ガソリン スタンド デビット カード。 ガソリンスタンドの支払いはクレジットカードが便利!エネオスで楽天カード払い

楽天デビットカードはガソリンスタンドでも使える!注意点を紹介

ガソリン スタンド デビット カード

クレカが使えてデビットカードが使えないのは何故? 現代ではお店で買い物するときに、現金を使わずカードで支払いする方法が一般的になってきました。 支払いに利用するカードはクレジットカードやデビットカードなど様々ですが、中でも「現金を金融機関からその場で引き落とす形式のデビットカードはかなり便利」です。 ところがこのデビットカード、支払いが可能な店舗が急増中とはいえ、実はまだ利用できない店舗があることも事実です。 たとえば、 クレジットカードが使える店であれば大抵はデビットカードも使えるのですが、中にはクレカはOKなのにデビットカードはNGという店があります。 どうしてそんなことが起こるのか、まずはデビットカードの仕組みとクレジットカードとの違いを確認しておきましょう。 クレジットカード払い クレジットカードは、店舗で利用した時点では金融機関からお金は引き落とされていません。 ではいつ引き落とされるのかというと、カード会社によって若干異なりますが、 支払いをした月の翌月の月末くらいに、同月利用分がまとめて引き落とされます。 デビットカード払い デビットカードでの支払いは、 カードを利用したその瞬間に口座から引き落とされるというのが最大の特徴です。 クレカとデビットカードの違いまとめ クレジットカードとデビットカードの大きな違いの一つに 、お金が引き落とされる時期がクレジットカードは「後」であり、デビットカードは「今」であるという点があげられます。 デビットカードは口座にきちんとお金が入っていれば、クレジットカードのように一時的に借金をする必要がないというメリットがあります。 さらにクレジットカードの場合、支払いを先延ばしにすることが出来るので、「気がついたら使いすぎてた」なんてことがありますが、デビットカードはその口座に入っている金額が利用限度額になりますから、クレジットカードに比べると使いすぎる心配がありません。 少なくとも支払日に「ヤバイ!お金がない」なんてことは起こりません。 デビットカードは、どこで使える? では、デビットカードはどのような店で使えるのでしょうか。 具体的に見ていきましょう。 実店舗 簡単に言ってしまうと、基本的にはクレジットカードと同様で そのカード会社の加盟店ならどこでも使うことが出来ます。 デビットカードを使いたいお店に行ったら、レジの周りをチェックしてみましょう。 そこに「VISA」や「JCB」といった「国際ブランド」が掲げられていた場合、同じマークがついてるデビットカードであれば利用可能です。 もっとわかりやすく言えば、 お店にVISAマークがあればVISAデビットカードが、JCBマークがあればJCBデビットカードが利用可能です。 ただし、始めに「基本的に」と言ったように、一部(とくに海外)クレジットカードは使えてもデビットカードは使えない、もしくはその逆という店舗も存在します。 インターネット通販 インターネット通販などでも、デビットカードはクレジットカードと同様に使用できるので便利です。 ネット通販の場合でも実店舗と同じで、サイトに掲載されてる国際ブランドと一致するデビットカードであれば利用できます。 J-Debit 日本には「J-Debit(ジェイデビット」という独自のサービスがあります。 これは、 「銀行などの金融機関が発行しているキャッシュカードを使って決済する」というもので、日本国外では一切利用できません。 J-Debitが利用できる店舗には、「J-Debit」マークが掲載されています。 海外ATM デビットカードを使って海外のATMから現地通貨を引き出すことができます。 出発前の忙しいときに、わざわざ外貨を扱っている銀行に出向く手間がないので筆者も愛用しているサービスです。 海外なのでJ-Debit(日本で発行された普通のキャッシュカード)は利用できません。 利用する際は、ATMの周り(もしくは画面内)に貼ってある国際ブランドを確認してください。 VISAデビットであれば「VISA」もしくは「Plus」。 JCBデビットであれば「JCB」か「Cirrus」マークがあるATMで現地通貨が引き出せます。 注意点としては、海外ATMでお金を引き出す場合、利息はかかりませんがレートに海外事務手数料が上乗せされることがあります。 デビットカードが使えない店がある? デビットカードはそのカードの国際ブランドマークがあるお店ならどこでも基本的に使えますが、なかには使えない店舗もあります。 ではどのような店舗では使えないのでしょうか。 公共料金 デビットカードは基本的に「その場で引き落とし」を前提としているため、 公共料金の支払いでは使えないことが多いようです。 電気やガス、水道や携帯電話の支払いなどがそれに該当します。 公共料金の場合は基本的に月額料金の支払いになる為、クレジットカードの支払いには適しているものの、その場で引き落とされるデビットカードには向いていないというのが理由です。 ただし、デビットカードの中でも、公共料金の支払いに対応しているカードもありますので、全てのカードが支払い不可というわけではありません。 特に ネット銀行系のデビットカードの場合は、公共料金の支払いにも対応している業者が多く見られます。 「おすデビ」へようこそ。 クレジットカードはもう古い?海外では定番、日本国内でも発行数急増中のデビットカード。 あなたも使ってみませんか? 関連する記事• 2018. 10 最近は色々な支払いをクレジットカードで済ませる人が多くなりました。 ところがクレカの新規発行数は頭打ち、ここにきてグググっと発行数をのばしている決済カー[…]• 2018. 18 「聞いたことはあるけど実はあまり知らない」という人が意外と多いデビットカード。 これからはクレジットカードよりデビットカードという時代がくるかも。 「まず[…]• 2019. 20 「デビットカード キャッシング」でネット検索してる人が多いようです。 「デビットカードでもクレジットカードと同じようにキャッシングできるか?」知りたい[…].

