プレミアムハナハナ。 プレミアムハナハナ‐30

僕の大好きなハナハナはいつまで打てるの?

プレミアムハナハナ

・成立役:スイカ 左リール枠内スイカ停止時、中・右リールは白7を目安にスイカを狙っていく。 中リールは白7のすぐ下にあるので問題ないが、右リールは白7の3つ下にスイカがあるので、枠上に白7を止める感覚で狙っていく。 右リール黒バーを目安に狙っていく場合は、黒バーが通り過ぎた後に押す。 黒バーの4つ上にスイカがある BIG中の打ち方 左右のサイドランプ点滅時 今作は赤緑に光る に、通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。 その他は全リール適当打ち。 REG中の打ち方 フリー打ちで取りこぼしはないが、以下の手順を1度だけやることにより設定示唆を見ることが出来るので、REG中は可能な限り挑戦してみましょう。 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、プレミアムハナハナの設定示唆や判別方法をお伝えしてきます。 情報が出てきて新たな判別方法が見つかった際には更新します。 REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい 最近のシリーズと同様にREG中の技術介入を成功させることにより、ランプ示唆はどうやら変わってないようですね。 レインボーは未だに見たことはありませんが、どうせ打つのであればREGではしっかりと技術介入を成功させて出たらラッキー程度で覚えておきましょう! 3. ボーナス終了時のスポットライト 歴代のシリーズでは「パネルフラッシュ」がメインとなり、2018年に発売されたツインドラゴンハナハナでは「龍玉ランプ」に変わりました。 そして今作ではライトアップがテーマということで「スポットライト」の色に注目。 まだ確定情報ではありませんが、色別の示唆などは前作と同様の可能性があるので、前作の内容を載せておきますね。 朝一のリセット判別 朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。 筐体の作りやシリーズによっては中々見分けがつかないこともあるかもしれませんが、今作でも微妙な違いがある可能性も高いです。 関連記事も合わせてご覧ください 当サイトおすすめ!!

次の

プレミアムハナハナ 設定判別・打ち方・解析まとめ

プレミアムハナハナ

・成立役:スイカ 左リール枠内スイカ停止時、中・右リールは白7を目安にスイカを狙っていく。 中リールは白7のすぐ下にあるので問題ないが、右リールは白7の3つ下にスイカがあるので、枠上に白7を止める感覚で狙っていく。 右リール黒バーを目安に狙っていく場合は、黒バーが通り過ぎた後に押す。 黒バーの4つ上にスイカがある BIG中の打ち方 左右のサイドランプ点滅時 今作は赤緑に光る に、通常時と同じ打ち方でチェリー・スイカを取得する。 その他は全リール適当打ち。 REG中の打ち方 フリー打ちで取りこぼしはないが、以下の手順を1度だけやることにより設定示唆を見ることが出来るので、REG中は可能な限り挑戦してみましょう。 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、プレミアムハナハナの設定示唆や判別方法をお伝えしてきます。 情報が出てきて新たな判別方法が見つかった際には更新します。 REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい 最近のシリーズと同様にREG中の技術介入を成功させることにより、ランプ示唆はどうやら変わってないようですね。 レインボーは未だに見たことはありませんが、どうせ打つのであればREGではしっかりと技術介入を成功させて出たらラッキー程度で覚えておきましょう! 3. ボーナス終了時のスポットライト 歴代のシリーズでは「パネルフラッシュ」がメインとなり、2018年に発売されたツインドラゴンハナハナでは「龍玉ランプ」に変わりました。 そして今作ではライトアップがテーマということで「スポットライト」の色に注目。 まだ確定情報ではありませんが、色別の示唆などは前作と同様の可能性があるので、前作の内容を載せておきますね。 朝一のリセット判別 朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。 筐体の作りやシリーズによっては中々見分けがつかないこともあるかもしれませんが、今作でも微妙な違いがある可能性も高いです。 関連記事も合わせてご覧ください 当サイトおすすめ!!

次の

プレミアムハナハナ パチスロ スロット

プレミアムハナハナ

設定判別ポイント 高設定ほどボーナスが当たりやすい• まとめ プレハナの設定判別のコツは、 まずは ボーナス確率ですね。 他のノーマルタイプはREGに設定差が 強い台が多いですが、ハナハナは違います。 BIGにも大きな差があるため、 REGが引けなくてもあまり気にしなくてOK。 これも重要です。 ハナハナシリーズはほとんど 解析値が出ないため、実践値が参考になるかと。 ツイドラから確定演出が増えたため、 従来のハナハナよりも判別速度は 早くなるかもしれませんね。 ジャグラーとは違い、ハナハナは• 高設定のスペックが高い• 設定示唆内容が豊富• 設定状況が良い このことから設定狙いにも向いています。 以上、「 プレミアムハナハナの設定判別まとめ」記事でした!•

次の