悠 読み方。 【男女別】「悠」の名前TOP100選|悠の意味・由来・漢字の読み方も

男の子の名前で「悠人」読み方は?意味や由来は?

悠 読み方

中国古代哲学書である「老子 41章」にある、「大方無隅 大器晩成」が由来と言われています。 鐘のように大きな器物が簡単に作れないように、真の大物が実力をつけるのには時間がかかるもののいずれ大成するという意味の教えです。 本人の努力なくして大きな器に育つという意味ではありません。 ただ赤ちゃんに「おおらか」という意味の漢字を選んだパパとママですから、子育ても大らかにのびのびと行う可能性が高く、結果的に子供が本来持っている能力を潰さずに育てることができ、子供が努力を重ねて大器晩成になる可能性は考えられます。 結果が出るのが遅い大器晩成の赤ちゃんを育てる親の場合、子供が成長するにしたがって努力に見合う結果が出せないことを心配したりがっかりしたりすることもあるでしょう。 けれど大器晩成の偉人には次のような大物が多いので、「悠」の漢字を赤ちゃんの名前に選んだ親は、子供を信じて将来を楽しみに育ててあげたいものです。 徳川家康 子供の頃から人質生活が長く、関ヶ原で勝利したのは60歳• 浅田次郎 20歳で陸上自衛隊に入隊し、39歳で作家デビュー• カーネル・サンダース ケンタッキーフライドチキンの生みの親で、65歳に創業• 安藤百福 日清食品の創業者で、48歳で世界初のインスタント「チキンラーメン」を開発• 本田宗一郎 本田技術工業を41歳で創業し、世界のHONDAへと成長させた 男の子の名づけで人気がある「悠」がつく名前 明治安田生命保険の2017年名前ランキングによると、 「悠真くん」が男の子のお名前人気NO1でしたが、同じ漢字でも「ゆうま」と読むケースと、「はるま」「ゆうしん」と読むケースがあります。 「悠」には複数の読み方がありますが、名前つけの書籍の存在で名づけのバリエーションが広がったことで、最近は「ゆう」以外の読み方で名前に使われることも多くなりました。 仁悠(にちか)• 悠希(ゆうき、はるき)• 悠生(ゆうせい)• 悠汰(ゆうた、はるた)• 悠斗(ゆうと)• 悠人(ゆうと、はると、はるひと)• 悠翔(ゆうと、はると)• 悠真(ゆうま、ゆうしん、はるま)• 悠也(ゆうや)• 悠里(ゆうり) 女の子の名づけで人気がある「悠」がつく名前 「悠」は男の子の名前に人気がある漢字のため、名づけ使いたくても悩んでしまう女の子のパパやママもいるでしょうが、実は 女の子でも「悠」のつく可愛い名前はあります。 例として挙げた女の子の名前を、ぜひお子さんの顔を見てしっくりとくる、呼ぶ側も呼ばれる側もほっこりできる名前付けに役立てて下さい。 実悠(みゆ)• 悠花(ゆうか、ゆか)• 悠香(ゆうか、ゆか)• 悠菜(ゆうな、ゆな)• 悠奈(ゆうな、ゆな)• 悠羽(ゆうは、ゆう)• 悠美(ゆうみ、ゆみ)• 悠季奈(ゆきな)• 悠月(ゆづき)• 悠里(ゆり) 「悠」を「ひさ」「はる」と読む名前にすると、読めないトラブルが多い 「悠」は名づけに人気があり、日本の皇族のお一人である悠仁親王(ひさひとしんのう)のお名前としても選ばれたほどの素敵な漢字。 そのため「ひさ」と読む使い方はいけないのでは?と気にしたり、学校などで読めないトラブルがあるのでは?と心配したりするパパやママもいるでしょう。 けれど悠仁様がお生まれになる以前から「悠」を「ひさ」と読ませる名づけは行われてきていますので、特に気にすることはありません。 「悠」の漢字を習う中学校では「ゆう」という読み方しか習いませんので、「ひさ」「はる」と読ませる場合は読めないトラブルが起こりやすいです。 もし読めないトラブルが気になる場合は、「ゆう」という読み方で名前に使うとよいでしょう。 みっぴー 40代後半 朋悠 ともひさ 「大らかでスケールの大きな人になって欲しい」 息子の名前に「悠」の漢字を選んだのは夫です。 夫の名前の漢字を1文字もらい、別の漢字との組み合わせを選んでいましたが、どの漢字も音や見た目でピントこない中で、「ひさ」と読ませる「悠」の漢字との組み合わせを見た瞬間、「これだ!」と思うほど魅力を感じました。 