熊本 アイス ショー。 フィギュアスケート アイスショー2019年の日程スケジュール!

アイスショー「浅田真央サンクスツアー」熊本公演(2019年2月23日、24日開催予定): 氷上演技会情報

熊本 アイス ショー

フィギュアスケーターの浅田真央さんが2018年から始めたアイスショー「浅田真央サンクスツアー」。 浅田真央さんが今まで滑ってきたプログラムを、メドレーという形でキャストのスケーターと繋いでいくアイスショーです。 2年目の2019年は全国21会場で開催予定。 イベント当日には、必ず購入代表者の御名前が分かる身分証明書原本をご持参願います(コピーは不可)。 ご提示いただけない場合は、入場をお断りいたします。 (購入代表者確認に関しては、公式サイトの「よくあるご質問(FAQ)」をご確認ください。 営利目的での転売が発覚したチケットは無効とし、入場をお断りいたします。 (車いす席以外での鑑賞は不可となりますのでご了承願います。 ) 車いす席は、一般発売開始(2019年1月7日10:00〜)から電話受付にて販売します。 ・演技中、お座席でのご飲食やご移動はご遠慮ください。 ・場内での写真撮影・録画・録音・携帯電話のご使用は固くお断りいたします。 ・場内は冷えますので、防寒できる服装やカイロを持参する事をお勧めいたします。 ・場内は禁煙です。 お手紙のみ会場にて受付いたします。 ・会場へのプレゼント・お花等のお届けもご遠慮ください。 ・演出の妨げとなりますので、リンクへの花束・プレゼントの投げ入れ、手渡しは固くお断りいたします。

次の

ディズニー・オン・アイス|チケットぴあ

熊本 アイス ショー

今般の状況を鑑み、開催有無について4月13日にお知らせすることをお伝えしておりましたが、予定を変更して本日の発表とさせて頂きました。 公演を楽しみにお待ち頂いておりましたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 なお、代替公演に関しましては、引き続き政府や関係諸機関等状況を注視しながら慎重に検討させて頂きます。 ご購入頂いたチケットは払い戻しさせて頂きます、詳細は4月13日に改めてオフィシャルホームページにてお知らせいたします。 お手元のチケットは払い戻しの際に必要となりますので、大切に保管いただきますようお願い申し上げます。 先行予約期間中にチケット代金をご入金いただいたお客さまには、払い戻しをいたします。 開催有無について4月13日の発表とお伝えしておりましたが、今般の状況を鑑みて予定を早め、本日の発表とさせていただきました。 公演を楽しみにお待ちいただいていたお客さまには誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。 なお、払い戻しの詳細につきましては公式サイトをご確認ください。 公式サイト.

次の

【アクアドームくまもと】”アイスショー”熊本公演チケット発売中!会場近くのホテルどこがある?

