みぞおち の 痛み 原因。 みぞおちが痛い原因とは?鈍痛から激痛までご紹介!

みぞおちが痛い原因で考えられる病気とは?精神的ストレスからも痛みが出てくる

みぞおち の 痛み 原因

左のみぞおちに痛みがあるときには膵炎の可能性あり 左側のみぞおちが痛み出す原因は、急性膵炎の可能性があります。 膵炎の痛みは、左側を中心に出現し、軽いものから、身動きが取れないほどの痛みまで様々です。 痛みと同時に吐き気や嘔吐などの症状もでてきやすいとされています。 急性膵炎のほとんどの原因は、アルコールや脂肪の多い食品を摂取したことによるものだとされています。 膵臓は、消化酵素などを分解する膵液を出す臓器であり、アルコールや脂肪の取り過ぎによって膵臓からでる酵素がコントロールが上手く出来なくなってしまい異常な働きをしてしまいます。 多量に膵液が分泌されてしまったり、正常な働きが出来ないため、膵臓が疲弊し、炎症がおこり膵炎を発症させてしまうのです。 膵炎になったら、数日で症状は軽快していくのですが、絶食や点滴での治療が必要となってくるので、早めに病院受診が必要となってきます。 左のみぞおちに痛みがあるときには自律神経が乱れている可能性あり 左のみぞおちが痛いのに原因が特定されない場合には、ストレスが影響している可能性があります。 ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れます。 自律神経は、私たちの身体の中で大切な働きをしていて、日中は人間の活動を活発にさせるために交感神経が優位に働き、夜になると休息を促す副交感神経が優位になってきます。 2つの自律神経がバランスを取り合いながら生活を支えているのですが、ストレスが過剰にかかると、交感神経が優位の状態が続きます。 交感神経が優位であると、攻撃的な状態が続き、 ストレスによって、胃酸の分泌が過剰になり、胃や腸を傷つけてしまいます。 この傷が、お腹やみぞおち付近を痛めている原因となるのです。 原因が特定できていない場合には、ストレスによるものが多いので、まずは日常生活で溜まってしまったストレスを発散出来るように心がけましょう。 食後に左のみぞおちに痛みがあるときに考えられること 食後にみぞおちの痛みが出る場合には、胃炎が考えられます。 食事をとると、胃酸が分泌され、食べ物が消化されやすいようになります。 しかし、食べ物を食べ過ぎた場合には、早く消化しなくてはと胃が過剰に動き、胃酸の分泌が多くなります。 胃酸の分泌が多くなった状態が続くと、胃壁を荒すため胃がキリキリとして、みぞおち付近も痛むことがあります。 また、食べ過ぎだけではなく、刺激の強い香辛料の摂取のしすぎや、アルコールの摂取過剰でも、胃酸分泌が多くなるため胃が荒れやすく痛みを伴います。 胃炎をそのままにしておくと、逆流性食道炎や胃潰瘍などの病気にも移行していく可能性もあります。 症状が進行していくと、みぞおちの痛みだけではなく、吐き気や嘔吐、食欲不振、吐血、下血といった症状もでることもあるので、食後に必ずみぞおちの痛みがでるといった場合には、早めに病院を受診して、今の状態を知っておくことが必要です。 左のみぞおちの痛みが長期的に続く場合に考えられること 左のみぞおちが痛い場合に考えられる病気 左のみぞおちの痛みが、長期的に続く場合に考えられる病気はいくつかあります。 急性胃炎• 神経性胃炎• 胃潰瘍• 逆流性食道炎• 胆石症• 慢性膵炎 などです。 このように、みぞおちが長期的に痛むときには、胃腸などの消化器官に影響があると考えられます。 痛みが続く場合に受診する科 痛みが続くときには、早めに病院へ受診することが大切です。 受診を先延ばしにしてしまうと、症状が進行してしまい治療期間も長くなってしまいます。 症状が出現したら、すぐに病院へいきましょう。 何科に行けば良いかということですが、胃腸トラブルなので、内科か消化器内科を受診しましょう。 病院を受診すると、血液検査や胃カメラ、腹部エコーなどの検査をして、原因を探すことになります。 原因が分かればそれぞれにあった治療方針で治療が開始されて行きます。 左のみぞおちの痛みを出現させないようにするための予防策 左のみぞおちが痛む場合には、日常の生活を気をつけていれば重症化することなく、予防することができます。 アルコール摂取の習慣を見直す 膵炎などでみぞおちが痛くなるときの原因として多いのが、アルコールです。 1度にたくさんアルコールを飲んだり、毎日の過度な飲酒は膵臓など臓器を痛めます。 膵炎患者の7割程度が、週3回、1合程度の飲酒をしていたというデータもあるそうで、飲み過ぎには注意が必要です。 正しい食生活をする 脂っこい食事や、暴飲暴食などは、胃や腸、膵臓などの消化器官に影響を与えます。 食事でみぞおちが痛む場合には、食事内容を見直し、量を減らしたり、味付けの薄いものを食べるようにしましょう。 ストレスを溜めない ストレスが溜まると、自律神経が乱れます。 また、ストレスによって暴飲暴食やアルコール摂取などにはしる人もいます。 これでは、逆効果なので、ストレスを発散出来るように運動や趣味などで軽減できるようにしていきましょう。

