このアカウントではicloudミュージック。 絶対に間違わないで! iCloudミュージックライブラリをオンにする場合は、『音楽を残す』

iCloudミュージックライブラリの曲を消去する方法|iTunes

このアカウントではicloudミュージック

この記事の内容• iCloudミュージックライブラリとは、インターネット上に音楽ファイルやプレイリストを保存していろんな端末で聴けるようにしたり、プレイリストを共有できるようになるiPhoneのサービスです。 これがオンになっていると、パソコンのiTunesから新しく曲を追加しようとしても同期ができなくなることがあるようです。 そこで、このような表示が出たら、下記の操作手順でiPhoneのiCloudミュージックライブラリの設定をオフにして、再度同期をしてみてください。 【設定】を開く• 【ミュージック】をタップする• iCloudミュージックライブラリをオフにする• オフにすると再度オフにしますかと聞かれるので【オフにする】をタップする• パソコンとiPhoneを繋ぎなおす• 同期のチェックボックスが使えるか確認する これでうまくいくはずです。 これでももし同期がうまくいかない場合には、iPhone上の曲を全部消してから再度同期をする必要が出てきます。 消し方と、そこからの同期の仕方も下記に記載します。 iPhoneとパソコンを繋いで音楽を同期のチェックを取り消す• すると警告が出るのでここで削除を選択する• iTunesの右下にある適用を押すと同期が始まってiPhoneに転送した曲が全部消える• 上記の方法を確認及び試してみても解決されない場合は一度容量を確認してください。 iTunesの概要タブからもiPhoneの空き容量を見ることができます。 解決方法はこちらも単純で、不要な画像や音楽・アプリを削除して容量を確保してください。

次の

完全!音楽をiCloudにバックアップ・アップロードする方法

このアカウントではicloudミュージック

スポンサーリンク 僕のiTunesライブラリはこんな状態になってます。 カオスです。 (問題点1)既存の曲とApple Musicとの重複 (問題点2)既存のプレイリストとApple Musicプレイリストの重複 (問題点2)アップロード待機中のままグレー表示になっている項目(ライブラリのアップデートでも変化なし) (問題点3)そしてこれが一番困るのですが 別のApple IDで購入した曲はたとえ認証が済んでいてもiCloudにはアップされません。 僕はもうiTunesを10年以上使ってきていますが、その間に生活環境の変化等でいくつかApple IDを持っていてそれぞれで曲を購入しています。 クラウドという仕様上仕方がないこととはいえ、これではiCloudミュージックライブラリを利用するメリットは全くありません。 さらに問題なのは・・・ お約束のアルバムカバー不具合・・・たとえば上は矢野顕子さんの名盤「ごはんができたよ」なんですが、いったいこの方はどなたなんでしょう?ご存知の方教えてください。 100歩譲って同じアーティストのカバー違いならまだ我慢できますが、さすがにはこれは、、、しかもこんな感じのが結構あって凹みます。 iCloudミュージックライブラリを整理する この状況をなんとか打開したくてネットで調べまくりました。 Apple MusicとiTunes Matchの関係、iCloudミュージックライブラリの仕様など大体理解できましたが決定的な解決策はないようで・・・とりあえず母艦MacのiTunesをリセットしようと思いiCloudミュージックライブラリをオフにすることにしました。 iCloudミュージックライブラリをオフにするだけでは解決しない これは当たり前なんですがクラウド上の曲は手動で消していかなければなりません。 これも色々なやり方があるようですが、僕は次の方法でライブラリ内の曲を整理しました。 iCloudミュージックライブラリはオンのまま次の方法で進めていきます。 2.母艦PCでのApple Musicのプレイリスト作成、曲のダウンロードはできなくなります。 視聴は可能。 2.iCloudミュージックライブラリをオンにしている端末と曲の同期ができなくなります。 (回避方法は後述) コメント失礼します。 私もまったく同じ(Apple Musicは利用するがiTunes内の曲はiCloudと同期しない、iTunesではApple Musicの曲を管理しない)状況で悩んでおり、(アップルサポートに問い合わせても具体的な解決には至らず、、、)こちらのブログを偶然見つけ、拝読させて頂きました。 2017年11月2日現在のWindows版iTunes(12. 1)でそちらの方法を試させて頂いたところ、どうもライブラリから曲を削除しますと「iCloudミュージックライブラリから曲を削除」というダイアログが表示されるにも関わらず、ローカル保存の元ファイルから削除されてしまいます。 元の曲ファイルは全てバックアップ(移行ではなくコピー)を取っておく必要があるのでしょうか? この件で何か新たな方法などお分かりでしたらお返事いただきたいです。 よろしくお願い致します。 こんにちは、コメントありがとうございます。 Apple Musicに登録するとiCloudミュージックライブラリがオンになります。 母艦のiTunesもiCloudミュージックライブラリをオンにしないとiPhoneとの同期はできません。 CDから取り込んだ曲の扱いですが、以下の2通りとなります。 1.Apple Musicに同じ曲がある場合Apple Music上の曲に置き換わります。 2.Apple Musicに同じ曲がない場合はiCloudミュージック~にアップロードされクラウド上で聴くことができます(アップロードには時間がかかる場合があります)。 これでCDの曲もApple Musicの曲もシームレスに共有することができるようになります。 母艦に取り込んだオリジナルの音楽データ自体には影響を及ぼすことはありませんが、一応バックアップを取っておくことをおススメします。 ただ、本記事のように曲が違うバージョンに置き換わったりジャケットが入れ替わったりなどのトラブルも多いので個人的にはお勧めできないです。 母艦iTunesのiCloudミュージックライブラリをオンにする時はご注意ください。 僕自身は、少し手間がかかりますが以下のような方法で曲を管理しています。 参考になれば幸いです。

