番号変えずに格安sim。 格安SIMに乗り換えたら電話番号やメールアドレスはどうなりますか?

電話番号を変えずに格安SIMへ乗り換える方法

番号変えずに格安sim

そもそもSIMカードって何ですか? SIMカードとは、電話番号を特定するためのICカードです。 ICカードは『ICチップが埋め込まれたプラスチックのカード』でICチップは小さなコンピュータです。 この小さなコンピュータで電話番号を特定して、電話やメールができるのです。 SIMカードは携帯やスマートフォン、タブレット、Wi-Fiルータなどに入っています。 ご自分でSIMカードを差し替えて、他の端末 スマホ等 を使ったり機種変更をしたりできます。 ETC車載機が端末(スマホ)でETCカードがSIMカードにあたります。 格安SIMって何ですか? 格安SIMとは、docomoやauなどのキャリア 大手携帯電話会社 のインターネット回線や通話回線を借りて、格安なインターネットや通話サービスを提供しているSIMカードのことです。 このように、携帯電話の回線を自社では持たずに他事業者から借りている事業者を「MVNO Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体サービス事業者 」と言います。 格安SIMカードと格安SIMは違うんですか? 格安SIMカードと格安SIMは一緒のものです。 「格安SIMカード」だと名前が長いので、略して「格安SIM」と呼ばれています。 格安スマホと格安SIMはどう違うんですか? 格安スマホと呼ばれるものには2種類あります。 SIMフリーのスマホを指しているものと、格安SIMと格安SIM対応スマホのセットを指しているものです。 @モバイルくん。 では、格安スマホ 格安SIMとスマホのセット と格安SIM 格安SIM単体:格安SIM対応スマホをお持ちのお客様向け の両方を取り扱っております。 格安SIMはなぜ安いの? 設備の維持管理費と人件費がかからないからお安く提供できます。 docomoやauなどのキャリアと格安SIMを提供しているMVNOの大きな違いは、自社の通信設備 基地局 を持っているかいないかです。 基地局を持っていないのにどうやって通信のサービスをするのかというと、docomoやauなどの既存の携帯電話会社の通信網 回線 をレンタルしているからです。 @モバイルくん。 の格安SIMはNTTドコモの回線を使用しています。 自社で大がかりな設備を持たないために、維持管理費等がかからずにその分格安に提供できるのです。 また@モバイルくん。 は、実店舗を持たずにWEBでお申し込みをいただき、商品 格安SIMカード を発送しております。 お客様のお手元に送られてきたSIMカードは、お客様が端末 スマホなど に刺すというセルフサービスに徹しておりますので、人件費がかからずさらに安い格安SIMが提供可能になっています。 ですが、ご不明な点はお電話でサポートしておりますのでご安心ください。 格安SIMだと繋がりにくくないですか? @モバイルくん。 の格安SIMはNTTドコモの通信網をレンタルしておりますので、通信エリアや繋がりやすさはNTTドコモと同じです。 安心、安全な回線・格安SIMを提供しております。 格安SIMにはどんな種類がありますか? @モバイルくん。 で取り扱っている格安SIMは以下のとおりです。 《SIMの大きさ・形状》 SIMには大きさ順で、標準SIM・マイクロSIM・ナノSIMの3種類があります。 端末によってSIMの大きさが違いますので、ご利用中の端末 スマホ を引き続きご利用される方は格安SIMのお申込みの際、現在の端末のSIMの大きさをご確認ください。 また、SIMカードアダプターというSIMの大きさを変えられるものも市販されています 100円~700円程度 ので、今後機種変更をすることを考慮して、一番小さい「ナノSIM」を選んでおくのも良いでしょう。 《格安SIMのプラン・サービス》 @モバイルくん。 の格安SIMには、データ通信 ネット と通話ができる「音声通話格安SIM」と、データ通信 ネット に特化した「データ通信格安SIM」の2種類があります。 