東海 汽船 納涼 船。 東京湾納涼船はうわさどおりのナンパ船!!浴衣の学生だらけだったので、ナンパしてきた。|FRIED EGG

東京湾納涼船はうわさどおりのナンパ船!!浴衣の学生だらけだったので、ナンパしてきた。|FRIED EGG

東海 汽船 納涼 船

東海汽船が運航する東京湾納涼船は、東京湾の夏の風物詩として、5,000トンクラスの大型客船で、東京湾をクルージングしながら、美しい夜景とバラエティ豊かなお食事、音楽やダンスなどがお楽しみいただける、人気のお手軽レジャー&エンターテインメントとして、本年は7月1日(月)~9月23日(祝月)まで毎日開催し、約1,500名のお客様で賑わっております。 東海汽船とのコラボレーション企画として、ハクビが開催する日本最大級のきもの祭典「ハクビきものクイーンコンテスト2013」で、きものクイーンに輝いた臼井千晶さん(19歳)を東京湾納涼船の1日船長に起用し、準きものクイーンの手塚梨加さん(20歳)、星野玲奈さん(20歳)、さらにオスカープロモーション賞の鎌田夢乃さん(19歳)も応援に駆け付け、季節感あふれる最新ゆかたでご来場者をおもてなしいたします。 臼井 千晶(うすい ちあき) 生年月日:1993年10月14日(19歳) 特技:毛筆、硬筆 趣味:料理、走ること 所属:トヨタオフィス 【出演経歴】 受賞 ハクビきものクイーンコンテスト2013 きものクイーン受賞 映画• 短編映画『グッバイ・マーザー』 (監督:福田桃子)• 短編映画『いいね!』 (監督:山岡大祐)• Short Movie『THE BAD BUTT』 (監督/脚本:井口昇)• 映画『ゆるせない、逢いたい』 (監督/脚本:金井純一)• 映画『スープ』 (監督/脚本:大塚祐吉)• 映画『ブルックリン橋をわたって』 (監督:横山浩之) テレビ• 2013年 TX「TOKYO BRANDNEW GIRLS」• 2011年 NHK「テストの花道」 (レギュラー)• 2008年 EX「感涙!時空タイムス」 イベント• 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦2013 きものモデル 雑誌 ケイコとマナブ その他• 2013年ハクビ京都きもの学院 きものモデル• 2013年小田急百貨店新宿店 ゆかたモデル• 2013年「Yamano 〔Web. HP〕」 - 株式会社ヤマノビューティーメイト• 2012年 MV「あなたに出会わなければ -夏雪冬花-」(Artist:Aimer/Dir:ムラカミタツヤ)• 2010年 MV「Best Friend」 (Artist:西野カナ/Dir:末吉ノブ)• 2009年 MV「Dear... 」 (Artist:西野カナ/Dir:末吉ノブ)• 2009年 MV「Lady Don't Cry」 (Artist:D-51)• 2009年 MV「青い夢」 (Artist:森翼).

次の

東京湾納涼船|東海汽船株式会社のプレスリリース

東海 汽船 納涼 船

1949年5月上場 本社所在地 〒105-6891 一丁目16番1号 設立 (22年) 事業内容 海運関連事業 代表者 () 資本金 11億円 発行済株式総数 2,200,000株 (2017年12月31日現在) 売上高 連結114億42百万円 単独92億73百万円(12月期) 営業利益 連結5億23百万円 単独4億10百万円(12月期) 経常利益 連結5億54百万円 単独4億61百万円(12月期) 純利益 連結3億93百万円 単独3億38百万円(12月期) 純資産 連結51億57百万円 単独37億32百万円(2017年12月末日現在) 総資産 連結144億21百万円 単独121億27百万円(2017年12月末日現在) 従業員数 連結338名 単独194名(2017年12月末日現在) 決算期 12月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 20. 概要 [ ] 関連会社の(伊豆諸島の各島間などのローカル航路)・(下田から各島への航路)・(貨物航路)と一体的な航路運営を行っており、他の関連会社を含めて伊豆諸島およびへの海運をほぼ独占している。 また、主力の海運業の他にも子会社などを通じて、の運行()・ホテル経営(同上)および、各島へのセメントや燃料等の販売なども手がけている。 竹芝支店をのぞく島嶼部(大島・三宅島・八丈島)の各支店は代理店となっている(伊豆大島及び八丈島代理店は連結対象)。 同様に熱海支店も代理店となっており、に業務が委託されている。 ホテル運営大手のが筆頭株主であるが、これは戦後の東海汽船の経営危機にあたり、戦前にのやの支援を仰いだこともあった縁から、がに引き継ぎ、同社が支援をしたことに由来する。 このほか航路や・に進出していたこともあった。 房総航路は、ライバルとなるが本格的な車両・設備改良を行う(昭和25年)頃までは競争力を保っていた。 ただし在留中は通過が軍艦優先となったため、度々ダイヤが乱れる原因となった。 東北地方の航路では老朽化した船舶を使用していたほか、船賃が高水準にとどまるなど独占的地位にあって競争原理が働かなかったことから、三陸地方では地元の反感を買い、のちに地元資本によって設立されたとの競争の末に撤退を余儀なくされた。 (昭和41年)には、元町と三原山を結ぶ鉄道の免許を申請したが、運輸省によって返付され、実現しなかった。 沿革 [ ]• - 当時の実業界の大立物の構想と協力により 東京湾汽船を設立する。 翌15日から営業を開始。 当時の母体は東京平野汽船組合、第二房州汽船、三浦汽船、内国通運の4社。 開業時の所有船舶は21隻、1. 