浅草 くら 寿司。 浅草のおすすめランチ〈くら寿司〉は回転寿司界ナンバーワンの楽しさかも。

くら寿司浅草ROX店 | 東京都 | 台東区浅草 | 詳細 | 人気店予約サイト[EPARKファスパ]

浅草 くら 寿司

射的などの縁日スペースはまだできませんでした こんにちは!したぷらです。 昨日、緊急事態宣言解除となったので家族で2ヵ月以上ぶりにディナーに浅草の「くら寿司」に行ってきました。 家族で解除になったら1番に回転寿司に行こう!と2ヵ月決めていたくらいずっと心は回転寿司でした。 ちょうど今年の1月にインバウンド対応の国内最大の広さの「くら寿司」がオープンしていて、当時はずっと予約で満席が続く人気の店舗でした。 なんと敷地面積255坪、座席数272席なのに満席だったんですよ〜 緊急事態宣言中も短縮営業していた「くら寿司」ですが、「いまは空いててチャンスだよ」とご近所の噂もあり行ってみることにしました。 予約も簡単にネットでとることができました。 すでに予約済みなので広い待ち合わせスペースは利用しませんでした。 佐藤可士和氏監修の明るいオリエンタルなジャパニーズスタイルな雰囲気。 基本ボックス席なので、家族単位なら安心して食事ができます。 椅子の背もたれにはビニールがかけられていて、除菌対策もしっかりさています。 予約していて、入り口で座席もタッチパネルで指定されているので、まだこの時点で店員さんとは一切お話していません。 スッキリしたテーブルの中に細々とした備品が一式ありました。 いつもいく南千住のお店はもっと雑多な感じですが、なんだかここはスタイリッシュです。 「くら寿司」はもともとカプセルに入って寿司がやってくるシステムなので安心です。 注文はタッチパネルから。 自分のスマホからでも注文もできるようです。 さらにシャリを半分にする事もできるようになっていました。 タッチパネルで注文した寿司は高速レーンからやってきます。 いままで、店員さんが直接持ってきてくれていた生ビールも高速レーンからやってきてビックリ!! お寿司は安定の安さと美味しさです。 まだ解除になったばかりなのかネタの種類は少なく感じました。 この日はウニがなくて残念… 「びっくらポン」もありました。 皿5枚でくじ引きができるガチャシステムです。 当たりは楽天パンダとくら寿司のコラボのキーチェーンでした。 今回のヒットは「うなぎ」でした。 今の時期くら寿司では「うな丼」が680円から食べられるフェアをやっているのですが、うなぎがあるのでうなぎの寿司もありました。 いつも注文する「シャリコーラ」 〆はラーメンで。 本当のここの目玉はこの「縁日スペース」。 びっくらポンの景品の中に利用券が入っているそうですが、この日は誰もやっている様子がなかったので、縁日スペースは中止になっているのでしょうね…残念 射的も楽しそう… 結局、店員さんとお話をしたのは最後のお皿を数えにやってきた時とお会計の時だけでした。 ソーシャルディスタンスも完璧でした。 オリンピック目前に満を侍してオープンさせた国内最大規模の「くら寿司」。 来年もしオリンピックが開催さられば、浅草もここも、縁日もできて盛り上がっているといいなぁ。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。 店舗情報 くら寿司 ******************************* したぷらのプロフィールは。 Instagram:@shitapla ツイッター: dtplanaria Come on-a My House したぷらブログ2. 0: Posted from.

次の

くら寿司浅草ROX店 | 東京都 | 台東区浅草 | 詳細 | 人気店予約サイト[EPARKファスパ]

