ジェット スター ca。 国内LCC各社のCA採用が面白い!

FLY!BOYS,FLY!

ジェット スター ca

出典: 異常の可能性のアナウンスがあったのち、客室乗務員(CA)が非常口の案内や、シートベルトをきつく締めたり、腕を組んでひじを抱えるなどの安全姿勢の説明をします。 【9:32】 機長が、「間違いなくノーマルランディング(通常着陸)を予想しておりますが、万が一のために」と、あらためて安全姿勢を要請。 その間、機内は冷静な様子です。 「頭を下げてー!前にかがんでー!」ひたすら連呼 【10:13】 緊張をはらんだ一時の静寂を打ち破るように、突如、CAが連呼を始めます。 「頭を下げてー!前にかがんでー!」 「頭を下げてー!前にかがんでー!」 「頭を下げてー!前にかがんでー!」 ……声を合わせてひたすら連呼。 途中、疲れからか声がそろわなくなったりしても、ただただ連呼します。 【14:27】 連呼がようやく終わります。 機内が再び静かになると、乗客のまばらな拍手。 緊張が続いて力が入らないせいか、弱々しい拍手音がリアルです。 さらに、それまでCAの連呼にかき消されて聞こえなかったのでしょうか?乗客のすすり泣きのような声が聞こえてきます。 結果的に無事着陸 【14:38】 機長から安全姿勢の解除を許可するアナウンス。 結果的には、通常の着陸でした。 安全姿勢の指示は、パイロットが離陸直後に前脚付近の異音を検知していたため、大事を取っての対応でした。 着陸後に点検したところ、鳥が衝突した跡があったそうです。 中部空港初便の乗客を乗せ、離陸するジェットスター・ジャパンの機体=2013年3月31日 出典: 朝日新聞 途切れると乗客がパニックになる可能性 この壮絶な連呼、こういうシチュエーションでは一般的な対応なのでしょうか。 国土交通省航空事業安全室によると、乗客の心理状態を考慮した、案内誘導の手法の一つだそうです。 緊急時には、機長やCAの指示が途切れると、乗客は「どうなったの?次に何をしたらいいの??」と、パニックになる可能性があります。 そこで、「簡潔な言葉で、繰り返し、途切れずに指示を出す場合もある」とのことです。 ただ、非常時のアナウンスなどのマニュアルは、航空機製造メーカーのガイダンスなどをもとに、各航空会社が自ら整備するため、連呼の度合いやフレーズなどは、社によっても異なるそうです。 仕事を全うしたね。 — 節電 YamagawaH.