どの格安SIMプランが最適かは、よく使う機能や使いたい機能によって異なります。 自分にどの格安SIMプランが合っているのか分からない・・・という方は、下図をご参照ください。 フリーメール Gmailや、Yahoo! 格安SIMデビューの方。 とにかく今の料金より安くしたい方。 格安SIMデビューの方。 動画もネットもゲームもする方。 格安SIMで出来ることと出来ないことは何ですか? @モバイルくん。 の格安SIMで出来ることと出来ないことは下図のとおりです。 サービス モバイルくん。 jpやezweb. jp はご利用できませんが、フリーメール GmailやYahoo! メール をご利用頂けます。 データ通信も通話もご利用されるお客様は、無料通話アプリ"050plus"やLINEでんわなどでデータ通信費用のみで通話可能です。 格安SIMで電話番号は引継げるの? 音声通話格安SIMプランでは、現在ご利用中の電話番等 090,080,070 がそのまま使える「番号ポータビリティ MNP 」サービスをご用意しております。 ご希望の方はお申込の際に選択してください。 データ通信格安SIMプランでは、電話番号の引継ぎはできません。 格安SIMにした時、電話帳のデータ移行は出来ますか? 大丈夫です。 格安SIMに変えてもデータの移行はできます。 端末 スマホ を変える時はSDカードに電話帳データを保存し、新しい端末にそのSDカードを刺すとデータ移行できます。 格安SIMにした後もアプリは使えますか? もちろん使えます。 アプリは端末 スマホ に入っているものですので、格安SIMに変えても使えます。 端末を変えない方は、格安SIMカードを差し替えるだけでそのまま継続して使えます。 端末を新しく変える方は、古い端末にアプリ内のデータが入っていますので、格安SIMに変える時にアプリ内のデータも移行すれば、データを引継ぎしたアプリを使えます。 「格安SIMに変えたらゲームは最初からやり直し?」「格安SIMにしたらLINEのトークが消える?」などご不安な方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。 今使っている端末 スマホやタブレット は格安SIMにしてもそのまま使えますか? 格安SIMに対応している端末であればそのまま引き続き使えますが、格安SIMに対応していない端末は使えません。 格安SIMが使える端末は、下記のページで確認できます。 格安SIMのメリット・デメリットは何ですか? 《格安SIMのメリット》 ・月額料金が安い! @モバイルくん。 の格安SIMは、月額934円から取り揃えております。 ・解約違約金や「縛り」の期間が短い! @モバイルくん。 では、データ通信プランには縛りや違約金はありません。 音声通話格安SIMプランは、12ヶ月以内の解約の場合に8000円の違約金が発生します。 《格安SIMのデメリット》 ・キャリアメールが使えなくなる。 格安SIMではフリーメールをご利用いただいております。 ・格安SIMを利用できない端末がある。 格安SIMが使える端末は、下記のページで確認できます。 ・長時間の電話は割高になることもある。 @モバイルくん。 さらにオプションの月額1000円のモバイルくんでんわ10分かけ放題では10分以内の通話が何度でもご利用いただけますので、お客様の通話のご利用状況によっては大手キャリアの「無料通話込み」のプランよりお得にご利用いただけます。 無料通話アプリ LINEなど をご利用いただいているお客様も多数いらっしゃいます。 格安SIMに変えた方がいい人はどんな人ですか? ・スマホを新規契約する方 新規契約を考えている方は、絶対に格安SIMにしましょう。 格安SIMですと最初のお支払いからお得になります。 ・新しいスマホに変更したい方 機種変更を考えている方は、この機会に格安SIMにしましょう。 料金プラン見直しのチャンスです。 ・ガラケーからスマホに変える方 スマホに変えようかな・・・でも月々の料金が高くなるし・・・と迷われている方には、 ぜひ格安SIMをおすすめします。 格安SIMですとガラケーと同程度の料金で出来ることが格段に増えます。 ・SIMフリースマホの方 現在SIMフリースマホの端末の方は、より安く格安SIMへ変更することができます。 SIMフリー端末のほとんどがそのままSIMカードを差し替えるだけで格安SIMをご利用できます。 格安SIMが使える端末は、下記のページで確認できます。 ・大手キャリア docomo,au,softbank の2年縛り更新月の方 2年縛りの更新月の方は、解約違約金なしで格安SIMに変更できます。 このチャンスにぜひ格安SIMを検討してみましょう。 ・格安SIMに対応しているモバイルルータをお持ちの方 格安SIMはスマホだけでなく、モバイルルータにも使えます。 ・携帯は持っているけどほとんど使わない方 「携帯はあまり使わないけど、いざというときのために持っている」という方にこそ、 格安SIMはおすすめです。 ・電話はあまり使わず、メールや通話アプリを使う方 格安SIMは通話代が別途必要になります @モバイルくん。 ・端末を2台持ち あるいはそれ以上 している方 電話やメールは今の携帯で、2台目以降は格安SIMでデータ通信専用という使い方で料金を安くできます。 ・これから2台目のスマホを持とうとお考えの方 2台目を持とうか考え中の方は、2台目はぜひ格安SIMをご利用ください。 格安SIMにしない方がいい人はどんな人ですか? ・大手キャリア docomo,au,softbankなど で最近新規契約、機種変更、MNPをした方 契約期間内に格安SIMに変更すると、解約違約金が発生します。 長い目で見れば、大手キャリアで契約したばかりの方でも違約金を払って格安SIMに変更したほうが お得なのですが、「来月 再来月 が2年縛りの更新月」というような更新月が近い方は、 更新月まで待ったほうがお得に格安SIMに変更できます。 それまでの期間に、どの格安SIMプランがご自分に合っているのか、じっくり調べてみましょう。 ・通話をメインで使う方 格安SIMには「無料通話込み」というプランがありません。 お仕事用の携帯で電話を良く使う方には、大手キャリアのほうが安くなる場合もあります。 データ通信格安SIMでは無料通話アプリをご利用いただいておりますので、 格安SIMでは電話ができないというわけではありません。 また、通話用にガラケーを、データ通信用に格安SIMを2台目にお持ちになると、 2台合わせての料金でも現在のお支払いより安くなることがあります。 格安SIMをご検討していただく価値はあります。 ・キャリアメールでないといけない方 ビジネスなどでどうしてもキャリアメールでないと・・・という方には、格安SIMは不向きです。 キャリアメール用にガラケーを、データ通信用に格安SIMを2台目にお持ちになると、 2台合わせての料金でも現在のお支払いより安くなることがあります。 格安SIMをご検討していただく価値はあります。 格安SIMに申し込むには何が必要ですか? ・音声通話格安SIMプランをお申込の方の中で、番号ポータビリティ MNP,電話番号引継ぎ制度 を ご希望の方は、「有効期限が13日以上残っているMNP予約番号」が必要です。 現在ご契約中の携帯電話会社にお申込ください。 ・音声通話格安SIMプランをお申込の後、本人確認手続きがあります。 画像をアップロード 本人確認書類としてご利用いただける書類の種類や、画像のアップロードのやり方については 下記のページでご確認ください。 ・クレジットカードでお支払いの方は、格安SIMのお申込の際にお手元にクレジットカードをご用意ください。 格安SIMに変える前にしておくことはありますか? 上記「格安SIMに申し込むには何が必要ですか?」以外に、次のことをしておくと安心です。 ・現在の携帯のデータを引継ぎたい方は、データのバックアップをしておきましょう。 アドレス帳、通話履歴、SMS、ブックマーク、システム、アプリ一覧、画像・動画・音楽データなど、 スマホ内のあらゆるデータを一発でバックアップできる方法もありますので、格安SIMに変更する前に 引継ぎたいデータだけ選んでバックアップを取りましょう。 ・格安SIMに変更するけど、今のスマホをそのまま使うという方は、 今お使いのスマホが格安SIMに対応しているか確認しましょう。