親としてはとても気に入っている名前ですが、誰も「ひさ」と読める人がいない日々が続く中、天皇家の秋篠宮様のご長男が誕生され、息子と同じ「ひさ」と読ませる「悠」の漢字がお名前に選ばれたことをテレビで知り、とても嬉しく光栄に思いました。 けれど残念ながら未だに「ひさ」といきなり読める人には出会っていませんす。 でもこれまで「素敵な名前だね」と言われることは多かったですし、「ひさ」という読み方だからこそ個性が出せたと思っています。 息子は名前負けしない、大らかさを好む優しい子に成長しました。 やることなすことのびのびとダイナミックな大器晩成型で未来の予測がつかない楽しみな息子です。 本人も名付けた親も、この名前をとても気に入っています。 「悠」を女の子の名前につけた親~ゆったりと優しい心をもって 女の子の場合、名前の「悠」が他の女の子と被ることはそれほどありません。 素敵な漢字のため満足度が高く、当て字として選ばれることも多いです。 ただし同級生の男の子と名前が被る可能性が高いので、組み合わせる漢字をしっかり検討するとよいでしょう。 ちこちゃん 35歳 真悠 まゆ 「真っすぐゆったり育ってほしかった」 女の子と分かってから、主人と毎晩赤ちゃんの名前を考えました。 夫婦ともに曲がった事が嫌い、自分の芯は通すような子になってほしい、でも突き進むだけでは駄目、周りとも協調しながらゆとりや優しさも兼ね備えてほしいという事で「真悠(まゆ)」と名付けました。 困った事や後悔はありません。 娘が生まれてから、悠仁さまがこの字の名前になったのをニュースで見たとき、とても光栄に感じました。 やはり「悠」の字は、悠々自適などにも使われているように、ゆったり、おだやか、落ち着いているなどのイメージが湧くと思います。 優しいイメージで名付けできるのでオススメの漢字です。 満月の夜 30代前半 悠希(ゆうき) 「ひたむきに希望を求めて欲しい」 私は32歳の父親で、子供には「悠希」と名付けました。 「悠」という字は「悠久」や「悠々自適」など長くゆったりとしたイメージがあり元から好きな漢字だったというのも理由ですが、私の名前にも「悠」が付いているので、家系的に男の子が多かった自分の両親の意も汲み取って、悠の字を使うことに決めていました。 そこに希望の「希」を加えて、困難が多く生きづらい時代でもひたむきに希望を持って欲しいというメッセージを込めました。 この名前にして困ったことはなく、シンプルで読みやすいのでこの名前にして正解だったなと感じます。 悠という漢字はゆったりとしておしとやかな印象を持ちながらも、泰然自若で強い心を意味する言葉でもあるので、子供の成長を願う漢字のチョイスとしてとても良い文字だと思います。 「悠」を男の子の名前につけた理由~器の大きな優しい人になって 男の子の名前につける漢字人気TOP3に入る「悠」。 皇族のお名前に選ばれるほど意味も素敵な漢字ですが、名前被りが多いという実態も。 意味だけでなく読み方や組み合わせる漢字の意味により、名前全体のイメージが変わってしまうこともありますので、しっかりと検討しましょう。 ゆーママ 32歳 悠真 ゆうま 「真っすぐに優しく育って欲しい」 娘と息子を持つ母です。 息子の名前を付けたのは娘です。 ゆいなの「ゆ」と私の名前まなみの「ま」をとって「ゆま君がいい」となり、お腹の中にいるときから「ゆま君」と呼んでいました。 名前を考え始めた時にゆま君が定着してしまい、漢字が中々思い浮かばなくて「ゆうま」で探すことにしました。 筆で書いていた時に「悠」の字はキレイに書けて見栄えも良かったのと、意味を調べたて「ゆったりと優しく育って欲しい」という私達の願いと一致するので「悠真」にしました。 産まれた後に、その年の1番人気の名前だと知って驚きました。 そのためか健診に行くと同じ漢字で読み方も同じ子がいて、間違えられてしまいました。 苗字が珍しいのでフルネームで呼ばれれば問題はありませんが、既に同じ名前の子が市内に4人いました。 漢字を聞かれた時に悠仁様の「悠」と伝えることができ、「将来有望になるね」と褒められます。 悠真と言う字で良かったと思いました。 みはな 30代 悠斗 ゆうと 「悠然とした器の大きな子に育って欲しかった」 私は母親として息子には悠然と落ち着いた器の大きな男性に育ってほしいと思ったので、「悠」の字を使うことにしました。 