次の

みぞおちを押すと痛い!この原因と病気の可能性について

みぞおち の 痛み 原因

家でのんびりしているときや外出先など、 それは時と場所に関係なく突然やって来る。 そう、 お腹やみぞおちが急に痛くなるってことは たぶん誰でもありますよね? ただ、 お腹やみぞおちなどチクチクキリキリと痛くなっても、 ほとんどの場合はトイレに1回行けば治ると思います。 しかし、まれに トイレに駆け込んだ後も痛みが続くことがあります。 実はこれはちょっと問題があるかもしれません。 具体的に問題というのは病気である 可能性があるということです。 しかも、場合によってはすぐに病院に行ったほうが いいこともあるので注意が必要です。 また他にも日常的に痛いときなども 気をつけなければいけません。 そこで今回はみぞおちやお腹が痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介します。 1.過敏性腸症候群 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 お腹の辺りがキリキリと痛くなる原因としては 「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気の場合が多いそうです。 たぶん名前を聞いてもなんだそれって 思う人も多いかと思います。 主な症状としては下痢が続く、便秘が続く、 または両方が交互に来るという3つのものがあります。 理由はわかならいけどしょっちゅうお腹が痛い場合は 実はこの病気だったということもあるわけです。 この病気になる原因としてはストレスなど 心理的異常で起こると言われています。 先進国で多く見られる症状で日本人は10%~15%ぐらい この病気にかかっていると認められているそうです。 そう考えるとちょっと怖くなってきますね。 しかも、特別な治療法がなく、生活習慣の改善や、 ストレスを解消するという感じになるそうです。 こういったことで軽減することはできるかもしれませんが、 完全に治るということは少ないそうです。 現代社会においてストレスを受けないようにするのは、 相当難しいというか働いている限りはほとんど無理ですよね。 普段の生活の中でリラックスする方法を見つけて、 なるべく症状が起こらないようにしていく感じになりますね。 2.急性胃炎 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 動画では胃腸炎の解説ですが、胃炎とも繋がる部分が多いので。 上腹部やみぞおち辺りが痛い場合は 急性胃炎の可能性があります。 胃の粘膜が急性的に炎症を起こすものです。 短時間のうちに吐き気や嘔吐、食欲不振など 明らかな異変が症状として現れます。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.コーヒー、アルコール、辛いものなど刺激のある飲食物の過剰摂取。 2.抗生物質など薬による副作用 3.ストレス 5.風邪などのウイルスによる感染症 6.食物によるアレルギー 治療法としては原因がわかっている場合は、 それを止めるなり 元となるものを除去するそうです。 ただすでに胃が炎症をしているので、 半日~1日の間は物を食べてはいけないと言われています。 また飲みも物も冷たいものを避けて、 ぬるま湯などを飲むようにします。 さらに症状にあわせて薬を服用していくそうです。 絶食をした後も脂っこいものなどは避けて、 おかゆなどやわらかい消化の良い物から 慣らして食べていきましょう。 まあ何にしてもすぐに病院に行きましょうってことです。 こんなことを言っては元も子もないのですが、 やはり専門の人に診てもらわないと詳細はわかりませんからね。 3.慢性胃炎 それではまずは参考までに動画のほうをご覧ください。 急性胃炎の場合はちゃんと対処すればすぐに治りますが、 まれに 慢性的にキリキリシクシク痛みが伴う場合があります。 特に空腹時などに症状が強まり、食欲が出なかったり、 吐き気などもあり常に状態があまり良くないことが続きます。 この場合は慢性胃炎の可能性があります。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.ピロリ菌 2.過度の喫煙や飲酒 特に ピロリ菌という可能性は高い傾向にあります。 治療法としてはまずは 胃の中を検査する必要があるそうです。 まあこれも病院に行って検査が必要ということです。 4.胃潰瘍 こちらも実際に解説しているものがあるのでご覧ください。 みぞおちが痛む原因としては胃炎以外にもあります。 その1つが 胃潰瘍です。 こちらの場合は胸やけ感、酸っぱいゲップ、 さらに出血が伴ったりなどの症状がでるそうです。 主な原因としては以下が上げられます。 1.ストレスや過労 2.ピロリ菌 ストレスや過労などでは大きな要因となりますが、 最近ではピロリ菌もかなり影響しているようです。 治療法としてはバリウム検査や内視鏡検査して、 胃に穴が開いていないかをチェックするそうです。 開いていない場合は手術の必要はなく、 胃酸を押さえる薬の服用や食事療法で治していきます。 胃がん そしてこちらも同じく解説している物があるのでご覧ください。 先ほどのチェックをした際にがん細胞が見つかると、 胃がんということになります。 こちらも 原因の1つとして生活習慣やピロリ菌とされています。 ここでもまたピロリ菌がいますね。 もう、こいつは本当にやっかいなやつですよね。 ちなみに胃がんは初期症状が殆どありません。 早期発見できれば内視鏡で治療もできるそうなので、 回復の可能性もグッと高まるそうです。 違和感があればこまめなチェックが必要です。 また関連記事として以下も良ければご覧ください。 1. 2. 3. 4. まとめ ここまではお腹やみぞおちが痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介しました。 ただここに書いているのはあくまでも参考程度の情報なので、 違和感があれば必ず病院に行って検査してくださいね。