次の

楽天デビットカードはガソリンスタンドでも使える!注意点を紹介

ガソリン スタンド デビット カード

持っているクレジットカードの国際ブランドとガソリンスタンドが加盟している国際ブランドが合っていればどのクレジットカードでも使うことができるよ! ガソリンスタンドの支払いで使えるのは、ENEOSカードや出光カード等、石油関連企業が発行しているクレジットカードだけだと勘違いしている方も中には居ると思います。 もちろんENEOSカードや出光カードは使えますし、発行元のガソリンスタンドで給油すれば、会員価格で割引率が高くなり、ポイントも貯まってお得度は高くなります。 しかし、ガソリンスタンドで使えるクレジットカードは他にもたくさんあります。 基本的には、持っているクレジットカードの国際ブランドと、ガソリンスタンドで加盟している国際ブランドが合っていれば、どのカードでも支払いできます。 国際ブランドが合っていればどこでも使える クレジットカードには、それぞれ国際ブランドがあります。 () クレジットカード払いに対応しているガソリンスタンドは、国際ブランドに加盟しています。 ガソリンスタンドが加盟している国際ブランドと、お持ちのクレジットカードの国際ブランドが同じなら、そのカードで支払うことができます。 例えば、昭和シェル石油には三菱UFJニコスと提携して発行している「シェル-Pontaクレジットカード」があります。 昭和シェル石油ではシェル-Pontaクレジットカードしか使えないのではなく、加盟している国際ブランドのクレジットカードを持っていれば支払いできます。 お店に使える国際ブランドが提示されていました。 昭和シェル石油ではJCB、VISA、MasterCard、American Express、DinersClubのクレジットカードが使えます。 VISA、MasterCard、JCBであれば、カード決済に対応しているほとんどのガソリンスタンドが加盟しているのでご安心ください。 ガソリン用としてENEOSカードや出光カードなどの石油関連企業のクレジットカードを作るのもいいと思いますが、すでに持っているクレジットカードで間に合うことがほとんどです。 クレジットカードのポイント還元率が1%の場合• 1,000円利用で10ポイント• 3,000円利用で30ポイント• 月の利用が10,000円で100ポイント(年間1,200ポイント)• 月の利用が20,000円で200ポイント(年間2,400ポイント) ポイント還元率が1%のクレジットカードの場合、100円で1ポイントですので、1,000円で10ポイント、10,000円で100ポイントもらえます。 毎月ガソリン代が2万円かかる方は、1%還元のクレジットカードで200円分ポイントで還元されます。 現金払いの方は200円分損をしていることになりますね。 提携店でお得にポイントが貯まるクレジットカードもあります。 楽天カードはENEOSで使えばポイント2倍になるので、月々10,000円使うと200ポイント貯まります。 支払方法はクレジットカードを選択する• クレジットカードを入れる• 油種や給油条件を選ぶ• 給油する• レシートを受け取る セルフガソリンスタンドで、初めてクレジットカードを使ってみました。 やや緊張しながらの操作だったため、画像が見にくい点はご了承ください。 まず、支払方法を選択します。 支払いは「クレジットカード(クレジットメンバー)」をタッチですね。 クレジットカードの他に、電子マネーやおサイフケータイでも支払いできるようです。 「カード」部分にクレジットカードを入れます。 画面に「ラクテンKCカードカイイン様」と表示されました。 続いて油種や給油条件を選びます。 レギュラー満タンにしました。 給油開始です。 給油が終わり、レシートを受け取ったら終了です。 初めてでも、クレジットカードを問題なく使えてほっとしました。 永年年会費無料• ポイント還元率は通常1%、ENEOS2%、楽天市場3%• ポイントが貯めやすい• キャンペーンがお得で楽しい 楽天カードは基本的なポイント還元率が1. 0%と高いので、楽天グループや提携店以外で使ってもお得にポイントが貯まります。 毎日の買い物や公共料金の支払いに使うのもおすすめです。 貯まったポイントは楽天グループ内で使うことができる他に、街中の楽天ポイント加盟店でも使うことができます。 ポイントの貯まりやすさと使いやすさが、楽天カードのメリットですね。 楽天カードは、エネオスで給油するとポイントが2倍ついてお得なので、これからもじゃんじゃん利用しようと思います。 楽天カードはENEOS利用でお得なキャンペーンをやっていることがあるので、さらにポイントが貰えることもあります。 (キャンペーンにはエントリーが必要です。 WEB明細の利用で年会費無料• 還元方法は2つのコースから選べる(キャッシュバック、ポイントプレゼント)• NTT通信料金200円につき2ポイント• 1Lあたりの割引額は、毎月の出光利用金額によって決まります。 出光ステーションを利用すればするほど、ガソリンの単価が安くなってお得に給油できるようになります。 キャッシュバックは現金が振り込まれるのではなく、数か月後にカードの利用料金からキャッシュバック額を差し引いた金額が請求される形で還元される仕組みになっています。