しかし、悠仁様の影響か周りに「悠」のつくお友達が想像以上に多く、避ければよかったかなと思うこともしばしばあります。 しかし、周りでもゆうという読みの名前の場合「悠」の漢字を当てる人が多いので、今まで漢字を間違われるトラブルは一度もありません。 また、私の勉強不足からの問題なのですが悠斗の「斗」の字には戦うという意味があるらしいので、名前の意味が悠然と戦うになってしまい、あまり良くなかったかなとも思っています。 「悠」という漢字を名前に使うのがかなり一般的になっているので、名前被りは覚悟してつけたほうが良いと思います。 また、組み合わせる漢字によって印象も変わるのでよく調べてから使うのをオススメします。 ぷりん 30代後半 悠太 ゆうた 「どっしりとおおらかな子になるように」 息子に「悠太」と名付けました。 私はこの子の母です。 お腹の赤ちゃんが男の子とわかったときに、どんな子になってほしいかと考えました。 いつでもおおらかにどっしりと構えていられる子になってほしいと思い、この【悠】という漢字を選びました。 この字を使ったことでの困り事や後悔はありませんが、ここ数年流行りの名前なのか、おなじ「ゆうた」というお友だちが何人もいます。 なので、呼んだら皆が振り向いたということはあります。 この漢字を気に入ってつけた名前ですが、今のところとてもおおらかな物怖じしない子に成長中です。 男の子でも女の子でも使える漢字です。 我が家は使いたい漢字を決めてから名前を決めて来たのでいろんな選択肢がありましたが、前向きな意味が多い字なのでとてもおすすめです。 ゆうママ 36歳 悠輝 ゆうき 「おおらかな明るい子に育って欲しい」 私は母親です。 子供の名付けをするときに漢字で悩みました。 輝という字は決まっていたのですが、上の字が決まらず画数を調べたり意味を調べたりたくさん考えました。 最終的に「悠」と決めたのは、誰もが見て読める文字と「落ち着きがある」「おおらか」等のゆったりとした意味を持つこの文字が、私の望む男の子像と合っていたからです。 名前の通りおおらかな気持ちで自分の信じた道を進んで行って欲しいという気持ちで名付けました。 この名前をつけて後悔は全くしていません。 納得いく名前で気に入っていますが、今は難しい名前の読み方もあるので、電話口で説明するときに咄嗟に例えが浮かんでこない時が少し困りました。 けれども字面の雰囲気も柔らかく全体の画数バランスも良く、書類を書くときに疲れないということ、あとはやはり人気の漢字なのですぐ覚えてもらえることと、読み間違えがないことが良かったと思います。 名前は一生ものですので個性を出してあげるのも大切ですが、周りの人に覚えてもらえないと意味がないですので、人気のある字を選ぶのも子供のための選択肢の一つだと思います。 ゆうmam 30代前半 悠央 ゆうと 「限りない可能性をもって欲しくて」 30代女性、専業主婦です。 初めての子で名前を決めるのに主人ともめにもめて、最終的には「悠々たり悠々たり」との主人の言葉になんだかしっくりきてしまい、「じゃ顔を見てから確定しよう!」となりいざ出産。 顔をみたときには「ゆうちゃーん!」とついつい言っていました 笑 「悠」限りない可能性を持った子に「央」みんなの中心となるような素敵な子に。 私の候補の名前も捨てがたかったですが、今ではこの名前にしてよかったと思っています。 後悔なんてありません!! ただ「ゆうと」という名前は多いので、電車とかで他の親が呼んでいるのをよく耳にします。 おおらかに、スケールの大きい雰囲気をもつ「悠」。 子供の名前を書くだけでもなんだが自分にも気持ちの余裕がでるような気がして元気をもらっています!これから名前を考えるパパさん、ママさん。 「真」• 「馬」• 「斗」• 「太」• 「大」• 「介」• 「人」• 「翔」• 「菜」• 「子」 赤ちゃんの名前づけにおすすめしたい素敵な漢字は他にも「陽」「蒼」などいろいろありますが、最近は当て字で個性を出している名前も増えています。 「覚えてもらえないと意味がない」と感じるパパやママもいますが、間違いが記憶に残って逆に名前を覚えてもらえることもあります。 名前が被るのが嫌な場合は、読み方を工夫して個性を出す方法のも一つの手だと覚えておき、名前の候補を増やしていきましょう。

