追手 門 学院 大学 キャンパス スクエア。 追手門学院大学(茨木安威キャンパス)の学生マンション特集|学生マンション賃貸のユニライフ

追手門学院大学

追手 門 学院 大学 キャンパス スクエア

昨年5月に公表された学校法人追手門学院の新キャンパス計画は、東芝大阪工場跡地(大阪府茨木市)の内、約64,400平方メートルを確保し、近くにある追手門学院大学(以下、大学)の地域創造学部と国際教養学部の移転と全学部1年次生を対象とした初年次教育の拠点化、追手門学院中・高等学校(以下、中・高)の全面移転を行うもの。 新キャンパスには大学生約3,600人、中・高生約1,200人、教職員も含めると約5,000人が集う見込みで、2019年4月の開設を目指している。 新キャンパスは2018年春開業予定のJR総持寺駅から徒歩約10分、大学と中・高のある現在の茨木キャンパスから2キロほどの所に位置している。 2キャンパスを一体的に運用することで学生の利便性を向上させるほか、大学の図書館などの施設を一般開放するなど、地域の防災・交流拠点の創出、新しい教育・研究の実践の場を実現し、北摂地区における一大文教地区を誕生させる。 新キャンパスでは、知識基盤社会への転換が進む現代に対応した新しい学びを実現する校舎を大学、中・高ともに建設。 追手門学院では、校舎を単なる閉鎖的な教室の集合体ではなく新たな学びの空間と捉え、「いつでもどこでも『学びあい、教えあい』・『自ら学ぶ』」という学生・生徒の主体的な学びを促進するため、廊下や開放的な図書館など教室外でも学び議論のできる空間を校舎全体で創出する。 otemon. (1)大学 校舎 鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造5階建 ・教室や自習室に限らない、いつでもどこでも学べる教育環境 ・図書に囲まれた学習空間の創出 ・建物外でも学べる空間づくり 大学の校舎は鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階建1棟で、2018年の追手門学院創立130周年にちなみ1辺が130メートルの正三角形を基調とした、新教育を象徴する逆三角錐のデザイン。 甲子園球場に相当する規模で、他に例を見ない校舎である。 1階は自習や発表の場を兼ねた1,000人規模のホール、学生との議論や教員同士での議論ができるラーニングスペースなど。 図書館は3階と3. 5階の中央部で、それを囲むように中小の教室を配置する。 10万冊を配架し、3階は議論もできる図書室、3. 5階は静かに自習する図書室とし、構想段階ではあるが、図書館外の壁面にも図書を並べて100万冊の図書に囲まれた学習空間の創出を検討している。 また、通常の3倍にあたる3. 8メートル幅の廊下にもデスクを置き、Wi-Fi環境を完備する。 (2)中・高等学校 校舎 鉄筋コンクリート造4階建 ・未来の教育を見通した「新たな学び」=「授業+3つの学び方(個別型・協働型・プロジェクト型)」を校舎全体で実現 ・多用な力を伸ばす「新たな学び方」に応じてアレンジできる学習スペース ・図書スペースを1階から4階の各階に配置 中・高等学校の校舎は鉄筋コンクリート造地上4階建で、曲線を基調としたデザイン。 「脱教室」「脱図書室」をテーマに各階に図書スペースを設けたほか、自習にも利用できるラーニングスペースを囲んで5つの教室を配置する。 学びに応じて教室と自習スペースの間の仕切りを取り外して、一体的に使用することも可能。 生徒の多様な力を伸ばす「新たな学び方」に応じて「教室の形」を変えることができるようになっている。

次の

追手門学院大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

追手 門 学院 大学 キャンパス スクエア

