返すことで肝機能を高めることができます。 スポンサーリンク 肝臓の働きをよくする食べ物 抗酸化作用の高い食材が有効 ファストフードやコンビニ食が多く、食生活に偏りがあると感じている人、良く飲み歩く人は、特にバランスのとれた食生活を心掛けなければなりません。 食べ物の中でも 抗酸化力が強く、肝機能を高めるとされるオルニチンなどが含まれていることが理想です。 活性酸素が体内に増加して、体の中の細胞が酸化されることは、肝臓にとっては大敵にもなるのです。 肝臓の働きに良いとされている食べ物を紹介しますので、積極的に摂るようにしましょう。 抗酸化作用の高いビタミンと食べ物 抗酸化力が強いビタミンとそれが含まれる食べ物• 特に、かぼちゃ、人参、ほうれん草など。 ビタミンC:かんきつ類に多く含まれる。 キウイ、アセロラ、小松菜、ブロッコリーなど。 ビタミンE:アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、ほうれん草、うなぎなど。 イソフラボン:大豆、枝豆、豆腐・納豆、豆乳などの豆製品に含まれています。 アントシアニン:ブルーベリーや黒豆、ナス、紫キャベツに含まれ非常に抗酸化作用が高い。 肝臓にいい食べ物• 枝豆:ほぼ大豆と同じ栄養価なのですが、枝豆には、大豆には含まれていないビタミンAやビタミンCが豊富なことが特徴です。 さらに枝豆には脂肪を体に貯めないように働くコリンやレシチンをはじめ、肝機能を高めるサポニンも含まれています。 肝臓の働きをよくする食べ物としてはにとても優秀な食材です。 しじみ・牡蠣・イカ・タコ:肝臓にとってとても有用な働きをしてくれる 「タウリン」が含まれています。 タウリンを含む食材を摂ることによって、胆汁酸の分泌が良くなり、血中コレステロールを下げてくれます。 牡蠣に含まれるタウリンについては、肝臓に溜まった中性脂肪を排出する働きがあります。 脂肪肝にとっては特に良い食材といえます。 キャベツ:意外かもしれませんが、キャベツは肝臓にいい食材なのです。 は、肝臓の働きを活発にして脂肪肝を防ぎます。 ナッツ類:抗酸化作用が強く、体内の活性酸素の増加を抑えるビタミンEが豊富です。 にんにく:アリシンという物質が特に肝機能をためるための要素で、胆汁の分泌を促し、肝臓での脂肪の代謝を高めます。 まとめ 肝機能を改善して、その働きを良くするためには、ツボ押しや食材の見直し等、生活習慣の見直しはとても大切です。 しかし「人間」の体を作っているのは食べ物が基本になります。 肝臓にいいと言われる食材ばかりを食べるのも良くないでしょうし、肝機能を改善するためには、肝臓によくないといわれている食材も控える必要があります。 もちろん適度な運動も必要ですね。 ただ、誰もが言うように、結局は「バランスのとれた食事」がとても大切なのです。 バランスのとれた食生活の中で、「肝機能にいい食材」を摂りいれていくことですね。

次の