616総トン。 初代社長は前田清輝。 - 東京湾汽船株式会社に改組する。 - 東北・北海道航路に進出する。 - 貨客船「祝丸」が就航する。 - 「豆相丸」が就航する。 - 三陸汽船との競争に敗れ、東北・北海道航路から撤退する。 - 旅客船「菊丸」が就航する。 1929年 - 旅客船「紅梅丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「桐丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「小桜丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「藤丸」(初代)が就航する。 1929年 - 貨客船「萩丸」が就航する。 - 旅客船「東湾八郎丸(のち「鶴丸」に改名)」が就航する。 - 「千鳥丸」が就航する。 - 「松丸」が就航する。 1932年 - 「竹丸」が就航する。 1932年 - 「梅丸」が就航する。 1932年 - 旅客船「花丸」が就航する。 1932年 - 旅客船「月丸」が就航する。 1932年 - 「桂丸」が就航する。 1932年 - 「楓丸」が就航する。 - 旅客船「葵丸」が就航。 1933年 - 貨客船「あやめ丸」が就航する。 1933年 - 貨客船「さつき丸」(初代)が就航する。 1933年 - 「常磐丸」が就航する。 - 旅客船「すみれ丸」が就航する。 1935年 - 旅客船「」(2代目)が就航する。 1935年 - 「三宅丸」が就航する。 - 旅客船「芙蓉丸」が就航する。 - 旅客船「こうせい丸」が就航する。 - 「高砂丸」が就航する。 1942年8月28日 - 商号を 東海汽船株式会社に変更する。 - 「第10東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第11東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第12東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第15東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第16東豫丸」が就航する。 - 旅客船「あけぼの丸」が就航する。 1947年 - 貨客船「黒潮丸」が就航する。 - 旅客船「淡路丸」が就航する。 1966年9月「藤丸」(2代目)に改名• 1949年 - 大島開発株式会社を合併する。 - 旅客船「新淡路丸」が就航する。 - 貨客船「椿丸」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 房総観光株式会社を合併する。 - 東海汽船観光株式会社を設立する。 1964年 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」(2代目)が就航する。 - 当社とが折半出資し、を設立する。 1969年 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 高速船「」が就航する。 - を設立する。 1981年 - 旅客船「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - を設立する。 1988年 - 貨客船「」が就航する。 - 創立100年を迎える。 レストラン船「」、旅客船「」就航。 - 貨客船「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 伊東港運株式会社を設立する。 - 東海マリンサービス株式会社を設立する。 - 東海自動車サービス株式会社、東汽商事株式会社を設立する。 - 旅客船「アルバトロス」が就航する。 - 超高速ジェット船()「セブンアイランド愛」 「セブンアイランド虹」「セブンアイランド夢」 が就航する。 - を設立し、直営のバス事業を移管する。 4月1日 - 超高速ジェット船「セブンアイランド友」が就航する。 6月8日 - 貨客船「」が運行終了。 2014年6月10日 - 貨客船「かめりあ丸」が退役。 2014年6月27日 - 貨客船「」(3代目)が就航。 2014年9月16日 - 超高速ジェット船「セブンアイランド夢」が就航から無事故のまま運行終了。 1月 - 超高速ジェット船「セブンアイランド大漁」が「セブンアイランド夢」の代替船として就航。 2月 - 超高速ジェット船「セブンアイランド友」がクジラと思われる海洋生物と衝突事故が起きる。 5月29日 - レストランシップ事業「」の撤退を取締役会で決議。 航路 [ ] 大型客船(さるびあ丸・橘丸) さるびあ丸• 東京 - 大島 - 神津島航路• ・ - - - - -• 横浜経由は、往路金・土曜日、復路土・日曜日(夏期を除く)のみ。 夏期のみ季節運航。 東京港・竹芝桟橋から東京湾を巡って竹芝桟橋に戻る。 浴衣着用の場合は料金が割引(平日のみ)になるほか、浴衣姿で踊る「ゆかたダンサーズ」が船内を盛り上げるなど浴衣にこだわっているのが特色。 「さるびあ丸」が配船されている。 東京 - 三宅島 - 御蔵島 - 八丈島航路• 超高速ジェット船(セブンアイランド愛・セブンアイランド虹・セブンアイランド友・セブンアイランド大漁)• 東京 - 大島 - 神津島航路• 東京・・() - 伊豆大島 - 利島 - 新島 - 式根島 - 神津島• 各島に寄港する便(各島便)が基本だが、季節によって様々な経由パターンが存在する。 一例として久里浜経由(ピーク期以外)、館山経由(冬季のみ)など。 