浅草 くら 寿司

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)は、2020年1月22日(水)に、業界初の「ジャパンカルチャー発信型」店舗である、グローバル旗艦店の1号店「くら寿司 浅草ROX店」をオープンします。 当社では、2020年を「第二の創業期」と位置づけ、今後国内のみならず、海外進出を加速してまいります。 今年は、訪日外国人観光客の最大化が予測され、日本の文化と和食が世界に再注目されます。 改めて回転寿司のすばらしさを日本のみならず海外にも更に広める改革として、国内有数の観光地である浅草にグローバル旗艦店を開店します。 外国人には「高級なイメージ」のお寿司ですが、江戸の大衆食文化であり、安くて美味しい日本古来のファーストフードであるお寿司本来の魅力を感じていただける、「人に伝えたくなる」店舗です。 内装は世界的に活躍するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏監修のもと、日本の「祭り」をイメージしたジャパニーズモダンなデザイン。 柱やテーブルには白木を、各座席には畳のシートを使用するなど、和のぬくもりを感じられる空間を現代的に表現しました。 当社では他社に先駆けて、BOX席(E型レーン)の導入や、ビッくらポン!の開発など、回転寿司を「食のアミューズメントパーク」にすることを目指してきました。 また開店記念として今春、アメリカなど各国でも発売を予定している、「祝の華海老」を期間限定で先行販売いたします。 赤えびに食用の花をちらした、見た目にも鮮やかなお寿司もどうぞお楽しみください。 今後グローバルでのブランド確立の為に刷新され、日本の各店舗、及び海外(アメリカ、台湾)でも共通してこのロゴが使用されていく予定です。 ビッくらポン!のカプセルの中には、景品と共に利用券が封入されているものがあり、そちらと引き換えでご利用いただけます。 「射的」や「輪投げ」の賞品として、お子様向けのおもちゃをご用意しております。 また注文用のタッチパネルは4カ国語に対応しています。 また円滑な接客のために、音声翻訳機「Langogo Genesis」を導入。 世界104言語に対応し、「話す/訳す/伝える」それぞれに最適のAI言語サーバとつながることで、高速・高精度に翻訳が可能なデバイスです。 【「Langogo Genesis」に関するお問い合わせ先】 株式会社 パルス(Langogo 日本国内正規総代理店 0745-25-3380 sales pars-ele. jp 既存の各店舗もインバウンド対応店舗に! 外国人観光客が数多く訪れる、既存の下記の店舗においても、多言語対応可能なスタッフと、「Langogo Genesis」を活用したサービスを開始。 インバウンド対応の強化で、更なる来店増加を目指します。 「自動案内システム」は店頭のタッチパネルを操作しチェックイン。 空席状況に合わせて、自動で座席をご案内します。 自動会計は座席ごとに取り付けられたカメラとお皿についたQRコードを活用しAIで管理。 取ったお皿の分だけ、自動で枚数をカウント。 座席で精算を待つことなく、そのままレジに向かうことができます。 スマートフォンを使って、事前予約やタッチパネル代わりに注文できる、「スマホdeくら」と合わせて、便利にご利用いただけます。 色鮮やかな花が彩りを添え、グローバル旗艦店オープン記念のお祝いにふさわしいメニューに仕上がりました。

次の

無添くら寿司 浅草ROX店(浅草/回転寿司)