次の

「悠」の意味と読み方、名前例180選【男の子・女の子別】漢字の成り立ちは?

悠 読み方

この記事の目次• 『悠人』の読み方 『悠』は 男女ともに大変人気の高い漢字です。 『人』は男の子の止め字として定番ですね!まずは、それぞれの漢字が持つ読み方からご紹介します。 「陽」や「春」「晴」など、春の日、晴れた空を表す漢字は特に人気が高いので、『悠』を「はる」と読ませると個性が感じられながらも 流行的な名前になりそうです。 「 ゆうと」の読みも定番的。 「悠々自適」という言葉等にも使われている読み方なので、 多くの人がスムーズにそう読んでくれそうです。 四文字読みにある「 ゆうじん」は、 現代的な印象を与えます。 他の漢字を使って用いられる読み方でもあり、斬新奇抜な印象は与えません。 濁点を含むので どっしりと男の子らしい名前になりそうです。 個性的な読み、当て字の読みは、スムーズに読んでもらうことは難しいかもしれません。 人気の高い名前だからこそ、 読み方は人と違うものを!と考える方にはおすすめです。 漢字の意味&成り立ち 『悠』と『人』、それぞれの漢字が持つ意味を調べてみました。 成り立ちとともにご覧ください。 『悠』の意味と成り立ち 「攸」と「心」の組み合わせからなる『 悠』。 「攸」の方は、 長く細く水を垂らす様子が原形です。 そこから水がはるか遠くに流れゆく様子や、人の進む道を表すようになり、「はるかに・すらりと長く」という意味になりました。 人が背中に水をかけて洗い流す様子から清めることを表すという説もあります。 そこに「心」を加えることで、 清々しい気持ちが安定している、心がゆったりとしている、気の長い様子を表すようになりました。 遠く先のことを想う心の余裕というニュアンスで捉えると良いでしょう。 さらにそこから、時間や空間が広く遠いことを表す意味が派生し、「はるか・遠い」という意味も持つようになりました。 『悠』にある魅力 男女ともに、 名前ランキングではいつも上位に入る漢字のひとつです。 ゆったりとした様子、スケールの大きさから、寛大で大らかな人柄を表すに相応しい漢字です。 字面の形にもカーブがあり、心が入ることからも 優し気な雰囲気が感じられますね。 悠々自適、悠長、という言葉に使われることからも、 のんびりと穏やかな人柄が想像できます。 何となく安心できるような名前、そう感じられる方は多いのではないでしょうか。 男の子の名付けの変遷を見ると、昔は強さや逞しさを表す「勇・剛・猛・健」などが多かったものの、最近は優しさや思いやり、のんびり、大らかといった意味のものに人気が集まっています。 