旅館 平泉。 こだわり|平泉 大沢温泉旅館

2020年 平泉町で絶対泊まりたいホテル!旅館ランキング 5選 【トリップアドバイザー】

旅館 平泉

世界遺産の町【平泉】で泊まっておきたいおすすめホテル&旅館をご紹介します。 陸奥の豪族・奥州藤原氏3代がおおよそ100年もの時間をかけて独特の文化を築いたことに始まり、源義経や武蔵坊弁慶、伊達政宗や松尾芭蕉といった名だたる偉人たちがこの平泉の土地を歩いてきました。 そんな見どころたっぷりな平泉を存分に楽しむためにおすすめなホテル&旅館を5軒ピックアップしてみました。 満足度の高いお宿で、2011年6月に世界遺産に登録された【平泉】を存分に楽しみましょう。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次 世界遺産の町【平泉】で泊まっておきたいおすすめホテル&旅館1軒目は、「国民宿舎 サンホテル衣川荘」です。 東北自動車道「平泉前沢IC」から車でたったの5分の距離にありますので、車旅には最適です。 定番スポット「中尊寺」「毛越寺」まですぐそこの好立地にありますので、観光面でもとても好立地にあります。 また、「人工・ヘルストン温泉」にはぜひとも体験しましょう。 ミネラルたっぷりの温泉に浸かりリフレッシュできます。 お風呂を楽しんだ後はお料理を楽しみましょう。 その時々の季節感を感じさせてくれる食材をメインに、岩手が誇るブランド和牛「前沢牛」に舌鼓を打ちます。 しゃぶしゃぶやすき焼きなどあなたの好みで楽しめます。 施設詳細・ご予約はこちらから 世界遺産の町【平泉】で泊まっておきたいおすすめホテル&旅館2軒目は、女性を中心に人気のお宿「奥州平泉温泉 しづか亭」です。 とろける様な泉質の温泉とおいしい自家栽培のお野菜で作る料理が自慢です。 平泉の定番観光スポット「中尊寺」から更に奥へ6キロほど進んだ先の里山の先にポツンと佇む一軒宿です。 情緒ある、どこかしら懐かしささえ感じさせてくれる佇まいです。 ココ平泉エリアにて唯一の源泉かけ流しのお宿です。 ここでの温泉はもちろんのこと、ぜひとも「手打ちそば」をいただきましょう。 こちらの看板ともいえる自慢のもので、こだわりの臼で挽いたそば粉と、隣町・奥州市衣川区の湧水で仕上げます。 打ち立て・茹でたてののど越しを存分に楽しみましょう。 施設詳細・ご予約はこちらから 世界遺産の町【平泉】で泊まっておきたいおすすめホテル&旅館3軒目は、「毛越寺」の裏手にひっそりと佇む鉱泉宿「大沢温泉旅館」です。 ゆっくりと平泉を足し観たい人におすすめのお宿です。 こちらの宿は古都・平泉の季節感を大切にした、イグサの香り漂う和室タイプのお部屋となっています。 まずはお部屋で荷物を降ろし、イグサの香りとともに一息つきましょう。 一息ついたら、宿自慢のお風呂にて癒されましょう。 お部屋で一息ついた後は、大浴場にて旅の疲れを癒し・汗を流してサッパリとしましょう。 旅館の廊下の突き当りにある浴場はこじんまりとしており、小さめの湯船が静かにお湯をたたえています。 無色透明で湯上り後はお肌がしっとりとします。 施設詳細・ご予約はこちらから 世界遺産の町【平泉】で泊まっておきたいおすすめホテル&旅館4軒目は、世界遺産の町でアットホームな滞在ができるお宿「旅館アイリス悠」です。 低予算で平泉を楽しみたいのなら、ぜひともおすすめのお宿です。 平泉の定番観光スポット「観自在王院跡」まで徒歩1分、「毛越寺」まで徒歩3分の好立地に佇んでいます。 また、岩手のオフィス街である水沢江刺や北上・一ノ関へのアクセスも整っていますので、ビジネスにも最適なお宿です。 朝食はお宿の自慢の季節替わり「和朝食」をいただきましょう。 炊き立てのご飯と焼き魚などの約6品目の献立となっています。 夕食の提供はありませんが、周辺にグルメスポットが集結していますのでその日の気分に合わせて選べます。 施設詳細・ご予約はこちらから.

次の

【岩手】平泉周辺(一関)の宿泊でおすすめのホテル&旅館5選

旅館 平泉

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

岩手県西磐井郡平泉町の旅館/民宿一覧

旅館 平泉

【注意事項】 館内禁煙となります。 喫煙は指定の玄関口脇にてお願い致します。 猊鼻渓 日本百景の一つに数えられるげいび渓は、砂鉄川が石灰岩を侵食してできた約2キロメートルにわたる渓谷。 川岸には高さ100メートルを超す断崖絶壁がそびえ、国の名勝にも指定される幻想的な深山幽谷となっています。 船頭が棹一本で巧みに舟を操る舟下り。 「げいび追分」を聞きながら、春の新緑にはじまり藤、山百合、ゲイビセキショウなどの花々、鮮やかな紅葉、小鳥のさえずり、水面を跳ねる川魚など、四季折々の色彩と風情を楽しむことができます。 また、雪が舞う冬の期間は、木流し鍋を味わいながらの「こたつ舟」を運行。 まるで水墨画の世界に飛び込んだような風景が心に深く刻まれます。 舟下りの所要時間は往復で約90分。 慌ただしい日常を忘れ、ゆったりとした時間を味わってください。 厳美渓 栗駒山に源を発し、一関市内へと流れる磐井川の浸食によって形成された厳美渓。 奇岩、怪岩、深淵、甌穴に滝と、訪れる人々を魅了するダイナミックな景 観が約2キロメートルにわたって続きます。 悠久の時の流れが磨いた岩肌とエメラルドグリーンの水流、そして川岸を彩る四季が奏でる美しい景色は、国の名勝天然記念物に指定されています。 荒々しい流れが岩にぶつかり豪快な水しぶきを上げる上流に対し、下流ではゆったりとした深淵が見られるなど、変化に富んだ景観が楽しめるのも厳美渓の大きな魅力の一つ。 真冬には、純白の綿帽子をかぶったかのような奇岩が連なる感動的な世界が出現します。 大自然が織り成すアートを堪能した後は、岩場のカゴにお金を入れると、対岸からロープ伝いにカゴが飛んでくる厳美渓名物「空飛ぶだんご」をぜひ。 見て楽しい、食べて美味しい名物です。

次の