詳細は時刻表・公式サイトなどを参照。 超高速ジェット船の投入により、利島・式根島などにも日帰りで訪れることが可能になった。 ただし、利島は気象条件によっては超高速ジェット船の接岸が難しく、就航率は低い。 熱海 - 大島航路• - 伊豆大島• 熱海 - 神津島航路• 熱海 - 神津島• ピーク期のみ運航。 下田 - 大島 - 館山航路• - 伊豆大島 - 館山• 冬季に運航。 熱海 - 伊東 - 稲取 - 大島航路• - - - 伊豆大島• 稲取発着は期間中のみ• 熱海から伊東・稲取両港を経由する便はない。 船舶 [ ] 東海汽船では伝統的に客船や貨客船に花の名前 を、高速船には鳥の名前 を付けてきた。 現在の高速ジェット船はこの慣例を破り、東海汽船の名誉船長であるが命名した。 貨客船• (3代目) 2011年11月9日、公式サイトに代替船について発表された。 2014年6月竣工。 (2代目) 2020年6月25日に運航終了予定。 (3代目) 2020年6月25日就航予定。 約6,200総トン、全長118m、全幅17m、航海速力20ノット。 旅客定員1343名、コンテナ積載量38個。 野老朝雄がカラーリングデザインを担当。 超高速ジェット船(ジェットフォイル) 2002年4月1日運行開始。 就航率の向上を目指し少々の荒波でも運行が可能な高速船が求められジェットフォイルが選定された。 航海速力は43ノットで、かつて東京 - 大島間に就航していた双胴高速船アルバトロスの37ノットを上回り、所要時間は2時間20分から1時間45分に短縮された。 最初に就航した3隻はいずれもシアトルで建造された-115型と称するタイプである。 購入価格は3隻で27億円。 これら3隻はいずれもジェットフォイルの建造ライセンスを持つ神戸工場で改装された。 2012年11月9日 繁忙期の増発便として高速ジェット船「友」の追加投入が発表された ボーイング社のライセンスを受けた川崎重工業が建造。 2013年4月1日に就航した。 これら4隻のネーミングおよびカラーリングは同社名誉船長の柳原良平によるもの。 2014年2月16日 老朽化した高速ジェット船の代替船として中古高速ジェット船1隻の取得を発表した。 2014年8月25日 セブンアイランド夢の老朽化に伴い引退が発表された。 また、引退日に併せて通常寄港しない港への特別クルーズ催行も同時に発表された。 本船引退後には以前取得したジェット船 が「セブンアイランド大漁」として投入され、就航中である。 2017年5月15日 セブンアイランド虹の代替船として新造ジェット船の導入を決定。 がカラーリングデザインを担当し、国内では1995年以来25年ぶりの新造ジェットフォイルとなる。 セブンアイランド愛 1980年竣工(ボーイング製17番船)。 279総トン(旧トン数表示)、全長27. 4m、船客定員260名。 カラーデザインはハートがモチーフ。 2000年10月まで・が阪神 - 高松航路(ジェットライン)で「 ジェット7」として運航していた。 セブンアイランド虹 1981年竣工(ボーイング製19番船)。 289総トン。 (旧トン数表示) 船歴は「セブンアイランド夢」と同じ。 前の船名は「シージェット・カラ」 SeaJet kara。 セブンアイランド友 1989年竣工(川崎重工業製2番船)164トン。 (新総トン数表示) 以前は「トッピー1」として鹿児島・指宿 - 種子島・屋久島航路に就航していた。 セブンアイランド大漁 1994年6月竣工(川崎重工業製14番船)165トン。 新総トン数表記(愛、夢、虹は旧トン数表示) 以前はで「」として福岡県博多港・対馬 - 大韓民国釜山港航路に就航していた。 セブンアイランド結 2020年7月就航予定。 同航路は1974年に休止 1982年、タイに売却。 1966年、東海汽船より購入。 1973年、小笠原海運に用船されていた椿丸の返却により引退、その後解体。 1967年就航。 1984年、中国に売却。 1969年就航、1989年、かとれあ丸2の就航により引退。 1971年就航。 すとれちあ丸就航後、貨客船に改造。 1986年、に売却。 1973年就航、1992年、貨客船の就航により引退、海外に売却。 1989年就航。 2001年、高速船就航により引退、海外に売却。 貨客船 1962年就航。 1978年、設立時に移籍。 1988年引退。 1978年就航。 2002年引退後、船体拡幅を伴う大規模改装を受け、特殊運搬船に用途変更。 詳細はの項を参照。 退役後は「ADITHYA(アディダ)」に船名変更の上、(・周辺)の航路に就役中。 高速双胴船 シーガル 1979年竣工、1981年就航。 当時世界最大級の双胴旅客船。 1989年に改良型のに交替した。 シーガル2 1989年竣工、就航。 2の名称は就航後数年のみで、単に「シーガル」と呼ばれるようになる。 ジェットフォイルの就航に伴い2005年に運航を終了。 退役後はに売却され、船名はそのままで・の航路に就役。 アルバトロス から払い下げられた船舶で、2001年から2003年まで就航。 退役後は台湾に売却。 高速船 シーホーク 1977年竣工。 初めて導入された全軽合金製高速船。 伊豆航路で使用された。 熱海から大島までの所要時間は在来船の約半分である1時間程度で非常に人気が高く、繁忙期には予約の取り難い状況になったため3年ほどでシーホーク2の建造につながった。 退役後はに売却された。 1980年竣工。 1986年のに伴う全島民避難の際に約1200人の島民を脱出させる大活躍をした。 1991年に老朽化により退役。 超高速ジェット船(ジェットフォイル) セブンアイランド夢 1981年竣工(ボーイング製20番船)。 