クリスチャン コールマン。 ヘイワードフィールド改修工事へ:アラン・ウェブ、マシュー・セントロウィッツ、ニック・シモンズ、クリスチャン・コールマン、ジェニー・シンプソンがヘイワードでの思い出のレースを振り返る

ヘイワードフィールド改修工事へ:アラン・ウェブ、マシュー・セントロウィッツ、ニック・シモンズ、クリスチャン・コールマン、ジェニー・シンプソンがヘイワードでの思い出のレースを振り返る

クリスチャン コールマン

米陸上界のスターがドーピング検査ルール違反…東京五輪出場危機に潔白証明を誓う アンチ・ドーピングのルール違反に問われている陸上短距離界のスター選手クリスチャン・コールマンだが、本人は身の潔白を証明し、来月行われる第17回世界陸上ドーハ大会での金メダル獲得に自信を持っている。 100メートル走の全米チャンピオンで、2020年東京オリンピックでメダル最有力候補と目されるコールマンはこの1年の間にドーピング検査を3回受け損なったとされている。 このことは世界アンチ・ドーピング機関 WADA が定めるルールに抵触する。 コールマンが米国反ドーピング機関(USADA)により有罪とされた場合、2年間の出場停止が科せられる可能性がある。 それはつまり、9月の世界陸上ドーハ大会にも来年の東京オリンピックにも出場できなくなるということだ。 だが、23歳のコールマンは9月4日に予定される公聴会を控え、そこで身の潔白を証明すると誓った。 コールマンはトリニダード・トバゴの元陸上短距離選手アト・ボルドンに向けた声明の中で「私はどのようなサプリメントも全く摂りません。 だから、どのようなドーピング検査をいつでも受けることに何の問題もありません」と語っている。 「広く報じられているルール違反の話は単純に事実とは異なります。 私は9月4日の公聴会でこの件で汚名を晴らし、この秋のドーハで世界陸上大会に出場することに自信を持っています」 「公聴会さえ終われば、私はこの件についての質問に答えることがでるようになります。 ですが、調査が進行中の今は、発言を控えなければいけません」 コールマンは2年前にロンドンで行われた世界陸上大会においてチームメイトであるジャスティン・ガトリンに次いで100メートル走の銀メダルを獲得し、今年のカタール大会では金メダルの最有力候補だ。 この6月にはスタンフォード(米カリフォルニア州)で行われたダイヤモンド・リーグ競技会では今季世界最高の9秒81を叩き出した。 昨年は室内60メートル走の世界記録も樹立している。

次の

モーリスグリーンの現在【トレーニング方法】当時の伝説など

クリスチャン コールマン

経歴 もともとはを専門種目としていた。 には、に走幅跳とで出場している。 初の世界選手権となったでは、には負けたものの9秒94(-0. 8)をマーク、ラストランとしていたやその他5人に勝利し、を獲得した。 ではアンカーを務め、37秒52で銀メダルを獲得した。 2018年 にで行われた室内競技では、が保持していた世界記録6秒39を塗り替える6秒37をマークするも、スターティングブロックの不備で世界記録としては公認されなかった。 その後、2月の全米室内選手権では公認世界記録となる6秒34、3月のでは6秒37をマークして優勝した。 現地時間にので行われたダイヤモンドリーグに出場し、世界歴代7位タイとなる9秒79(-0. 3)で優勝した。 6)をマーク、ジャスティン・ガトリンやらに勝利して金メダルを獲得した。 では1走を務め、アメリカ新記録となる37秒10で金メダルを獲得した。 2020年 2020年6月17日、陸上競技の不正防止機関であるアスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)は、コールマンが居場所を明らかにするルールに複数回違反して検査を回避し続けたことを理由に暫定出場停止処分を科すと発表した。 処分は最大2年間に及びオリンピックを含む大会への出場が不可能となるもの。 6) 2019年9月28日 世界歴代6位 19秒85(-0. 5) 2017年5月27日 37秒10 2019年10月5日 1走、アメリカ記録 室内 6秒34 2018年2月18日 室内世界記録 200m 20秒11 2017年3月11日• では方式の計測方法で4秒12をマークしており 、非公式ながらジョン・ロスのNFL記録(4秒22)を上回っている。 年次記録 太字は自己ベスト。 記録は当時。 4) 2016 準決勝 37秒65(2走) 1組1着、決勝進出 2017 2位 9秒94(-0. 6) 世界歴代6位 優勝 37秒10(1走) アメリカ記録、国別歴代2位.

次の

クリスチャンとは

クリスチャン コールマン

米陸上界のスターがドーピング検査ルール違反…東京五輪出場危機に潔白証明を誓う アンチ・ドーピングのルール違反に問われている陸上短距離界のスター選手クリスチャン・コールマンだが、本人は身の潔白を証明し、来月行われる第17回世界陸上ドーハ大会での金メダル獲得に自信を持っている。 100メートル走の全米チャンピオンで、2020年東京オリンピックでメダル最有力候補と目されるコールマンはこの1年の間にドーピング検査を3回受け損なったとされている。 このことは世界アンチ・ドーピング機関 WADA が定めるルールに抵触する。 コールマンが米国反ドーピング機関(USADA)により有罪とされた場合、2年間の出場停止が科せられる可能性がある。 それはつまり、9月の世界陸上ドーハ大会にも来年の東京オリンピックにも出場できなくなるということだ。 だが、23歳のコールマンは9月4日に予定される公聴会を控え、そこで身の潔白を証明すると誓った。 コールマンはトリニダード・トバゴの元陸上短距離選手アト・ボルドンに向けた声明の中で「私はどのようなサプリメントも全く摂りません。 だから、どのようなドーピング検査をいつでも受けることに何の問題もありません」と語っている。 「広く報じられているルール違反の話は単純に事実とは異なります。 私は9月4日の公聴会でこの件で汚名を晴らし、この秋のドーハで世界陸上大会に出場することに自信を持っています」 「公聴会さえ終われば、私はこの件についての質問に答えることがでるようになります。 ですが、調査が進行中の今は、発言を控えなければいけません」 コールマンは2年前にロンドンで行われた世界陸上大会においてチームメイトであるジャスティン・ガトリンに次いで100メートル走の銀メダルを獲得し、今年のカタール大会では金メダルの最有力候補だ。 この6月にはスタンフォード(米カリフォルニア州)で行われたダイヤモンド・リーグ競技会では今季世界最高の9秒81を叩き出した。 昨年は室内60メートル走の世界記録も樹立している。

次の