豚 バラ チャーシュー の 作り方。 チャーシューのレシピ・作り方一覧(9件)

【みんなが作ってる】 豚バラ肉 チャーシューのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

豚 バラ チャーシュー の 作り方

チャーシューは肉の部位の名前ではないので用途に応じてどこでもいいです。 (ヒレとスネはあまり使いません) バラシャーシューはたれの出汁にも使えますこってりした感じですね。 バラの肉塊は、7~8キロくらいで扁平ですから3塊程度に分けローリングしますね。 手頃なのは肩ロースで2・5キロくらいの肉塊ですし脂肪もぐるっとまわっていますから焼きやすいですし仕上がりも良いです。 ラーメン屋さんはこれが多いと思います。 ロースは5キロくらいの細長い肉塊で前半は肩ロースにつながり後半はヒレ下と言ってヒレと接続しています。 やわらかい肉質ですが、煮すぎると固くなってしまいます。 この部分はチャーシューよりトンカツやステーキ部位として多用されます。 モモはやわらかい部分の内モモとそれを取り巻く外モモに分かれますが(なおモモはハムと言いますから普通はハムはモモのものを指します)、一番大きな部位で、脂肪は少なめです。 なので味がしみこみにくく煮すぎると締まってしまう場合がありますが、柔らかい内モモで作ると油の嫌いな方にはよいと思います。 チャーハンの具にはよいです。 時間をかけてうまく味をしみこませれば、バラ、肩ロースにも劣りません。 こんなところでしょうか。