次の

ジェットスターの口コミ・評判 | みん評

ジェット スター ca

ジェットスター・ジャパンという航空会社があります。 英語では『Jetstar Airways』と表記し、ANAやJALと同じように『JJP』というスリーレターで親しまれています。 ジェットスター航空は、オーストラリアのメルボルンに本社が位置する日本の国内線・国際線格安航空会社(LCC)です。 規制緩和以降、我が国でも多くのLCCが誕生し、その『コスト削減』というコンセプトによってより空の旅が身近になりました。 国内線も国際線も就航しているLCCと言えば、ジェットスターが代表格だと言って良いのではないでしょうか。 シルバーを基調としていて、オレンジ色の星マークが描かれている機体に乗ったことがある方も多くいらっしゃるはずです。 重厚でありながら、ポップさや明るさも感じるデザインになっており、オーストラリアらしい文化も伝わってくる航空会社です。 長距離国際線ならともかく、短距離国内線であればANAやJALなどのメガキャリアを使う必要は全く無く、その安さに鑑みれば十分に快適な空の旅を楽しめる航空会社であることから、私も良く利用するLCCです。 全然関係ないですけど、このマスコットキャラクターが何とも言えず可愛いです笑 手荷物制限や、超ウルトラ時間厳守等のデメリットはあるものの、ジェットスターのお陰で大切な家族にも頻繁に会いに行けるようになったという方は多いでしょう。 現在、当サイトではCA(客室乗務員)と英語力に関する記事をシリーズ化させています。 初回のANAに続き、JAL・FDAと考察行ってきました。 今回はジェットスター・ジャパンの客室乗務員における就活についての記事になります。 航空会社の就活でも当たり前のようにエントリーシートを提出し、そこにTOEICのスコアの記入する欄があります。 『客室乗務員を目指しているけど、あまり英語は得意ではない』そんな方もいらっしゃると思います。 CA就活のために準備をしておきたいけど、具体的に何点を取得しておけば良いか分からないといった方の為に、本日は 『【JJP】ジェットスター・ジャパンのCA内定に必要なTOEICの点数は何点!?外資系航空会社の英語要件は厳し目なのか【LCC】』というテーマでお話しようと思います。 今回は初の外資系の航空会社になります。 やはり外資系ということもあり、TOEIC等、英語資格の要件も厳し目なのでしょうか。 参考 ジェットスターのCA内定に必要なTOEICスコア 通常の就職活動においては、TOEICのスコアはあったらあったで有利になりますが、基本的にポテンシャル採用になるので必須ではありません。 しかし、これが『航空業界』となると話は別になってきます。 航空業界と言えば、皆さんのイメージの通り『英語』が必須の世界になってきます。 従って、 TOEICは『あったら有利』というよりむしろ『足切り』として使われることが多く、一定のスコアを持っていないとそもそも応募すらできないケースが多々見られます。 今回はジェットスター・ジャパンがCA(客室乗務員)に求めるTOEICのスコアについて見ていきましょう。 一番簡単な方法は採用ページの募集要項を見ることです。 以下は新卒採用におけるJJPの客室乗務員の応募資格です。 『年によって変わるのでは?』と思われるかもしれませんが、基本的に募集資格というのは早々に変わるものではありません。 *詳細は書類選考通過者へ別途お送りいたします。 届かない方はその場でお帰り頂きます。 0以上(コンタクトレンズ使用可) 引用元:ジェットスター・ジャパン キャビンクルー募集要項 ジェットスターは外資系ということもあり、ホームページの求人ページから純粋な日本企業とは異なることが分かります。 前回のFDAに比べ、高卒ではアプライが不可能ですので、その点、専門学校卒以上の学歴は必要になってきます。 ジェットスターの面白い点・ユニークな点ですが、募集要項に 『1年以上の接客経験があること』というものがあります。 この辺りは外資っぽいなぁと思いますし、個人的に好きなポイントです。 注意すべきポイントですが、選考会で 『アームリーチをして210cmに達しない場合はその場で帰らせる』との記述がありますが、この辺りもハッキリしていて外資を感じさせるポイントです。 小柄な方は、身体的な条件はどうしようもないですが、FDAのようなリージョナルジェットやJ-AIRのようなエアラインであれば、小型機を使用するので小さな方でも客室乗務員ができますので、諦めないようにしましょう! 少し話が脱線しましたが、問題は英語力の所ですね。 上の募集要項を見てみると次のようになっています。 TOEIC60点程度または同等の英語力を有していること。 上記にてお分かりの通り、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)等の一般のエアラインに比べて、同等のTOEICのスコアが設定されていることがお分かり頂けます。 この点、外資系であるからと言って、特別高得点が求められるというわけでは無さそうです。 上記は新卒の募集要項ではありますが、 既卒であったとしても基本的に求められる英語力は同じになります。 