高橋 大輔 ツイッター 伊達巻。 「高橋大輔」のYahoo!検索(リアルタイム)

高橋大輔×村元哉中「一緒に決めた」目標は五輪出場

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

マンション経営を目的とした不動産の分譲・販売事業を手掛けるスカイコート株式会社は1月15日、フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔選手をトータルコーディネーターに迎えた「D-colorプロジェクト第2弾」の概要を公表した。 同社が新たに立ち上げたリノベーション専門部署「スカイクラフトラボ」とのコラボという形で、高橋選手はリノベーション事業に初めて挑戦する。 スカイクラフトラボは「既成概念にとらわれない、中古物件の可能性を最大限に追求したリノベーション事業」(同社)を展開する部署。 自社物件だけでなく、一般住宅やカフェなど幅広い受注を目指す。 高橋選手は昨年、D-colorプロジェクト第1弾として新築マンション「スカイコートディベルテ浅草」(東京都台東区)のトータルコーディネートを手掛けた。 もともと建築に興味があったという高橋選手の感性とアイディアを随所に取り入れた同物件は、すでに完売する人気。 第2弾となるリノベーション事業でも「高橋選手のアイディアを提供してもらい、世界に一つの内装を生み出していきたい」と意気込む。 1月13日、同社がKOSE新横浜スケートセンターで開催したスケート教室に、高橋選手がゲストとして登場。 同プロジェクトについて「前回はマンションを丸ごと1棟コーディネートということがあって、大変なこともあった。 でも建物やインテリアなどに興味があったので、現役の生活の中で、仕事をさせていただいた時間は集中し、スケートのことから離れ、とてもリフレッシュできた」とふり返った。 そのうえで第2弾について「今回はリノベーションということで、もっと自分のカラーを出せるのではないかと思うし、気に入ったら買っていただけることからも、自分らしいカラーを出していけるのがすごく楽しみ」とコメント。 高橋選手はフィギュアスケートからアイスダンスへの転向を表明、2月から拠点をアメリカに移してアイスダンスの練習を始める予定だが「時間はあるのでいろいろ考えさせていただくことがリフレッシュになる。 スカイクラフトラボとチームでやりとりしながらいろいろな方法でやっていく」と話した。 「2020年は自分にとって挑戦の年。 スケートとリノベという新たなチャレンジをすることにより、先のわからない恐怖や不安はあるけど、それを乗り越えたところにある楽しみや喜びのようなものを見つけられたら」と締めくくった。 スカイコート社は1969年創業、19年8月現在の分譲実績は939棟、3万4042戸を数え、オーナーはこれまでに2万人を超える。 グループ会社では、賃貸・マンスリー事業やマンション管理事業なども手掛け、トータルでマンション経営をサポート。 17年11月から創立50周年プロジェクト「D-color」に高橋選手をトータルコーディネーターとして始動。 また、社会貢献活動として、スポーツを通じて知的障害のある人を応援する「スペシャルオリンピックス日本」フレンドシップスポンサーとして支援、プロフィギュアスケーターでもある西田美和社長を講師としたスケート教室も開催している。 【関連サイト】 【関連ページ】.

