爆破属性 アイスボーン。 【MHWアイスボーン】覚醒武器は攻撃or属性全振りか、切れ味強化で紫運用のどちらが強い?

【アイスボーン】爆破属性の効果と武器一覧【モンハンワールド(MHW)】

爆破属性 アイスボーン

爆破属性の特徴 気を取り直しておさらい。 爆破は状態異常の一種。 爆破エフェクトが発生した時、蓄積値がたまる。 爆破エフェクトは33%くらいの確率で発生する。 蓄積値が耐性値を超えたとき、その部位に爆破ダメージが発生する。 耐性値は爆破が起きるたびに上昇する。 (爆破しづらくなっていく)• 爆破ダメージはマスターランク300で固定。 (スキルは影響しない。 一部のモンスターに例外あり)• 爆破ダメージにはひるみ判定と部位破壊判定がある。 爆破ダメージは一瞬で発生し、クールタイムはない(多分) 以下、今回の条件。 ディオススマッシャーII(スラアク)使用。 爆破属性強化なし。 爆破回数と攻撃回数は録画して目視で計測。 爆破属性480という今作屈指の爆破スラアクでチェック! 前回の結果 冥灯 爆240 で 爆破7回 攻撃32回(840ダメ 一発あたり26. 爆破5回 攻撃84回(1500ダメ 一発あたり18ダメージ)ということで、 ダメージ自体はかなり強化されているように思う。 一方で、冥灯の2倍の属性値があるにも関わらず 爆破回数は5回に収まった。 ぼくが下手くそなのを差し置いてもこれはおかしい。 クシャルダオラの爆破耐性も一緒に上がっていると考えるのが妥当かもしれない。 弱点属性で殴った場合と比較してみよう 参考までに、クシャの弱点属性である雷スラアクで殴った場合と比較してみたい。 物理性能はどちらも攻撃力875で白ゲージである。 ディオススマッシャーII 前足に斧横斬り:24 頭部に斧切り上げ:61 迅雷の剣斧II(雷450) 前足に斧横斬り:32 頭部に斧切り上げ:71 ということで、一発あたり8~10(平均9)の差が発生することになる。 一回の爆破ダメージ300を稼ごうと思うと、33回多く殴る必要があるわけだ。 上記の検証結果の範囲内だけで考えると、5回爆破が起きたので150回多く殴らなければならない。 結論 ん…? 結構強くなったのでは…?? 爆破が発生するたびに耐性が付いていくことを考えると上記の検証結果をそのまま受け取ることはできないけども、弱点属性にも見劣りしなさそうなことはわかった。 前回の繰り返しになるが、爆破属性のメリットは以下のようになると思う。 どちらかというとソロ向け。 適当に殴っていても、ある程度まとまったダメージが得られる。 モーション値が低い攻撃によっても発生させることができる。 斬肉質が硬い部分を部位破壊しやすい(そこで爆破が起きれば)。 爆破が起きた時の「ひるみ」でチャンスを作りやすい。 脚で爆破が起きれば高確率で転がすことができる。 クールタイムがない(毒、麻痺は効果中に状態異常値が蓄積しない)。 オトモや猟虫によるダメージの底上げにもいい。 爆破が起きると部位破壊が起きやすく、まとまったダメージによるひるみも得られるのは体感としてある。 狙って発生させられないのはやはり使いづらいんだけども、ソロなら活躍できそうな気がする。 スキルが出揃って属性特化できるようになったり、武器種によっては変わってくると思うけども。

次の

【アイスボーン】爆破ダメージちょっと検証

爆破属性 アイスボーン

こちらの記事もおすすめ! ・ ・ ・ ・ はじめに:切れ味によるダメージ補正 白ゲージ:物理ダメージ1. 32倍 属性ダメージ1. 15倍 紫ゲージ:物理ダメージ1. 39倍 属性ダメージ1. 25倍 白ゲージから紫ゲージでのダメージアップは物理だとあまり差が見られない事が分かります。 その為、今作では物理特化の場合、紫ゲージのメリットが少ないと言えます。 その為、属性武器ならば切れ味を上げるメリットが見られます。 爆破属性での比較 よく作成されるであろう攻撃力強化65555と攻撃力強化655+切れ味強化55を比較しました。 攻撃65555の場合は白ゲージ40 攻撃655切れ味55の場合は紫ゲージ20 両者共に同じスキルでの比較とします。 武器は爆破属性と考えて、物理ダメージでの比較をしています。 攻撃65555 白ゲージ : 100 攻撃655切れ味55 紫ゲージ : 100 となり、この時点ではどちらも ダメージの期待値が同じになりました。 その為、上記のスキルやバフでは 白ゲージが長い攻撃力特化の方が強いと言えます。 次に上記の条件に、フルチャージ3 +20 を発動した場合 攻撃65555 白ゲージ : 104 攻撃655切れ味55 紫ゲージ : 105 となり、この時点で紫ゲージのある切れ味55付きの方が強くなりました。 種、粉塵、鬼人薬、猫飯、攻撃7、挑戦者5、フルチャ3辺りの攻撃力加算があれば、白ゲージよりも紫ゲージの方が火力は高くなります。 しかし紫ゲージが切れたり、バフが切れたら攻撃力特化よりも期待値が下がる事が多いです。 火属性での比較 次に属性武器での比較です。 属性強化65555の場合は白ゲージ40 属性強化655切れ味55の場合は紫ゲージ20 両者共に同じスキルでの比較。 武器は火属性。 属性強化65555 白ゲージ : 105 属性強化655切れ味55 紫ゲージ : 107 となり、属性武器の場合は紫ゲージによる恩恵が大きくなります。 まとめ ・物理ダメージ特化なら、覚醒能力で紫ゲージを出すよりも、攻撃力特化の白ゲージの方が強い ・属性攻撃強化スキルを発動させ、覚醒能力を属性強化にした場合は紫ゲージの方がダメージ期待値が高い 今回の記事は あくまでシミュレーションの一例なので、参考程度にしてもらえれば幸いです。 スキルやアイテムの使用によってダメージは変化しますし、切れ味を維持できるかどうかでもダメージ期待値は変わります。 その為、シミュレーションでの数字だけでなく、 実際に使用してみてカスタマイズしていくのがベストだと思います。