Q 佛大の教育学部教育学科と、京女の発達教育学部教育学専攻に合格しました。 しかし、どちらの方がいいかとても悩んでおります。 最終的に決めるのは自分ですが、在学生・卒業生の方々などがいらっしゃれば何かアドバイス等お願いします。 ちなみに、佛大は前期A日程で合格しており、キープしてある状態です。 京女は後期で合格しました。 (郵送はまだなんですが、ネット発表を見ると合格してるようです) しかし、それぞれの大学に対して不安があります。 佛大:附属学校は華頂女子ですが、内部進学者はそんなに多くなくほぼ初めての顔合わせ状態ではないかと思います。 しかし、共学なので…。 今まで共学校で過ごしたにもかかわらず、男子が苦手で、男子が固まっているところに入るのは少し怖いなぁと思います。 (女性で分かってくださる方いますよね!?) 京女:内部進学者が多いので、すでにあるグループに入り込むのは難しいし、大変ではないかなぁと思います。 あと、女子大は就職が難しいとよく聞きます。 交通などは考えずに、それぞれの学校のことを教えてくださればありがたいです。 よろしくお願いします。 佛大の教育学部教育学科と、京女の発達教育学部教育学専攻に合格しました。 しかし、どちらの方がいいかとても悩んでおります。 最終的に決めるのは自分ですが、在学生・卒業生の方々などがいらっしゃれば何かアドバイス等お願いします。 ちなみに、佛大は前期A日程で合格しており、キープしてある状態です。 京女は後期で合格しました。 (郵送はまだなんですが、ネット発表を見ると合格してるようです) しかし、それぞれの大学に対して不安があります。 佛大:附属学校は華頂女子ですが、内部進学者は... A ベストアンサー 京女・教育の卒業生です。 佛教大学のことは詳しく存じあげないので比較してお答えすることは出来ないのですが、雰囲気だけでもお伝えできたらと思います。 また、卒業して十数年経ちますのでその点もご考慮の上読んで頂けたらと思います。 まず、go windが一番気になさっている中の雰囲気のことですが、そんなに心配なさることはないと思います。 西日本各地から集まってきた、という感じでした。 ですから西日本各地の方言がミックスされた京女弁がある、とさえ地元京都の人には言われてしまいます。 「あそこは地元の子が少ない学校やなぁ」と近所の方はおっしゃいます。 特に教育は内部の人は他の科に比べると少なかったように思います。 教育は実習が多く、全体をいくつかに分けたクラスで朝から夕方まで一緒、と言うことも度々です。 ですから内部進学者もそのクラスの中で新しいお友達を見つけることが多いです。 私が在学した頃にはこのクラス毎にアドバイザーという先生がついて下さっていろいろと相談にのって下さっていました。 ゼミに分かれるまで担任の先生のような感じですね。 中には「母にプレゼントしたいから綿入れ半纏の作り方教えて!」と先生に頼み、一緒に作っていた子もいるほどです。 授業の内容も私は非常に満足できるものでした。 私は卒業後他大学の大学院(国立)に進学しましたが、京女の授業でやったことをきちんとマスターし、自分のやりたいことさえ明確であれば特別な準備は必要なかったほどです。 語学だけはゲーテに通いました。 図書館も充実しています。 ないものは紹介状を書いてもらって京大に行けばいいですし。 教職を目指される方にもきめ細やかなカリキュラムでした。 研究者の先生方だけでなく、力のある現場の先生方も授業を持っていらっしゃいました。 また、京女・教育の学生の弱点は理数系に弱い、とみてとると一年間高校レベルまでの理科を復習する授業もありました。 小学校の教師が理科嫌いだと理科嫌いの子どもたちを育ててしまう、という懸念からです。 採用の厳しかった時期でしたが講師をしつつチャレンジを続け、教職に就いた同級生も多いです。 全体的な雰囲気は落ち着いています。 そう派手な方もいらっしゃいません。 堅い家庭の方が多いです。 (公務員・お寺・地方旧家)今はどうかわかりませんが学内で喫煙する人も見かけたことがなかったので院に進学したときには学内に灰皿が置いてあるのに驚きました。 ワンカップ大関を学食で勧められたときには更なりです。 男子集団が苦手の方にはのびのびと過ごせると思います。 ドロドロ恋愛トラブルもそれぞれがどこかで見つけてくるのでないです。 余計なエネルギーを使うことがないので、私はその後に行った大学よりも居心地がよかったですね。 また授業が入っていない時間にはすぐそばの同窓会館(藤陵会館)でお茶やお花・英会話などのお稽古も出来ます。 彼氏捜し以外はあの東山七条の一角で全て事足ります。 アルバイトも学生課がいろいろ紹介してくれていました。 公的機関のバイトも多く、宮内庁書陵部でバイトしていた子もいました。 参考になればよいのですが。 