次の

「高橋大輔」 ブログ検索 皆声.jp

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

フィギュアスケートのアイスダンスで来年1月から新カップルを結成する高橋大輔(33=関大KFSC)と村元哉中(かな、26)が9月30日、横浜市内で会見した。 村元のオファーに高橋が応える形でカップル結成となり、これが初仕事。 大目標に22年北京オリンピック(五輪)出場を掲げた。 10年バンクーバー五輪男子シングル銅メダルの高橋参戦で、日本ではなじみが薄い同種目の発展とともに、過去2大会でメダルを逃した五輪団体での表彰台という夢が膨らむ可能性がある。 村元と組むアイスダンスでの22年北京について「現役として22年を大きな目標に掲げることは大切なこと。 簡単なことではないが、やるとなった時に一緒に決めた。 (メダルも)ダンスはもしかしたら、というのがある。 少しでも%があるなら」と口にした。 男子シングル五輪銅メダリストが新境地への挑戦。 「五輪は団体ができましたし、そこでメダルの可能性はカップルが強くなることが必須なので」。 14年ソチ五輪から採用された団体を頭の中に入れた発言も出た。 異例の挑戦は、今年1月に村元からのオファーで始まり、7月に新潟で一緒に滑った。 「興味深く、もっと知りたいと思った。 ただアイスダンスは初心者なので『僕でいいですか?』と聞いた」と高橋。 村元の「昔から憧れのスケーター。 大ちゃん(高橋)の世界を一緒にダンスで体験したい」という熱意にも心を動かされた。 もともと「引退後に趣味でやりたい」というほどアイスダンスが好き。 高橋は「もっと身長が高い人、スケートがうまい人、もともとダンスの人と組んだほうが世界のトップにいけるのに、とちゅうちょした。 何カ月かたっても、カナちゃん(村元)が『やりたい』と言ってくれて。 そんなに言ってくれるなら」と転向を決断した。 日本フィギュア界にとっても、視野が広がる選択だ。 日本は男女シングルの人気が高く、アイスダンス、ペアはまだ競技人口も少ない。 高橋は「興味を持つ人が増えるといい。 日本はシングルで上にいけないからカップル(種目)という感覚があるかもしれないが、海外は違う。 カップルを目指してやることが引け目じゃなく(最初に)ダンスからやるとなったらいい」とした。 日本は五輪で06年トリノ大会から4大会連続でシングルのメダルを獲得。 しかし団体ではシングルは上位も、アイスダンス、ペアの選手層が薄く、表彰台を逃している。 高橋、村元組は未知数ではあるが団体メダルの鍵を握る存在となるかもしれない。 10カ国が、男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目の順位点の合計で争う。 ショートプログラム、ショートダンスで1位から10位までに10~1点が与えられ、合計の上位5チームがフリーの決勝に進む。 順位は予選と決勝の合計得点で決まる。 日本は14年ソチ五輪、18年平昌五輪ともに決勝に進出したが、2大会連続5位でメダルを逃した。 5歳でスケートを始める。 女子シングルで11、12年は全日本選手権10位。 14年からアイスダンスに転向。 クリス・リードと組んで平昌五輪15位。 18年4大陸選手権銅メダル。 リードとのコンビは18年8月に解消した。 身長161センチ。 photo• スポーツ 北海道科学大高バレー部練習再開「日本一へ頑張る」 []• バレーボール [6月13日 20:09]• フィギュア [6月13日 20:09]• バレーボール [6月13日 19:16]• バスケットボール [6月13日 18:35]• フィギュア [6月13日 17:41]• 東京オリンピック2020 [6月13日 15:45]• 東京オリンピック2020 [6月13日 11:46]• モーター [6月13日 11:00]• スポーツ [6月13日 8:58]• スポーツ [6月13日 8:58]• テニス 錦織らの提案は却下か…テニス再始動へ難題山積み []• テニス [6月13日 8:42]• テニス [6月11日 8:26]• テニス [6月11日 7:44]• 東京オリンピック2020 [6月9日 22:28]• テニス [6月9日 11:01]• テニス [6月7日 8:36]• テニス [6月6日 8:30]• 東京オリンピック2020 [6月5日 18:37]• テニス [6月5日 5:42]• テニス [5月31日 15:13]• 陸上 男子マラソン大迫傑「できることは探せる」高校生に []• 陸上 [6月13日 0:24]• 陸上 [6月12日 21:14]• 陸上 [6月12日 21:14]• 陸上 [6月12日 20:47]• 陸上 [6月12日 16:49]• 陸上 [6月12日 10:36]• 陸上 [6月11日 19:10]• 陸上 [6月11日 10:26]• 陸上 [6月10日 13:08]• 陸上 [6月9日 20:00]• フィギュア フィギュア強化部長に竹内洋輔氏就任、24日承認へ []• フィギュア [6月13日 20:09]• フィギュア [6月13日 17:41]• フィギュア [6月11日 15:59]• フィギュア [6月9日 8:58]• フィギュア [6月6日 11:01]• フィギュア [6月5日 13:57]• フィギュア [6月1日 19:20]• フィギュア [6月1日 0:26]• フィギュア [5月30日 10:54]• フィギュア [5月28日 11:01]• バレー 北海道科学大高バレー部練習再開「日本一へ頑張る」 []• バレーボール [6月13日 20:09]• バレーボール [6月13日 19:16]• バレーボール [6月11日 19:45]• バレーボール [6月11日 13:45]• バレーボール [6月10日 18:12]• バレーボール [6月2日 19:29]• バレーボール [6月2日 8:26]• バレーボール [5月30日 11:09]• バレーボール [5月24日 16:00]• ラグビー [5月23日 15:05]• バスケ 新潟ラビッツ菅原「タイプ違うが」主将代役がけん引 []• バスケットボール [6月13日 18:35]• 東京オリンピック2020 [6月13日 8:36]• バスケットボール [6月13日 8:23]• 東京オリンピック2020 [6月13日 8:01]• バスケットボール [6月13日 7:49]• バスケットボール [6月12日 17:57]• バスケットボール [6月12日 13:05]• バスケットボール [6月12日 12:33]• バスケットボール [6月11日 17:54]• バスケットボール [6月11日 13:07]•