次の

格安スマホ/SIMに乗り換えてメールアドレスはそのまま使える?

番号変えずに格安sim

auでスマホを契約していて 毎月の携帯料金が高いと感じている人も多いのではないでしょうか? 筆者も以前は毎月6,000円~7,000円ぐらいの料金を支払い続けていましたが、 格安SIMへ乗り換えたことで毎月の料金が半額以下になりました。 各社のテレビCMも放送され、以前よりも格安SIMは身近な存在になりました。 しかし、 「格安SIMに乗り換えたいけど、どうしたらいいか分からない」という部分でストップしてしまっている人も多いはず。 そこで、本記事では auユーザーが格安SIMへ乗り換える手順や疑問をまとめてご紹介! auから格安SIMへ乗り換える際のおすすめの格安SIMも合わせて紹介しますので、auユーザーの方はぜひチェックしてみてください。 目次:• 後悔しない為にauから格安SIM(スマホ)へ乗り換える前に確認しておくべきこと auから格安SIM(スマホ)へ乗り換える前に確認しておくべきことは? 「キャリアから格安SIMへ乗り換えると料金が安くなる!」ということはよく耳にするかと思いますが、必ずしも安くなるとは限りません。 現在の契約状況に合わせた適切なプランやタイミングで乗り換えをしないと返って損をしてしまうなんてことも。 この項目は、そんな失敗や後々の後悔を避けるべく、auから格安SIM(スマホ)へ乗り換える前に確認しておくべきことを解説します。 料金はどれだけ安くなるのか まずは、「auから格安SIMに乗り換えることでどのくらい料金が安くなるのか」を実際の料金プランに合わせて確認してみましょう。 比較するプランはauの「新auピタットプランN」と、mineoの「デュアルタイプ(音声通話対応)」です。 一見すると無駄がないように見えますが、4GB~7GBまでの料金が変動しないので上限の7GBまで使わなかったときは損をしてしまいます。 auからmineoに乗り換えると、同じ容量が使えて2年間で 合計54,960円もお得になります。 これだけ安くなれば高性能なSIMフリースマホだって買えてしまいます。 大容量プランのauフラットプラン20Nで20GBを使用していた場合も比較してみましょう。 月間使用量が決まったプランで、余ったパケットは翌月末まで繰り越せます。 一方mineoは 大容量プランでもauと比べて2年間では約4,000円ほど安くなります。 大容量プランだと、そこまでの差がでなくなりましたが毎月そこまでデータ容量を使わなくなったなど、データ通信量を少なく見直す際はmineoのほうが断然お得になります。 auから格安SIM(スマホ)へ乗り換えるべきタイミングは? auから格安SIMに乗り換える前に、auの現在の契約状況を必ず確認しましょう。 ずばり、最も確認しておくべきところは 契約更新月です。 2019年9月30日までに 2年間の自動更新契約をしたauユーザーは、更新月以外に解約をすると9,500円の違約金が発生します。 なお且つ、スマホの残債が残っているユーザーは、残債が残っている状態で解約すると残債分がそのまま請求されます。 ただし、契約期間の最後の月から3カ月間の更新月の間での乗り換えであれば違約金は発生しないので、このタイミングでの乗り換えがベストです。 しかし、2019年10月1日から発足されるauの新料金プランであれば、 月額料金は170円程上がるものの、違約金が1,000円で済むようになります。 柔軟に乗り換えをしていきたい人は、今のうちにプラン変更を検討しておきましょう。 auから格安SIM(スマホ)へ乗り換えた場合に発生する費用は? 乗り換えに伴って発生する費用もあらかじめ見積もっておきましょう。 主に「端末の割賦残債」「契約解除料」「MNP転出手数料」「契約事務手数料」の4種類が発生するでしょう。 スムーズに利用できるスマホは? 格安SIMで利用するスマホを決めましょう いざ格安SIMに乗り換えると決めたら、まずは利用する端末を決めましょう。 以下の端末を利用することでスムーズに利用ができるようになります。 山間部などLTEの電波を掴みにくい地域で利用する場合はインターネットができない危険性があるので注意しましょう。 また、最近では au VoLTE対応SIMでの利用が一般的になっています。 このサービスにより高品質な通話が可能になりました。 しかし、 2015年4月〜2017年7月に発売されたauのスマホでVoLTE対応SIMを利用したい場合は、SIMロック解除が必要です。 2015年5月以降にauから発売された機種で、購入日から181日目以降であればSIMロック解除が可能です。 