次の

みぞおちを押すと痛い!この原因と病気の可能性について

みぞおち の 痛み 原因

最近、寝てる間以外の起きてる時間にいつもみぞおちに痛みがあり、キリキリします。 1週間以上取れなくて、病院に行こうか迷っています。 みぞおちの痛みは何が原因で起こってるのでしょうか?教えてください。 このようなお悩みをこの記事では解説します。 わたしは大阪を中心に女性限定で自宅出張スタイルでパーソナルトレーニングを実施するトレーナーのtakです。 女性の病気予防を運動とからだの緊張を取り除くアプローチをして、体調を整えるパーソナルセッションです。 みぞおちの痛みは、ズキズキやシクシクなどの強い痛みが出てきますので、とても不快感です。 お腹の調子が悪くて出てくる痛みとまったくタイプが違い、みぞおちの痛みはずっと痛みが続いていきます。 このような痛みが長く続くと、内臓に何がおかしいところがあるのではないかととても心配ですよね。 そんなあなたに知ってもらいたいのが、みぞおちの痛みで考えられる病気の知識です。 この記事を読むと、みぞおちの痛みに関係する病気がわかります。 またはみぞおちに痛みがあるけど、この記事を読んでいくと、自分の痛みは病気でないおおよその判断もできます。 病気の可能性があるなら、病院で見てもらい、病気の可能性がないなら、安静に過ごし、食べる量を減らし、消化器を休ませるか、みぞおちに痛みが出る原因のストレスを見直してもらえると。 痛みが少しずつ軽減していきます。 この記事を読んでわかること• 急性胃炎• 神経性胃炎• 胃潰瘍• 十二指腸潰瘍• 急性虫垂炎(盲腸)• 食中毒• 胆石症• 胆のう炎• 胆道ガン• 膵炎(すいえん)• 心筋梗塞 急性胃炎 仕事が多忙で会社や家庭内での複雑な人間関係からのストレス、仕事の付き合いから断れない飲み会や食事会が続くと、胃に負担がかかり、胃の粘膜がただれ、急性胃炎になります。 外部から侵入したウイルス、ピロリ菌の感染、食中毒、アレルギーによる胃の過度の収縮での胃酸過多などもみぞおちの痛みとして現われ、ひどいときはみぞおちがキリキリ痛み、気力が奪われるような感覚です。 嘔吐、吐血(とけつ)、下血(げけつ)を起こすこともあります。 神経性胃炎 仕事によるストレス、家庭内の人間関係のすれ違い、自分の人生に対する失望感、未来に期待がもてないなどのストレスから自律神経に乱れで胃酸が過剰に分泌される神経性胃炎です。 みぞおちの痛み以外も出てきます。 ストレス• ピロリ菌• 非ステロイド性消炎鎮痛剤• ステロイド薬 炎症が起きるまで症状があまりなく、最初は軽いみぞおちの痛みや胸やけからはじまり、ひどくなるとみぞおち付近ズキズキとした痛みが重苦しく現れます。 胃潰瘍の痛みは、潰瘍部位に食物が胃に入ってきて刺激されて感じるので、食事中や食事後にみぞおちが痛くなるなら、胃潰瘍の可能性があります。 十二指腸潰瘍 胃潰瘍と同じく、ストレス、ピロリ菌、ステロイド薬などが十二指腸の粘膜を刺激し、十二指腸潰瘍を起こします。 胃潰瘍と同じ部位のみぞおち付近がズキズキ痛み、背中を丸めて、手を押さえたくなる苦しさがでます。 環境に存在するストレスとストレス解消目的でアルコールの摂りすぎ、たばこの吸いすぎなどの複数の刺激で十二指腸潰瘍は起こります。 急性虫垂炎(盲腸) 大腸の始まりである腸管の一部が突出する部位の虫垂は、一般的に右下腹部hrとに存在します。 