どちらに進学されても有意義な学生生活となりますようお祈りしております。 がんばって下さいね。 京女・教育の卒業生です。 佛教大学のことは詳しく存じあげないので比較してお答えすることは出来ないのですが、雰囲気だけでもお伝えできたらと思います。 また、卒業して十数年経ちますのでその点もご考慮の上読んで頂けたらと思います。 まず、go windが一番気になさっている中の雰囲気のことですが、そんなに心配なさることはないと思います。 西日本各地から集まってきた、という感じでした。 ですから西日本各地の方言がミックスされた京女弁がある、とさえ地元京都の人には言われてしまいます。 「あそこは地... A ベストアンサー 私も両方の大学にちょっとだけ関係ある者です。 就職に関しては京都で就職される分には、仏教系でも問題ないかと思います。 京都には仏教系大学いっぱいあるので。 関東方面でも就職だと誤解されることもあるかもしれませんね。 軟弱な意見ですが、 女子大生ぽい生活したいなら、橘大の方がいいかなって思います。 ただ佛大は男女比率同じくらいなので、そういう生活がいいならこっちの方がいいかも。 あと福祉を学ぶつもりなら佛大の社会福祉学科はいいと思いますが、なんとなくならやめた方がいいと思います。 橘大は文学部のことしかわからないので、経営学については何とも言えません。 佛大ですが、学部が違っても多少の宗教色はあります。 嫌なら仕方ないですが、成人式を智恩院でやったり個人的にはそういうのもおもしろそうだと思います。 Q 私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか? 私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか? 1 一般後期を受ける人は、 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう? 2 後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願) ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら 当然落ちる ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。 と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを 志望しなくては結果がでないのでは・・・・ どなたか教えてください A ベストアンサー 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しましたが) センター試験利用に関しては、 前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの? と思うような点数を取る人達が利用していたので うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。 合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。 質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが 赤本等に後期試験の問題も載っていませんか? 載っていたらその問題を見てみて、 前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。 もちろん、他の回答者の方も仰っているように 前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、 第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。 また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、 前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。 逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば ランクを落とすのがベターかと思いますが…。 HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。 あくまで目安程度ですが、それも参考になります。 ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、 後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、 受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか) も視野に入れて考える必要があるでしょう。 つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、 あくまで参考程度に。 一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが 頑張って乗り越えて下さいね。 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しまし... Q こんにちは。 あたしは個別塾と通信に通っています。 oshiete1. goo. php4? 今日近大と龍谷の A日程合否発表でしたが見事に不合格でした。 最低点との差はなんと50点でした・・・。 7割合格のうち5割しか取れなかった 近大二日間、龍谷一日を受けましたが、どれも同じ合計点数でした。 一応近大のB日程を二日間受けようと思ってますが 正直無謀だと思います・・・。 テストが立て続けにあり 終わった直後精神的にしんどくて 一週間ほとんど 勉強をしてませんでした。 今まで産近甲龍以下なんて絶対イヤ すみません; と思っていましたが果たして そんなことをいう価値はあるのかと思えて来ました…。 法学部を考えているんですが 良い大学ありませんか? 若しくは浪人した方が良いでしょうか? もし全落ちしたら親は 「浪人して予備校行ったら大学一年間のお金が掛かるんだぞ お父さんの給料43万じゃとても無理 落ちたら専門学校ね」 と言われています。 専門を遮るなら バイトしながら予備校に通う気でいます。 足らなかったら土下座して少々出してもらい 償おうと言う考えです。 勿論大学に入ったら全額返します。 そして厳しいのは承知の上で言っています。 ご意見待ってます。 こんにちは。 あたしは個別塾と通信に通っています。 oshiete1. goo. php4? 今日近大と龍谷の A日程合否発表でしたが見事に不合格でした。 最低点との差はなんと50点でした・・・。 7割合格のうち5割しか取れなかった 近大二日間、龍谷一日を受けましたが、どれも同じ合計点数でした。 一応近大のB日程を二日間受けようと思ってますが 正直無謀だと思います・・・。 テストが立て続けにあ... A ベストアンサー 1.近大をC日程迄受け続けるか 可能であれば、受験した方が悔いは残らないでしょう。 ただ、受験料を出してもらえるかどうか、相談してください。 2.産近甲龍以下を受けるか すみません。 私、関東の人間でして、近畿大学以外の法学部がある大学を知りません。 あるのであれば、検討した方が良いと思います。 3.専門学校へ行くか この場合、資格取得が目的になると思いますので、そのつもりであればOKだと思います。 4.親の反対を押し切って浪人するか 1と2の選択肢を検討した上、不可能であり、どうしても大学へ行きたいのであれば浪人しましょう。 できるだけ予備校へは入ってください(その方が確実に有利です)。 私は貧しかったので予備校へは行かず、独学で2浪しましたが、1浪目はまだしも、2浪目はあせりが出てきます。 精神的につらい面もありました。 でも、大学でどうしてもやりたいことがあって、あきらめないわけには行きませんでした。 結局、あなたの人生ですから、私はアドバイスはできても、決定するのはあなたしかいません。 ご自身の夢と照らし合わせながら、「自分で選んだ道だから!」と、誰にも大威張りで言える様な道を選んでくださいね。 1.近大をC日程迄受け続けるか 可能であれば、受験した方が悔いは残らないでしょう。 ただ、受験料を出してもらえるかどうか、相談してください。 2.産近甲龍以下を受けるか すみません。 私、関東の人間でして、近畿大学以外の法学部がある大学を知りません。 