「SIMロック解除」要件が緩和された 以前までは 中古で購入した白ロム(中古端末)はSIMロック解除ができないとされていました。 2017年12月1日(金)からSIMロック解除の受付条件が変更になり、 「SIMロック解除を申し込めるのは契約者本人かつauに端末購入履歴がある場合のみ」になりました。 契約者本人であっても 「解約から101日目以降のSIMロック解除手続きは受け付けない」というルールも追加されているため、au回線を解約してから100日以降経過しているとSIMロック解除ができなかったのです。 ところが、2019年9月1日より、中古端末でも来店すれば原則ロック解除可能となりました。 つまりは、使えるスマホの選択肢が広がったということになるので、中古スマホも検討してみても良いかもしれませんね。 UQモバイル UQ mobile(UQモバイル)はauの母体であるKDDIグループのUQコミュニケーションズがMVNOとして運用する格安SIM。 auの回線設備を利用してサービスを提供しており、au系スマートフォンでの利用により適した環境が整っています。 UQ mobileは通信速度の速さにも定評があり、KDDIのブランド力も相まって人気を集めています。 プランは月額が安い3GB定額のプランから、無制限プランがあり自身の使い方によって選ぶことができ、SMS、テザリング機能、公衆無線LANサービスが無料で利用できるのが特徴です。 また、2019年10月より開始した「スマホプラン」は契約期間の縛り、解約金がない料金プランになりました。 このスマホプランに加えて、かけ放題などの通話オプションを自由に組み合わせられるのも魅力の1つです。 【おまけ】格安SIMなみに安い第四キャリア:楽天モバイル 楽天モバイルは、これまでドコモ回線・au回線を用いたMVNOとして格安SIMサービスを提供してまいりましたが、2020年4月8日(水)9:00より楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを本格開始いたしました。 楽天カードでスマホ本体の購入や月々の支払いで楽天ポイントがずっと2倍貯まるため、楽天のサービスをよく利用している方におすすめです。 楽天回線以降、「Rakuten UN-LIMIT」プランを発足し、エリア内での利用であれば月々2,980円で容量無制限で利用することが可能です。 楽天モバイルは今キャンペーンがアツい! ・先着300万名対象!Rakuten UN-LIMIT 2. 」と思う方も多いかと思いますが、これから説明する要点だけをおさえてすすめれば失敗のない乗り換えができます。 MNP手続き(転出・転入)を行う MNP手続きを確認 格安SIMもMNPに対応しているため、auで使っていた電話番号を引き継いで乗り換えることができます。 大まかな手順を紹介しておきましょう。 新規で加入する場合は不要なので、申し込み後、次の「」まで進みましょう。 auからMNPで格安SIMに乗り換える手順はこちら。 auでMNP予約番号を発行する• 契約先の格安SIMの申し込み手続きを行う• 開通手続き(アクティベーション)を行う まずは契約元のauでMNP予約番号の発行です。 手続きは電話か店頭窓口またはWebからできます。 電話で発行する場合は口頭で番号が告げられるので、メモの準備をしておきましょう。 MNP予約番号の期限は取得から15日以内。 期限内に使用しないと無効になるのでご注意を。 手続き中に20時を過ぎてしまうと予約番号が発行できないので、余裕をもって手続きを進めましょう。 申し込みが完了したら、開通手続き(アクティベーション)を行います。 契約先の開通センターに連絡を入れ、開通が完了したら契約が開始されます。 手続きはおおよそ30分~1時間ほどで、 その間は一切の通話・通信ができませんのでご注意ください。 開通手続きの所要時間は契約先により異なるので必ず契約先に確認するようにしましょう。 SIMカードの挿入~設定 開通手続きを終えたら最後はネットワークの初期設定を行います。 受け取ったSIMカードを端末に挿入し、APN設定と呼ばれる初期設定を行いましょう。 SIMカードを端末に挿入する• APN設定を行う SIMカードは普段取り外すようなものではないので、目に触れることは少ないでしょう。 iPhoneのようにSIMピンでトレイを取り出して挿入するものや、本体の裏フタを開けて挿れるタイプなど様々です。 SIMトレイにSIMカード載せて端末に挿入します 以下の記事を参考にして、SIMカードのサイズや挿入方法を知っておくと慌てずに済みます。