この虫垂に炎症を起こすのが、急性虫垂炎で「盲腸」と呼ばれています。 盲腸の原因は、さまざまで特定される原因はまだ見つかっていませんが、異物や便が虫垂の突出する袋に詰まる状態で起こるとされています。 初期症状でみぞおちの痛みを感じる症例が多く報告され、嘔吐や下痢を伴います。 虫垂炎を特徴的な痛みの変化が、みぞおちの痛みから徐々に右下腹部へと移動し、だんだん時間と共にひどくなってきます。 虫垂炎は炎症がひどくなると、虫垂に穴が開くことがあります。 穴から炎症の排出物である膿が虫垂より外に出ると高熱が出てお腹を押さえられるだけで痛くなります。 生肉に生息するカンピロバクター• 鶏や卵に生息するサルモネラ菌• 生の魚介類に生息する腸炎ビブリオ菌• 人の皮膚の傷口に繁殖する黄色ぶどう球菌 食物に付着した細菌が体内に侵入して体外に排出させるための免疫系の反応ですので、丸2日は通常の日常生活などを含めた筋肉を使う行為を少なくし、安静にして、血液の自然に胃腸に集めると、体外への排出が早くなり、症状が短時間で改善します。 胆石症 胆石症は脂質を消化する胆汁という消化酵素が胆のう、胆管、総胆管に胆石が溜まることで起こる痛みです。 胆石症は、みぞおちにシクシクする痛みと、特徴的な痛みとして、右肩に響くような痛みが出てきます。 右肩が痛いと肩に付着する筋肉が原因かなと思えますが、肩の痛みであると外に動かす(外旋:がいせん)運動や後ろや腰に手をまわす(伸展:しんてん、内転:ないてん)運動で痛みが出ます。 よって、何もしていないのに右肩付近に存在するなんともいえない痛みとみぞおちの痛みがあれば、胆石症の可能性があります。 みぞおちの痛み:80• 右肩の痛み:20• 発熱・吐き気・嘔吐・顔色が黄色(黄疸:おうだん) 胆汁の流れが悪くなると、冷や汗が出て、立っていられなくなります。 みぞおちの痛みが広範囲になり、最初はみぞおちが痛いと分かっていた症状が、お腹のどこが痛いか説明できないぐらいの痛みに発展します。 胆汁の流れが悪くなると、肝臓から脳に伝達され、血液内にビリルビンといわれる色素が増加して、皮膚、眼球、全身の粘膜、体液が黄色に染まります。 胆のうの炎症が強くなる、胆管や総胆管の胆汁で閉塞が起こると発作がおこり、ショック症状によって全身の血液供給が抑えられ、顔がまっ青になり、意識が朦朧(もうろう)とします。 脂質の摂取が多い食生活、体内に慢性炎症を起こす体質で肥満細胞(脂肪)が増殖傾向があると、胆石症が起こりやすいです。 胆のう炎 胆のうに起こる炎症を総称して胆のう炎といい、 「急性胆のう炎」と 「慢性胆のう炎」に分けられます。 胆のう炎の種類 急性胆のう炎• カタル性胆のう炎:胆のうが軽く炎症が起きている• 化膿性胆のう炎:膿が溜まり、胆のうが腫れている• 壊死性胆のう炎:重症化し胆のうの一部が壊死し、穴が開いたりする• 気腫性胆のう炎:細菌の影響で胆のうの内外にガスを発する 慢性胆のう炎• 急性胆のう炎を経て、胆のうの壁が硬くなり、萎縮して機能低下。 急性胆のう炎より症状が軽減 胆のう炎の症状での痛みの特徴は、食後に現れ、持続的に痛みが継続します。 胆のう炎にかかった女性に症状を聞くと、食後に痛みがまったく途切れることがなく続き、動けなくなると言っています。 胆のう炎発症の痛みの部位は、右側上部の肋骨のあたりやみぞおちの痛みが起こり、休みなく持続します。 