次の

めんどくさ~いチャーシューのタコ糸縛り!なぜ必要か調べました

豚 バラ チャーシュー の 作り方

チャーシューを作る際には、必ずといっていいほど、タコ糸で豚肉を縛るようレシピには書かれています。 何でタコ糸で縛らなければならないのか? 他のものでは代用可能か? について、またタコ糸の縛り方について紹介しています。 チャーシューのタコ糸、何で使うの? チャーシューのレシピを見るとほとんど、タコ糸を使って豚肉を縛ります、と書いてあります。 ほとんどのレシピに書いてあるということは、チャーシューの作り方においてタコ糸で豚肉を縛るのは、重要なことなのでしょう。 タコ糸の使用目的とは?タコ糸で豚肉を縛るのは何でなのか、知っておきましょう。 タコ糸で豚肉を縛る使用目的は、形をキレイにするためです。 チャーシューは丸くキレイなカタチをしていますよね。 それはタコ糸で豚肉を丸めているからです。 その形を作るには、豚肉をしっかりとくっつけておく必要があります。 そのためにも、タコ糸でしっかり縛り形を豚肉に覚えさせていくという理由があるそうです。 何でタコ糸なのか? というと、太さがちょうどいい、肉に対して害がない、丈夫で熱に強い、という理由があるようです。 あまり細いと途中で切れてしまう可能性がありますし、太いとその部分だけ味がしみないという心配がありますよね。 化学繊維は熱で溶けやすいし、焼くと有害物質を発生する危険性があるので、タコ糸が適当なのでしょう。 タコ糸を切るのは最後にチャーシューが仕上がった時ですから、そこまでしっかりと肉の形をキープしてくれる丈夫な紐、というとタコ糸が適切なのでしょうね。 タコ糸はホームセンターの調理器具売り場に置いてあることが多いです。 最近では100円ショップでも手に入るので、チャーシューを作る際には用意しておきましょう。 タコ糸がないからといって、ビニールの紐などで代用するのはやめておきましょう。 焼いた時に化学物質が溶け出して危険です。 どうしても手に入らない場合は、タコ糸を使わずに作った方がよさそうです。 タコ糸が手に入っても縛るのは面倒ですね。 ぐるぐる巻きにすればいいという声もありますが、途中で外れてしまったり、ゆるんでしまったりすることを考えるとしっかりと縛った方がよさそうです。 タコ糸ではなく、チャーシュー用のネットも販売しています。 通販で購入することもできますよ。 販売されているチャーシュー用のネットは、綿でできているものが多いようですね。 最近では最初からタコ糸で縛ってある豚肉もあります。 ネットのようなものに入っている豚肉もあるので、それを利用するとタコ糸で豚肉を縛る手間が省けて楽ですね。 確かにタコ糸で豚肉を縛るのは面倒そうですが、キレイなチャーシューの形になると思って、がんばって学習してみるのも経験のうちかもしれませんね。 チャーシューのタコ糸の縛り方 チャーシューを作る際に豚肉をタコ糸で縛るのは何でか? というと、キレイなカタチのチャーシューをつくるため、ということのようです。 しかし、タコ糸なんて普段あまり使わない人も多いでしょう。 使い方も分からないことも多く、豚肉の形を崩さないようにするために縛るのであれば、きちんと縛らなければなりません。 タコ糸の縛り方を紹介しましょう。 まずはタコ糸で肉の上の端から1. 5~2cmの位置に巻いて、肩結びをします。 最後に端と縛るので、10cmほどの余裕を持たせておきましょう。 左手をテニスボールなどをつかむような形にして、指に糸をかけて輪を作ります。 その輪の中に、肉を入れます。 右手で糸を引っ張り、十文字になるようにします。 結び目の間隔は1. 5~2cm程度になるように、これを繰り返していきます。 肉をひっくり返し、肉の長さと結べるくらいの長さを残して糸を切ります。 その端をくぐらせながら、十文字になるようにします。 最初に取っておいた糸の端と結びます。 もっとしっかりと縛りたい場合は、最後に90度で交差させ、肉の横を囲んで縛ると丈夫になります。 タコ糸を縛る際には、夢中になってしまいせっかくの形が崩れてしまっていては、糸で縛る意味がなくなってしまうので、形が崩れないように、きちんと整えながら縛るようにしましょう。 また、あまり強く縛ると、肉に食い込みすぎてしまうので、適度な強さで縛ることも大事ですよ。 基本的には紹介した縛り方が、形がキレイに仕上がり、料理の途中でほつれたり、外れてしまったりしない縛り方です。 しかし、どうしても面倒だったり、不器用でできなかったりした場合は、らせん状に巻いたり、ぐるぐると巻いたりするだけでもいいでしょう。 形が崩れないように巻くことを考えて巻いていくようにすればいいのです。 チャーシューのレシピに掲載されている写真などを参考に、練習してみるのもオススメです。 タオルなどを豚肉に見立てて、糸を使って試してみるといいでしょう。 最初は分からない場合もあるかもしれませんが、何度か練習していくうちにスムーズにできるようになるでしょう。 一度理解すればそれほど難しい縛り方ではありません。 多くの人がやっていることでしし、特別難しくはないので、挑戦してみるといいですよ。 味がいいことはもちろんですが、料理は見た目も大切ですよね。 キレイなカタチのチャーシューを作るためにも、タコ糸の縛り方をマスターすると、より本格的なチャーシューづくりができるでしょう。

次の

【みんなが作ってる】 豚バラ肉 チャーシューのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

豚 バラ チャーシュー の 作り方

3 レシピのポイント 今回は特に、チャーシューに初めて挑戦する方も見て実践できるよう、ポイントを合わせてご紹介します。 ぜひ参考にしてみて下さい! まず、豚バラブロック(スーパーで売っている長細いブロックでOKです!)を2つに切ります。 なるべく平らな豚肉を選ぶと、形をきれいかつ均一に巻くことができます。 次に、豚肉を巻きます。 この際、あとで焼くことを考慮して白い脂部分が外側になるようにしましょう。 そして紐を使って結びます。 まず豚肉の端に紐を通して、固結びをします。 そして、左手に下から紐を巻き付け 輪っかを作り、チャーシューに紐を通します。 これを繰り返すことで、紐を通すとき際「十字」になり、 豚肉の形崩れを抑えることができます。 そして続いて裏面にも紐を通しましょう。 紐を中心に一回くるっと巻き付けることで、より頑丈に巻くことができます! そして、醤油等を入れた煮汁を一度温め、 温めている間に、豚肉の表面を焼きます。 豚肉の表面を焼くことで、余分な脂肪が落ちるほか、表面が焼き固められるため、形崩れを防ぐことができます。 豚肉に焼き目が付いたら、温めた煮汁に入れ、2時間ほど蓋をして弱火で煮込みます。 この際20分に一度くらい、味を染みらせる・焦げないよう様子見を行いましょう。 出来たときの達成感もひとしおで、そして何より肉厚で、しっかりとした風味が口いっぱいに広がる絶品レシピです。

次の