287総トン(旧トン数表示)。 建造当初はベルギー船社でオステンデ - ラムズゲート(イギリス)航路に就航したが、その後ドイツを経てアメリカに渡り、2000年9月までフロリダのバームビーチとバハマのフリーポート間に就航していた。 前の船名は「シージェット・クリステン」 SeaJet kristen。 セブンアイランド夢(伊豆大島・岡田港) 三原山噴火災害による避難輸送 [ ] 1986年(昭和61年)11月に発生した(伊豆大島)噴火の際には、すべての便が運航を休止して伊豆大島へ向かい避難民を輸送した。 大島支店長の判断で行きの高速船「シーホーク」による臨時便の運航を決定し、まず観光客400人を避難させた。 その後、社長の決断により、まず式根島行きの臨時便(さるびあ丸)を欠航させて伊豆大島に向かわせたほか、定期便(すとれちあ丸)も急遽、乗船していた旅客を下船させた上で救援に向かうなど、使用可能なすべての船舶を稼働させ、全社を挙げて救出活動に協力した。 なお、国土庁の対策本部による初動がほとんど機能しない中で首相官邸に設置された対策本部から同社宛に避難船提供要請があった時点で、東京発の一番船(さるびあ丸)はすでに東京湾外にあった。 噴火2時間後の18時30分、東京都は同社および海上保安庁・海上自衛隊に避難のための船舶の出動を要請したが、これに対し避難船として最初に接岸したのは高速船「シーホーク2」で、19時02分に388名を乗せから稲取に向かっている。 同日22時50分、大島町長は全島民に島外への避難を指示し、10,526名の避難対象者の輸送が翌6時54分に終了した。 避難輸送の内訳は、東海汽船7,407人・海上保安庁1,926人・海上自衛隊849人・漁船265人・その他79人となっている。 同社が避難輸送の主たる役割を担ったことについては、離島からの避難という状況において、大型客船の輸送力と高速船の機動力が大きな役割を担ったことを実績で示している。 噴火7ヵ月後の1987年6月22日、が見舞いのため伊豆大島を訪問したが、このうち復路は「シーガル」を利用した。 なお、これが昭和天皇の生涯最後の船旅となった。 避難輸送における各船別の実績 出航日 時間 船名 避難先 輸送人員 21日 19時02分 シーホーク2 稲取 388人 20時13分 シーガル 熱海 386人 20時45分 シーホーク2 稲取 400人 21時37分 かとれあ丸 伊東 1,300人 23時08分 シーホーク2 稲取 334人 22日 0時19分 さるびあ丸 東京 2,092人 3時05分 すとれちあ丸 東京 2,435人 6時54分 シーホーク2 熱海 72人 その他 [ ]• 大島・新島・神津島・三宅島・八丈島の各島では、海況により寄港地が変更となる。 なお、同日でも便によって寄港地が変更されることがある。 東海汽船は「伊豆七島」「セブンアイランド」の表記を多用するが、同社が実際に就航している島は8つである(「」という用語については該当項目を参照)。 東京 - 三宅島・御蔵島 - 八丈島航路はにおける整備航路の指定を受けており、赤字補填の補助金を受けているため運航経費が増大する航路高速化を行うことができない。 また、コストパフォーマンスとして船舶の性能や航海資格上は「超高速ジェット船」をこれらの航路に運航することは可能であるが、仮に同航路に就航した場合の所要時間及び想定される運賃を考慮すると空路との競争力が劣ると想定されるため、極めて難しいとされる。 を拠点とした日帰り・宿泊ツアーが同社にて募集される。 年度によって新島や神津島など、終着地が異なる。 脚注 [ ] []• あわてなさんな 小川栄一・不平不満集 - 刊行 174-175ページ• 「房総の鉄道 路線網の歴史過程」中川浩一(「鉄道ピクトリアル」No. 579・1993年8月号)• 回想の東海汽船客船 p. 49-56 東海汽船の客船90年の歩み p. 98-103 世界の艦船(海人社、1979年11月号)• 東海汽船100年の歩み p. 108-113 世界の艦船(海人社、1989年11月号)• 旧・加藤汽船「ジェット7」を購入。 旧・ADLER-BLIZZARD所属船を購入。 利島村『要覧利島2003』による。 第二次世界大戦前に建造の「橘丸」などもこの慣例に従っている。 の高速船は歴代「シーホーク」を名乗っているが、初代は東海汽船から移籍した船であり、船名もそのまま引き継いだものであった。 日本語 プレスリリース , 東海汽船, 2020年2月10日 , の2020年3月2日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月18日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東海汽船, 2020年6月5日 , の2020年6月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月18日閲覧。 - 東海汽船(2017年5月15日)• タウンニュース 藤沢版 2009年5月8日• 112-113 - 世界の艦船(海人社、1989年1月号)• これ以前の乗船実績として1982年、八丈島から三宅島まで「すとれちあ丸」にとともに乗船した事例がある。 藤沢市観光協会 関連項目 [ ]• - 大島温泉ホテルを運営。 - 小笠原航路を運航する関連会社。 - 東海汽船の名誉船長。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連するメディアがあります。 (公式サイト)• (新船建造情報公式ブログ).

