ウイイレ フェリクス。 【ウイイレアプリ2020】FPジョアンフェリクス(2/17)の能力と使い方|ゲームエイト

【ウイイレアプリ2020】FPジョアンフェリクス(2/17)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ フェリクス

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 同一選手が3体あつまればトレードで、好きな選手と交換できますが、その際に獲得すべきオススメの金玉選手をご紹介します。 00】アップデートの数値です。 レベマ総合値95!ジョアン・フェリクス!有能金選手紹介!【DP 2. 00】【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 ジョアン・フェリックスの基本情報 スペインリーグは、アトレティコ・マドリード所属の20歳の選手です。 ジョアン・フェリクスのレベルマックス能力値 レベル48 オフェンスセンス 88 ボールコントロール 95 ドリブル 93 ボールキープ 93 グランダーパス 90 フライパス 86 決定力 91 ヘディング 84 プレースキック 66 カーブ 59 スピード 91 瞬発力 93 キック力 88 ジャンプ 85 フィジカルコンタクト 72 ボディコントロール 93 スタミナ 88 ディフェンスセンス 55 ボール奪取 49 アグレッシブネス 70 逆足頻度 3 逆足精度 3 コンディション安定度 6 年齢 20 身長 180 利足 右 総合値 95 レベルマックスにすれば、 総合値は95です。 ボールコントロール95 、ドリブル、ボールキープ、ボディコントロール93、瞬発力93、スピード、決定力91が魅力のアタッカー。 バイタルエリア内で、ボールをもたせたら恐怖でしかありません。 他の攻撃系の能力値も、80台後半となっています。 自ら切り込んでフィニッシュすることもできますが、 「ワンタッチパス」「スルーパス」 のスキルも保有しているので、味方をしっかり活かせることもできる選手。 アップデートでスキル 「ヒールトリック」が追加され、初期スキルが10個となりました。 そして、 コンディション安定度が6 というのも高評価。 ジョアン・フェリクスのプレースタイル解説 前線からボールをもらいに来て、攻撃の組み立てに参加します。 このチャンスメイカーのプレースタイルの黒玉選手はわんさかいます。 ウイイレ最強選手の一人、リオネル・メッシもチャンスメイカーのプレースタイルの持ち主。 前線の選手がボールをもらいに来る動きをするので、ポゼッションを高めたい人にはうってつけのプレースタイルです。 引用 : ジョアン・フェリクスの情報 柔らかいボールタッチのドリブル フェリックスは、メッシのようなボールコントロールかつ柔らかいボールタッチでドリブルをするタイプの選手です。 NEXTクリロナと呼ばれていますが、フェリックスにはクリロナのようなフィジカルはありません。 また、マンUのドリブラーだった時代のクリロナのような足技を披露することも少ないです。 より足にボールを絡ませ、相手のタイミングをズラして抜くのを得意としています。 そのため、クリロナというよりもメッシの方がしっくりきます。 単独でも周りを生かしてもフィニッシュに絡める フェリックスは、18-19シーズンのプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)では26試合に出場し15ゴール9アシストをマークしています。 この数字からも分かるように、フェリックスは多くのフィニッシュに絡める選手です。 自身でドリブルを仕掛けてシュートを放っても良し、周りの動きを見てアシストをするのも良しです。 どのような形であれフィニッシュに絡めるフェリックスはチームにとって大きなプラスですし、これから判断力も付いてくるので将来が楽しみなのは間違いありません。 現にアトレティコ・マドリードでのプレーシーズンでは、素晴らしい動きをしていました。 特にユベントス戦です!シメオネ監督は、ポルトガルの大器をどのように成長させていくのか...。 いろいろ楽しみなキャラクターです。 高い得点能力 フェリックスは得点力にも優れています。 18-19シーズンのリーグ戦22試合で15ゴールに加えて、ELでは最年少のハットトリック記録を更新。 すでに見える結果を残しています。 クリスティアーノがリーグ戦において年間10ゴールを超えたのは、21歳の06-07シーズン(17ゴール)。 リーグレベルの違いがあるとはいえ、フェリックスはクリスティアーノよりもゴールを奪っています。 今後のフェリックスの得点力の成長にも注目したいですね。 引用: フェリックス。 わずか16歳でベンフィカとプロ契約を結んだロナウドの後継者といわれる若き逸材。 ヨーロッパリーグ、フランクフルト戦でのハットトリックなど20得点を記録。 — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 フェリックスの真骨頂は、一瞬で敵の裏をかくプレーにある。 相手の重心をずらしながら、その逆方向へ、ボールをずらし、すり抜ける。 パスコースを見抜き、そこに速いボールを通す技術も必見。 一瞬にして流れを変えられる、魔法の杖を振るう。 — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 tukigo.