胆のうの炎症が強くなると、右肩や背中に痛みが広がり、もっとひどくなると息を吸っただけで激痛が走るようになります。 アルコール摂取量が多い基準として、アルコールを摂ってもあまり酔わない体質の人によく起こり、毎日摂取するか、1回のアルコール摂取量がビール5杯近く飲む、アルコール濃度が高いものをよく飲むなどで急性膵炎は発症しやすくなります。 お酒を飲むとみぞおちの痛み以外に発症する病状では片頭痛が挙げられます。 片頭痛はお酒を飲んで肝臓と膵臓の消化酵素でアルコール分解物質がすぐに排出されないと血管拡張作用で起こります。 片頭痛の症状がある人は、の記事で書いています。 また見ておいてください。 膵炎の参考記事 心筋梗塞 心筋梗塞は、突然胸やみぞおちに激痛が起こり、冷や汗や吐き気が見られ、胸の痛みは30分から数時間続きます。 心筋梗塞は、心臓に筋肉に血液を送る冠動脈が狭くなり、そこを血液が滞ることで固まりができる血栓によって、完全に血液の流れが完全に止まってしまう病気です。 血液の流れが心臓に供給されず、心臓の筋肉である心筋が死滅し、心不全が起こり、死に至ることもあります。 精神的ストレスが環境にあると、からだとこころが緊張状態になるので、自律神経のうち交感神経がスイッチ入ります。 交感神経は心臓の収縮を高めるように伝達し、血圧を上げて、血液の流れを多くしますが、ストレスがかかっている血管は硬くなり、伸張性が失われ、狭くなっているので、そのときに詰まってしまうのです。 心筋梗塞は精神的ストレスが原因で起こります。 心筋梗塞と診断されたなら、ただちに生活環境の見直しが必要です。 みぞおちの痛みは精神的ストレス95% 上記にあげてきたように、みぞおちの痛みの原因は精神的なストレスが95%関連しています。 みぞおち周囲には、食物の消化吸収の働きの消化器である胃と十二指腸、糖質、たんぱく質、脂質を分解する消化酵素を分泌する膵臓、脂質の消化酵素を分泌する胆のうの胆汁などは、ストレスによって、敏感に反応します。 ストレスが多いと、食欲が減退して、食べる気がなくなるのは、みぞおち周囲の迷走神経が見てくれているからです。 人に今の自分の調子がどうなのかを聞きたいときは、 「最近、食欲ありますか?」と問いかけます。 食欲があるかないかを聞き出せるだけ、その人が生きている環境にどれだけのストレスが存在してるのかがだいたいわかります。 みぞおちの痛みの病気で多い胃潰瘍はストレスで胃酸が過剰に分泌されて胃の粘膜を溶かします。 みぞおちの痛みは、あなたが自分自身を落ち着いて見つめるために迷走神経といわれる消化器をマネジメントしている神経系がいつもたえまなくモニターをしてくれています。 まとめ:みぞおちが痛い原因は精神的なストレスからきている みぞおちに痛みを感じるなら、精神的なストレスからくる症状だと考えましょう。 あなたの生活に何かストレスはありませんか? ストレスとは、外部から入る刺激(ストレッサー)によって神経的に負荷となり、身体的、精神的な痛みや発熱、違和感が出ていることです。 ストレスは生きるために避けられないですし、自己成長のためにストレスを受けることでそれまでの何倍ものスキルや知識が得られます。 でも、ひとりひとりストレスを負荷として受け入れられる許容範囲があって、それを超えると、みぞおち部分の神経系が過度に興奮して、消化器などの臓器を収縮させ、痛みが出てきます。 ストレスを受けたみぞおちの部分で考えられる病気は、.

次の