いつ入社しようが、業務内容は同じだからです。 このように、 最低でもTOEICで550点を取得しておかないと足切りとなり、書類選考を通過することができません(というより事実上応募不可)。 総合商社や一部のメーカーにもありがちですが、選考過程において 『証明書類の提出は別途通知します』と書いてある会社に関しては、ほぼ間違いなくスコアを提出されられますので、スコアを盛ったり虚偽表示をすることは一切不可能です(JJPは応募段階で提出必須)。 ちなみに、TOEICで600点というスコアは英検に換算すると2級と並べられることが多いです。 600点というスコアは現在の日系エアラインでCAに求められる英語力の平均的な数字ですが、ジェットスター・ジャパンにおいてもその傾向は変わらないようです。 しかし、CA記念受験組を除き、おそらく皆さんが目指すところは 『応募』ではなく 『内定』だと思います。 数多くのライバル達と戦い、勝ち抜いていく為にはTOEIC600点では少し心もとない気もするでしょう。 CA受験において『何点とっておけば絶対内定』といったものはありません。 客室乗務員に関しては英語力もそうですが、それ以上に様々な要素が絡み合ってくるので、英語力はその指標の一部にしか過ぎないのです。 ちなみに、ANAウイングスでもそのことは言われています。 ジェットスターとANAウイングスは別会社ですが、英語力に対する採用基準や考え方は根本的に一緒と考えてもらっていいです。 私たちの仲間として一緒に働いて頂く方の人物重視の選考を行なっているため、英語力だけで合否を判断しておりません。 引用元:ANAウイングス 採用サイト ただ、そうは言ってもある程度のスコアを獲得して安心したい気持ちも分かります。 では何点を取っておけば良いのでしょうか。 できればTOEIC700点 英検2級A程度 以上を取っておくとよい 採用予定人数というのは、その年の景気や企業動向の問題もありますし、特に航空業界は世界経済の影響をモロに受けますので年度毎に様々です。 しかしながら、ここ数年は2020年に開催される東京オリンピックの影響もあり、JALやANAでは500〜600人程度が採用されます。 それに対し、応募者がどれくらいいるかという話ですが、7000〜9000人は存在します。 当然中の当然ですが、JALの客室乗務員を志望する人はANAも受験します(片方しか受けないのは相当まれ)。 そして、客室乗務員に本気でなりたい方は、航空会社全てを受験するのが常識中の常識です。 従って、ANAを受けている人もJJPを当然受験します。 ここで問題となってくるのが、JJPのようなLCCだと、採用人数が少なめに設定されているということです。 大手のように大量採用大量離職のような状態では無いので、逆に内定にまで至る道のりが狭き門だったりします。 そうなってくると、書類で落とされる人は数多く存在してきますね。 最近流行りの動画選考等を加味し、その他のスペックが殆ど同じ人間であればTOEICの高い方を優先的に次のステップに上げることは優に考えられるのです。 そのため、 応募条件の600点で満足して提出してしまうのは少しもったいないような気がします。 現実的には TOEIC700点 英検2級A程度 レベルの勝負になってくると思います。 体感的な数値で申し訳ないですが、私自身の就職活動を通して出逢った方々を見ても、 おおよそ600後半〜700後半くらいが一番多いように感じますし、内定者のボリュームゾーンになってくると思います。 もちろん、800overのスコアを持っているのであれば、それに越したことは無いのですが、700以上あれば『英語力』で足切りされることはありませんし、仮にお祈りを喰らったとしても、それは英語力が原因ではありません。 ANAの自社養成パイロットでも応募条件で700点が設定されている以上、新卒のCAにそれを求めることは到底考えられないからです。 このことから考えても、TOEICで700点以上のスコアを獲得できたらそれ以上にスコアを伸ばす等のことを無理にする必要はないのです。 その時間があったら、 エントリーシートを何度も読み直して完璧にしたり(ESで落ちるのは避けたいから)、動画面接および集団面接などの対策に力を注いだ方が結果的には内定に近づくと思われます。 ジェットスターは英検も評価するはず ジェットスター・ジャパンは、TOEICで600点ということでしたが、JALと同じように英検も少なからず評価するように感じます。 『同程度の英語力』という表記があるからです。 これを単純に解釈すれば、英検であれば2級を取っておけば間違いないように感じます。 オーストラリアが本家本元であることを考えると、英検よりIELTSの方がいいんじゃないの?という話にもなりそうですが、 IELTSのようなスコアは必要無いと思いますし、JJPの採用面接官は日本人なわけですから、TOEICと同程度の英語力を担保するためには英検で充分そうです。 『別にTOEICでなくても英語ができる指標があれば良い』という企業の姿勢が見て取れます。 従って、英検を勉強されている方はどんどん英検をやればいいと思います。 ちゃんと評価してくれるはずです。 この辺りは企業のカラーもあるので面白い所ですよね。 