信濃 の コロンボ 17。 2020年6月 番組表|映画・チャンネルNECO

【信濃のコロンボ・伊藤淳史ネタバレ感想】6月8日放送世代交代した新コロンボ

信濃 の コロンボ 17

「信濃のコロンボ事件ファイル」とは? 原作は、内田康夫さんの推理小説『信濃のコロンボシリーズ』。 テレビ東京・BSジャパン、2001年11月から放送されている。 他の放送局でも本シリーズは違う主演で放送されている。 林隆三版(テレビ朝日、1982年12月4日) 布施博版(TBS、1995年2月27日) 堺正章版(フジテレビ、1998年5月1日 — 2000年6月2日) 版(テレビ東京・BSジャパン、2001年11月14日 — 2009年9月9日) 寺脇康文版(TBS、2013年10月7日 — ) 版(テレビ東京、放送日未定) 主演は現在放送日が未定となっている。 本作は2008年にテレビ東京で放送された、中村梅雀版。 「伝説の里で殺された二人の女。 五百羅漢が見た列島縦断殺人トリックの謎…。 」 再放送はいつ? テレビ東京系 2020年5月3日(日 14時00分~ あらすじ 夫婦で遠野市を旅行中、女性の遺体を発見した長野県警警部の竹村岩男は、岩手県警と長野県警との合同捜査に加わった。 聞き込みのため、被害者の職場の後輩・宮城留理子に連絡を取った竹村は、元同僚だったという松永貞子の存在を掴む。 東京へ異動したと聞いて、早速東京へと向かったものの、竹村はそこで貞子の上司である佐藤から、彼女にまつわる不正疑惑を聞かされる・・・。 スポンサードリン 出演者は? 別名「信濃のコロンボ」。 竹村岩男役 中村梅雀さん 竹村の部下。 木下真司役 萬雅之さん 長野県警捜査一課 部長刑事。 竹村の部下。 吉井正義役 加藤純平さん 竹村の良き理解者。 大森修治役 里見浩太朗さん 竹村の妻。 竹村陽子役 原日出子さん 森林整備機構長野支部企画課 社員 宮城留理子役 国分佐智子さん 森林整備機構長野支部 主任 土橋剛役 瀬川亮さん 森林整備機構長野支部管理課 社員 河合貴代役 悠木千帆さん 森林整備機構東京本部 社員 松永貞子役 中野若葉さん 佐藤役(佐藤の妻) 寺田千穂さん 岩手県警遠野中央警察署 刑事 野口役 中村圭太さん 夏目役(夏目の妻) 鹿取洋子さん 刑事役 片山知彦さん 留理子の母 宮城美智子役 立石凉子さん 留理子の父 宮城哲治郎役 水島涼太さん 森林整備機構東京本部 理事 夏目勇二役 柴田侊彦さん 森林整備機構長野支部 主任 若林圭吾役 池内万作さん 森林整備機構東京本部 経理課長 佐藤卓役 布川敏和さん 岩手県警遠野中央警察署 警部補 吉田宗平役 小野武彦さん まとめ ・テレビ東京系 2020年5月3日(日 14時00分~ ・「伝説の里で殺された二人の女。 五百羅漢が見た列島縦断殺人トリックの謎…。 」 ・中村梅雀さん版、信濃のコロンボ事件.

次の

内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ3〜北国街道殺人事件〜」|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