あるのであれば、検討した方が良いと思います。 3.専門学校へ行くか この場合、資格取得が目的になると思いますので、そのつもりであればOKだと思います。 4.親の反対を押し切って浪人するか 1と2の選択肢を検討した上、不可... A ベストアンサー ダム女の学生の雰囲気、校風など、イメージは良好だと思います。 しかし、龍大と比べるのは難しいですね。 産近甲龍(京産、近畿、甲南、龍谷)は関関同立(関学、関西、同志社、立命)の一歩下とランク付けされているのですが、ダム女はその更に下です。 偏差値でいうと8前後の差があります。 更に、京都には京都女子大という名門があり、同志社女子も名門女子大です。 ダム女は女子大としても下の方に位置しています。 でもこれはたかが(!)偏差値の問題だけです。 それを気にする方でしたらオススメできません。 とはいえ、龍谷でも悪い評判を聞きます(全国全ての中堅校が叩かれるように)。 にちゃんねるなどでの情報を当てにしないでくださいね。 一度留学した時ダム女の方と同じ学校でした。 とても感じの良いお嬢さんらしい人でした。 帰国後その人に会いにダム女に行って見ましたが、周りの学生も感じの良い人ばかりでとても良い印象を受けました。 ダム女の良いところは、やはり立地条件でしょうか。 お隣さんが京都府立大です。 合コンとか盛んです。 地下鉄北山駅の近くなので交通の便が良いし、環境も良い(ショッピングや食事・カフェなど、とてもおしゃれ)。 もし他県の方でしたら、古都・京都に住むというのも人生においての一つのチャンスですよね。 それを考えてみると、もし自宅から通われるのでしたら、龍谷にしておいた方が良いのでは。 総合大学の方が色んな意味でおもしろいですよ。 おまけに、龍谷の方が学費が安いのではなかったでしょうか。 ダム女の学生の雰囲気、校風など、イメージは良好だと思います。 しかし、龍大と比べるのは難しいですね。 産近甲龍(京産、近畿、甲南、龍谷)は関関同立(関学、関西、同志社、立命)の一歩下とランク付けされているのですが、ダム女はその更に下です。 偏差値でいうと8前後の差があります。 更に、京都には京都女子大という名門があり、同志社女子も名門女子大です。 ダム女は女子大としても下の方に位置しています。 でもこれはたかが(!)偏差値の問題だけです。 それを気にする方でしたらオススメできません。 A ベストアンサー 校風 僕は数人知ってるが「甲南大学はボンボンが多い」「龍谷はおとなしい」といったイメージまんまだったよ。 龍谷OGの有名人ならつじあやのだけど、実際につじあやのみたいな人、坊主の息子みたいな人多かったし。 キャンパスは意外に綺麗。 偏差値・就職 確か龍谷は公務員そこそこ強い。 あと坊主系就職w (田舎の檀家とか)「息子さんは龍谷出て」「あーそらええとこ出てはる」みたいな。 甲南は一時名門だったけど、この20年はあんまりかもね。 割合マジメにシュウカツしてそれなりに行くイメージ。 少なくとも知ってる連中はそうだった。 サークルや周辺情報 当然、甲南は甲南女子との絡みがあると思う。 それぐらいかな。 僕は甲南かなあ.

次の

追手門学院大学(茨木安威キャンパス)の学生マンション特集|学生マンション賃貸のユニライフ

追手 門 学院 大学 キャンパス スクエア

ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 追手門学院大学 大学設置 創立 学校種別 設置者 本部所在地 西安威2丁目1番15号 キャンパス 茨木安威キャンパス(大阪府茨木市西安威) 茨木総持寺キャンパス(大阪府茨木市太田東芝町) 学部 経済学部 経営学部 心理学部 社会学部 国際教養学部 地域創造学部 研究科 経済学研究科 経営学研究科 心理学研究科 文学研究科 ウェブサイト 追手門学院大学(おうてもんがくいんだいがく、: Otemon Gakuin University、公用語表記: 追手門学院大学)は、西安威2丁目1番15号に本部を置くのである。 に設置された。 は 追大(おいだい)。 読みは おうてもんであるが、部外者からは誤って おってもんと促音「っ」を入れて呼称されることも多い。 概要 [ ] 大学全体 [ ] によってに創設された大阪偕行社附属小学校に端を発する。 