名古屋市営地下鉄定期券。 名古屋市交通局の地下鉄・市バス定期券をクレジットカードで買う方法を紹介します

名古屋市営地下鉄の最長定期券をGLPKを使って求める

名古屋市営地下鉄定期券

4月に入り、新生活にも慣れてきた方が多いのではないでしょうか。 学生のみなさんは、定期を買って電車通学されている人もいるかもしれませんね。 通常、定期というと通学定期のことですよね。 学校が発行する通学証明書を鉄道会社の窓口で提出し、学校と自宅の最短距離になるように定期券を発行してもらうのが普通だと思います。 定期券の範囲内に繁華街があると、つい帰りに寄りたくなりますよね。 ですが、最短距離なので通常は難しいです。 さて、名古屋市は地下鉄がそこそこ発達しているので、市内を移動するのは便利です。 の路線図より 名古屋で繁華街というと、栄と名駅ですかね。 ここを通過するように定期が作れたらなあと思っていました。 が、は太っ腹なのです。 2010年から、通学定期ではなく、学生定期を発行してくれるようになりました。 通常の定期とは異なり、バイトや塾で行く駅にも行くことができるようになったというものです。 正確には、学生であれば、どのルートでも一筆書きかつ交差しない乗り換え3回以内ならば発行することが出来ます。 "通学定期"だと学校-自宅の最短ルートでないとだめですが、"学生定期"はだけではありますが、どのルートでもOKですので。 このことを知らない回答者が、最短でないルートを買うのは犯罪だ!とか言ったりしていますねw ちなみに私はこのようなルートにしました。 乗り換えは今池、名古屋、栄の 3駅です。 名古屋、伏見、栄、金山といった主要駅にすべて行くことができます。 いろいろと検討してみたのですがこれが最適解かと思っています。 ちなみに料金は 5区になります。 市営地下鉄では、距離に応じた地下鉄区数で料金が決まっています。 1区から 5区まであるのですが、最大で 5区なので大学生甲種 6ヶ月で 33,210円と格安です。 ありがとう市営地下鉄。 ちなみに支払いは駅長室では現金で、名古屋と栄と金山のサービスセンターではクレジットカードも使えます。 acquamarina.

次の

定期乗車券

名古屋市営地下鉄定期券

すみません、そもそもJR東海と名古屋市営地下鉄の連絡定期が買えるか確認させてください。 まずTOICAとmanacaどっちが便利かと言われると、最近は全国相互利用などで両者の格差は埋まってきています。 なので、質問者様がJR東海の駅の近くに住んでいるのならTOICAの方がいいと思います。 そもそも、質問者様は岐阜県に住んでいる方でしょう、だったらわざわざ名古屋まできてmanacaを買うよりTOICAを買った方がいいです 名鉄の駅だとJR東海〜名古屋市営地下鉄の連絡定期券は購入できないと思います。 ただし、TOICA定期券は自動券売機だと購入できないので、窓口で買う事になります。 また、他社線連絡定期券は自動券売機での継続購入ができないそうなので、これも窓口での取り扱いになります。 先ほど『JR東海沿線に住んでるのならTOICAの方がいい』と言いましたが、TOICA定期券は継続購入などで面倒なので、名古屋に来る用事があったらmanacaもいいと思います。 こちらはmanaca対応券売機 黄色のタッチパネル式自動券売機です で定期券を新規・継続購入することができます。 ただし、これらは名古屋に来ないとできないので、そこら辺を考えてどっちか決めてください。 JR大垣ー地下鉄藤が丘なら名古屋乗り換えの連絡定期が買えます。 JR東海の全線きっぷうりばならTOICAになり、地下鉄の駅長室内の定期売り場ならmanacaになります。 連絡定期ですと磁気定期はありません。 質問者さんが学生なら地下鉄の駅で買うことをお勧めします。 地下鉄で買うと地下鉄部分のルートが指定できます。 名古屋ー(東山線)ー藤が丘は14㎞で大学生1か月6090円ですが、15㎞超はどこまで伸びても6330円だからです。 例えば、藤が丘ー(東山線)ー本山ー(名城線右回り)ー栄ー(東山線)ー今池ー(桜通線)ー名古屋ー(JR)ー大垣という定期が買えます。 JR部分は通学証明書がいるので学校で発行してもらい、それを持って地下鉄の駅長室に行きましょう。 名古屋駅の交通局サービスセンターでもOKです。