信濃 の コロンボ 17

信濃のコロンボこと長野県警捜査一課の刑事竹村岩男(堺正章)は、休暇で妻の陽子(原田美枝子)と戸隠にやってきた。 二人は迷い込んだ杉木立の奥の草庵で、年齢のわからぬ巫女天智院(若尾文子)のあやしい美しさに驚いた。 「紅葉狩」の古事にちなむ鬼女伝説の土地である。 岩男夫婦の投宿したホテルでは代議士宍戸、地元財界人武田らを中心にゴルフ建設祝いのパーティーがあり、その中で民族学者立花(平泉成)を紹介された武田(田村元治)は、立花の名刺を見て顔色を変えた。 翌朝、その武田がホテルから姿を消して騒ぎとなるが、鬼女伝説の場所の一つ、毒の平で毒殺死体となっていた。 休日返上で捜査陣に加わった岩男は、夕べ武田がパーティー直後部屋から電話で東京の興信所に立花の身辺調査を依頼していたこと、その後外出し、林の中の別荘の方に向かったことをつきとめた。 興信所では、武田は半世紀も昔の昭和十九年頃の立花について知りたがっていたという。 岩男は直接立花に当たるが、彼の方は武田を全く知らぬという。 昭和十九年頃に何があったか… そんな捜査のうち、今度はやはり鬼女伝説の場所、西の矢で、別荘主、名古屋で印刷業を営む石原(牧宮弘)が胸を矢で刺され死亡しているのが発見される。 死因は武田と同じく毒殺だった。 そして、その妻華代(森沢早苗)もすぐ近くで頭蓋骨陥没で殺されていた。 石原と華代は再婚だが、石原と武田は戦争時代からの古い友人で、しかも華代は武田の愛人だった。 武田は殺される夜も華代とひそかに逢っていたのだ。 死んだ華代の部屋には、なんとあの天智院の占いの液と同じ液体が置いてあり、武田を殺した犯人を呪う祈祷をしていたという。 殺された武田と石原、華代、そこに立花はどう関わっているのか。 岩男は代議士宍戸(戸沢祐介)にも疑惑をぶつけるが、その宍戸もやがて伝説の地、将軍塚で殺された。 岩男は全ての事件のもとは半世紀前の忌まわしい悲劇にさかのぼることをつきとめる。 そしてこの連続殺人の犯人は…。 <出演者> 竹村岩男:堺正章 竹村陽子:原田美枝子 塚本捜査一課長:渡辺いっけい 吉井刑事:笹野高史 木下刑事:ユースケ・サンタマリア 宍戸弘文代議士:戸沢佑介 武田喜助:田村元治 石原隆二:牧宮弘 野矢優子:勝野雅奈恵 立花智弘:平泉成 野矢桂一:加藤武 天道タキ:若尾文子 (天智院) <スタッフ> 原作:内田康夫「戸隠伝説殺人事件」 脚本:井上誠吾 企画:清水賢治(フジテレビ)、鈴木吉弘(フジテレビ) プロデューサー:川上一夫(共同テレビ) 演出:星田良子(共同テレビ)•

次の

<午後の名作ドラマ劇場>『内田康夫ミステリー 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件』|BSフジ

信濃 の コロンボ 17

信濃のコロンボこと長野県警捜査一課の刑事竹村岩男(堺正章)は、休暇で妻の陽子(原田美枝子)と戸隠にやってきた。 二人は迷い込んだ杉木立の奥の草庵で、年齢のわからぬ巫女天智院(若尾文子)のあやしい美しさに驚いた。 「紅葉狩」の古事にちなむ鬼女伝説の土地である。 岩男夫婦の投宿したホテルでは代議士宍戸、地元財界人武田らを中心にゴルフ建設祝いのパーティーがあり、その中で民族学者立花(平泉成)を紹介された武田(田村元治)は、立花の名刺を見て顔色を変えた。 翌朝、その武田がホテルから姿を消して騒ぎとなるが、鬼女伝説の場所の一つ、毒の平で毒殺死体となっていた。 休日返上で捜査陣に加わった岩男は、夕べ武田がパーティー直後部屋から電話で東京の興信所に立花の身辺調査を依頼していたこと、その後外出し、林の中の別荘の方に向かったことをつきとめた。 興信所では、武田は半世紀も昔の昭和十九年頃の立花について知りたがっていたという。 岩男は直接立花に当たるが、彼の方は武田を全く知らぬという。 昭和十九年頃に何があったか… そんな捜査のうち、今度はやはり鬼女伝説の場所、西の矢で、別荘主、名古屋で印刷業を営む石原(牧宮弘)が胸を矢で刺され死亡しているのが発見される。 死因は武田と同じく毒殺だった。 そして、その妻華代(森沢早苗)もすぐ近くで頭蓋骨陥没で殺されていた。 石原と華代は再婚だが、石原と武田は戦争時代からの古い友人で、しかも華代は武田の愛人だった。 武田は殺される夜も華代とひそかに逢っていたのだ。 死んだ華代の部屋には、なんとあの天智院の占いの液と同じ液体が置いてあり、武田を殺した犯人を呪う祈祷をしていたという。 殺された武田と石原、華代、そこに立花はどう関わっているのか。 岩男は代議士宍戸(戸沢祐介)にも疑惑をぶつけるが、その宍戸もやがて伝説の地、将軍塚で殺された。 岩男は全ての事件のもとは半世紀前の忌まわしい悲劇にさかのぼることをつきとめる。 そしてこの連続殺人の犯人は…。 <出演者> 竹村岩男:堺正章 竹村陽子:原田美枝子 塚本捜査一課長:渡辺いっけい 吉井刑事:笹野高史 木下刑事:ユースケ・サンタマリア 宍戸弘文代議士:戸沢佑介 武田喜助:田村元治 石原隆二:牧宮弘 野矢優子:勝野雅奈恵 立花智弘:平泉成 野矢桂一:加藤武 天道タキ:若尾文子 (天智院) <スタッフ> 原作:内田康夫「戸隠伝説殺人事件」 脚本:井上誠吾 企画:清水賢治(フジテレビ)、鈴木吉弘(フジテレビ) プロデューサー:川上一夫(共同テレビ) 演出:星田良子(共同テレビ)•

次の