次の

エネオス(Enejet)の支払い方法

ガソリン スタンド デビット カード

ガソリンカードとして広く使われているものは、主に石油会社系列の企業から発行されています(2020年4月執筆現在)。 ENEOSカード(JXTGエネルギー株式会社)• コスモ・ザ・カード(コスモ石油マーケティング株式会社)• 出光カード(出光クレジット株式会社)• シェルスターレックスカード(出光興産株式会社) それぞれガソリンスタンドでガソリン・軽油・灯油が会員価格で購入できたり、ポイントやマイレージが還元されます。 他にもETC機能付きのカードや、家族会員カードも発行できます。 さらにオプション料金を払えば、事故の際のロードサービスなども受けられます。 ガソリン代金が安くなる以外にも、さまざまなサービスも受けられることが利点です。 また、NTTドコモが発行するdカードや、楽天が発行する楽天カードなども利用できます。 ガソリンスタンドで使うと、ポイントが還元されます。 ただし利用できる店舗は、各社が提携している石油会社や店舗に限定されていることがあるので、注意が必要です。 デビットカードは、都市銀行や地方銀行などの金融機関が発行するカードです。 デビットカードで購入すると、その場で口座からお金が引き落されます。 預金残高以内の買い物に、おすすめのカードです。 ガソリンカード同様、デビットカードもガソリンスタンドで利用できます。 しかし楽天銀行やジャパンネット銀行などのデビットカードは利用が可能ですが、三菱UFJ銀行やりそな銀行のデビットカードは利用できない場合があります。 銀行によって、ガソリンスタンドでの扱いが異なるのでよく確認しましょう。 また楽天銀行は、普通預金の預金残高が10,000円以上という条件があります。 他にもジャパンネット銀行が普通預金の預金残高が3,000円以上と、デビットカードが利用できる銀行でも条件が設けられています。

次の