次の

東京湾納涼船|東海汽船株式会社のプレスリリース

東海 汽船 納涼 船

1949年5月上場 本社所在地 〒105-6891 一丁目16番1号 設立 (22年) 事業内容 海運関連事業 代表者 () 資本金 11億円 発行済株式総数 2,200,000株 (2017年12月31日現在) 売上高 連結114億42百万円 単独92億73百万円(12月期) 営業利益 連結5億23百万円 単独4億10百万円(12月期) 経常利益 連結5億54百万円 単独4億61百万円(12月期) 純利益 連結3億93百万円 単独3億38百万円(12月期) 純資産 連結51億57百万円 単独37億32百万円(2017年12月末日現在) 総資産 連結144億21百万円 単独121億27百万円(2017年12月末日現在) 従業員数 連結338名 単独194名(2017年12月末日現在) 決算期 12月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 20. 概要 [ ] 関連会社の(伊豆諸島の各島間などのローカル航路)・(下田から各島への航路)・(貨物航路)と一体的な航路運営を行っており、他の関連会社を含めて伊豆諸島およびへの海運をほぼ独占している。 また、主力の海運業の他にも子会社などを通じて、の運行()・ホテル経営(同上)および、各島へのセメントや燃料等の販売なども手がけている。 竹芝支店をのぞく島嶼部(大島・三宅島・八丈島)の各支店は代理店となっている(伊豆大島及び八丈島代理店は連結対象)。 同様に熱海支店も代理店となっており、に業務が委託されている。 ホテル運営大手のが筆頭株主であるが、これは戦後の東海汽船の経営危機にあたり、戦前にのやの支援を仰いだこともあった縁から、がに引き継ぎ、同社が支援をしたことに由来する。 このほか航路や・に進出していたこともあった。 房総航路は、ライバルとなるが本格的な車両・設備改良を行う(昭和25年)頃までは競争力を保っていた。 ただし在留中は通過が軍艦優先となったため、度々ダイヤが乱れる原因となった。 東北地方の航路では老朽化した船舶を使用していたほか、船賃が高水準にとどまるなど独占的地位にあって競争原理が働かなかったことから、三陸地方では地元の反感を買い、のちに地元資本によって設立されたとの競争の末に撤退を余儀なくされた。 (昭和41年)には、元町と三原山を結ぶ鉄道の免許を申請したが、運輸省によって返付され、実現しなかった。 沿革 [ ]• - 当時の実業界の大立物の構想と協力により 東京湾汽船を設立する。 翌15日から営業を開始。 当時の母体は東京平野汽船組合、第二房州汽船、三浦汽船、内国通運の4社。 開業時の所有船舶は21隻、1. 616総トン。 初代社長は前田清輝。 - 東京湾汽船株式会社に改組する。 - 東北・北海道航路に進出する。 - 貨客船「祝丸」が就航する。 - 「豆相丸」が就航する。 - 三陸汽船との競争に敗れ、東北・北海道航路から撤退する。 - 旅客船「菊丸」が就航する。 1929年 - 旅客船「紅梅丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「桐丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「小桜丸」が就航する。 1929年 - 貨客船「藤丸」(初代)が就航する。 1929年 - 貨客船「萩丸」が就航する。 - 旅客船「東湾八郎丸(のち「鶴丸」に改名)」が就航する。 - 「千鳥丸」が就航する。 - 「松丸」が就航する。 1932年 - 「竹丸」が就航する。 1932年 - 「梅丸」が就航する。 1932年 - 旅客船「花丸」が就航する。 1932年 - 旅客船「月丸」が就航する。 1932年 - 「桂丸」が就航する。 1932年 - 「楓丸」が就航する。 - 旅客船「葵丸」が就航。 1933年 - 貨客船「あやめ丸」が就航する。 1933年 - 貨客船「さつき丸」(初代)が就航する。 1933年 - 「常磐丸」が就航する。 - 旅客船「すみれ丸」が就航する。 1935年 - 旅客船「」(2代目)が就航する。 1935年 - 「三宅丸」が就航する。 - 旅客船「芙蓉丸」が就航する。 - 旅客船「こうせい丸」が就航する。 - 「高砂丸」が就航する。 1942年8月28日 - 商号を 東海汽船株式会社に変更する。 - 「第10東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第11東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第12東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第15東豫丸」が就航する。 1943年 - 「第16東豫丸」が就航する。 - 旅客船「あけぼの丸」が就航する。 1947年 - 貨客船「黒潮丸」が就航する。 - 旅客船「淡路丸」が就航する。 1966年9月「藤丸」(2代目)に改名• 1949年 - 大島開発株式会社を合併する。 - 旅客船「新淡路丸」が就航する。 - 貨客船「椿丸」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 房総観光株式会社を合併する。 - 東海汽船観光株式会社を設立する。 1964年 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」(2代目)が就航する。 - 当社とが折半出資し、を設立する。 1969年 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 旅客船「」が就航する。 - 「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 高速船「」が就航する。 - を設立する。 1981年 - 旅客船「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - を設立する。 1988年 - 貨客船「」が就航する。 - 創立100年を迎える。 レストラン船「」、旅客船「」就航。 - 貨客船「」が就航する。 - 貨客船「」が就航する。 - 伊東港運株式会社を設立する。 - 東海マリンサービス株式会社を設立する。 - 東海自動車サービス株式会社、東汽商事株式会社を設立する。 - 旅客船「アルバトロス」が就航する。 - 超高速ジェット船()「セブンアイランド愛」 「セブンアイランド虹」「セブンアイランド夢」 が就航する。 - を設立し、直営のバス事業を移管する。 4月1日 - 超高速ジェット船「セブンアイランド友」が就航する。 6月8日 - 貨客船「」が運行終了。 2014年6月10日 - 貨客船「かめりあ丸」が退役。 2014年6月27日 - 貨客船「」(3代目)が就航。 2014年9月16日 - 超高速ジェット船「セブンアイランド夢」が就航から無事故のまま運行終了。 1月 - 超高速ジェット船「セブンアイランド大漁」が「セブンアイランド夢」の代替船として就航。 2月 - 超高速ジェット船「セブンアイランド友」がクジラと思われる海洋生物と衝突事故が起きる。 5月29日 - レストランシップ事業「」の撤退を取締役会で決議。 航路 [ ] 大型客船(さるびあ丸・橘丸) さるびあ丸• 東京 - 大島 - 神津島航路• ・ - - - - -• 横浜経由は、往路金・土曜日、復路土・日曜日(夏期を除く)のみ。 夏期のみ季節運航。 東京港・竹芝桟橋から東京湾を巡って竹芝桟橋に戻る。 浴衣着用の場合は料金が割引(平日のみ)になるほか、浴衣姿で踊る「ゆかたダンサーズ」が船内を盛り上げるなど浴衣にこだわっているのが特色。 「さるびあ丸」が配船されている。 東京 - 三宅島 - 御蔵島 - 八丈島航路• 超高速ジェット船(セブンアイランド愛・セブンアイランド虹・セブンアイランド友・セブンアイランド大漁)• 東京 - 大島 - 神津島航路• 東京・・() - 伊豆大島 - 利島 - 新島 - 式根島 - 神津島• 各島に寄港する便(各島便)が基本だが、季節によって様々な経由パターンが存在する。 一例として久里浜経由(ピーク期以外)、館山経由(冬季のみ)など。 詳細は時刻表・公式サイトなどを参照。 超高速ジェット船の投入により、利島・式根島などにも日帰りで訪れることが可能になった。 ただし、利島は気象条件によっては超高速ジェット船の接岸が難しく、就航率は低い。 熱海 - 大島航路• - 伊豆大島• 熱海 - 神津島航路• 熱海 - 神津島• ピーク期のみ運航。 下田 - 大島 - 館山航路• - 伊豆大島 - 館山• 冬季に運航。 熱海 - 伊東 - 稲取 - 大島航路• - - - 伊豆大島• 稲取発着は期間中のみ• 熱海から伊東・稲取両港を経由する便はない。 船舶 [ ] 東海汽船では伝統的に客船や貨客船に花の名前 を、高速船には鳥の名前 を付けてきた。 現在の高速ジェット船はこの慣例を破り、東海汽船の名誉船長であるが命名した。 貨客船• (3代目) 2011年11月9日、公式サイトに代替船について発表された。 2014年6月竣工。 (2代目) 2020年6月25日に運航終了予定。 (3代目) 2020年6月25日就航予定。 約6,200総トン、全長118m、全幅17m、航海速力20ノット。 旅客定員1343名、コンテナ積載量38個。 野老朝雄がカラーリングデザインを担当。 超高速ジェット船(ジェットフォイル) 2002年4月1日運行開始。 就航率の向上を目指し少々の荒波でも運行が可能な高速船が求められジェットフォイルが選定された。 