機会 が あれ ば 是非。 ビジネスにおける「またの機会に」の意味や使い方・ニュアンス・例文

「またの機会に」は社交辞令?ビジネスメール例と類語を紹介

機会 が あれ ば 是非

読了時間:約3分 デートや飲み会に誘われたり、公的な場では取引をもちかけられるなど、日常で誘いを受けることは少なくないはず。 内心「ないな」と思いつつも、ストレートな断り文句だけでは気が引けて、文字通りの意味では肯定的なひとことを添えることも…。 断り文句として使われる前向きな言い回しについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。 「時間があるときに(機会があれば)是非!」 「タイプではない男性に食事を誘われたとき。 『是非!』だけでは、こちらも気乗りしていると思われてしまう可能性があるから、必ず『時間があるときに』を加えるようにしてます。 本音としては、『あなたにあげる時間はないよ』ですが……」(大阪/27歳女性) 「取引先に会食に誘われたとき、行きたければ即スケジュールを組みますが、そうでなければ『また機会がありましたらよろしくお願いします』と返しています。 柔らかな断り文句です」(北海道/32歳男性) 受け取る側としては、「〝絶対ないと思うけれど、もし〟時間や機会があれば」の言語化されない本音の部分を見極める必要がありますね……。 「こちらから連絡します」 「興味のない誘いは、一旦断った後で相手を傷つけないよう『またこちらから連絡します』というような内容を付け加えます。 まあ、まず連絡しないです(笑)」(広島/30歳女性) 数日、一週間、一ヶ月経っても連絡がこない……。 言葉通りに受け取り、心を躍らせて連絡を待ち続けている人ももしかしたらいるのかも。 「予定を確認してみます」 「男性にデートに誘われて『あいにくですが、その日は厳しいので予定を確認してみます』と伝えたことあります。 それでもしつこく連絡してくる人がいるのですが……察してください」(神奈川/24歳女性) 気乗りしているなら、予定を確認してすぐに「この日はいかがですか?」と伝えますよね。 とくにLINEやメールなどでこのフレーズが送られてきた場合は、断り文句と断言していいかも!? 「また今度!」 「先輩に飲み会に誘われたら『また今度お願いします!』ってお断りしてます」(東京/21歳男性) 今度が永遠に先送りにされるパターン。 誘った先輩としては、「今度っていつだよ!」とツッコミたくなるかも。 「今後のご活躍をお祈り申し上げます」 「人事をやっていますが、求職者をお断りするときに『今後のご活躍をお祈り申し上げます』と伝えています。 就活生への〝お祈りメール〟はもはやネタにされていますが……相変わらずこの言い回しです」(京都/35歳女性) 面接後の結果のメール通知では、まず先に〝お祈り〟という言葉を探してしまう人も少なくないはず。 就職活動中の苦い経験を思い出した人もいるのでは? 誘いを断りたい本音を隠したりやわらげたりする前向きなフレーズ。 みなさんも日常で使っているものがあるのでは? ヒトメボ編集部.