次の

格安SIMで新規の電話番号にするのは簡単!新しく登録する方法とは?

番号変えずに格安sim

Contents• MNPという電話番号を引き継ぐ方法 電話番号を変えずに、携帯電話会社を乗り換える、「MNP」という方法があります。 MNPとは、モバイルナンバーポータビリティの略で、MNPやナンバーポータビリティと呼んだりします。 アルファベットが分かりづらくしていますが、中身はシンプルで、携帯電話番号を変えずに、携帯電話会社を乗り換えることです。 この方法を使えば、今お使いの携帯電話番号を、携帯電話会社を変えてもそのまま使い続けることができます。 今回は大手通信キャリア ドコモ、au、ソフトバンク からの乗り換えについてまとめます。 各社ともに、電話、ネット、店舗からの申し込みができます。 それでは各社のMNP予約番号の取得方法を見て行きましょう。 ・電話で取得する方法 携帯電話から:151 一般電話から:0120-800-000 携帯電話か、一般電話で番号が違いますので、使う電話にあった番号でかけてください。 ・ネットで取得する方法 ネットでの取得も可能なので、以下の流れでMNP予約番号を取得してください。 ・店舗で取得する方法 ネットや電話での手続きで不安な方は、店舗での取得もできます。 受付時間は、AM9:00~PM8:00です。 ・ネットで取得する方法 EZwebで以下の手順で手続きをしてください。 ドコモと同様に本人が身分証明書を持って店舗へ行くようにしてください。 受付時間は、AM9:00~PM8:00です。 ・ネットで取得する方法 MY softbankで以下の手順で手続きをしてください。 ドコモと同様に本人が身分証明書を持って店舗へ行くようにしてください。 MNP予約番号取得時の注意点 取得作業自体は、簡単なMNP予約番号の取得ですが、取得するにあたっての注意点がいくつかありますので、注意点を確認していきましょう。 かかる費用は、「MNP転出手数料」と「解約金」、そして「契約事務手数料」の3つです。 「MNP転出手数料」は、ドコモの場合は2160円、auとソフトバンクは3240円がかかります。 会社によって違うのですね。。 「解約金」は、2年契約が終了するタイミングで手続きをすると、10260円の解約金が発生します。 余分な費用を抑えたいと思いますので、契約が終了するタイミングを意識して手続きをするようにしましょう。 最後に、「契約事務手数料」ですが、これは新しく契約する携帯電話会社に対して3240円の費用が発生します。 まとめると、MNP予約番号を取得する場合は、最低でも5400円の費用が発生します。 あとは、手続きをするタイミングと契約していた会社によって費用が変動します。 ただし、この手続きでお金がかかっても、MVNOに変えた方が利用料金は安くなりますので、手数料にめげることなく手続きを進めましょう! MNP予約番号には有効期限がある! MNP予約番号には、15日間の有効期限があります。 有効期限を過ぎると手続きができなくなってしまいますので、MNP予約番号を取得したらすぐにMVNOとの手続きを開始する必要があります。 契約するMVNOによって違いはありますが、手続きには10日間は必要という認識で手続きをするようにしてください。 なので、MVNOを決めてから手続きするのが無難ですね。 それでは、MVNOへの申し込みから開通までの注意点を見ていきましょう!! ・MNP予約番号の有効期限に注意! 前項でも触れましたが、改めてMNP予約番号の15日間の有効期限に注意してください! 私も乗り換えの際に、MVNOとの手続きに時間を要して、予約番号を2回取得することになりました。。 なので、MVNOを決めてからMNP予約番号を取得し、速やかにMVNOに申し込むようにしてください。 ・回線切替の期間に携帯電話が使えない可能性がある! MNP予約番号を取得して、MVNOに申し込んでからSIMを受け取るまでの期間で、携帯電話が使えない可能性があります。 店舗等で手続きをして、即時開通ができるMVNOは問題ありませんが、即日開通に対応していないMVNOの場合は、新しいSIMが届くまで携帯電話が使えなくなってしまいます。 なので、即日開通のMVNOを選ぶか、使えない期間があることを認識した上で、乗り換え手続きをしていただくようにしてください。 MNPで電話番号を変えずに格安SIMへ MNPでの格安SIMへの乗り換えは、作業自体シンプルですが、お金がかかったり、色々な注意点がありますね。。 でも、格安SIMにすることで、月々の携帯電話料金が5000円程度節約できることを考えると、是非とも行動に移していただきです。 少しの面倒なことをやらずに、損し続けるのは勿体無いので、是非手順や注意点を理解していただき、「格安SIM」に乗り換えていただきたいと思います。 よろしければ、「格安SIM」の良さについてまとめた記事をご覧ください。 リンク: 以上.

次の