その後大阪偕行社学院、大阪偕行学園、大手前学園を経て1947年秋に追手門学院に改称し、の大学開設に至る。 現在では、6学部8学科4研究科を有する人文社会科学系の総合大学にまで発展した。 建学精神(校訓・理念・学是) [ ] 「独立自彊・社会有為」の精神の涵養を教育理念として掲げている。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 追手門学院大学は、追手門学院創立80周年記念事業の一つとして大学開設が計画された。 1964年10月、第3代追手門学院学院長に天野利武 初代学長1966. 1~1978. 31 が就任し、1966年4月、2学部4学科2専攻の追手門学院大学が創立された。 年表 [ ]• (41年)• 4月 - 設立。 経済学部(経済学科)、文学部(イギリス・アメリカ語学文学科、東洋史学科、心理・社会学科(社会学専攻、心理学専攻))を設置。 なお、建物の完成の関係で、入学式は4月23日にずれ込む。 当初の建物は旧1号館と旧食堂棟• 11月 - 初めての大学祭を開催• (昭和42年)• 4月 - 2号館が完成• 6月 - オーストラリア研究センターを設置• 11月 - 大学祭を「将軍山祭」と命名し、この年が第1回とする• 月不明 - 府道と大学を結ぶ通学用道路(後に茨木市に寄贈され、現在は市道)が完成• (昭和43年)• 4月 - 校旗を制定• 5月 - 学友会が発会• 7月 - 寄宿舎である「明徳塾」が完成• 11月 - 計算センター設置。 追手門学院創立80周年、大学開学祝賀会に高松宮殿下が来校• 月不明 - 体育館兼講堂が完成。 オーストラリア研究センターをオーストラリア研究所に改組• (昭和44年)• 4月 - 教育研究所を設置• 6月 - 研究棟が完成• (昭和45年)4月 - 文学部心理・社会学科(社会学専攻、心理学専攻)、東洋史学科を廃止し、心理学科、社会学科、東洋文化学科に改組。 図書館(第1期)が完成• (昭和46年)• 4月 - 経済学部に経営学科を増設。 3号館が完成• 5月 - 校友会将軍山会(大学同窓会)結成• (昭和48年)4月 - 大学院文学研究科心理学専攻修士課程を開設• (昭和50年)4月 - 大学院文学研究科社会学専攻修士課程を開設• (昭和51年)• 11月 - 大学創立10周年記念式典・祝賀会を挙行• 月不明 - 日本文化研修道場(松籟庵)が完成• (昭和52年)• 4月 - 大学院文学研究科中国文化専攻修士課程を開設• 12月 - 学生会館が完成• (昭和54年)• 4月 - 大学院経済学研究科経済学専攻修士課程を開設• 月不明 - 図書館の増築が完成• (昭和57年)9月 - 旧・第2学生食堂が完成• (昭和59年)• 3月 - 4号館が完成• 4月 - 大学院文学研究科英文学専攻修士課程を開設• (昭和60年)• 4月 - 大学院経済学研究科経営学専攻修士課程を開設• 月不明 - 視聴覚教育センターを設置• (昭和61年)月不明 - 大学創立20周年記念式典を挙行。 『追手門学院大学二十年史』を刊行• (昭和62年)2月 - 学友会センターが完成• (昭和63年)11月 - 追手門学院創立100周年記念式典を挙行• (2年)月不明 - 第2研究棟が完成• (平成3年)7月 - 大学創立25周年記念式典を挙行• (平成5年)4月 - 追手門学院教育研究所が追手門学院大学教育研究所となる• (平成7年)• 4月 - 経済学部の経営学科を経営学部(経営学科)に改組。 文学部の社会学科、心理学科を人間学部(社会学科、心理学科)に改組。 計算センターと視聴覚教育センターを統合し、総合情報教育センターを設置• 月不明 - 寄宿舎である「明徳塾」を廃止• (平成8年)月不明 - 5号館と第2学友館センターが完成。 5号館の一部に図書館の閲覧室を設置。 大学創立30周年記念式典を挙行。 『追手門学院大学三十年史』を刊行• (平成10年)4月 - 経済学部に国際経済学科を増設。 文学部の東洋文化学科を廃止し、アジア文化学科を増設。 文学部のイギリス・アメリカ語学文学科を英語文化学科に名称変更• (平成11年)4月 - 経営学部に国際経営学科を増設。 大学院経済学研究科経営学専攻博士(後期)課程を開設。 エクステンション・センターを開設。 