約 ネバ 実写 化。 約ネバ(実写)キャストを比較&予想!イザベラやクローネは誰?|LifeNews Media

「約ネバ」が海外実写ドラマ化

約 ネバ 実写 化

人気漫画『約束のネバーランド』(公式略称:約ネバ 原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)が海外実写ドラマ化(英語版)されることが11日、集英社より発表された。 プロジェクトが始動し、監督を『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018年)でアカデミー最優秀長編アニメーション賞を受賞したロドニー・ロスマン氏、プロデューサーをドラマ『HEROES』(06〜10年)シリーズ出演やドラマ『Death Note/デスノート』(2017年、Netflix配信)を制作したマシ・オカ氏が担当。 制作はヒットドラマを多数生み出してきたFox21、配信はAmazon Prime Videoで行う。 原作漫画は2016年8月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートし、連載誌では今、最終章のクライマックスを迎えているが、海外ドラマ化の発表とともに、6月上旬の既刊コミックス重版(1〜18巻)により、全世界での累計発行部数が2100万部(電子版含む)を突破したことがわかった。 あわせて、7月3日に発売される最新19巻の表紙が初公開された。 同作は、孤児院で平穏に暮らす少年少女たちが、孤児院が自分たちのことを「『鬼』の食用として育てている」という秘密を知り、脱獄を計画するファンタジー。 主人公のエマを中心に、孤児院で育てられた子どもたちが過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていくストーリーや、読み応えのある心理戦などのサスペンス要素や迫力のあるアクションシーンが人気を博している。 『このがすごい!2018 オトコ編1位』(宝島社)や『第63回小学館漫画賞』少年向け部門など、さまざまな賞を受賞。 12月18日には浜辺美波主演で実写映画の公開、テレビアニメが19年1月に放送され、来年1月に第2期の放送が控えている。 なお、『週刊少年ジャンプ』作品の海外ドラマ化作品は、『デスノート』(2017年、Netflix配信作品)や『ONE PIECE』(ハリウッド実写ドラマ版:Netflix 配信日未定)などがある。 外部サイト.

次の

実写『約束のネバーランド』キャストなど映画最新情報【まとめ】

約 ネバ 実写 化

「これ以上無いキャスティングが実現しました」 同作は孤児院で育てられた子どもたちが残酷な運命に抗う脱獄サスペンス。 実写映画公式サイトによると、女優の浜辺美波さんが演じる「エマ」をはじめ3人の主人公が、ある出来事をきっかけに、自分たちが幸せに暮らしていた孤児院の正体が「鬼に献上する食用児を育てる農園」だと知ることから、物語は大きく動き出す。 作中では孤児を「鬼のもとへ食糧として送り出す」ことを「出荷」と呼ぶのだが、この点について実写映画化で、ある変更が加えられた。 「原作では孤児たちが出荷される年齢が12歳だったのを、映画では16歳に引き上げることで、深みのあるキャラクターを演じることができる俳優が集まり、これ以上無いキャスティングが実現しました」(公式サイトより抜粋) これを受け、ファンたちが 「12歳から16歳に引き上げるってあり得ないから 世界観崩れるわ」 「約束のネバーランドのキモって『子供達が如何に知恵を絞って大人に立ち向かうか』だから、実写化で年齢を16歳に上げるのは論外でしょ」 「約束のネバーランド実写化... 16歳の肉は固そうだなぁ... 」 と、相次いで「世界観が崩れる」という趣旨の嘆きをツイートした。 「ハリー・ポッター」という成功例があるが... モデルのJOYさんもツイッターを更新し、 「約束のネバーランド実写化は年齢設定変わっちゃうのかーー。。 それって結構大事な部分だと思うんだけども!! あの年齢の子達が大人とかに立ち向かってくが故の面白さだと思っていたし、その世界観が崩れずに良いものが完成する事に期待するしかない」 と動揺を滲ませていた。 公式サイトの「16歳に引き上げることで深みのあるキャラクターを演じることができる俳優が集まり... 」という見解に反論し、「子役には無理だと言うけれどハリポタという大成功した前例があるじゃないか」、「ハリーポッターの映画化のときはちゃんと設定に合わせた子役がメインで使われてたのに、約束のネバーランド実写化は原作の設定を変更してまで若手役者を使うの、邦画の限界って感じする」と、映画「ハリー・ポッター」を例に挙げてツイートし、原作キャラクターの年齢に合わせた子役のキャスティングを希望するファンもいた。

次の

映画『約束のネバーランド』浜辺美波主演で実写化、週刊少年ジャンプ連載“異色”の脱獄サスペンス

約 ネバ 実写 化

先日、6月15日に『週刊少年ジャンプ』の連載を終了した原作・白井カイウ、作画・出水ぽすかによる大ヒット漫画『約束のネバーランド』が、Fox 21により英語版で実写TVドラマ化されることが決定した。 『約束のネバーランド』19巻 そしてここ数年、そんな日本のコンテンツがハリウッドで実写化される企画が、10年前に比べ圧倒的に増えた。 その背景にはどんな理由があるのか? 今回は、特に日本の漫画やアニメをもとにハリウッドで企画されている映画と、企画倒れになった作品を通して、その理由を検証してきたい。 もっとも、ここ日本映画自体が漫画やアニメの実写化の傾向が多く、2018年には漫画を原作とした日本映画が、ほぼ毎週のように公開されていたほどだ。 なぜ、これほどまで増えたかと言うと、ここ10年間で漫画からの映像化が難しいと言われてきたハードルが、映像の技術的な面での躍進を経て、難なく乗り越えられたのが一つの大きな要因としてあるようだ。 つまり、映像的にも原作の漫画に劣らぬ技術を高めてきたということだ。 ハリウッドの大作を多く手がけるニュージーランドでピーター・ジャクソン監督が率いるVFXの制作会社、WETA Digitalでは、10年前は1年に2、3本のハリウッド作品に関わっていたものの、現在はその3、4倍の作品に毎年関わっていて、アメコミ作品の中でも、『X-MEN』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズ、『アイアンマン』、『デッドプール』などを手掛けてきた。 さらに、ジョージ・ルーカス監督のVFX制作会社、インダストリアル・ライト&マジックは、カリフォルニア州のサンフランシスコの本社だけでなく、シンガポール、カナダのバンクーバー、イギリスのロンドンにも支社を置き、世界的な展開を果たしていて、日本の漫画のキャラクターも登場した『レディ・プレイヤー1』、『ドクター・ストレンジ』、『キャプテン・マーベル』などのアメコミ作品に携わった。 一方日本では、映画『キングダム』、『BLEACH』を手掛けたVFX制作会社・白組、『宇宙兄弟』、『るろうに剣心』を手掛けたオムニバス・ジャパン、『鋼の錬金術師』、『アルキメデスの大戦』を手掛けたピクチャーエレメントなどが台頭してきた。 要するに、多くのスタジオが、これらのVFX制作会社に技術的な信頼を置くようになった。 次に大きな原因となるのは、オンライン動画配信サービスのNetflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオの成功だ。 これらのオンライン動画配信サービス会社を通して、何巻にも渡る漫画を2時間の映画で無理に描くのではなく、時間をかけて原作に忠実にTVシリーズとしても描けることから、漫画の著作権を保有する原作者や日本の会社から実写化への許可が降りやすくなったこともあるだろう。

次の