次の

「機会があれば是非!」 前向きに聞こえる断り文句

機会 が あれ ば 是非

『いや~今日は楽しかったな~』と初デート後にウキウキ気分で女性にメールやLINEを送信したら、『機会があれば、またお願いします!』と返信があったけど、これってどういう意味?と気になってる方、非常に多いみたいですね。 恋愛コラムなどでは、『ぜひぜひ』『機会があれば』『また飲みましょう』は全て社交辞令で脈が無いと書かれている事があるのですが、実際はそうではありません。 「機会があれば」が脈ありか脈なしかについては、その後のやり取りで全てが決まります。 今回は初デート後のやり取りで脈があるか無いかの判断について説明したいと思います。 』のみで返ってきた場合は、流石に撃沈の可能性大です。 質問を完全無視ですからね。 難しいのはこの返しです。 『私も楽しかったです。 ありがとうございました。 こっちが提案しているのに反応がありません。 しかし、諦めるのは早いです。 もしかしたら現状では、近い休みがわからないだけの可能性もあるからです。 ここで『すいません。 今週土曜日はちょっと難しいです。 』と帰って来たとします。 折れそうになりますが、まだ早いです。 本当に忙しい場合があるからです。 これに対して『今月末の日曜日なら空いてます。 どうでしょうか?』と返ってくる場合は普通にあります。 途中で諦めていれば、デートチャンスを逃す事になってしまうのです。 もし『また予定を調べて連絡します。 』と返ってきた場合は待ちましょう。 自分の常識で相手の考えを計らない事 重要なのは、変に色々と考えてしまわない事です。 『自分がこう返す時は、もう誘わないでって事だしな~』などと考えるのは一番やってはダメです。 そうすると、デートしたくて仕方ないはずです。 何かの行事で始めはそこまで乗り気じゃなかったけど、実際行ってみると楽しかったって経験ありませんか? デートではこう言った事が良く起こります。 現状で同じだけの好きという感情を相手に求めるのは良くないのです。 デートを重ねて行く事が何より大切なのです。 変な探り合いはやめる お互いが変に色々と考えすぎて、何も起こらずに関係がダメになる事は勿体無いです。 気持ちはストレートに伝えるのが一番です。 更に言えば、メッセージの中に相手の名前を入れるようにするべきです。 『今日は本当に楽しかったです。 是非また遊んで下さい。 是非また遊んで下さい。 』は名前を入れているかどうかですが、印象が随分変わりませんか? 後者は本当に楽しんでくれたんだな!と1発でわかるはずです。 変な勘ぐりや疑いも無くなるでしょう。 この名前を入れるテクニックはメッセージだけではなく、デート中にも使えます。 親密な関係になるには非常に使える方法なので、是非使ってみてください。 』と諦めてしまうのは、余りにも勿体無いです。 人それぞれ言葉の使いどころは違いますので、その後のやり取りでしっかり確認してから判断するようにして下さい。 もしアナタが、LINEで女性に『おはよう。 今日も頑張ろうね。

次の

「機会があれば是非」は社交辞令(遠回しの断り)と捉えていいで...

機会 が あれ ば 是非

「また」という言葉は、副詞、接続詞、接頭語として使われます。 副詞の場合は、 「また失敗した」というように、「再び、二度」の意味。 「彼もまた私と同様、弁護士だ」と、「同じく、ひとしく」という場合。 「またの折に」と、「別のときや、ほかに」を意味し、「またなんと悲しい話」と「驚きや疑問」の気持ちを表します。 接続詞の場合は、 「有能でもあり、また面白くもある」というように事柄を列挙するとか別の事を付け加える、そして、「してもいいし、また、しなくてもいい」と列挙した事柄のうち、どれを選んでもいい時に用います。 接頭語は「また聞き」のように、間接の意味を表します。 「機会」は「チャンス、ちょうどいい折、最も都合のよい時期」を意味します。 この二つの言葉が繋がった「またの機会に」の意味は、「今回」ではなく、「別の折に」という事になります。 「また次の機会に」は断る時に用いる事が多いのですが、これは申し出や依頼、要望などに対して、意に添えない旨を相手に伝えることです。 まず、相手の申し出などに礼を述べ、申し出に添えないことを詫び、引き続き関係を継続する意思を伝える必要があります。 「先日の件ですが、当方にとってまたとない申し入れでしたが、検討しました結果、今回は見送らせていただくことになりました。 また機会があればよろしくお願いします」 となります。 断りの連絡をもらった時、どのような返事をすれば次につながるでしょうか。 では、どのような返事をすれば次につながるでしょうか。 返事はこのようになります。 「見送りの件、了解いたしました。 期待しておりましただけに残念です。 次の機会は、ぜひよろしくお願いいたします」。 相手も断りの連絡をするのは気が重いものです。 くどくど言うのではなく、「次はよろしく」程度に返事を返すのがベターです。 親しい間柄で「またの機会に」は 「またの機会に」のキーワードは、次の機会があるかどうかです。 たいていの場合は、現状でダメな時に使う言葉ですので、次がないことがほとんどのはずです。 「いつか機会があれば、ご一緒できたらいいですね」と常に解釈するのは楽観的でしょう。 では、どうすればいいのでしょうか。 一つは、現在の状況を反省して、いったい何が足りなかったのか、相手をその気にさせるのに必要な物は何か、をじっくり考えて、次の機会を自ら作るしかありません。 もう一つは、相手に「またの機会に」と言わせないように、準備を万端整えて、企画案や着想を自ら提案し、相手を自分のペースに引き込むしかありません。 何事にも積極的で、準備に抜かりなく、明確な提案が出来る有能な人物、と相手が思えば、「また次の機会に」という言葉はでてきません。 相手の人に今、必要のない能力、提案であっても、そういう人には別の機会を作ったり、知り合いを紹介してくれたりします。 「また次の機会に」と言われないために、今、自分に何が出来るのか、何が必要なのか、相手は何を求めているのか、を熟考する必要があります。

次の