次の

一番「お得」な鉄道は?定期券割引率ランキング

名古屋市営地下鉄定期券

全部乗れる 名古屋の市バス、地下鉄には、全線乗れる定期があります。 それが「バス・地下鉄全線定期券」です。 通勤1か月で18,510円 市バス部分だけであれば一律9,000円。 地下鉄は距離によって異なりますが、市バスとセットで、13,920円~16,680円。 一番高い定期に2,000円プラスすると、全線に乗ることができるんです。 通常の定期よりも高いですが優れモノの点は、次の3つ• 気にしないで乗れる• 持参人方式• タッチして使える 順番にご説明します。 バス・地下鉄全線定期券は気にしないで乗れる 出発地Aから目的地Bまでの区間で、いくつものバスや電車が走っていることがあります。 通常の定期だと、購入時に一筆書きの経路を決めるのですが、それを気にしなくていい。 空いている路線がいい時は桜通線に乗ったり、少し遠回りだけど乗り換えが少ないからと名城線に乗ることも。 自由に使えるので、経路のことは気にしなくていいんです。 持参人方式 聞きなれない言葉かもしれませんが、定期券には2つの種類があります。 記名人方式• 持参人方式 この2つの違いは簡単で、1の記名人方式は定期券に書いてある名前の本人しか使えません。 2の持参人方式は、誰の定期券でも関係なく、手に持っている人が使ってもいい定期なんです。 家族、恋人、同僚は関係ありません。 その定期券を、今持っている人が使えるんですね。 だから、貸し借り自由、好きに使えるわけです。 平日は通勤で、土日は子供が習い事に行くときに使う。 なんてこともできますよね。 1の記名人方式の定期を使いまわすことはできませんので、ご注意ください。 タッチして使える 名古屋市交通局では、乗り放題の1日きっぷを発売しています。 毎月8日と土日祝日は「ドニチエコきっぷ」という600円で市バス・地下鉄乗り放題のきっぷが、それ以外の日だと850円で「市バス・地下鉄全線一日乗車券」が売っています。 ですが、この一日きっぷは、磁気タイプなんです。 通常のきっぷと同じ。 改札を通るときには、改札に入れないといけません。 最近では、IC専用の改札機も増えているので、どの改札機が使えるのか悩んでしまいます。 それに比べて、manacaの市バス・地下鉄全線定期券はICカードです。 改札機にかざすだけで使えるタイプ。 一度使うとやめることができない便利さです。 クレジットカードで買えるのは名古屋駅と栄駅と金山駅 こんな便利な市バス・地下鉄全線定期券ですが、カードで買おうと思うと、3駅でしか売っていません。 名古屋駅、栄駅、金山駅だけなんですね。 わざわざ行かないといけないんですが、その分の交通費は戻ってきますのでご安心ください。 諸条件がありますが、当日に定期券以外で乗車したことが分かれば、バズ乗車証・地下鉄乗車証をもらうことができます。 その場で申告しないといけませんのでお忘れなく。 詳しくは、を。 ご自身の行動に合わせて 普段の乗り方次第で、全線定期券を買ったほうがオトクなことも。 ライフスタイルや家族の様子を考えて便利に利用していきましょう。 ボロボロになったので、新しい定期にしてみましたが。 とにかく定期って便利ですね、行動範囲が自由になる。 これでどんどん遊びに行くことができます!!

次の