次の

「高橋大輔」 ブログ検索 皆声.jp

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

先日、「氷艶」第2弾「月明かりの如く」を観劇してきた。 先行抽選予約で張り切ってチケット予約し、きっと外れるだろうと複数枠応募したものが全て当選。 しかも当日券も出るという…。 もしや、売れていないのか…?と一抹の不安を覚えたが、断言する。 これを見逃した人は、大きな悔いを背負った。 確かに、安い料金ではない。 しかしアリーナ席23,000円+手数料で23,810円を払ったとしても、これは絶対に観るべき作品だった。 (追記:複数当選はあったが、実際公演は連日ほぼ満員、日によっては当日券を買えないほどの人が会場に押しかけたようだ。 ) 実は筆者も、芝居と歌を齧っている。 合唱団の一員として1,500人レベルのホールで歌ったこともあるし、300人レベルの舞台で芝居を打ったこともある。 その程度と言えばその程度だが、舞台経験がある者からすると横浜アリーナという「舞台」は、正直わけがわからない。 一万人レベルの収容人数に、十間どころの話ではない舞台。 極めつけが「正面がない」こと。 そんな舞台でどうやって芝居をみせればいいのか、はっきり言って見当がつかない。 もちろん、スケーター達はあの舞台でスケートの演技をすることには慣れているだろう。 そういう意味では、芝居人たちよりも「正面がない」ことへの抵抗はなかったかもしれないが、主演 高橋大輔選手はあの舞台で初めて演技をして、初めて歌を披露したのである。 しかもそれがちゃんと成り立っていたのだ。 最早化け物と言っていいレベルだ。 きっと台詞があるであろうことは開演前から予想していた。 しかし、以前バラエティ番組で見せた即興芝居から、「臭い芝居」か「棒読み」になるのでは、と思っていた。 そう、 「高橋大輔」という人を侮っていた自分を大いに反省したい! 純粋に芝居人として観るならば、滑舌や発声など改善できる箇所はあるだろう。 だが、ではそれらがしっかりできる人があそこまでの滑りをできるだろうか。 そう、彼は現在世界で唯一の存在に、再びなったのだ。 かつて 「世界一のステップ」と言われた高橋大輔選手が、世界唯一の表現者に。 それには、競技への復帰も大きく寄与しているだろう。 「変態ステップ」の呼び声高い名プログラム「マンボ」を「前よりいいかも」というレベルまで自分を押し上げた努力には脱帽する。 流石の足裁き、身体のキレと身体的表現力で全ての観客を魅了した。 殺陣や郡舞ももちろん素晴らしかったが、筆者はやはりソロで舞う終盤の滑りに心を打たれた。 昨シーズン終了後に出た「生涯現役」という言葉をどう捉えるか、少し受け取りが難しかったのだが、今回のパンフレットにある宮本亜門氏との対談と、この舞台での演技を観てすとんと腑に落ちた。 表現者として生涯現役を貫き、表現の為になることは何でもやる。 その貪欲な探求心が、この氷艶を成功に導いたのだろう。 そしてそれは後輩たちへの強烈な着火材でもあると思う。 片手間ではなく、全力ですべてに取り組む先輩。 この32歳に現役選手達は、負けてはいられないだろう。 滑りのキレという意味では、織田信成さんにも言及したい。 プロに転向してから四回転を跳んだ織田さんは、彼のキャラクターを存分に活かした悪役を開拓していた。 パンフレットには「新しい織田信成を」と書いてあったが、筆者の目には織田さんらしい悪役で、楽しく演じているのが見て取れて非常に好感度が高かった。 出番こそ高橋選手に比べれば少なかったが、主役以外で唯一空を飛び、大きなインパクトを残してくれた。 出番が少なくて残念だったのが鈴木明子さんだ。 光源氏の異母兄、朱雀帝の妻を演じた鈴木さんは現役時代からの安定した表現力で難しい役所を滑りで魅せてくれた。 前回の氷艶で悪役を開拓した 荒川静香さんは、堂に入った悪役ぶりが見事だった。 オリンピックや現役、引退後もあれほど華麗だったイナバウアーが、華麗は華麗なのだがなんとも禍々しい雰囲気を醸し出し、最高の悪っぷりであった。 (余談だが筆者はこのイナバウアーを見て「ワンピース」のハンコックを思い出した) 今回スケーターでは唯一貴族ではなく海賊を演じた 村上佳菜子さんは、素直な演技が好感だった。 