航海速力は43ノットで、かつて東京 - 大島間に就航していた双胴高速船アルバトロスの37ノットを上回り、所要時間は2時間20分から1時間45分に短縮された。 最初に就航した3隻はいずれもシアトルで建造された-115型と称するタイプである。 購入価格は3隻で27億円。 これら3隻はいずれもジェットフォイルの建造ライセンスを持つ神戸工場で改装された。 2012年11月9日 繁忙期の増発便として高速ジェット船「友」の追加投入が発表された ボーイング社のライセンスを受けた川崎重工業が建造。 2013年4月1日に就航した。 これら4隻のネーミングおよびカラーリングは同社名誉船長の柳原良平によるもの。 2014年2月16日 老朽化した高速ジェット船の代替船として中古高速ジェット船1隻の取得を発表した。 2014年8月25日 セブンアイランド夢の老朽化に伴い引退が発表された。 また、引退日に併せて通常寄港しない港への特別クルーズ催行も同時に発表された。 本船引退後には以前取得したジェット船 が「セブンアイランド大漁」として投入され、就航中である。 2017年5月15日 セブンアイランド虹の代替船として新造ジェット船の導入を決定。 がカラーリングデザインを担当し、国内では1995年以来25年ぶりの新造ジェットフォイルとなる。 セブンアイランド愛 1980年竣工(ボーイング製17番船)。 279総トン(旧トン数表示)、全長27. 4m、船客定員260名。 カラーデザインはハートがモチーフ。 2000年10月まで・が阪神 - 高松航路(ジェットライン)で「 ジェット7」として運航していた。 セブンアイランド虹 1981年竣工(ボーイング製19番船)。 289総トン。 (旧トン数表示) 船歴は「セブンアイランド夢」と同じ。 前の船名は「シージェット・カラ」 SeaJet kara。 セブンアイランド友 1989年竣工(川崎重工業製2番船)164トン。 (新総トン数表示) 以前は「トッピー1」として鹿児島・指宿 - 種子島・屋久島航路に就航していた。 セブンアイランド大漁 1994年6月竣工(川崎重工業製14番船)165トン。 新総トン数表記(愛、夢、虹は旧トン数表示) 以前はで「」として福岡県博多港・対馬 - 大韓民国釜山港航路に就航していた。 セブンアイランド結 2020年7月就航予定。 同航路は1974年に休止 1982年、タイに売却。 1966年、東海汽船より購入。 1973年、小笠原海運に用船されていた椿丸の返却により引退、その後解体。 1967年就航。 1984年、中国に売却。 1969年就航、1989年、かとれあ丸2の就航により引退。 1971年就航。 すとれちあ丸就航後、貨客船に改造。 1986年、に売却。 1973年就航、1992年、貨客船の就航により引退、海外に売却。 1989年就航。 2001年、高速船就航により引退、海外に売却。 貨客船 1962年就航。 1978年、設立時に移籍。 1988年引退。 1978年就航。 2002年引退後、船体拡幅を伴う大規模改装を受け、特殊運搬船に用途変更。 詳細はの項を参照。 退役後は「ADITHYA(アディダ)」に船名変更の上、(・周辺)の航路に就役中。 高速双胴船 シーガル 1979年竣工、1981年就航。 当時世界最大級の双胴旅客船。 1989年に改良型のに交替した。 シーガル2 1989年竣工、就航。 2の名称は就航後数年のみで、単に「シーガル」と呼ばれるようになる。 ジェットフォイルの就航に伴い2005年に運航を終了。 退役後はに売却され、船名はそのままで・の航路に就役。 アルバトロス から払い下げられた船舶で、2001年から2003年まで就航。 退役後は台湾に売却。 高速船 シーホーク 1977年竣工。 初めて導入された全軽合金製高速船。 伊豆航路で使用された。 熱海から大島までの所要時間は在来船の約半分である1時間程度で非常に人気が高く、繁忙期には予約の取り難い状況になったため3年ほどでシーホーク2の建造につながった。 退役後はに売却された。 1980年竣工。 1986年のに伴う全島民避難の際に約1200人の島民を脱出させる大活躍をした。 1991年に老朽化により退役。 超高速ジェット船(ジェットフォイル) セブンアイランド夢 1981年竣工(ボーイング製20番船)。 287総トン(旧トン数表示)。 建造当初はベルギー船社でオステンデ - ラムズゲート(イギリス)航路に就航したが、その後ドイツを経てアメリカに渡り、2000年9月までフロリダのバームビーチとバハマのフリーポート間に就航していた。 前の船名は「シージェット・クリステン」 SeaJet kristen。 セブンアイランド夢(伊豆大島・岡田港) 三原山噴火災害による避難輸送 [ ] 1986年(昭和61年)11月に発生した(伊豆大島)噴火の際には、すべての便が運航を休止して伊豆大島へ向かい避難民を輸送した。 大島支店長の判断で行きの高速船「シーホーク」による臨時便の運航を決定し、まず観光客400人を避難させた。 