浅草 くら 寿司

SPONSORED LINK 回転寿司は日本のエンターテインメント。 「なにを今さら…」とお思いかもしれませんが、浅草ROXに1月27日にオープンする〈くら寿司 KURA〉へ行ったら、きっとそんな気持ちになるはず! 佐藤可士和さん監修した新しいロゴが入った巨大なちょうちんがアクセントの内装は、日本らしさを感じさせながらもシンプルでミニマムな設計に。 スマホアプリから席の予約や寿司の注文まで出来るそう。 (これは他の店舗も一緒かも) 久しぶりに見たからかもしれないけれど、注文した商品がベルトコンベアでヒューンと流れてくる様子が、以前よりもスピードが速くなりつつスマートでスタイリッシュな印象を受けました…自分の席のところで寿司が止まるときも、なんか「スッ」って気品ある佇まいなんです! …にしても、わたしはなんでこんなに熱くなっているのだろうか。 それは多分、回転寿司はひとりで入るほど好きだけど、ごちゃついてる店内が好きじゃなかったので、すっきりした空間設計になっていて「ああ、理想の形…!」って思ったんですよね。 これなら女子ひとりでも全然入りやすい。 ということで、ざっくりですがおしゃれ回転寿司〈くら寿司 浅草店〉をレポートします! 目次• 浅草のおすすめランチ〈くら寿司〉店舗外観 浅草でランチやディナーをするなら、オープンしたばかりの〈くら寿司〉も選択肢のひとつにどうぞ。 浅草ROXの4階にありますよ。 1月22日から26日はプレオープンだそうで、平日の16:30ごろ行ってみました。 新仲見世通りを抜けて、まっすぐ歩くと大きな看板が! こちらの入口から入ると、4階まで直通のエレベーターでお店までスムーズにたどり着けるはず。 この場所、以前は劇場だったんですよね。 阿佐ヶ谷姉妹のライブ観たなぁ。 浅草のおすすめランチ〈くら寿司〉店内 エレベーターを降りると、チェックインの機械があり、おおよその待ち時間がわかります。 平日の夕方だったけど、待ち時間は30分と表示されていて諦めようかと思いましたが、スタッフの方が「今でしたら、15分くらいで入れると思います」と言われたので待つことに。 確かに15分くらいで呼ばれました。 番号が呼ばれると、また別の自動発券機で座席番号が書かれたレシートを受け取り、自分で席へ向かいます。 ちょっと面倒だけど、スタッフの方が説明してくれるので迷わないはず。 ということで、店内に入ると、回転寿司とは思えないほどの広さにびっくり! 回転寿司行く方はわかると思うのですが、待ちスペースって狭いしごちゃっとしてて疲れるじゃないですか。 くら寿司浅草店はソレがない!待ちスペース自体が広いし、天井が高いからか、混んでいてもあまり圧迫感を感じなさそうです。 たぶん。 提灯やお面、浮世絵と日本文化をふんだんに取り入れつつ、濃くなりすぎないバランス感がいい。 内装も佐藤可士和さんが監修だそう。 椅子の座面は畳になっているのも、さりげなくて良い!(撮り忘れた) カウンターを広く使うためなのか、醤油やガリなどがテーブルの中に格納されていて、使うたびに取り出すのだけが面倒。 なぜこの設計にしたのか、少し疑問ではありますが、隣の人とコミュニケーションを取るきっかけになるといえばなる。 この店の最大の特徴は、日本文化が味わえること。 なんと、店内に縁日があります!射的と輪投げコーナー! サイトを見ると、5皿で1回抽選できる「ビッくらポン」で当たると遊べるらしいです。 縁日のハードル、地味に高いな。 SPONSORED LINK 浅草のおすすめランチ〈くら寿司〉メニュー メニューはおそらく他の店舗と同じかと思うのですが、今の回転寿司ってほんとになんでもあるんですね…! 定番のお寿司に始まり、ラーメンやハンバーガー、揚げもの、デザート、コーヒーまで。 お寿司食べてると揚げものとか肉が無性に食べたくなるのですが、ちょっとつまめるのが最高! タッチパネルの注文、無限に頼みたくなっちゃいますね。 スマホアプリからも注文できるというのにビックリ。 注文した商品が自分の席まで流れてくるのは見慣れた光景ではあるけれど、ここのベルトコンベアー、なんだか動きがスマートなんですよ。 これ体験してほしい…! 走ってきたくせに、急いで間に合わせたのを彼に気づかれないように待ち伏せしてる女の子みたいだなと。 キッチンから流れてくる間、いろんなお客さんの前を通るわけで、それも良い宣伝効果になりますよね。 人の注文をずっと目で追ってたよ。 日本酒が流れていく眺めもよかったな… SPONSORED LINK なんだかサラッと紹介するつもりが、あんまり楽しくて長くなってしまいました。 今はまだ混んでない方だと思うけど、そのうちどんどん人気になりそうなので早めにどうぞ。 昼間は大混雑しそうだけど、浅草の夜は人が少ないから、夜遅くに行くという手もアリかも。 帰ってから知ったので、また行こうと思います! 祝の華海老、ぷりぷりでおいしかった…! 浅草のおすすめランチ〈くら寿司〉店舗情報 関連記事:浅草のおすすめランチ、まとめています(随時更新).

次の