次の

FPジョアン・フェリクス (Club Selection 6/1) 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ウイイレ フェリクス

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020のFP選手の紹介をしていきます。 ジョアン フェリクス選手のレベルマックス時の能力値や、選手スキル、みんなの評価などを紹介します。 エッジターン• エラシコ• シザーズ• シャペウ• スルーパス• ノールックパス• ヒールトリック• マリーシア• ラボーナ• ワンタッチパス• PKキッカー• エラシコ• コントロールカーブ• シャペウ• ドロップシュート• ノールックパス• マリーシア• ラボーナ• ルーレット• 軸裏ターン• スルーパス• ダブルタッチ• ノールックパス• マリーシア• ワンタッチシュート• ワンタッチパス• 軸裏ターン• 闘争心• コントロールカーブ• スルーパス• バックスピンロブ• ピンポイントクロス• ミドルシュート• ライジングシュート• ワンタッチシュート• 軸裏ターン• バックスピンロブ• ワンタッチパス• 軸裏ターン• コントロールカーブ• ダブルタッチ• ノールックパス• バックスピンロブ• ヒールトリック• マリーシア• 低弾道ロブ• 足裏コントロール• 軸裏ターン 【FP】ジョアン フェリクス選手のみんなの評価 選手評価 S 評価点 9. 99〜9. 00 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:8. 99〜8. 50 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 49〜8. 00 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:7. 99〜7. 50 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 49〜7. 00 C 基本的には使わない選手 評価点:6. 99以下 【FP】ジョアン フェリクス選手のみんなの評価アンケート 【FP】ジョアン フェリクス選手の「みんなの評価」の投票結果です。 Twitterのアンケート機能を利用して集計しています。 総合値や能力値だけでは判断できない「使用感の良さ」や「希少性」などもを含めて、多くのユーザーの意見が反映された結果ですので、是非参考にしてみてください。

次の

【ウイイレアプリ2020】FPジョアンフェリクス(2/17)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ フェリクス

アトレティコ・マドリード所属の20歳の選手です。 FPジョアン・フェリクスの使い方とレベマ能力値比較!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 FPジョアン・フェリクスのレベルマックス能力値 レベルマックスにすると、総合値が100 ! レベルマックスにすると、総合値が99 ! 保有スキル、 「シザーズ」「エラシコ」「シャペウ」「エッジターン」「ヒールトリック」「ワンタッチパス」「スルーパス」「ラボーナ」「ノールックパス」「マリーシア」。 FPジョアン・フェリクスの使用感と使い方 ジョアン・フェリクスの魅力は、オフェンス系能力が、ほとんど90超え。 しかも「ワンタッチパス」「スルーパス」搭載。 メッシからプレースキック能力を引いて、フィジカル系能力を足した感じです。 ただ、気になるのが、 プレースタイルがチャンスメイカーのところ。 確かに2列目からの飛び出しに比べれば裏抜けの動きは少ないのは事実。 ただ、フェリクスは足元でボールを貰ってからのドリブルが激強。 また、 CFがボールを持ったときは、おもったよりも裏抜けの動きを見せてくれる。 やはり、ポジションの最適解はSTになる。 キック力もかなり強いので、遠目からもしっかり狙えます。 そして、 コンディション安定度が6、逆足精度 というのも高評価。 FPジョアン・フェリクスの使用感がわかる動画 FPフェリクス強すぎ — せきたく ゲーム垢 sekiyu00000 ノーマル ジョアン・フェリクスのスカウト情報 確定スカウト ジョアン・フェリクスの選手情報 柔らかいボールタッチのドリブル フェリックスは、メッシのようなボールコントロールかつ柔らかいボールタッチでドリブルをするタイプの選手です。 NEXTクリロナと呼ばれていますが、フェリックスにはクリロナのようなフィジカルはありません。 また、マンUのドリブラーだった時代のクリロナのような足技を披露することも少ないです。 より足にボールを絡ませ、相手のタイミングをズラして抜くのを得意としています。 そのため、クリロナというよりもメッシの方がしっくりきます。 単独でも周りを生かしてもフィニッシュに絡める フェリックスは、18-19シーズンのプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)では26試合に出場し15ゴール9アシストをマークしています。 この数字からも分かるように、フェリックスは多くのフィニッシュに絡める選手です。 自身でドリブルを仕掛けてシュートを放っても良し、周りの動きを見てアシストをするのも良しです。 どのような形であれフィニッシュに絡めるフェリックスはチームにとって大きなプラスですし、これから判断力も付いてくるので将来が楽しみなのは間違いありません。 現にアトレティコ・マドリードでのプレーシーズンでは、素晴らしい動きをしていました。 特にユベントス戦です!シメオネ監督は、ポルトガルの大器をどのように成長させていくのか...。 いろいろ楽しみなキャラクターです。 高い得点能力 フェリックスは得点力にも優れています。 18-19シーズンのリーグ戦22試合で15ゴールに加えて、ELでは最年少のハットトリック記録を更新。 すでに見える結果を残しています。 クリスティアーノがリーグ戦において年間10ゴールを超えたのは、21歳の06-07シーズン(17ゴール)。 リーグレベルの違いがあるとはいえ、フェリックスはクリスティアーノよりもゴールを奪っています。 今後のフェリックスの得点力の成長にも注目したいですね。 引用: ジョアン・フェリクスの凄さがわかる動画.

次の