パンフレットによると今後芝居にも興味があるとのこと。 今回はいささか素直すぎる歌と芝居だったが、伸びしろは非常に大きそうなので、今後の活躍に期待したい。 そして今回サプライズのキャスティングは、やはり海外スケーターの2人だろう。 ステファン・ランビエールさんは高橋選手の一度目の現役時代にライバルとして多く戦ってきたスケーターで、その関係性が役の上でも非常に活きていた。 個人的にステファンさんは悪役に見えない!と思いながら観ていたので、納得の納め方でもあり、そのような演技でもあった。 もう1人の海外スケーター、 ユリア・リプニツカヤさんは久しぶりにスケート姿を見たが、キャンドルスピンも健在で、何よりその可憐さが際立っていた。 ロシア広しといえど、紫の上をあの可愛らしさ、可憐さで演じられるのは彼女とシニアに上がったばかりのコストルナヤ選手くらいではないだろうか。 (コストルナヤ選手は年齢の割に大人びているので妖艶寄りかもしれないが。。。 )(あ、でもラジオノワ選手も、もう少し活発な紫の上ができそうである。 ) 役者陣に話を移すと、まず 本当に驚いたのが福士誠治さん。 観劇している時はてっきりスケート経験者だとばかり思っていたが、今回の稽古がほとんど初めてのスケートとのこと。 福士さんは以前ドラマ「のだめカンタービレ」の黒木役で、そこでも難しいオーボエを随分吹きこなしていたと聞いたが、その役作り、芝居に向かう真摯な姿勢がここでも大いに発揮されたようだ。 終始安定した演技力とスケート力で光源氏を支え、芝居とスケートを繋ぐ大きな架け橋となっていた。 それから 平原綾香さん。 筆者は前述のとおり歌も齧っているが、 氷上であの歌唱力はもう意味不明レベルだ。 彼女も相当な努力家であり、出演が決まってからはほぼ毎日、多いときには5時間も氷に乗っていたというから、早い段階からスケート靴のあの細いブレードでも重心を安定させる術を体得したのだろう。 それは 元タカラジェンヌの柚希礼音さんにも言える。 彼女の力強い歌声、広い場所で遠くの相手まで届けるパフォーマンスは圧巻だった。 時間の関係だろうが、「男として育った女」という設定を活かしきるにはあっさりした展開だったのが少し消化不良でもったいなかった。 そして、 西岡徳馬さん。 あの貫禄のある大俳優がカンパニーに加わったことで舞台全体が非常に締まったように思う。 個人的には以前年末のバラエティ番組で大変身体を張った笑いを提供してくれたことが強く印象に残っているのだが、御年72歳にして新しいことに挑戦する意欲に感服である。 そういった意味では高橋選手と通ずるものがあったのかもしれない。 あまり多くの共演シーンはなかったが、カーテンコールなどで良好な関係性が伺えた。 今回興味深く観ていたことの一つに、 アンサンブルの存在もある。 アイスダンスの現役である村元哉中選手を始め、スケート経験者も多くいたようだが、明らかにフィギュアスケート用ではないブレードの出演者もいた。 それぞれがそれぞれの得意分野を持ち寄り、さらに新しいことに挑戦するという姿勢がアンサンブルにも徹底されていたようで、そのことがあれだけ一体感のある全体の作品を作り上げたのだと思う。 それだけのまとまりを作った 座長 高橋大輔選手と、そしてそれを導いた演出家 宮本亜門氏の手腕に最大級の讃辞を送りたい。 ただ一つだけ残念だった点を挙げるとすれば、上演中のお客さんの出入りで扉からかなり光が漏れていたこと。 横浜アリーナという会場を考えれば致し方のないことではあるが、できれば扉の外側に暗幕を垂らすなどの一工夫があれば、文句なしであったと思う。 しかし全体として、とにかく本当に素晴らしい作品だった。 アイスショーでもなく、舞台でもなく、適当な言葉が見つからない、そんな新ジャンルを見事に軌道に乗せたように思う。 また同じ演者を揃えることは至難だとは思うが、再演、そして海外公演の実現を切に願っている。 次なる展開がどうなるか、非常に楽しみに待ちたい。 追記:なお、この公演の様子は9月1日 日 にBS日テレで12:05〜、10月5日 土 、10月26日 土 にはCS日テレプラスにてTV放映されるとのこと。 未見の人はもちろん、会場で見た人も必見だ。

次の