CAは航空会社によってTOEIC要件のみならず英語面接もあるので注意! 日系大手航空会社では、エントリーシートの提出後に 英語試験が課されるほか、英語面接を行う場合もあるので要注意です。 大手航空会社では、国際線も飛んでいますので、それを見越して入社段階である程度のスピーキングができるかも判断されています。 スピーキングの能力を担保するためにTOEFLや英検を受験するのも一つの方法なのですが、そもそも企業の人事は会社でTOEFLや英検を受験しないので効果的と言えず、やはりTOEICで700点以上を獲得しつつ、現実的には や と言ったオンライン英会話を利用して面接対策を行うことが理想です。 面接と言っても、日常的なコミュニケーション能力をみるだけで、英検のように『街中に防犯カメラを設置することはプライバシーの観点からどうか』みたいな(実際に私が2級の面接で聞かれた)ことは問われませんので、上記のオンライン英会話で日常の会話を練習しておくだけでも全然違うと思います。 どのみち、英語は入社してからもやっていくと思いますし、仮に入社後に挫折してしまったとしても国際線に回されないだけなのでそこは気軽に立ち向かっていく気合いが重要です! ジェットスターはTOEICもいいけど中国語も重宝されますよ! TOEICとは話がずれてしまうのですが、実は航空会社というのは『JTB』や『HIS』といった旅行会社と同じく、英語以外の語学スキルも重宝されます。 この点は総合職やパイロット以上に求められることが多いように感じます。 現代では英語が共通語として認識されているのは事実ですが、中華系の訪日インバウンド客というのは非常に多く、特にキャビンを担当することになる客室乗務員は中国語ができると尚評価されると思います。 もし、英語に加えてある程度の中国語が可能であれば、そちらの路線にもすぐに対応することができ、アピールポイントになることは言うまでもありません。 ジェットスターは、 過去の募集要項の中でも中国語(就航都市の言語)ができる人間を優先的に評価すると明言していた過去もあるので、ある意味では英語力はそこそこにしておいて、中国語や広東語といった言語をマスターした方が『そっち枠』で採用されるような気がします笑 もし、私がジェットスターの客室乗務員を目指すのであれば、あまり皆が勉強する事の無い中国語等を猛勉強して、HSKで5級ないし6級辺りを取得して臨む戦略に出ます。 この辺りは、ANAやJALと少し戦略は異なってくるので、各自の方向性に合わせて選択していくべきであると感じます。 ただ、英語に関しては結局どこの航空会社でもマストになってくるので、ジェットスターが本命の人にとっても、あくまで英語を頑張りつつ等のアプリをガンガン活用しながらスコアを伸ばし、余裕があれば中国語にも手を出すのが最適解だと思います。 参考 CA選考はできる限り早くから対策することが大切 ここまで、CA選考におけるTOEICの重要性について語ってきましたが、TOEIC対策はなるべく早めに対策を行っておくことが重要になります。 IPテストも含め、TOEICは無限に受けられるものではありません。 私自身、TOEICの点数が足りずに直前期になって焦っているCA志望の方たちを何人も見てきました。 少しでも高い点数を取るに越したことはないのですが、できるだけ早くから対策をしておけば焦らずに選考に臨めると思います。 目標点を設定し、準備を開始してから実際にスコアを取得するまで早くて3ヶ月〜半年はかかるかと思います。 英語は一朝一夕で能力が向上するものではありませんし、突然できるようになるものでもないので、大学生や専門学校の方であれば少しでも低学年からTOEICの対策をしておくことをおすすめ致します。 できる限り早めに対策を行い、ライバル達に差をつけましょう! まとめ いかがだったでしょうか。 本日は 『【JJP】ジェットスター・ジャパンのCA内定に必要なTOEICの点数は何点!?外資系航空会社の英語要件は厳し目なのか【LCC】』というテーマでお話をしてきました。 CAを目指している人は、統計的に国際学部関係の人が多いので、自ずとTOEICのスコアも高い人が多いのが特徴です。 しかし、専攻が英語の人だけかというとそういうわけではなく、実に様々な学部・学科から採用されます。 応募資格のTOEIC600点・目標点となる700点は、国際関係の学部以外の一般的な学部の学生さんにとって多少難しく感じることもあるでしょう。 しかし、 コツコツと真面目に取り組んでいけば600〜700点というスコアは決して難しいものではありません。 当サイトおすすめのTOEIC対策アプリである も上手に併用しながら対策するのが良いと思います。 JJPは外資系ということもあり、働いている人も外国籍の方も多いので、必然的に英語力は必要になってきます。 それに加え、航空業界というのは、機体に関することから航空法に至るまで、絶対に英語がついて回るのは変えられない事実です。 そのため、入社してからもコツコツと努力していく姿勢を見せることがCA内定に必要になってくるのではないでしょうか。 本記事が皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