次の

iPhone・iPadのメールで「◯◯は追加済みです」「すでに追加されています」と出たときの対処方法

このアカウントではicloudミュージック

iPhoneやiPadにメールアドレスを追加しようとすると、このようなメッセージが出てきます。 XXXXXXX gmail. comは追加済みです。 このGmailアカウントはすでにiPhoneに追加されています。 上のエラーメッセージはGmailを追加しようとしたときのものです。 もしOutlook. comのメールアドレスを追加しようとした「このOutlookアカウントはすでにiPhoneに追加されています」と表示されます。 またiCloudのメールアドレスを追加したい場合は「このiCloudアカウントはすでにiPhoneに追加されています」と表示されます。 OKしか押すことができず、他にどうすれば良いのか説明が一切ありません。 非常にわかりにくいです。 このエラーメッセージが出る原因と対処方法 このエラーメッセージはいったいどうして表示されるのでしょうか。 まずはじめに対処方法を紹介し、そのあとで原因を紹介して行きます。 ここではGmailでエラーメッセージが出たときの対処方法を紹介しますが、iCloudやOutlook、ヤフーなどのアドレスを使っている方もやることは基本的に同じです。 設定を開く• パスワードとアカウントをタップ• Gmailをタップ• メールが オフになっているはずなので オンに たったこれだけでGmailのメールアドレスをメールアプリで使えるようになります。 「パスワードとアカウント」が表示されない場合は ちなみに上の操作方法はiOS 12のものです。 もしそれ以前のiOSを使っている場合、上の操作方法でパスワードとアカウントが表示されないことがあります。 その場合は以下の方法を試してみてください。 設定を開く• メールをタップ• アカウントをタップ(iOS 12にはここでアカウントが出てきません)• Gmailをタップ• 僕の場合、このGmailのアカウントを使って、連絡先をiPhoneとGmailで同期させています。 Gmailは別のメールアプリで受信していたので、Apple純正のメールアプリでは受信していませんでした。 そのためApple純正のメールアプリでGmailのアドレスを新規追加しようとしても「すでに登録されています」というエラーメッセージが出たわけです。 そこで上でも紹介したようにGmailのメールをオンにしたというわけです.

次の