その後、社長の決断により、まず式根島行きの臨時便(さるびあ丸)を欠航させて伊豆大島に向かわせたほか、定期便(すとれちあ丸)も急遽、乗船していた旅客を下船させた上で救援に向かうなど、使用可能なすべての船舶を稼働させ、全社を挙げて救出活動に協力した。 なお、国土庁の対策本部による初動がほとんど機能しない中で首相官邸に設置された対策本部から同社宛に避難船提供要請があった時点で、東京発の一番船(さるびあ丸)はすでに東京湾外にあった。 噴火2時間後の18時30分、東京都は同社および海上保安庁・海上自衛隊に避難のための船舶の出動を要請したが、これに対し避難船として最初に接岸したのは高速船「シーホーク2」で、19時02分に388名を乗せから稲取に向かっている。 同日22時50分、大島町長は全島民に島外への避難を指示し、10,526名の避難対象者の輸送が翌6時54分に終了した。 避難輸送の内訳は、東海汽船7,407人・海上保安庁1,926人・海上自衛隊849人・漁船265人・その他79人となっている。 同社が避難輸送の主たる役割を担ったことについては、離島からの避難という状況において、大型客船の輸送力と高速船の機動力が大きな役割を担ったことを実績で示している。 噴火7ヵ月後の1987年6月22日、が見舞いのため伊豆大島を訪問したが、このうち復路は「シーガル」を利用した。 なお、これが昭和天皇の生涯最後の船旅となった。 避難輸送における各船別の実績 出航日 時間 船名 避難先 輸送人員 21日 19時02分 シーホーク2 稲取 388人 20時13分 シーガル 熱海 386人 20時45分 シーホーク2 稲取 400人 21時37分 かとれあ丸 伊東 1,300人 23時08分 シーホーク2 稲取 334人 22日 0時19分 さるびあ丸 東京 2,092人 3時05分 すとれちあ丸 東京 2,435人 6時54分 シーホーク2 熱海 72人 その他 [ ]• 大島・新島・神津島・三宅島・八丈島の各島では、海況により寄港地が変更となる。 なお、同日でも便によって寄港地が変更されることがある。 東海汽船は「伊豆七島」「セブンアイランド」の表記を多用するが、同社が実際に就航している島は8つである(「」という用語については該当項目を参照)。 東京 - 三宅島・御蔵島 - 八丈島航路はにおける整備航路の指定を受けており、赤字補填の補助金を受けているため運航経費が増大する航路高速化を行うことができない。 また、コストパフォーマンスとして船舶の性能や航海資格上は「超高速ジェット船」をこれらの航路に運航することは可能であるが、仮に同航路に就航した場合の所要時間及び想定される運賃を考慮すると空路との競争力が劣ると想定されるため、極めて難しいとされる。 を拠点とした日帰り・宿泊ツアーが同社にて募集される。 年度によって新島や神津島など、終着地が異なる。 脚注 [ ] []• あわてなさんな 小川栄一・不平不満集 - 刊行 174-175ページ• 「房総の鉄道 路線網の歴史過程」中川浩一(「鉄道ピクトリアル」No. 579・1993年8月号)• 回想の東海汽船客船 p. 49-56 東海汽船の客船90年の歩み p. 98-103 世界の艦船(海人社、1979年11月号)• 東海汽船100年の歩み p. 108-113 世界の艦船(海人社、1989年11月号)• 旧・加藤汽船「ジェット7」を購入。 旧・ADLER-BLIZZARD所属船を購入。 利島村『要覧利島2003』による。 第二次世界大戦前に建造の「橘丸」などもこの慣例に従っている。 の高速船は歴代「シーホーク」を名乗っているが、初代は東海汽船から移籍した船であり、船名もそのまま引き継いだものであった。 日本語 プレスリリース , 東海汽船, 2020年2月10日 , の2020年3月2日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月18日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東海汽船, 2020年6月5日 , の2020年6月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月18日閲覧。 - 東海汽船(2017年5月15日)• タウンニュース 藤沢版 2009年5月8日• 112-113 - 世界の艦船(海人社、1989年1月号)• これ以前の乗船実績として1982年、八丈島から三宅島まで「すとれちあ丸」にとともに乗船した事例がある。 藤沢市観光協会 関連項目 [ ]• - 大島温泉ホテルを運営。 - 小笠原航路を運航する関連会社。 - 東海汽船の名誉船長。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連するメディアがあります。 (公式サイト)• (新船建造情報公式ブログ).

次の