Jetstar Japan(ジェットスタージャパン) 客室乗務員 内定インタビュー|内定実績|エアラインスクール CAコンシェルジュ

ジェット スター ca

ジェットスター・ジャパンは、 JALとオーストラリア大手のカンタスグループなどが共同出資して設立された LCCです。 成田空港をベースに運航を開始し、現在は国内 17路線を運航し、国際線もアジア太平洋を中心に 16路線を運航しています。 また、国内 LCCでは唯一東京・名古屋・大阪の 3大都市より計 26路線運航しています。 また、ジェットスター・ジャパンは、 アジア太平洋地域において急成長している航空会社の一つであるジェットスターグループのひとつです。 ジェットスターグループは他にも、ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、ジェットスター・パシフィック航空で構成されています。 ジェットスターグループ全体で、アジア太平洋地域の 18ヶ国 85都市に週 5,000便以上を運航しています。 ジェットスター・ジャパンは、ワールドアライアンスに加盟はしていませんが、 JALの全便と、一部路線を除いてカンタス航空、アメリカン航空とコードシェア提携を結んでいます。 JAL、カンタス航空、エミレーツ航空とマイレージプログラムに関する提携も結んでおり、ジェットスター・ジャパン便の搭乗でマイルの加算ができたり、 JALのマイルを使ってジェットスター・ジャパン便の特典航空券に交換することも可能です。 2017 年も新卒・既卒共にジェットスター・ジャパン 客室乗務員の募集が出ました。 最新の合格実績は 前回(2017年)のジェットスター・ジャパンの採用情報は? <応募資格> ・ 2017 年 7 月 17 日(月)に成田空港にて行われる予定の選考会に参加可能であること ・ 2017 年 9 月 13 日(水)から 10 月 6 日(金)の期間に行われる予定であるイニシャルグラウンドスクール( IGS )」 に参加可能であり、 IGS 卒業式の翌日から入社可能であること ・ 現在学生の方は、上記の日程で訓練へ参加でき、入社が可能な方のみ応募可能とします ・ 1 年以上の接客業務の実務経験がある(アルバイト含む)方歓迎いたします ・ ビジネスレベルの日本語力(読み書き、会話)を有していること ・ TOEIC 600 点程度、または同程度の英語力を有していること ・ 北京語を話せる方歓迎 ・ 日本国籍、または日本で制限なく就労が可能なビザを保有していること ・ 有効期限が半年以上であるパスポートを保有していること ・ 身長 158cm 以上、及び裸足の状態でアームリーチが 210cm 以上あること(選考会にて測定いたします) ・ 矯正視力 1. 但し、入社後、将来の運航プランによっては他空港に異動していただく可能性もあります。 <注意事項> ・応募書類の郵送や E メールでの応募は一切受け付けておりません。 また、異なるメールアドレスによる同一人物の 重複応募は一切受け付けません。 ・ 合わせてジェットスター・ジャパンの求人へのご応募は、弊社採用サイトからのみの受付となります。 各種広告媒体 の応募フォーム等からご応募いただいても応募受付完了となりませんので、ご注意ください。 ・ 書類選考は応募をいただいた方から順に実施いたします。 締切前であれば、書類の再アップロードが可能です。 ・ 応募書類の添付に誤りが多く見受けられます。 ご応募の際はよくお確かめの上、正しい書類をアップロードしてい ただけますようお願いいたします。 ・ 選考会にて、受付の際にアームリーチを測定します。 ・ 選考会、 IGS 、入社日の日程は予告なく変更になることがございます。 ・ 応募者多数のため、応募に関するご質問にはお答えかねます。 ・ 応募者多数の場合、予告なく求人情報の掲載を終了する事がございます。 採用までの流れは? <応募方法> 【オンラインによる応募】 ジェットスター・ジャパンのホームページで公募されている客室乗務員 applyボタンをクリックしてフォームに必要な情報を入力します。 