熊本 アイス ショー

プリンスアイスワールド in 熊本 2017年1月21日(土)・22日(日)の2日間にわたり、熊本県に本格的なフィギュアスケートショー『プリンスアイスワールド』が初上陸。 豪華で多彩なスケーター達によるスケートショーは両日とも昼・夜の2部公演合計4回の公演が行われ、13,000人を超える観客を魅了。 2016年4月の地震で被災した熊本県に笑顔と感動を届けた。 熊本公演では、日本で唯一のプロフィギュアスケーターチーム 総勢約30名)「プリンスアイスワールドチーム」他、オリンピック金メダリストの荒川静香をはじめ、別府公演でも出演した本田武史、織田信成、安藤美姫、そして注目は2017年3月の世界選手権に出場が決まった宇野昌磨選手、樋口新葉選手、現役活躍中の無良崇人選手、村上佳菜子選手、本田真凜選手、さらにスペシャルゲストとして話題の本田ファミリーから、本田望結(22日のみ)、本田紗来(21日のみ)、プロスケーターや現役選手などが多数出演。 チャリティ出演として熊本出身アーティスト森高千里、サプライズゲストとしてくまモンも出演し、大きな話題を集めた。 今回のテーマが「J-POPS」であるということから、耳に馴染みのある名曲が多く使用され、フィギュアスケート観覧初心者にとっても親しみやすい構成となっており、流れてくる名曲とともに出演者とオーディエンスがシンクロするミュージックファンタジーの世界が広がった。 さらに、公開リハーサルに熊本市立飽田東小学校の全校生徒470人を招待し、また本公演には熊本県内の被災地(熊本市・益城町・西原村・南阿蘇村)中心の子ども達や高齢者約1,000人を招待。 子ども達に笑顔の花を咲かせただけでなく、未来への大きな夢と希望を与えた。 また、リラックス効果が得られる528Hzの響きを生かした演奏活動を行っている「ACOON HIBINO」氏の「You Raise Me Up」がCMソングに起用され、「~愛の周波数528Hz~」が開場中や休憩中、終演時などの場内BGMとして使用され、会場は和やかなムードに包まれた。 (本人メッセージはレポート後記掲載) 本公演で大きな注目を集めたのは、熊本県出身アーティスト・森高千里のチャリティ出演。 プログラム内ではサプライズゲストに「くまモン」が出演し、森高千里とコラボレーションしたことも大きな話題となった。 さらに、プリンスアイスワールドの大きな特色のひとつで、終演後にゲストやキャストへ直接花束を渡すことが出来る「ふれあいタイム」では、観客のリクエストに応じてポーズを決めたり、ファンと会話を交わすなどのサービスも満点だった。 公演で使用したスケートリンクは、 1月24日(火)〜27日(金)13:00〜19:30 1月28日(土)10:00〜19:30 1月29日(日)10:00〜17:00 上記期間で無料開放され、市民の憩いの場となった。 エントランスホール中央には、ファンからのスタンドフラワーがずらりと並び、出演者のイメージに合わせたカラーや、ユニークな形をしたものなど、会場を彩っていた。 プリンスアイスワールドチーム 総勢約30名の群舞 日本で唯一のプロフィギュアスケーター総勢約30名が集うチーム。 キッズスケーター レギュラーゲスト・特別ゲスト(出演順) 本田紗来(21日のみ出演) ポップなカラーの衣装をまとい、広いスケートリンクをめいいっぱい使って滑る元気の良さが印象的。 幼さいながらも連続ジャンプを決め、会場から大きな拍手がおこった。 本田望結(22日のみ出演) 女優として活躍しているとあって、表情の豊かさ・体全体の表現力で観客の心をぐっと掴み、純粋無垢な笑顔で氷上を滑る姿に「かわいい! 」というファンの声援も飛び交っていた。 本田真凜 主な成績 2015年 ジュニアグランプリファイナル 3位 2016年 世界ジュニア選手権 優勝 軽やかなステップと伸びのあるジャンプに加え、大人の女性への階段をのぼり始めた艶のある華やかをまとった演技に、思わずため息が漏れる観客も。 ポーズが決まる毎に甲高い歓声が会場中に響いた。 無良 崇人 主な成績 2014年 四大陸選手権 優勝 2015年 全日本選手権 3位 情熱的な曲調に合わせたスピーディなステップとパワーのあるスピンが印象的で、時折見せる高いジャンプ、男性の熱い心の感情や凛々しさを表現した迫力のある演技に会場中が熱くなった。 樋口 新葉 主な成績 2016年 世界ジュニア選手権3位 次世代の新星として注目を集める実力派とあって、細部に渡るひとつひとつの振りを丁寧につなぎ、氷上と一体感をもたせた柔らかな空気感で会場をつつんだ。 180度にラインが描かれた美しいバレエ開脚ジャンプや落ち着きのある優雅なステップは、ベテランの貫禄が伺い知れた。 荒川静香 日本スケート連盟副会長。 代名詞となったレイバック・イナバウアーも、演技毎に上半身のスタイルを変える細やかな演出。 静かに舞い上がるかのようなジャンプ、そして柔軟性をいかしたスピンと高まり続ける表現力に会場中が魅了された。 森高 千里(チャリティ出演) 「熊本に、笑顔と感動を。 」とイベントの主旨に賛同、チャリティ出演という形での参加が決定。 「この街」ではサプライズゲストとして登場した「くまモン」がスケートシューズを履いてスケーティング、「雨」では荒川静香と夢の競演が実現し、会場を盛り上げた。 演出:今村ねずみ プロフィール 北海道出身。 劇団「夢の遊民社」を経て、1986年に「THE CONVOY SHOW」を立ち上げる。 全作品の作・構成・演出を手掛け、自らも出演。 多彩な要素を盛り込んだステージを創造し、観衆を魅了した。 2006年には単身韓国に渡り、代表作『ATOM』の韓国キャスト版を創り、ロングラン公演を実現。 絶大な評価を得て09年に再演。 12年より、自身の一人舞台シリーズ『Nez Channel』も始動させた。 近年の主な出演作に、舞台『絹の靴下』、『THE 39 STEPS —秘密の暗号を追え-』、『キサラギ』、『6週間のダンスレッスン』『ヴォイツェク』ほか。 また、演出も多数手掛けている。 テーマソング:ACOON HIBINO「You Raise Me Up」 メッセージ 地震の多い日本は常に災害と隣り合わせに私たちの日常生活があります。 熊本では2016年に大きな被害がありました。 それを受け、私自身も別府温泉の公式テーマ曲をつくり、音楽での応援をさせて頂きました。 フィギュアスケートやリラックス効果の高い528Hzの音楽によって熊本の人々に大きな夢と希望、そして安らぎを感じて頂き、未来に向かって頂きたい思いで一杯です。 前向きな強い心で、災害に打ち勝って下さい! 心をひとつに! プロフィール 滋賀県出身。 1981年関西学院大学在学中よりピアノと作曲をはじめ、2012年外務省主催日中友好イベント香港コンサートホールに出演。 翌年、リラックス効果が得られる528Hzの響きを生かした演奏活動を開始。 2015年1月テイチクエンタテインメントより『心と体を整える~愛の周波数 528Hz~』でメジャーデビュー。 科学的なアプローチで528Hzを活かした独自の作曲方法が高く評価され、2015年第57回 日本レコード大賞企画賞を受賞。 今までにはなかった「機能を持つ音楽」を生み出す日本で唯一の528Hz作曲家・ ピアニスト。

次の