努力を重ねて高みを目指して猪突猛進というよりも、 マイペースで自分らしい魅力を大切にしながら、ゆっくりのんびり成長してほしいと願うパパ・ママが増えているのでしょうか。 そういった意味では、『悠』は時代を表す漢字のひとつであるとも言えそうですね。 [co-8] 『人』の意味と成り立ち 『人』の字は、人と人とが支え合っている様子から成り立った漢字である、という話をどこかで耳にしたことはありませんか? 実はこの漢字、2人の人が互いに支え合っているのではなく、1人の人間を横から見た姿を形にしたものなのです。 1画目が人の頭から手まで、2画目が胴体から足までを表して、意味としては「 人間・人類」です。 さらにこの2画目には、人の本質を表すものであるという説もあります。 人の形であるだけでなく、心の内側までをしっかりと形にした漢字、そう捉えるとイメージががらりと変わり、 簡単だからこそ奥深い意味のある漢字だと感じます。 このことを表す意味として、「 人柄・性質」があります。 『人』にある魅力 この漢字は、小学校1年生のごくごく早い時期に習います。 従い、 誰もが最も親しみを持てる漢字であると言っても過言ではないかもしれません。 簡単すぎるくらい簡単ですが、左右にぐっと伸びた字面が全体をバランス良く整え、他の漢字と合わせても違和感なく使うことができます。 縦に書いても横に書いても、 最後にしっかりとまとめる力のある漢字です。 また「人と人とが支え合っている」という語言説は、ひと昔前に大流行した「金八先生」というドラマの中に出てきたフレーズであり、解釈としては正しくはありません。 しかし、そのような思いで使ってもあながち間違いではないのでは?と思わせる形ですよね。 人は1人で生きていくことはできず、誰かを支え、また支えられて生きるもの。 そこから 絆や幸せを見つけられる人生を送ってほしいという願いを込めると素敵な名前になりそうです。 *人の心をぽっと照らすような、穏やかで大らかな輝きを持った子に。 *長い人生をゆったりのんびりと楽しんで過ごすことができますように。 *周りの人に愛され、平和でのんびりとした毎日を過ごせますように。 *精神的な落ち着きを持って、物事を大きく捉えることのできる賢く優秀な子になってほしい。 *自由にのびのびと挑戦できるような、想像力の豊かな子になってほしい。 『悠』の字は、悠仁親王がお生まれになって一気に知名度の上がった漢字とも言えるかもしれませんね。 何となく説明の仕方が難しい漢字ではありますが、悠仁親王の「悠」と言えば分かってもらえることも多いようですよ。 この漢字は11画で、画数で見てもおおらかな魅力を持つそうです。 人柄・性格をそのまま映し出したような、魅力あふれる幸せな人生になってくれるように期待したいですね!.