履歴書・職務経歴書をアップロードし、 Apply nowのボタンをクリックしてフォームを送信します。 <選考の流れ> 1. 書類選考 スクリーニングとして、書類選考後、電話インタビューを行います。 (書類選考通過者へのみへ連絡) 2. 一次選考 電話インタビューに合格された方を選考会へご招待します。 二次選考 選考会に合格された方を、キャビンクルー候補生として、指定の期間に行われる予定の IGS イニシャルグラウンドスクール)へご招待します。 あらかじめご了承ください。 1.英語力を身につけること! 国際線での英語力は必須ですが、国内線でも東京五輪を控える今、海外から多くの観光客が日本を訪れているため、英語力があればあるほど貢献できます。 流ちょうに話せることが重要ですが、 TOEICであればまずは 600点以上を目安に早めに対策をしましょう。 2.企業研究をすること! よくジェットスター・ジャパンの企業研究をして、 会社のことをよく知っておく必要があります。 また、 ジェットスター・ジャパン でどのようなことができるか、自分だけの強みや活かせることをまとめておくとよいでしょう。 3.体力づくりをしておくこと! 客室乗務員は、国内線でも長時間のフライト、あるいは 1日何便ものフライトを任せられることもあるため、体力と精神力が必要です。 日頃からジョギングをするなど、体力づくりをしておくことをおすすめします。 4.日頃から食生活に気を付けること! 血液検査の貧血などでひっかからないよう、日頃から食生活に気を付け、規則正しい生活を送りましょう。 また、忘れがちなのが耳掃除です。 客室乗務員の健康診断は耳鼻の検査もあるので、健康診断を受ける際には掃除も忘れずにしていきましょう。 5.接客適性が認められるエピソードを準備しておくこと! 接客の適性があるかどうかも重要です。 電話面接でも重要ですが、何より二次選考となる IGSでは、候補生として実際に訓練を受けながら、接客適性があるかどうかを見極めています。 接客経験のある方はこれまでの経験を活かして、また接客経験がない方でもコミュニケーション力を高めて臨むといいでしょう。 6.コミュニケーション力を磨くこと! コミュニケーション能力は、接客業では欠かせない能力です。 接客要員と同時に重要な保安要員としても、コミュニケーション力は欠かせません。 そのため、グループディスカッション、面接などを通してコミュニケーション力があるのかどうかを確認します。 コミュニケーションの取り方も、磨けば確実に身についていきます。 ただし、人と人とのやり取りのため、ひとりでは対策することもなかなかできないため、トレーニングできるスクールなどはおすすめです。 独学か、スクールに通うか悩んでいるなら 「独学で合格できるか不安」 「エントリーシートの書き方や、面接試験が心配」 「スクールに通いたいけど忙しい」 「英語力に自信がない」 憧れの客室乗務員になるため日々努力はしているけれど、このような心配や不安、悩みを抱えていませんか? 悩みを解消して夢を叶えたい、そんな思いをアイザックが実現します。 アイザックではプロの講師が徹底サポートをして一緒に合格を目指します。 8人までの個別指導レッスンで、エントリーシートの対策や面接時の受け答え、メイクアップなど、ひとりひとり合わせたサポートをしていきます。 また、学業や仕事などで忙しい方でも、フレックスに対応しているので、自分の希望に合わせて好きな日時に自由に受講できます。 そして客室乗務員に必須な英語力も同時に身につけられるので、英語力に自信のない方でも大丈夫。 TOEIC990点満点レベルの講が、それぞれの実力に合わせたレッスンでスコアアップを目指します。 航空業界は難しいと思われている方が多いですが、決して「特別な」「難しい」業界ではありません。 どういう人物像を求めているか…をしっかり自分の中に落とし込み、 "コツ "をつかむことで内定は目の前です! 一緒に頑張りましょう。

次の