追手門学院大学ロゴマークを制定• (平成12年)• 4月 - 大学院経済学研究科経済学専攻博士(後期)課程を開設• 月不明 - 新・食堂棟が完成。 旧食堂棟と旧第2食堂棟の合計席数の2. 5倍の規模となる• (平成13年)11月 - 大学創立35周年記念式典を挙行• (平成15年)4月 - セメスター制を実施• (平成16年)4月 - 地域支援心理研究センターを設置• (平成17年)• 4月 - 経済学部の国際経済学科をヒューマンエコノミー学科に改組。 経営学部の国際経営学科をマーケティング学科に改組• 月不明 - 図書館の改修が完成し、「宮本輝ミュージアム」を図書館内に設置。 グラウンド・駐車場、正門等を改修• (平成18年)• 4月 - 人間学部の心理学科を心理学部心理学科に改組。 人間学部の社会学科を社会学部社会学科に改組。 大学院経済学研究科経営学専攻を経営学研究科経営学専攻博士前期・後期課程に改組• 月不明 - 6号館(優駿ホール)と中央棟が完成。 6号館1階前と学生会館横を結ぶ大エスカレーターが完成。 現・バスターミナルが完成• (平成19年)• 3月 - 大学創立40周年記念式典を挙行。 追手門学院大学オフィス阪急茨木を開設• 4月 - 文学部のアジア文化学科を国際教養学部アジア学科に改組。 文学部の英語文化学科を国際教養学部英語コミュニケーション学科に改組• 月不明 - 新ロゴマークを制定• (平成20年)• 3月 - 大阪城スクエアが完成• 4月 - 文学研究科の心理学専攻を心理学研究科心理学専攻に改組• 6月 - 学校史展示室を備えた将軍山会館が完成• (平成21年)• 4月 - 学習支援・教育開発センターを設置• 月不明 - 1号館が改築され、現・1号館が完成• (平成24年)4月 - 追手門学院一貫連携教育機構を設置。 追手門学院地域文化創造機構を設置• (平成25年)• 3月 - 追手門学院大学出版会を設立• 4月 - 追手門学院地域文化創造機構が追手門学院大学地域文化創造機構となる。 学習支援・教育開発センターを学習支援室、教育開発センターに分離• 5月 - 教職支援センターを設置• (平成26年)• 1月 - トレーニングセンター(「追fit」)が完成• 4月 - 追手門学院大学総合教育研究推進機構を設置。 追手門学院大学教育支援機構を設置。 心の教育研究所が学院附置から大学附置となる。 教育研究所発展解消し、学院附置の一貫連携教育研究所に踏襲• 5月 - スポーツ研究センターを設置• (平成27年)• 4月 - 地域創造学部地域創造学科を開設。 オーストラリア研究所をオーストラリア・アジア研究所に改組・改編• 6月 - アサーティブ研究センターを開設。 教育開発センターを廃止し、教育開発機構を設置• 7月 - 地域支援心理研究センターの分室を設置• 10月 - 笑学研究所を設立• (平成28年)• 4月 - 国際教養学部の英語コミュニケーション学科を、国際教養学科に改組。 追手門学院大学総合教育研究推進機構を研究・社会連携部に改編。 追手門学院大学地域文化創造機構を追手門学院大学北摂総合研究所へ改編。 教育開発機構を廃止し、教育開発センターを設置。 成熟社会研究所が学院附置から大学附置となる。 一貫連携教育研究所が学院附置から大学附置となる。 学院志研究所が学院附置から大学附置となる• 5月 - 大学創立50周年記念式典を挙行• 7月 - 大学創立50周年記念祝賀会を挙行• 10月 - 学習支援室を廃止• (平成29年)4月 - 国際教養学部のアジア学科を国際日本学科に改組。 大学院心理学研究科心理学専攻博士後期課程を開設、修士課程を学士前期課程に改組。 ライティングセンターを開設。 キャリア開発センターを開設。 課外活動支援センターを開設• (平成30年)• 4月 - 大学院経営・経済研究科経営・経済専攻博士前期・博士後期課程を開設。 大学院経済学研究科を学生募集停止。 大学院経営学研究科を学生募集停止。 大学院の文学研究科社会学専攻、英文学専攻を現代社会文化研究科現代社会学専攻、国際教養学専攻に改組。 大学院文学研究科の中国文化専攻は学生募集停止• 11月 - 追手門学院大学創立130周年記念式典を挙行• - 大学の一部機能を北の跡地に移転し、2キャンパス体制となる。 また、隣接地に建つが全面的に東芝茨木工場跡地に移転したため、中学校・高等学校跡も大学用地となり、ひとまず現在は校舎の東側にある駐車場を移転させる予定。 (なお、現在の駐車場は売却される予定である) 基礎データ [ ] 所在地 [ ] 茨木安威キャンパス 西安威2丁目1番15号• 設置学部• 経済学部・経営学部・心理学部・社会学部• 交通アクセス• 前および、と大阪モノレールの間にあるイオンモール横からMK観光バスが運行。 88番(安威団地線)、82番(安威団地線) 追手門学院前下車。 総持寺キャンパス 同市太田東芝町1番1号• 設置学部• 国際教養学部・地域創造学部・基礎教養機構(全1年生が学ぶ基盤教育)• 交通アクセス• JR総持寺駅から徒歩約10分。 阪急茨木市駅から近鉄バス70系統で追大総持寺キャンパス前下車すぐ。 一部は74系統としてJR総持寺駅を経由する。 総持寺キャンパスは「地域密着」を謳っている。 ただし、食堂・カフェは学外者の使用が不可となっている。 (茨木安威キャンパスは学外者使用可能) 象徴 [ ]• 校章は追手門学院小学校の校章をモデルに、「追手門」の「追」の 字をデザイン化し、その上に「大学」の字を重ね合わせてに制定された。 校章とは別に2007年には追手門学院「Otemon Gakuin」の「O」と「G」の文字を図案化したロゴマークが定められた。 学院歌は『追手門学院歌』(作詞監修:今中楓渓、作詞:八束周吉、作曲:高木和夫)が制定されている。 はライトブルーが定められている。 教育および研究 [ ] 学部・学科 [ ]• マーケティング学科• 2019年度から経営学科だけになり、4専攻を設けて、それぞれ別の入学試験を行う。 国際日本学科(アジア学科から名称変更)• 国際教養学科(英語コミュニケーション学科から名称変更)• 地域創造学部• 地域創造学科 研究科 [ ]• 経済学専攻(博士前期課程/博士後期課程)• 経営学専攻(博士前期課程/博士後期課程)• 心理学専攻(博士前期課程/博士後期課程)• 社会学専攻(修士課程)• 中国文化専攻(修士課程)• 英文学専攻(修士課程) 研究・教育機関、施設 [ ]• 図書館• 宮本輝ミュージアム• オーストラリアライブラリー• オーストラリア・アジア研究所• 教育研究所• 笑学研究所• 成熟社会研究所• ベンチャービジネス研究所• 北摂総合研究所• 地域支援心理研究センター• 教育開発センター• 総合情報教育センター• アサーティブ研究センター 学生生活 [ ] 奨学金制度 [ ] 独立行政法人日本学生支援機構奨学金や諸団体の奨学金を取り扱うほか、独自の貸与制奨学金や5種類の給付制奨学金制度を設けている。 事件・不祥事 [ ] いじめ自殺事件 [ ] に大学に通う学生がの自宅のからいじめを苦にをした。 詳細は「」を参照。 学生大麻所持事件 [ ] にの4年生の主将と4年生の学生2人が違反(所持)容疑でに逮捕された。 2人は友人同士で、6日昼頃に自宅で一緒にいたところを現行犯逮捕された。 には大学内の部室が家宅捜索された。 大学による部員41人への聞き取りに対し、13人が「(主将が)大麻をやっていると聞いた」、「法に触れることをしていると知っていた」と答え、大学は大麻汚染の実態調査を進めることを発表した。 部は6日から活動を停止。 元主将は、大麻1. 2グラムを所持した罪に問われ、検察側は懲役10ヵ月を求刑。 裁判で元主将は、起訴内容を全面的に認めて「部活の主将という立場で、誰にも頼れないストレスがあった」などと述べた。 、は「大麻との親和性は認められるが、反省しているし、報道などで社会的制裁を受けている」として、被告に懲役10ヵ月、執行猶予3年を言い渡した。 被告は去年12月に退学処分となった。 詳細は「」を参照。 外部講師不適切発言問題 [ ] 2016年に実施したキャリア研修で、外部の講師が受講者に向けて「あなたはいらない」などと厳しく退職を勧め、「あなたのような腐ったミカンを追手門の中に置いておくわけにはいかない。 まだ少しは可能性があって頑張ろうとしているミカンも腐ってしまう」と不適切発言をした。 受講者によると、研修後、少なくとも数人が退職や休職をし、研修後も講師や学院幹部に数回呼ばれ、「退職勧告書」を渡された人もいたという。 法人は、ホームページ上で発言が不適切だったことを認め、外部講師を委託した会社に改善を申し入れたとしている。 大学関係者 [ ].

次の