次の

「悠」という漢字の名前の意味や名付け!男の子と女の子の名前も紹介

悠 読み方

この記事の目次• 『悠人』の読み方 『悠』は 男女ともに大変人気の高い漢字です。 『人』は男の子の止め字として定番ですね!まずは、それぞれの漢字が持つ読み方からご紹介します。 「陽」や「春」「晴」など、春の日、晴れた空を表す漢字は特に人気が高いので、『悠』を「はる」と読ませると個性が感じられながらも 流行的な名前になりそうです。 「 ゆうと」の読みも定番的。 「悠々自適」という言葉等にも使われている読み方なので、 多くの人がスムーズにそう読んでくれそうです。 四文字読みにある「 ゆうじん」は、 現代的な印象を与えます。 他の漢字を使って用いられる読み方でもあり、斬新奇抜な印象は与えません。 濁点を含むので どっしりと男の子らしい名前になりそうです。 個性的な読み、当て字の読みは、スムーズに読んでもらうことは難しいかもしれません。 人気の高い名前だからこそ、 読み方は人と違うものを!と考える方にはおすすめです。 漢字の意味&成り立ち 『悠』と『人』、それぞれの漢字が持つ意味を調べてみました。 成り立ちとともにご覧ください。 『悠』の意味と成り立ち 「攸」と「心」の組み合わせからなる『 悠』。 「攸」の方は、 長く細く水を垂らす様子が原形です。 そこから水がはるか遠くに流れゆく様子や、人の進む道を表すようになり、「はるかに・すらりと長く」という意味になりました。 人が背中に水をかけて洗い流す様子から清めることを表すという説もあります。 そこに「心」を加えることで、 清々しい気持ちが安定している、心がゆったりとしている、気の長い様子を表すようになりました。 遠く先のことを想う心の余裕というニュアンスで捉えると良いでしょう。 さらにそこから、時間や空間が広く遠いことを表す意味が派生し、「はるか・遠い」という意味も持つようになりました。 『悠』にある魅力 男女ともに、 名前ランキングではいつも上位に入る漢字のひとつです。 ゆったりとした様子、スケールの大きさから、寛大で大らかな人柄を表すに相応しい漢字です。 字面の形にもカーブがあり、心が入ることからも 優し気な雰囲気が感じられますね。 悠々自適、悠長、という言葉に使われることからも、 のんびりと穏やかな人柄が想像できます。 何となく安心できるような名前、そう感じられる方は多いのではないでしょうか。 男の子の名付けの変遷を見ると、昔は強さや逞しさを表す「勇・剛・猛・健」などが多かったものの、最近は優しさや思いやり、のんびり、大らかといった意味のものに人気が集まっています。 努力を重ねて高みを目指して猪突猛進というよりも、 マイペースで自分らしい魅力を大切にしながら、ゆっくりのんびり成長してほしいと願うパパ・ママが増えているのでしょうか。 そういった意味では、『悠』は時代を表す漢字のひとつであるとも言えそうですね。 [co-8] 『人』の意味と成り立ち 『人』の字は、人と人とが支え合っている様子から成り立った漢字である、という話をどこかで耳にしたことはありませんか? 実はこの漢字、2人の人が互いに支え合っているのではなく、1人の人間を横から見た姿を形にしたものなのです。 1画目が人の頭から手まで、2画目が胴体から足までを表して、意味としては「 人間・人類」です。 さらにこの2画目には、人の本質を表すものであるという説もあります。 人の形であるだけでなく、心の内側までをしっかりと形にした漢字、そう捉えるとイメージががらりと変わり、 簡単だからこそ奥深い意味のある漢字だと感じます。 このことを表す意味として、「 人柄・性質」があります。 『人』にある魅力 この漢字は、小学校1年生のごくごく早い時期に習います。 従い、 誰もが最も親しみを持てる漢字であると言っても過言ではないかもしれません。 簡単すぎるくらい簡単ですが、左右にぐっと伸びた字面が全体をバランス良く整え、他の漢字と合わせても違和感なく使うことができます。 縦に書いても横に書いても、 最後にしっかりとまとめる力のある漢字です。 また「人と人とが支え合っている」という語言説は、ひと昔前に大流行した「金八先生」というドラマの中に出てきたフレーズであり、解釈としては正しくはありません。 しかし、そのような思いで使ってもあながち間違いではないのでは?と思わせる形ですよね。 人は1人で生きていくことはできず、誰かを支え、また支えられて生きるもの。 そこから 絆や幸せを見つけられる人生を送ってほしいという願いを込めると素敵な名前になりそうです。 *人の心をぽっと照らすような、穏やかで大らかな輝きを持った子に。 *長い人生をゆったりのんびりと楽しんで過ごすことができますように。 *周りの人に愛され、平和でのんびりとした毎日を過ごせますように。 *精神的な落ち着きを持って、物事を大きく捉えることのできる賢く優秀な子になってほしい。 *自由にのびのびと挑戦できるような、想像力の豊かな子になってほしい。 『悠』の字は、悠仁親王がお生まれになって一気に知名度の上がった漢字とも言えるかもしれませんね。 何となく説明の仕方が難しい漢字ではありますが、悠仁親王の「悠」と言えば分かってもらえることも多いようですよ。 この漢字は11画で、画数で見てもおおらかな魅力を持つそうです。 人柄・性格をそのまま映し出したような、魅力あふれる幸せな人生になってくれるように期待したいですね!.

次の