次の

【アイスボーン】爆破ダメージちょっと検証

爆破属性 アイスボーン

アイスボーンの覚醒武器とは アイスボーンの覚醒武器とは、ゼノジーヴァの成体となる『赤龍 ムフェト・ジーヴァ』を討伐するとゲットできる特殊な武器となります。 覚醒武器を入手すると同時に鑑定が行われ、覚醒武器の武器種や付属する属性、武器に付いてくる覚醒能力が決まります。 覚醒武器は全武器種存在しますが、攻撃力や属性値は武器種ごとに固定となり覚醒能力も自由に入れ替えできるので、厳選は意外と楽です。 アイスボーンの覚醒武器が強すぎると思う2つのポイント 続いてアイスボーンの覚醒武器が強すぎると思う2つのポイントをまとめていきます。 覚醒能力でカスタマイズの自由度が高い アイスボーンの覚醒武器は強化することで覚醒能力を得ることができ、最大5つまで覚醒能力を付与することができます。 付与できる覚醒能力には、大きく分けると以下8つがあります。 攻撃力強化• 属性 状態異常 強化• 防御力強化• 切れ味強化• 会心率強化• スロット強化• シリーズスキル 1枠分扱い• 武器ごとの個別能力 狩猟笛の旋律変更やガンランスの砲撃タイプの変更など ステータスアップや切れ味ゲージの上昇などはもちろん、シリーズスキルや武器ごとの個別能力の変更などもできるので、カスタマイズ性はかなり高いです。 自分の好みに合わせて武器をアレンジできるので、ハンターの数だけ様々な覚醒武器が生まれそうですね。 カスタム強化も可能 覚醒武器は覚醒能力の付与に加えて、通常の武器と同じくカスタム強化も可能です。 覚醒武器はレア度12なのでカスタム枠は少ないですが、それでも強力な武器を作り上げられるということは説明するまでもないでしょう。 【アイスボーン史上最強?】今回作った覚醒武器大剣の装備一覧がこちら それでは今回僕が作った覚醒武器大剣の装備一覧を紹介していきます。 達人芸大剣 まず1つ目が覚醒武器を用いた達人芸大剣です。 達人芸• 見切り Lv7• 挑戦者 Lv5• 体力増強 Lv3• 超会心 Lv3• 弱点特攻 LV3• 集中 Lv3• 攻撃 Lv2• 爆破属性強化 Lv2• 熱ダメージ無効• 力の開放 Lv1• 精霊の加護 Lv1• ひるみ軽減 Lv1 まとめ こちらの装備は攻撃力もさることながら、達人芸を採用しているので切れ味がなかなか落ちにくいのがポイントです。 大剣の覚醒武器である赤龍ノ断ツ剣・爆破がデフォルトで紫ゲージまであるので、匠を積む必要もありません。 達人芸のおかげでほとんど砥石を使用しないので正直かなり快適です。 冰気錬成大剣 続いて冰気錬成を用いた大剣装備を紹介します。 武器ステータス 上記と同じ。 冰気錬成• 見切り Lv7• 超会心 Lv3• 弱点特攻 Lv3• 集中 Lv3• 抜刀術【技】 Lv3• 体力増強 Lv2• 精霊の加護 Lv2• ひるみ軽減 Lv2• 体術 Lv1• 納刀術 Lv1• 整備 Lv1 まとめ こちらの装備では冰気錬成を採用しているので、従来の大剣の立ち回りで強烈なダメージを与えていけます。 覚醒武器は達人芸大剣のものと全く同じものを採用していますが、覚醒能力の攻撃力強化を外して切れ味強化を付けてやれば、紫ゲージを維持しやすくなります。 また、シリーズスキルの冰気錬成をこの覚醒武器に装備させればラヴィーナ装備を一つ外すことができるので更に可能性は広がります。 まとめ:これからしばらくは覚醒武器一択の時代が続きそう 今回はモンハンワールドアイスボーンの覚醒武器について、その強さと装備紹介をまとめてみました。 覚醒武器の登場でかなり装備のバリュエーションは増えたので、いろんなスキルの組み合わせを試して自分に合ったものを見つけ出したいですね。 ただ、おそらく今後は覚醒武器使いばかりになるので、武器の見た目が被るのだけはネックかな…。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の